映画でペップトークとアファメーション(Pep Talk & Affirmation)

ペップトーク(Pep Talk)とは人を元気にする短いスピーチで、コーチングの最後のスキルとも言われているそうです。映画に出てくるペップトークを通して、みなさんにもペップトークを知っていただければ幸いです。


テーマ:

このタイトル「61*」はなんと読むのでしょうね?


アメリカの大リーグでのモームラン記録に関する映画です。


61* [DVD]/バリー・ペッパー,トーマス・ジェーン



ペップトーク度 (最高★×5) :★★★☆☆
映画オススメ度(最高★×5) :★★★★☆

【ストーリーと背景】

1961年、それまで破られていなかったベーブ・ルースのシーズン60ホームランを抜く61本に挑んだロジャー・マリスとミッキー・マントルの実話に基づくドラマ。

この年、マリスはNYヤンキースに移籍してきたが、ヤンキースのファンはなかなかマリスを受け入れてくれない。一方、マントルはヤンキースの人気者であり、チームをまとめる主軸の選手。

ファンには愛されないマリスだが、マントルとは仲も良く、次第にチームに溶け込んでいく。
そんな二人がホームラン王争いからシーズン終盤は次第にベーブルースの記録を破るかという話題がマスコミを賑わすのだが、記録に挑戦するマリスに対しての世間の反応は冷たい・・・。

【ペップトークの見所】

つい先日も同じようなことが日本でもありましたね。

ワールドカップ出発前の岡田監督に対する批判。そして、大会直前の練習試合での連敗で、岡田監督と日本代表チームに対する批判や不安・・・。

それが蓋を開けて決勝トーナメント出場を決めた途端に手のひらを返すような賛辞。

この映画の背景にあるマスコミの対応もひどいもんです。
どこの国でもマスコミってこんなもんなのでしょうかね?
報道に正義や真実を追究する人は少ないのでしょうか?

この映画のタイトル「61★」の★印は、ベーブルースの60本塁打の記録のときと試合数が違うとのことで、マリスの記録はあくまで「参考記録」扱い・・・というアメリカ大リーグの野球機構がつけたものだそうです。当時の会長は大のベーブルースファンで、偉大なベーブルースの記録を破らせないなめにいろんな画策をしてたみたいですね。

マリスはとても人格者で、ミッキー・マントルとも仲が良く、彼が活躍できるように自分がチームメイトと共同で借りているアパートの一室を提供したり、二人で会社を設立したりもしています。

そんなマリスの人格を表す感動的なシーン
Chapter:11 0:46’00”~

ホームランバッターで、かつ記録更新が話題になっているマリスが、チームの勝利のために自分の意志でバントを決めるシーン。

そして、肝心のペップトークです。
落ち込むマリスに対して、監督室でのペップトーク
Chapter:20 1:34’24”~



↓ランキングに「ポチッ」とお願いします。↓
人気ブログランキングへ

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

ペップトーカー見習い001号さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。