チェンコーンの安宿 喫茶&民宿 パパイヤヴィレッジ

タイの北部、メコン川沿いの小さな田舎町チェンコーン。
メコン川の向こうがラオスです。
夫と娘とここで暮らして、丘の上で小さなゲストハウスをしています。
遊びに来て下さい。

1年お休みしていましたが、再開してます。
前の場所から引っ越ししています。
丘の上にあり、ラオスが見えますが、メコン川は見えません。

2013年12月から、友好橋のみの国境越えで、
以前あった渡し舟は、地元民のみの舟になり、
パスポート使用の旅人は、
バスで橋を渡ります。

シングルルームひとつ(150バーツ)、
5人はいるドミトリールームひとつ(100バーツ)、
トイレシャワー共同の
前よりも小さな宿になります。
Wi-Fiありません。
自転車無料。

川沿いのオススメ宿は、PP HOME (350バーツより)宿主サイフォンさんが素敵。
町中で便利な安宿、BAAN FAI GUESTHOUSE (150バーツより)です。

問い合わせは、086-774-9620 
papaya.hiroko@gmail.com
ひろこまで。

よろしくお願いします。
NEW !
テーマ:
吐く息が白い!
朝晩の冷え込みが、やってまいりましたー。
みんな、寒い寒いと言って、
うれしそう!です。

私も、お客さんゼロの日が続き、
お財布も寒い日が続きますが、
昼間には、暖かくなるので、
なんとかなるさー、
となります。

シン(夫)は、また今日から
ルアンパバーンへツアーのお仕事です。

仕事仕事のシンですが、お金が付いて来ないのが、
悩みです(私の)。
本人は、あまり気にしていない様子ですが、
こんなに忙しく働いているのに?
あれ?
という感じ。
だったら、働かないほうが、良いのでは?
家で、私のお手伝いして欲しいなー。。。
なんて、本気で思ったりもしますが、

やりたいようにやったらええねん!!
あんたは、自由やー!

その代わり、私も自由やでーっ!

てな感じ。
いつまで、続くでしょうか。。。





AD

テーマ:
大阪にある、シュタイナー幼稚園くすのきえんで出会った
娘のおともだち
こっちゃん。

葉子よりひとつ下の5さい。
お父さんとお母さんとこっちゃんが、
パパイヤヴィレッジに遊びに来てくれました。

お父さんは、2日間会社をお休みして、土日と祝日を使っての、
3泊4日のチェンコーン!

とても嬉しいし、楽しかったし、
幸せだなーと思います。

そして

この世に生まれて来た喜びを、
感謝するこころを、
持てる大人に、
なってもらいたいなーと、
思いました。


AD

テーマ:
涼しい毎日で、今がいちばん過ごしやすいです。
旅のハイシーズン!
ですが、お客さんはひとり。。。
やっぱり、橋のせいです。

こんなにいい宿なのになあ。


AD

テーマ:
個室ひとつ、ドミトリーひとつ、
なので、テントをふたつ買って来ました。

テント 100バーツ です。

たとえば、個室が良いのだけど、空いていない、とき。
たとえば、ドミが良いのだけど、おっちゃんばっかりな、とき。

個室は、もうひとつ、今から作る予定です。

喫茶も、ぼちぼち始めています。

ホットコーヒー 25バーツ
紅茶 30バーツ
フルーツシェイク 30バーツ
蜂蜜レモンソーダ 30バーツ
ソーダ水 20バーツ
チャンビール(大)60バーツ

朝食セット 80バーツ

よろしくお願いします。


テーマ:
私には、父と母がいます。
誰にだっています。

私の母は屋久島で、父は山形で、ふたりは大阪で出会い、
私は、大阪で生まれ育ちました。

父のことは、生まれてこのかた、好きになったことがありません。
私は、父に養ってもらっているのがいやで、
高校卒業して家を出ました。
大阪から東京に出ました。

タイに来るのに、えらい決心だったのでは?
と、ときどき、聞かれることがありますが、
高校卒業して、ひとり東京に出たときのほうが、
大変でした。

父と母は、私が東京にいるときに、離婚しました。

それから何年かたって、私もタイに住むようになり、
私の戸籍を父から離す手続きをしに役所へ行ったのですが、
私の下に、知らない名前が!

