このブログで発表するには、まだまだ時間がかかりそうな「サーフィン映画興行収入ランキング」なのでありますが・・・

(まだ半分程度しか制覇できていません)

昨年話題になった

ソウル・サーファー(Soul Surfer)

を抑え、堂々の第一位に輝いているのがこの作品。

CGとはいえ、アニメだからと馬鹿にして観ていなかったのですが・・・

さすがにジャンルで1位になるだけあって、素晴らしい作品でした。

老若男女を問わず楽しめる作品だと思います。

アニメだからと言って馬鹿にしてはいけません。

スポーツには技術や体力だけではなく、心や人間性が大切であること、師弟関係や友情といった人間関係が大切であることを改めて感じさせてくれた作品です。

サーフズ・アップ  [DVD]/シャイア・ラブーフ
小栗旬,ズーイー・デシャネル/山田優,ジェフ・ブリッジス/マイク真木
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
 



ペップトーク度 (最高★×5) :★★★☆☆
映画オススメ度 (最高★×5) :★★★★☆






【ストーリーと背景】

伝説のサーファー「ビッグZ」に憧れる南極生まれのペンギン、コディ。

ペングー・アイランドで開催される大会のスカウトに無理やりくっついて行って、島を訪れたコディは、ビッグZを引退に追いやった大会9連覇のサーファー「タンク」に大会前にコテンパンにやられる。

失意のコディは、ギークという男と出会い、自分用のボードを自らの手でつくることからサーフィンへの取り組みをし直すのだが・・・


【ペップトークの見所】

きっかけは、昨年観たディズニーの「ソウル・サーファー」を上回る興行成績を上げたアニメのサーフィン映画ってどんなんだろうという好奇心でした。

でも、さすがに人気のある作品は、CGアニメのクォリティだけではなくストーリーもしっかりしていて、見応えがありました。

なみいるサーフィン映画の名作はチューブの迫力や海の美しさという共通点がありますが・・・

CGで、それを再現しているので、アニメとはいうものの、迫力もあります。

そして、冒頭にも書きましたが、コメディ・タッチの作品の中にいくつものヒューマン(ペンギンですけど・・・笑)があって、心を揺さぶられました。

もちろんペップトークも・・・


Chapter:18 0:51’40”~

大会での勝利しか考えていないコディに対し、ギークはサーフィンの本当の楽しさを教えようとします。

これも、イメージのシフトチェンジのひとつだと思うのですが・・・










↓ランキングに「ポチッ」とお願いします。↓

人気ブログランキングへ



* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *




 

▼お世話になっている▼
▼▼▼税理士さんが書いた本▼▼▼
▼お世話になっている▼
▼▼▼社長さんが書いた本▼▼▼
妻も子供も上司も部下も・・・
どうして私の話を
聴いてくれないのか
鈴木克欣(すずきかつよし)



10倍仕事ができる
スタッフを育てる
リーダーの影響力
坂井 徹(さかいとおる)


AD