月刊ポップル

千葉県の柏を拠点に活動している、勝手にCMソングライター「ポップル」(旧:Pople)の公式ブログ兼、ファンクラブ会報です。「月刊ポップル」と名付けたキッカケは、とある音楽仲間から「(月に数回の更新なので)月刊誌みたいですね」と言われたことに由来する。

Welcome to my Blog!!


★各アルバムの歌詞一覧は、下のアルバム名をクリックしてお楽しみください。
NEXT BRANDNEW WORLD
旅の途中

テーマ:

審査員に見られてるみたいに緊張しました(笑)

──Megumiさん談

 

 

 

ども、Studio WUUの覆面ライブ審査員ことポップルです。

嘘です^^

 

 

 

7月最初の土曜の夜、仕事を終えてから柏Studio WUUに向かいMegumiさんのライブを見ました。

 

Megumiさんと言えば・・・?そう。もうみなさんご存知のとおりLiebeのかりんさんの従姉妹で、以前Open Micでいとコラボもしていたシンガーソングライターです。

実はそのときから私のなかで気になっていたミュージシャンの1人だったのですが、先月二度もWUUで遭遇したのも何かのご縁なのかなと思い、この機会にライブを見に行ったというわけであります。

 

 

受付をすると同時にMegumiさんから挨拶をされて、開演前にさっそく(ハンドワイヤードガレージで制作したという)CDを購入。

 

今回は対バンが計2組、45分という時間に余裕のあるステージ。CDに収録されている4曲と新曲が1曲。そして洋楽のカバーが3曲と充実した内容でした。

自然体のMegumiさんが奏でる歌はどれも良くて、前にOpen Micで聴いたときよりも優しい歌声のなかに少し力強さも宿っていて、進化を感じました。カバー曲の中でも特にNorah Jonesの「Don't Know Why」は本当にドンピシャのチョイスで、最高のカバーだと思いました。Megumiさんの歌声に改めて惚れてしまいました( ´ー`)

 

曲でもコードにこだわっているのがわかる部分かいくつかあって、「空へ続く電話線」の間奏でGmを使っているところに「わかってるなぁ」と思わず顔がニヤけたり、「Family」もテンションコードの響きがアクセントになっていて好きなアレンジでした。

 

とまあ、こんなことを終始考えながら前から二列目のテーブルで見ていたので、終わってからMegumiさんに「ポップルさんの神妙な面持ちがステージから見えて、審査員に見られてるみたいに緊張しました(笑)」と言われてしまいました・・・

 

 

私としたことが、客電が落ちていたから油断してたぜ・・・

今度からはこんなお面でも付けて見ようかねぇ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いやいやいや、今度は違う意味で演奏に支障をきたすわ(笑)

メジャー・インディーズ関係なく、自分が好きだなって思える人のライブってどうしても勉強をする気持ちで見入ってしまうんですよね〜。今度はもう少し微笑むように見ますごめんなさい(^_^;)

 

 

 

ちなみにこの日、前半はトオルコバヤシさんの演奏も聴きました。

初めて見る名前なのでどんな方なのかと思っていたら、なんと去年WUUであった羽根web..netのライブで対バンしていた、雲河トオルJr.さんでした!

どうやら改名されたようで気づきませんでした!これはこれはお久しぶりでした(笑)

 

ライブの最後にはリハーサル中にやることにしたという、Megumiさんとトオルさんとのコラボ演奏もグッドでした!(ちなみにEd Sheeranのカバー)

お二人ともSNSをやっているので掲載しても大丈夫ですよね?もし事務所的にNGでしたら至急ご連絡を・・・

 

トオルさんとは終演後にMegumiさん含め3人で、音楽の話で意気投合して楽しかったです(^o^)

 

 

しかしどういうアーティストに影響されると、あんな綺麗な歌が書けるのか不思議だったので、Megumiさんに質問をしたものの明確な答えはなく、メジャー・インディーズ問わず色々なアーティストを聴いているみたいです。ただ最近は羽根web..netが大好きで聴いているようです。

 