父が言いだした離婚だったのですが、理由は性格の不一致だけで、
母が、愛人がいるのか、と聞いても、いるわけない、とのことで、

その私の下にあった知らない名前は、父と愛人の子で、
よくある話で、子が生まれる前になんとか離婚しとかないと!
というわけだったのです。
母と離婚する10年も前から、愛人とお付き合いしていたそうで、
隠せるもんだなーと私もビックリ。

チェンコーンに住んで、父のような日本人男性にたくさん会います。
もちろん、好きではありません。

ただ、おっちゃんも、生きて行くのに、大変なんだなーと。







テーマ:
昼間は暑いので、半袖で過ごせるけれど、
朝晩、長袖を着る季節です。
タイで一番過ごしやすい時期。
貴重なこの約2ヶ月間、寒い寒いと言って、
寒さを楽しむのです。
もちろん、日本ほど寒くないのだけれど、
暖房器具のないところなので、家のなかでも寒いのです。
けれど、タイ人が寒い寒いと騒いでる横で、西洋人がタンクトップに短パンだったりします。
吐く息も白くなるほど寒くなります。
10℃くらいですけど。

テーマ:
今年は、11月6日です。
ローイクラトン。

満月の夜のお祭り。
水の精に感謝するお祭り。
タイのお祭りの中で、一番ロマンチック!
なのです。

ちなみに、ロ―イが流す、
クラトンは、バナナの茎を中華用まな板くらいに切ったやつに、お花とロウソクで飾ったものです。
ローイクラトンで、
クラトンを流す、という意味。
そのお祭り当日の朝から、クラトン作りにとりかかります。
私も、毎年、作っています。
たくさん作って売っている人もいるので、買って流す人もいますが、
ほとんどの人が、家で作ったものを、流します。

チェンコーンでは、メコン川に流します。
夜、満月の明かりの下、川を流れるクラトンは、
コムローイに比べれば地味かもしれませんが、
美しいです。

流したあとは、夜店が出ているので、子どもたちも大人も、
輪投げやったり、ビンゴゲームやったり、イカ焼き食べたり、
とっても楽しい夜になります。

チェンマイが有名で、最近コムローイのほうが名物になっていますが、
コムローイは、最近の流行であって、もともとはローイクラトンです。

タイ全土でやっていますよ。



テーマ:
あんまりにもヒマなので、暇つぶしに
バスに乗ってチェンライへ遊びに行って来ました。

チェンコーンからチェンライへは、
朝5時から30分おきにバスが出ているので(夕方4時まで)、
行きたいと思ったら、すぐ行けます。
バスに乗ってしばらくすると、バスの人が集金に来ます。
今、65バーツ。

2時間ほどで、チェンライ到着。
途中の景色は、田んぼと木とそのあいだにある村の家々。
雨期もそろそろ終わりで、風も涼しく、気持良いです。

最近奇麗なバスが多くなったタイで、
このチェンコーンとチェンライ間を走る
赤いボロバス、
私は好きです。
娘も、窓が開けられないバス(エアコン)より、
この赤いボロバスが好きです。
窓は開けっ放し、
扇風機が付いていますが、動かなかったり、
タイの、東南アジアの、たくましさを感じます。



テーマ:
やっぱり、橋の影響大、です。
今、旅のローシーズンでどこもお客さん少ないですが、
こんなに、少ないのは、
橋のせいですね。

うちは、もともと小さな宿ですが、
橋が出来る前は、ローシーズンとか関係なく、
毎日ひとりくらいは、お客さんが来てくれてましたが、
一週間もお客さんがゼロ、なんて。。。

橋が町から遠いので、
町まで行かないで、橋を渡って行ってしまう。。
そして、イミグレーションも、前より営業時間が長くなり、
町に泊まらなくても移動出来るようになった。
チェンマイとかルアンパバーンとか。。。

町は静かになり、前みたいな巨大なトラック渋滞もなくなり、
歩きやすくなりました。
タイの田舎町をゆっくり満喫してみませんか?



テーマ:
うちは、タイの田舎のチェンコーンにある、
安宿です。

パパイヤヴィレッジは、
私が、リュックひとつで旅していたときの、
私の理想の宿。

宿代は、安い。
宿主は、親切。
部屋は掃除されている。
まったりスペースがある。
町が歩きやすい。

宿代が安いと長い旅が出来ます。
宿主が良い人(ウソつかない)だと、安心できます。
部屋が掃除されてると、眠れます。
まったりしたいのです。
旅人は、歩くのです。



[PR]気になるキーワード