経済産業省は24日、太陽光や風力など再生可能エネルギーによる電力の全量買い取り制度について、1世帯当たりの電力料金への上乗せ額が最大で月579円以上になるとの試算を公表した。地球温暖化の原因となる二酸化炭素(CO2)排出量の削減効果は現行制度の2倍近くを見込む。
 試算は、家庭の太陽光発電を1キロワット時当たり42円、風力、地熱、水力、バイオマスなどの発電を20円で買い取る場合、制度開始後15年目の標準家庭(月300キロワット時使用)を想定して実施した。 

【関連ニュース】
〔用語解説〕「地球温暖化対策基本法案」
NOx26%削減も=自動車課金制度導入で
風力発電の健康影響調査=低周波音で住民から苦情
原発14基を新増設=温暖化対策に軸足
温暖化ガス25%減は可能=対策のたたき台公表

B型肝炎訴訟で閣僚会議=国家戦略担当相が窓口(時事通信)
老人ホームで刺され3人重軽傷=入所69歳男を逮捕-福岡(時事通信)
カルト対策で連携強化=78大学が情報交換-入学シーズンは要注意(時事通信)
大阪城ホールで阪大の卒業式 (産経新聞)
民主・輿石参院議員会長「国民は我慢して」 支持率低下に(産経新聞)
AD