前島密(まえじまひそか)という人物をご存じだろうか。「郵便」「切手」「葉書」という名称を定めた人物で、「郵便制度の父」とも呼ばれている。1円普通切手に肖像画が使われているので、名前は知らずとも顔を見たことがある人も多いかもしれない。

 その前島、1970年に「鉄道臆測」という見積書を明治政府に提出し、鉄道建設にも一役買っているのだ。2010年は前島が鉄道建設費と収支計画を提出してから140周年ということもあり、逓信総合博物館(ていぱーく)では6月18日から7月25日まで特別展「鉄道と郵便」を開催する。

 特別展では、前島の鉄道に関する功績を振り返るほか、鉄道と郵便に関する写真や歴史的資料を展示する。また、鉄道郵便車のNゲージ車両が走るジオラマ展示と操作体験、鉄道系音楽ユニット「スーパーベルズ」のライブショー(7月18日、19日、24日、25日)などを行う。

 なお、逓信総合博物館(ていぱーく)のWebサイトでは、5人まで入場できる無料招待券が提供中だ。

<特別展「鉄道と郵便」>

場所:逓信総合博物館(ていぱーく)
東京都千代田区大手町2-3-1
時間:9時~16時30分(入場は16時まで)
期間:2010年6月18日(金)~7月25日(日)
休館日:2010年6月21日、28日、7月5日、12日、20日
入館料:大人110円、小・中・高校生50円

【関連記事】
第23鉄 位置情報ゲーム『コロプラ』で“130円大回りの旅”を満喫(計画編)
第30鉄 新幹線に乗って鉄道博物館へ行こう――埼玉新交通ニューシャトル
第15鉄 利府支線で行く、仙台のミニ鉄道博物館
第6鉄 新しいのに懐かしい、東急世田谷線よりみち散歩

<相撲協会>複数力士が「野球賭博した」…調査に自己申告(毎日新聞)
<気温>世界平均、過去最高タイ 3~5月…気象庁(毎日新聞)
<東西線>車両点検の影響で運転中止 煙のようなもの発生?(毎日新聞)
都城でも口蹄疫か 飛び地感染? 9頭殺処分へ(産経新聞)
旬の高知へ、龍馬の高知へ――言葉と食の旅をしませんか(Business Media 誠)
AD
 東京・湾岸エリアに、新たなるカルチャー発信拠点となるオフィス・商業複合施設ビル「TABLOID(タブロイド)」がオープンした。

【動画:「TABLOID」の紹介】 【拡大画像や他の画像】

 ゆりかもめ「日の出」駅から徒歩1分ほどのロケーションに位置するこの施設は、かつて産経新聞社の印刷工場だった建物をオフィス・商業複合施設にコンバージョンしたもの。「TABLOID」という名称は、タブロイド紙の印刷工場だったことにちなんで付けられた。

 外観のファサードからはコンテンポラリーな空気感が匂いたつ。コンバージョン(用途転換)というだけに、構造自体はほとんど手を付けずに仕上げられているが、中に一歩踏み込むと、それが元は昭和44年に稼働開始した古い印刷工場だったとは思いがたいほどモダンな空気感に包まれる。

 コンバージョンの指揮はリノベーション会社「リビタ」が担当。同社のディレクションのもとに、壁画家の神谷節氏など、さまざまなクリエーターが参加、内外装は新旧融合の独特かつ実験的なイメージを打ち出している。

 地上4階地下1階のうち、3~4階はオフィスやショールーム。3階をのぞく各フロアは、オフィススペースとアートスペースが雑多に混在し、全体を通じて19区画が展開する。

 施設内でもっとも特徴的なのが、4階までの吹き抜けで2階部分に幅広いキャットウォークをもつ340平方メートルの空間。ここは先月、レディ・ガガがライブパフォーマンスを行ったことで一躍脚光を浴びた場所でもある。今後も、同様のライブやイベント、撮影スタジオなど多目的な用途に使用される予定だ。

 どことなくカオスティックな印象もあるが、逆にN.Y.のSOHOにアートが咲き乱れた時代や、次々と新たなカルチャーを生み出すロンドンのSOUTH BANKのような、“混沌”さゆえの底はかないパワーを感じる。今後、同施設に集うアーティストたちがどのように作用し合い、刺激し合って新たなカルチャーを生み出すのか。注目が集まっている。【松浦明,エキサイトイズム】

●TABLOID(タブロイド)
東京都港区海岸2-6-24

Copyright (C) 1997-2010 Excite Japan Co.,Ltd. All Rights Reserved.

【関連記事】
表参道ヒルズに「PASS THE BATON」2号店
日本初公開「フェラーリ 458イタリア」
フォトギャラリー:フェラーリ 458イタリア

与野党から国会延長・参院選先送りの声(読売新聞)
茨城県警警官、庁舎トイレで拳銃自殺か(読売新聞)
北海道・根室で震度3(時事通信)
「ロバート」山本さん、首都高で追突事故(読売新聞)
熱田まつり 無病息災祈る灯、幻想的に…名古屋(毎日新聞)
AD
 内閣府は31日、1~3月期の国内総生産(GDP)速報値から推計した需給ギャップがマイナス4.8%になったと発表した。前期(2009年10~12月期)のマイナス5.8%から改善したが、金額換算すると日本経済はなお年25兆円(前期は年30兆円)程度の需要不足に陥っていることを意味し、深刻なデフレ環境が続いている。
 受給ギャップは潜在GDPと実際のGDPとの差から算出される。1~3期の受給ギャップのマイナス幅が縮小したのは、実質GDPが前期比年率4.9%の高い伸びとなったため。 

【関連ニュース】
消費者物価、1.5%下落=14カ月連続マイナス-4月
物価安定でも金融不安あり得る=政治的独立重要
公的資金、9月末までに完済へ=「上乗せ」なしも
心残りは税財政・社会保障改革=御手洗経団連会長がお別れ会見
GDP年4.9%増=1~3月期、4期連続プラス-09年度はマイナス成長

わいせつの消防副士長を懲戒免職処分 東京消防庁(産経新聞)
<大相撲>親方2人、案内所に向こう正面依頼 暴力団観戦で(毎日新聞)
むずむず脚症候群の認知度は3割未満(医療介護CBニュース)
福祉用具相談員の実力テスト、11月に7都市で実施(医療介護CBニュース)
高齢者対策が課題―結核部会(医療介護CBニュース)
AD