映画でペップトークとアファメーション(Pep Talk & Affirmation)

ペップトーク(Pep Talk)とは人を元気にする短いスピーチで、コーチングの最後のスキルとも言われているそうです。映画に出てくるペップトークを通して、みなさんにもペップトークを知っていただければ幸いです。


この作品も、劇場公開で鑑賞するつもりだったのですが、見逃してしまい、DVD化されるのを心待ちにしていたんですけど・・・

主演アシュトン・カッチャーのなりきりようは評価できますが(でも、ラジー賞のワースト主演男優賞にノミネートされたのね・・・(笑))、ワクワクしながら観始めたのに途中で失墜。

なんか、割と知っているスティーブ・ジョブズ像だったので、新鮮さはなく、ちょっとガッカリ。

「人格的には最低の男」って言われてますが、彼よりひどい連中が回りにいて、その人たちが創業者ジョブズを追い出したり、アップルをダメにしたので、ジョブズの悪さ加減はそう感じられず、逆に窮地にたたされたジョブズを応援したくなる感じ。

全般的に知られている内容を映画にした感じなので、スティーブ・ジョブズを全く知らない人ならともかく、彼が好き・・・って人にとっては、あまり新鮮なネタはないですよ~。

特に、彼に関する書物を読んでいる人にとっては△かもね。

個人的には以前紹介した

バトル・オブ・シリコンバレー



スティーブ・ジョブズの真実

の方がおもしろかったかな~。

あ。

このあと、2本、別の作品を観る予定なので、何とも言い難い部分もあるんですけど。




スティーブ・ジョブズ




ペップトーク度 (最高★×5) :★★★☆☆
映画オススメ度 (最高★×5) :★★★☆☆







【ストーリーと背景】



▼ オイラの解説より100倍分かりやすい予告編 ▼







【ペップトークの見所】

個人的には、アップルを追い出された後、ネクストやピクサーでの成功と、それが切っ掛けとなった復帰劇、iMacのヒット~iPod~iPad~iPhoneの成功の部分を掘り下げてほしかったんだけど・・・

物足りなさを感じたのはその辺が原因かも。

ヒューマンドラマとしては、復帰劇での人間関係は描かれているんですが・・・

まぁ、でも一般の人向けの映画としてなら、こんなもんでしょうかね?

で、肝心のペップトークなんですが・・・

彼は人の心を掴むスピーチがとっても上手な人なので、とっても参考になると思います。



Chapter:08 0:46’38”~ 

Apple II の発表


Chapter:11 1:11’40”~ 

マッキントッシュ開発スタッフへのモチベーショナル・スピーチ


Chapter:13 1:16’24”~ 

マッキントッシュの発表










↓ランキングに「ポチッ」とお願いします。↓

人気ブログランキングへ



* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *




AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

ペップトーカー見習い001号さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。