内閣府は31日、1~3月期の国内総生産(GDP)速報値から推計した需給ギャップがマイナス4.8%になったと発表した。前期(2009年10~12月期)のマイナス5.8%から改善したが、金額換算すると日本経済はなお年25兆円(前期は年30兆円)程度の需要不足に陥っていることを意味し、深刻なデフレ環境が続いている。
 受給ギャップは潜在GDPと実際のGDPとの差から算出される。1~3期の受給ギャップのマイナス幅が縮小したのは、実質GDPが前期比年率4.9%の高い伸びとなったため。 

【関連ニュース】
消費者物価、1.5%下落=14カ月連続マイナス-4月
物価安定でも金融不安あり得る=政治的独立重要
公的資金、9月末までに完済へ=「上乗せ」なしも
心残りは税財政・社会保障改革=御手洗経団連会長がお別れ会見
GDP年4.9%増=1~3月期、4期連続プラス-09年度はマイナス成長

わいせつの消防副士長を懲戒免職処分 東京消防庁(産経新聞)
<大相撲>親方2人、案内所に向こう正面依頼 暴力団観戦で(毎日新聞)
むずむず脚症候群の認知度は3割未満(医療介護CBニュース)
福祉用具相談員の実力テスト、11月に7都市で実施(医療介護CBニュース)
高齢者対策が課題―結核部会(医療介護CBニュース)
AD