パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。


テーマ:
パッティングではフォローを低く長く出せと言われます。宮里優さんやD・ストックトンさんがそう指導されます。

私の転がり理論(→「理想の打撃条件」)からは、低く出す必要はなく、自然なアッパーブローが転がりを良くするし、ルックアップを防ぐための指導ではないかと以前から言ってきました。

「パッティングの勝利」(芝草順二著 マサランド刊)に、私の考えと似ている表現がありました。厳密にはチト違うのですが、「低く長く出せ」と言うことに対する考え方が同じなので、一部を省略して引用させて頂きます。

ーーーー
昔からフォロースルーは、「低く長く出せ」という忠告をよくする。

(著者の主張は転がりを良くするにはアッパーブロー(*1)と言うことはこの前に触れられています)アッパーブローは、(フォローを)高く出すので逆の理論である。

低く出せと言うのは、一見水平に打てという印象を与えるが、水平に打てばパターのスィートスポットより球の芯の高さの方が高く、上下に合わない(*2)ので水平に打てという意味に解釈することは適切でない。

それよりアッパーブローに打ちすぎるのを戒める忠告と考えたほうが良い。

その理由は、一つには腕に頼って不自然にアッパーブローに上げると、インパクト後急にインサイドにヘッドが入ったり、逆に押し出したりしてストロークが安定しない。低く長く出せば、インパクトエリアをストレートにしやすく、方向が狂いにくいという忠告である。

もう一つは、アッパーブローに上げ過ぎると、往々にしてフェースの下側に当りやすい(*3)。
下側に当っても低重心のパターを使うと影響は少ないが、それでもスィートスポットで打ったときと比べてタッチが良くない。また、こすった感じで積極的にカップを狙った感じがしない。

従って、低く出せばスィートスポットで捉えやすく、しっかり打てて積極的なパッティングが出来るという忠告である。(続く)
ーーーー

*1:「科学的ゴルフ上達法」(小田桐洋一著 講談社刊)でも、
   アッパーブローに打つのが転がりの良いパットの条件と言うことが書かれています。

*2:ストロークのやり方次第で、合わせることは可能ですね。

*3:いわゆる擦り上げるストロークです。これですと芯を捉えることは出来ません。

しっかり芯でとらえろと言う忠告と解釈すれば納得ですね。

しかし、意識してそれをやろうとするとぎくしゃくします。

それよりも、ルックアップしないで、自然にストロークするのが気持ちよく芯を芯でとらえるパットになると思います。

いつも御協力ありがとうございます。ランク1位を目指しています。

!!(~_~;) 今日もポチッと応援お願いいたしますm(_ _ )m
AD
いいね!した人  |  コメント(12)  |  リブログ(0)

Green Keeperさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。