まあ私のようにひとつのアーティスト(B'zとかB'z、そしてB'z)に傾倒するあまり視野が狭まって、自分の持ち合わせている物を考えずに歌を作ってしまうより、色々なアーティストから程よく影響を受けて、自分の中でブレンドされた歌を作り出すことのほうが理にかなっているのかもしれないな、なんて考えてみたり。

とにかく自己プロデュースの仕方が上手だなと感じました。

 

 

ちなみにMegumiさん、8月は越谷にあるライブハウスMOJO:MOJAの、歌姫イベント?なるものに出演して、フルバンドのサポートとともにライブをするみたいで、そちらも凄く楽しみです(^^)

完全にMegumiさんのファンになりました!

 

 

See You...

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

このイベントに参加すると、B'zの曲への思い入れが深まるばかりです。

 

 

 

ども、ポップルです。

今月はStudio WUUに3回も通った私ですが、6月最後はJR本八幡駅から徒歩10秒(10分じゃないよ)の場所にあるライブハウス、B-flatの月1イベント「B'z Night」に参加してきました!!

 

 

今年2度目の参加。前回の参加は2月でしたね〜

この日はスタッフもお客さんも多かったのと、お客さんのなかに元スタッフの人がいてその方が演奏にガンガン参加した関係で、ほぼ全編バンドステージで展開された熱い夜でした。

 

 

ちなみに私にはちょっとした任務がありまして・・・

というのも、2月のB'z Night終了後にブログ記事を公開したところ、ボーカルで参加していたある女性からアメブロのメッセージを通じて、「仕込み曲でギターを弾いてほしい」と、インターネットの情報網を駆使して依頼されて(笑)嬉しくて快諾したのです。

で、ついにこの6月のB'z Nightで披露する運びとなったわけであります。

 

注:仕込み曲とは、店側が演奏可能曲として用意していない曲を、お客さん同士でバンドを組んで演奏すること。

 

演奏したのはB'zのボーカル、稲葉浩志の1stソロ・アルバム「マグマ」に収録されている、「愛なき道」という曲。

・・・あ、これはご本人の映像ですからね?w

もちろん練習なしの一発勝負でしたが、バンドメンバーは言うまでもなく全員B'zファン。

まだボーカルの女性を除いて、ほとんど会話したことのない者同士でしたが、音で心が通じる一体感を味わいながら演奏できて、とっっても楽しかったー!( ´ー`)

次の日、ドラムの方が撮影していた演奏動画を見て、また興奮が蘇ってきて二重で楽しかったです。

 

そして前回もお会いした常連と思われる男性とは今回相席したのですが、ちょうどいい距離感で親切にしてもらい嬉しかったです。B'z Nightのみなさんの優しさも、このイベントの素敵だな〜と思うことのひとつですね。

その男性とは前回「ピエロ」という曲で一緒に演奏したのですが、今回は僕からのリクエストに答えていただき、「IT'S SHOWTIME!!」をコラボできて興奮しまくりでした!!

 

この「IT'S SHOWTIME!!」と、別の人と演奏した「Pleasure '98 〜人生の快楽〜」は、個人的に絶対に演奏したくて練習をしてきた曲だったのですが、ほぼミスなく演奏できてもう大満足です(笑)

 

 

 

次回は「The Wild Wind」と「恋心」あたりを演奏したいな〜。誰か歌いませんか?(笑)

参加できるのは秋以降になりそうですが(´・ω・`)

 

さ、この勢いに乗りながら、7月は小山さんに依頼されている仕事をこなすぞぉ〜\(^o^)/

 

 

See You...

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんな愉快で素敵な大人になりたい!!

