カラダこんさるたんと小松裕幸

加圧トレーニング&スタイルワーク オリジナルメソッドStudio pino


テーマ:

こんばんは。

 

今日は寒いという一言に尽きますね。

 

雪が降っている地域もあるということで

 

温度差や路面でのケガなど、体調面には十分にお気を付けください。

 

 

 

先週の記事で「痛み」についてお話ししましたが

 

先週の記事はコチラ

http://ameblo.jp/pino1213/entry-12259024567.html

 

「痛み」を感じているとき、痛みを追わないで痛みのない動きをする

 

ということを書かせていただきました。

 

実際に試されるとわかることですが

 

これが結構難しいもので。

 

いつの間にか「痛みのある方向」へと動いてしまします。

 

 

 

「痛み」はいわゆる「信号」です。

 

カラダが「危ない」と教えてくれているわけですが

 

教えてくれれば、その方向へと視線を向けてしまう。

 

これはもう、なんていうか人間の自然反応ですね。

 

だから痛みに意識がいきやすいのですが

 

痛みにコントロールされてはいけないですよね。

 

 

 

「痛み」は形や色などのイメージがあります。

 

例えば、トレーニングに来られる方に聞くのが

 

「痛み方はどんなものですか?」というものです。

 

鋭利痛がするのか、鈍痛なのか。

 

刺々しくて常に痛いのか、たま~にゆるく痛いのか。

 

赤や黄色のように「危険」と知らせているのか。

 

黒のように重く知らせているのか。

 

こうやって考えると

 

「痛み」には種類があることがわかります。

 

言葉で聞くと「?」となりますが

 

実際にカラダを感じながら聞くと「!」となって

 

自分の状態がわかるようになります。

 

 

 

 

これってカラダと会話しているようなものです。

 

自分のカラダと会話して

 

どこが

 

どれくらい

 

どんな頻度で

 

どのように

 

痛いのか。

 

「何となく痛い」「寝起きが痛い」など

 

その時の状況がよくフォーカスされますが

 

じゃあ、その時は動けないのか?

 

どの範囲なら動けるのか?

 

など、カラダを動かす方向で会話してもらいたいです。

 

そうすると、先週の記事のように

 

「痛みのない方向へ動く」ということが実践できるようになります。

 

まずは、本当の意味での自分の身体と相談することから始めてみましょう。

 

 

カラダこんさるたんと

小松裕幸

AD
いいね!した人

カラダこんさるたんと小松裕幸さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

同じテーマ 「ブログ」 の記事

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。