たか坊のブログ

スクリーン印刷の資材・機械を販売している商社を経営しています。

日々の日報を兼ねた記事をUPしています。


テーマ:
少し気を緩めると、すぐ間が空いてしまうこのブログガーン

気を引き締め直さないといかんガーン


と、言う事で、今回からはプラスチゾルインクの長所第一回。「版上でインクが目詰まりしない」です。


ひつこい様ですが、プラスチゾルインクは一定の高温にならなければ一切固まる事はありません。
対して、水性バインダーは常温でも少しずつ固化していきます。

ご存知のように、版のインクが通過する部分は「細かい網の目」が密集しています。ここに少しでも通貨しきれないインクが残っていたらどうなるでしょう?

プラスチゾルインクの場合は、常温では硬化しないので(まだ)大丈夫なのですが、水性バインダーは徐々に硬化する事で版の網々を部分的に詰まらせてしまいます。そして、詰まってしまった部分は、以後インクが通過できないので、被印刷物にはインクが乗らない、という事になりますねガーン


この点から言うと、プラスチゾルインクの方が便利ですねニコニコ


ただ、何点か気になる事がありますガーン

と、言うのは、

インクが版を詰まらせる事は無い=インク返しをしなくとも良い

みたいな認識になっていないのか?と言う事なのです。


巷にあふれる情報には、全く「インク返し」をしていないものが多いのですが、これはシルクスクリーン印刷の基本原則から言うと間違いです。

あ。。。。。。

「インク返し」とは

 スキージングしたスキージを、スキージの角度(向き)は同じままで、インクを逆向きに押し返し、版の孔にインクを埋める

 作業の事です。

プリントの際のスキージングとは違い、インクを落とす訳ではないので、印圧(スキージにかける垂直の圧力)はかけません。インク返しをした直後の版は、あたかもパンにバターを塗った状態ガーンになります。



「シルクスクリーン印刷とは、孔版に一旦貯めたインクを、スキージングによって通過させる技法」

です。


一度お試し頂ければお分かり頂けるのですが、一度のスキージングで落ちるインクの量が変わります。
又、インク返しをしない場合に比べて、無用の印圧の必要が無くなります。


良く見かけるプリント風景に、むやみにスキージをぎゅ~っと押しつけて印刷されているガーン
インクをたくさん落としたいからなのかガーン
物理的に言って、やみくもに印圧を上げると、逆にせっかくのインクを掻き取ってしまいかねませんガーン

版と被印刷物の間の間隔(オフコンタクト)をちょうど0にする印圧があれば良いのです。

このパターンはプラスチゾルインクを使用している場合に多くみかけますガーン
ちなみに水性バインダーを使用している場合は、オフコンタクトをほとんど取らずに、印圧をほとんどかけていないパターンが多いのですがガーン


プラスチゾルインクを使用しているプリントで、スキージングした後のインクを、版枠のハジッコですくい上げて「よっこいしょ」っと、版の一番向こう側まで持っていく・・・・ガーン



と言う訳で、又今日も本題から離れていくガーン




インク返しを前提にして、再度まとめてみます。

プラスチゾルインクは常温で硬化しないので、版を目詰まりさせる事はありません。
 でも、インク返しはしましょうね。それと、インクが固まらないからと言って、掃除もしないで版を放置するのはよしましょうガーン → ここに書きました


水性バインダーは常温で次第に固化しますので、版を目詰まりさせる事があります。
 インク返しをする副次的な効果でこれは遅らせる事ができます。又、水性バインダーの自然固化お遅らせる助剤もあります。 →これ


 昔、歌舞伎の役者さんだと思いましたけどガーンこんな事を言ってらっしゃいました。

 「基本ができてはじめてできる事を独創的と言うのであって、基本もなっていないのにできる事は、我流と言ったり、タマタマとかなんですね」


スタンスのホームページ
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

たか坊さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。