 

 

 

・・・ども、今月はWUUに3回通ったポップルです。

月曜は昼間に歯科検診を受けたあとの消毒臭い体のまま、Studio WUUで菅又和彦さん、湯浅秀栄さん、小山ひとみさんのライブを見てきました。

 

〜祭りのあとのステージ〜

 

トップバッターは初めて見る菅又和彦さん。

長いこと音楽から離れていたのとトップバッターなのも相まってか、かなり緊張されている様子が伝わってきました。(その気持ち、とってもわかります・・・)

曲はミディアムテンポなものが多く、マーティンのアコースティックギターがビンテージモデルを思わせる音色を響かせていてよかったです。(実際はビンテージモデルではないらしい)

 

2番手はOpen Micで2回ほど見たことがある湯浅秀栄さん。

最初にOpen Micで見たときから、個性が光っていて気になっていた湯浅さん。

(小山さん同様)凄くおしゃべりで陽気な方という印象で、それと同様に歌も面白いものが多く、僕が気になっているシンガーソングライターの1人でした。

そんな湯浅さんをライブで見るのは初めてでしたが、歌詞のテーマや曲の展開の仕方など、飽きのこないものでよかったです。

 

ラストは僕がサポートもしている小山ひとみさん。

この日は新曲を3曲も聴くことができたのですが、またしても言葉のチョイスやメロディーの構成に小山節が全開!・・・相変わらずギターのコードはC、F、Gぐらいしか使っていないシンプルなものでしたが(笑)、それをカバーするほど歌詞が個性的なのです。

ただ今回の新曲で、ピックを使ったアルペジオを一部取り入れたり、C7を弾いているのをみて、ワタクシ感動しましたw

 

 

+++++

 

 

この日もジェントルマンな金子さんと相席して、色々な話をしながら楽しい時間を過ごすことができました(笑)

それと前回のOpen Micでの口約どおり、湯浅さんからドリンクを1杯ごちそうになりました。ありがとうございましたm(_ _)m

 

終演後も出演者の方々に混ざって(さも私も出演者かのように)たくさん音楽トークや、3人の人生トークで盛り上がりました。

おまけに湯浅さんと小山さんから、ドリンク計2杯にポテトサラダまでごちそうになってしまいまして・・・いやいや、本当にごちそうさまでした。僕もこんな素敵な先輩になって、いい循環を継いでいこうと思う次第であります。

 

 

次は本八幡にあるライブハウス・B-Flatのイベント、B'z Nightに参加して、夜な夜なB'zのギターを弾き倒してこようと思います!

 

 

See You...

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

今回、画像が一切ないので悪しからず・・・(汗)

 

 

 

・・・ども、今月は3回もWUUに通うポップルです。

金曜の夜はStudio WUUから、後藤まさるさんとオランさんのライブに招待され、見に行きましたので感想を手短に・・・

 

このライブは前編、後編ともにお二人で演奏されていました。

 

前編の後藤まさるさんはアコースティックギターの弾き語りに、オランさんがアコーディオンでサポートを努めます。

まず感じたのは、とても歌声が渋い!

ダンディーな雰囲気の漂うお人柄ですが、オリジナル曲のバリエーションが多彩で、後藤さんが憧れると語った"結婚生活のあるある"をテーマに書いた歌や、趣味の革細工で作っている、がま口財布をテーマに書いた歌など、ユーモアも織り交ぜられた歌詞が、聴いていて心を奪われました。コード進行もメジャー7thコードを取り入れたり、ちょっとしたリフを混ぜるところが非常に巧みで、ギターを凝視して勉強させていただきましたm(_ _)m

 

途中、ウクレレの弾き語りもされていたのですが、その前後のトークで、後藤さんのウクレレにはワース弦というカーボン素材の弦を張っていることについて触れていました。

私はそもそもウクレレにカーボン素材の弦があることを初めて知り驚いたのですが、値段がギター弦と同じぐらいすることも知り、二重に驚かされました(笑)

いやー、あんなダンディーな男になりたいなぁと、心底羨ましく思いました。

 

 

後編はオランさんのアコーディオンの弾き語りに、後藤さんがパーカッションでサポートをします。

オランさんの歌で、確か「ついてなかった日の夜は」という歌(タイトルがうろ覚えなので間違っていたらすみません)があり、その歌の歌詞に、「ついてなかった日の夜は、歯磨きだけして、種のように寝よう。種は孤独でも、暗くても、死んだりしない。」というフレーズがあり、とても心に残りました。

ちなみにオランさんは既存の曲と自身のオリジナルをミックスした作風の曲が多く、オリジナルとアコーディオンのスタンダード曲の両方を楽しめてよかったです。

途中オランさんのアコーディオンの速弾きに、後藤さんのパーカッションが追随してコンガを叩く場面は、情熱的でかっこよかった!!

