昨日の記事(→ 調味料はいいものを!というわけで、おススメの「みりん」 )をアップしてから、

「そうそう、前のブログにバスボムの作り方アップしてたわ!
ふゆさんも、「重曹とクエン酸でやったらいいよ。温まるよ」って言ってたし紹介しとこう!」
と思い立ちまして、引っ張りだしてきました

はちみつバスボムっていうのもあるのですが、取り急ぎ塩バージョンで

++++++++


○バスボムの作り方 塩バージョンしお


<材料>

重曹 100g

クエン酸 50g

塩50g


<作り方>

①材料を測ります。


②重曹・クエン酸・塩を1つのボウルに入れたらよく混ぜます。


ここでよく混ぜておかないとうまく発泡しないそうです。

塩バージョンは、手でもみもみする感じで混ぜる方がよいです。

混ぜているうちに、塩が周囲の水分を引きつけてちょっとずつ

感触が重たくなってくるのがわかります。



そして・・・


③写真のようにきゅっと握って固まるようならOK!


④ラップでくるんで巾着型にしたり、型に入れて固めます。

写真はラップバージョン。

適量を入れて・・・。


くるくると口をねじってからギュッと握ります。


⑤こんな感じで放置しておくとかたまりますので、ラップの場合は

このまま置いておいて、使う際に開けます音譜


開けた状態がこちら!

これは仕込みで昨晩作っておいたものです。 気持ちまだゆるいかなー。

お好みで精油を1滴ほど垂らしてからお風呂に入れると、よい香り

がひろがりますし、精油の効果も期待できます。

(ちなみに、うちはベビーが入るのでこのままで使います)


できあがり~音譜


とまぁ、実はとっても簡単なのですべーっだ! が!
実は昨日、失敗しまして・・・・うっ その理由もこちらに書いておきたいと思います。


失敗の理由は・・・・・・。

ずばり塩の種類!です。


左が今回のレシピで使った塩、右が失敗した塩です。

違いはズバリ・・・粒度です。

左も天然の粗塩なので粒はそんなに小さくないのですが。

右の方が明らかにでかく、そしてサラサラしています。


今回塩くんは、作り方に書いたように「水分をひきつける」という

ミッションを負っているいるので、サラサラーでは困るのです。

なるべくしっとり感のある塩がよいですsei


ちなみに、左のような塩を使っても、どうもかたまりが弱いなと感じた場合は、
エタノールを少々入れるとよい感じでした。 お水だとその瞬間発泡しますので、
難易度高し!です。

ちなみに失敗作はコチラ↓


わーお! ラップにくるまれている状態では見た目変わらないのですが、開けるとざらーっと・・・あせる これじゃあバスソルトやーん。


ってなわけで、昨夜はバスソルトとして使用しました。(発泡バスソルトって感じで、しゅわ!っと消えてなくなりました。) まあこれもアリでしょうにひひ 結果的には、身体はぽっかっぽかになったし~べーっだ!


重曹とクエン酸と塩があればできるので、お手軽です~。発泡のベスト比率は

重曹2:クエン酸1 ということです。


私は、 塩もクエン酸と同量でやってみていますが、塩の量は重曹に合わせる というレシピもありましたのでお好みで~ラブラブ


ちなみに、重曹とクエン酸はアマゾンアマゾンでも売ってます。 私が買ったのはコチラ。

パックス重曹F 2kg/太陽油脂

¥840
Amazon.co.jp
ねば塾 クエン酸 500g/ねば塾
¥504
Amazon.co.jp

大入りなので掃除にバスボムに大活躍しても、まだまだあります

AD