チェンコーンの安宿 喫茶&民宿 パパイヤヴィレッジ

タイの北部、メコン川沿いの小さな田舎町チェンコーン。
メコン川の向こうがラオスです。
夫と娘とここで暮らして、丘の上で小さなゲストハウスをしています。
遊びに来て下さい。

1年お休みしていましたが、再開してます。
前の場所から引っ越ししています。
丘の上にあり、ラオスが見えますが、メコン川は見えません。

2013年12月から、友好橋のみの国境越えで、
以前あった渡し舟は、地元民のみの舟になり、
パスポート使用の旅人は、
バスで橋を渡ります。

シングルルームひとつ(150バーツ)、
5人はいるドミトリールームひとつ(100バーツ)、
トイレシャワー共同の
前よりも小さな宿になります。
Wi-Fiありません。
自転車無料。

川沿いのオススメ宿は、PP HOME (350バーツより)宿主サイフォンさんが素敵。
町中で便利な安宿、BAAN FAI GUESTHOUSE (150バーツより)です。

問い合わせは、086-774-9620 
papaya.hiroko@gmail.com
ひろこまで。

よろしくお願いします。

テーマ:
日本で生まれて普通に暮らしていれば、
無国籍の人がいる、なんて聞かないし、理解出来ないはなし。

国籍を持たず、どの国にも国民と認められていない無国籍の人々、
世界には、1500万人以上いるといわれています。

そして私の夫とその家族は、無国籍です。

シン(夫)の妹や弟、
娘の友だち(親が無国籍)、
タイ国から許可されて、タイに住んでいますが、
タイ人ではないので、
働く場所も限られるし、選挙権もないし、結婚だとか、土地を買う、などの書類手続きが成立しません。

私が、たびたび、このブログで無国籍問題を持って来るのは、
まず、知ってもらいたい、からです。


広い心、広い視野を持ちなさい。
国家の一員であることに執着するのではなく、
自分を世界の一員、
人類の一員と考えなさい。
どこにいても公正な人、
そして誠実な人であることを心がければ、
多くの友、
心が通じ合える人々を得ることができ、
言葉や文化の壁は自ずと乗り越えられるはずです。

これは、ダライラマ法王からの、無国籍者と無国籍者を応援する方々へのメッセージ。
AD

テーマ:
シン(夫)の国籍問題に、進展無し。

タイ人、ラオス人、日本人、中国人、ミャンマー人、カンボジア人、。。。。
いろんな国があるけれど、

みーんな、同じ地球に住む、地球人。
火星人じゃないのは、確かでしょう。

国籍が無いから、パスポートが作れないから、
旅が出来ない、
結婚が出来ない(書類が作れない)、
なんてこと。

一度でいいから、家族で一緒に私の実家へ遊びに行きたいな。
AD

テーマ:
私は、
人生がドラマより面白くなった頃から、
ドラマは、見ていない。
作り物のドラマ見てる時間が、もったいない、と思うようになったのは、
大阪から東京に出てからのこと。
私は、家出を勧めます。

人生は、ドラマよりも、ドラマチック。

そして、旅は、人生を変えてしまう可能性もある。

そこで、退屈しているアナタ、
旅に出よう。

世界一周じゃなくても、ちょこっと頑張ってお金貯めて、
出ておいでー。

喫茶民宿薬草サウナ
パパイヤヴィレッジへー。
AD

テーマ:
吐く息が白い!
朝晩の冷え込みが、やってまいりましたー。
みんな、寒い寒いと言って、
うれしそう!です。

私も、お客さんゼロの日が続き、
お財布も寒い日が続きますが、
昼間には、暖かくなるので、
なんとかなるさー、
となります。

シン(夫)は、また今日から
ルアンパバーンへツアーのお仕事です。

仕事仕事のシンですが、お金が付いて来ないのが、
悩みです(私の)。
本人は、あまり気にしていない様子ですが、
こんなに忙しく働いているのに?
あれ?
という感じ。
だったら、働かないほうが、良いのでは?
家で、私のお手伝いして欲しいなー。。。
なんて、本気で思ったりもしますが、

やりたいようにやったらええねん!!
あんたは、自由やー!

その代わり、私も自由やでーっ!