先日の羽根web..netのライブでも生パーカッションに魅了されましたが、やっぱりパーカッションもいいですね〜

 

+++++

 

ちなみにこの日、WUUに向かうエレベーターで、Open Mic仲間の金子さんとバッタリ一緒になり、そのまま相席して普段なかなか話せない音楽のことをたくさん話せて嬉しかったです(^o^)

金子さんから音楽作りのことについて質問され、それに答えたりして、あんなにじっくりお話ししたのは初めてかもしれません。

そして開演が迫る頃、またもやMegumiさんと遭遇して3人で相席(笑)

そのときMegumiさんが座りやすくするために、金子さんがすばやく後ろのテーブルを移動させていて、「あぁ、金子さんって紳士だな」と思いながら見ていました←

 

ちなみにこの日、Kickさんもいらしていて挨拶はしたのですが、隣のテーブルで熱心にノートにメモを取っていたので、話しかけるのは遠慮しておきました( ´ー`)

 

 

さて、今夜もWUUでライブを見てきまーす( ̄ー ̄)

 

 

See You...

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

月曜の夜は(実に4ヶ月ぶりに)柏Studio WUUのOpen Micに参加してきました。

 

 

3月も参加したような気がしていたのですが、ブログを遡ったら3月は対バンライブでWUUに出入りしただけで、Open Micには参加していませんでした(笑)

 

この日はすっかりお馴染みになったレスポールを手に、B'z・・・ではなく、オリジナルの「銀と青のキリン」と「ねむねむの国(旧:おやすみ)」を歌いました。

そう!初めて自分の歌のエレキギターパートを生演奏しながら歌ってみました。

やはりいつもと違うパートを弾きながら歌うと、息継ぎが上手く出来なくて、いつにも増して歌が下手くそになりますね・・・

 

でも今回のOpen Micでは、新人スタッフの女性が照明の実習をしていて、ライブさながらの照明でステージに華を添えていただいたので、なんとかなって・・・ないか(笑)

 

阿部さんもPA席と司会の席との行ったり来たりで、お疲れ様でしたm(_ _)m

 

 

さてトークでもお話ししましたが、「銀と青のキリン」といえば、キリンの氷結という缶チューハイの「勝手にCMソング」として制作して早2年。皆さんも普段プルタブを開けながら口ずさんでいるかと思いますが、今年の夏は、その氷結に「旅する氷結」というシリーズが展開されていまして、

 

「アップルオレンジサングリア」「ロコロコパイン」「カリビアンモヒート」「マンマレモンチーノ」という、ネーミングから実に心躍るラインナップが発売されているのです!

 

これ、知り合いから教えてもらって近所のコンビニを探してみたのですが、どこにも扱っておらず、落胆した気持ちをTwitterに投稿したところ、な、なんとキリンの公式Twitterから「お客様相談室へお問い合わせいただきましたら、お近くの取扱店を確認いたします」と返信をもらいまして、先ほど問い合わせをして無事に卸先の店舗を教えていただきましたヽ(´ー`)ノ

 

いやー細やかな対応に、とても感激しました。これからも氷結を応援したい気持ちが更に高まりました!

 

ちなみに今月6日にメロン味も出ているではないかー!

http://www.kirin.co.jp/products/rtd/hyoketsu/kajitsuproject/product.html

今年の夏も、水はじく君に夢中さ〜♪

 

+++++

 

久しぶりにOpen Mic仲間の皆さんにも挨拶できてホッとしました。

今月末はまた本八幡のライブハウス・B-flatで行われているイベント、B'z Nightでオールをして燃え尽きてくるので、7月のOpen Micはお休みします。

なのでWUUの皆さまとは、またどこかでお会いできるのを楽しみにしています。

 

 

See You!!

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。