たか坊のブログ

スクリーン印刷の資材・機械を販売している商社を経営しています。

日々の日報を兼ねた記事をUPしています。


テーマ:

印刷する際に使うスキージ。武士で言えば「刀」のようなものでガーン、ゴムの部分を「スキージ・ブレード」と言うので。

このスキージ、ゴムの部分だけでもいくつかの種類が有ります。


横から見た部分の「厚み」、スキージ・ハンドル(柄)の付け根から出ている部分の「長さ」、刷る絵柄に合わせて選ばなければならない「横幅」、そしてゴムのしなり具合を左右するゴムの「硬度」です。


もっと細かくお話しすると、ゴムの素材にも色々あります。



さて、このスキージ。初めてお使いになられる方からのご相談で良く有るのですが「どれが普通ですか?」と言うもの。


こう聞かれると、率直にお話しして「人によります」としかお答えできませんガーン



シルクスクリーン印刷では、スキージは大切な道具の一つですが、その他にも色々な道具・材料を使います。そして、そのどれもが、印刷の状況に影響を与えるものばかりです。


例えば「版」

これの「乳剤膜厚の違い」・「撥水性」はインクの透過する量に影響を与えます。


そして「インク」

これの「粘度」もインクの透過量に影響を与えます。


まだまだあります。


材料では無く、印刷の状況で言えば、


印刷素材と版の隙間。「オフコンタクト」と言われるものですが、これの違いは印刷のシャープさ。逆に言うと「滲みやすさ」に影響を与えたり、印刷素材の織り方の違いによっては、この隙間の有る無しは生地のけば立ちの原因の一つにもなります。



そして、これが一番大変ニコニコ


印刷する時の、スキージを引く圧力。スキージ圧若しくは印圧と言いますが、これ又インクの透過量に影響を与えます。

実際、上の全てを全く同じ条件にして、筋力の凄い男性と、とってもなでしこな(笑)女性に刷ってみて貰って下さい。


スキージブレードは「ゴム」です。

力を加えるとしなります。スキージングの際に、同じ人が同じ印圧で刷ると、硬いゴムより軟らかいゴムの方がしなってしまいます。言い換えると、スキージがより「寝て」しまいます。そうすると(この部分だけみると)インクが多く落ちます。

同じように、同じ固さのゴムでも、厚みが無い方が、厚いゴムよりよく「しなり」ます。


粘度が硬いインクを使うと、スキージングにより力が必要になりますから「しなる」ことになります。


ちなみに同じ硬さで同じ厚みのスキージ(ブレード)でも、巾が長くなるほど「しなり」ます。



時々「水性用のスキージを下さい」とかお問い合わせされる事もあるのですが「はい、これをどうぞ」とはお勧めしないのは上記の理由からなのです。

冒頭にも少し書きましたが、ゴムの素材が色々あるのすが、溶剤型のインクをお使いの場合、「耐溶剤性」に優れているブレードをお使いになった方が、長持ちするので良いですよと言う事で、決して「このスキージは水性用」とか「油性用」とか分かれている訳ではありません。


「どんなスキージを使えばいいですか?」

と、お問い合わせ頂ければ、

「今、どの様なスキージをお使いで、どんな事にお困りですか?」

と反対にご質問させて頂く事になります。


弊社では常時厚さが6mmと9mm、硬さが60度・70度・80度をご用意しています。

便宜上、70度を「普通」と称していますが、迷った場合はお問い合わせ下さい。
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

たか坊さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。