てな感じ。
いつまで、続くでしょうか。。。






テーマ:
大阪にある、シュタイナー幼稚園くすのきえんで出会った
娘のおともだち
こっちゃん。

葉子よりひとつ下の5さい。
お父さんとお母さんとこっちゃんが、
パパイヤヴィレッジに遊びに来てくれました。

お父さんは、2日間会社をお休みして、土日と祝日を使っての、
3泊4日のチェンコーン!

とても嬉しいし、楽しかったし、
幸せだなーと思います。

そして

この世に生まれて来た喜びを、
感謝するこころを、
持てる大人に、
なってもらいたいなーと、
思いました。



テーマ:
涼しい毎日で、今がいちばん過ごしやすいです。
旅のハイシーズン!
ですが、お客さんはひとり。。。
やっぱり、橋のせいです。

こんなにいい宿なのになあ。



テーマ:
個室ひとつ、ドミトリーひとつ、
なので、テントをふたつ買って来ました。

テント 100バーツ です。

たとえば、個室が良いのだけど、空いていない、とき。
たとえば、ドミが良いのだけど、おっちゃんばっかりな、とき。

個室は、もうひとつ、今から作る予定です。

喫茶も、ぼちぼち始めています。

ホットコーヒー 25バーツ
紅茶 30バーツ
フルーツシェイク 30バーツ
蜂蜜レモンソーダ 30バーツ
ソーダ水 20バーツ
チャンビール(大)60バーツ

朝食セット 80バーツ

よろしくお願いします。


テーマ:
私には、父と母がいます。
誰にだっています。

私の母は屋久島で、父は山形で、ふたりは大阪で出会い、
私は、大阪で生まれ育ちました。

父のことは、生まれてこのかた、好きになったことがありません。
私は、父に養ってもらっているのがいやで、
高校卒業して家を出ました。
大阪から東京に出ました。

タイに来るのに、えらい決心だったのでは?
と、ときどき、聞かれることがありますが、
高校卒業して、ひとり東京に出たときのほうが、
大変でした。

父と母は、私が東京にいるときに、離婚しました。

それから何年かたって、私もタイに住むようになり、
私の戸籍を父から離す手続きをしに役所へ行ったのですが、
私の下に、知らない名前が!

父が言いだした離婚だったのですが、理由は性格の不一致だけで、
母が、愛人がいるのか、と聞いても、いるわけない、とのことで、

その私の下にあった知らない名前は、父と愛人の子で、
よくある話で、子が生まれる前になんとか離婚しとかないと!
というわけだったのです。
母と離婚する10年も前から、愛人とお付き合いしていたそうで、
隠せるもんだなーと私もビックリ。

チェンコーンに住んで、父のような日本人男性にたくさん会います。
もちろん、好きではありません。

ただ、おっちゃんも、生きて行くのに、大変なんだなーと。







テーマ:
昼間は暑いので、半袖で過ごせるけれど、
朝晩、長袖を着る季節です。
タイで一番過ごしやすい時期。
貴重なこの約2ヶ月間、寒い寒いと言って、
寒さを楽しむのです。
もちろん、日本ほど寒くないのだけれど、
暖房器具のないところなので、家のなかでも寒いのです。
けれど、タイ人が寒い寒いと騒いでる横で、西洋人がタンクトップに短パンだったりします。
吐く息も白くなるほど寒くなります。
10℃くらいですけど。

テーマ:
今年は、11月6日です。
ローイクラトン。

満月の夜のお祭り。
水の精に感謝するお祭り。
タイのお祭りの中で、一番ロマンチック!
なのです。

ちなみに、ロ―イが流す、
クラトンは、バナナの茎を中華用まな板くらいに切ったやつに、お花とロウソクで飾ったものです。
ローイクラトンで、
クラトンを流す、という意味。
そのお祭り当日の朝から、クラトン作りにとりかかります。
私も、毎年、作っています。
たくさん作って売っている人もいるので、買って流す人もいますが、
ほとんどの人が、家で作ったものを、流します。

チェンコーンでは、メコン川に流します。
夜、満月の明かりの下、川を流れるクラトンは、
コムローイに比べれば地味かもしれませんが、
美しいです。

流したあとは、夜店が出ているので、子どもたちも大人も、
輪投げやったり、ビンゴゲームやったり、イカ焼き食べたり、
とっても楽しい夜になります。

チェンマイが有名で、最近コムローイのほうが名物になっていますが、
コムローイは、最近の流行であって、もともとはローイクラトンです。

タイ全土でやっていますよ。


[PR]気になるキーワード