せ~の!



   フン♪  フン♪  フフン の フン♪

   チャチャッ チャッ~~~ぁ  ッチャ♪



















  
き~みたちィ♪




キィーウィ~♪




パ パイヤ~ァ♪









 マンゴー




 マンゴー

 マンゴー

 マンゴー

 マンゴー

 マンゴー



だぁ~~~~ッ!

   ヽ(;`Д´;; )ノ




完熟マンゴーが

食べた~ぁい

どぉ~しても食べたい!

なんとしても食べたい!








   ちきしょ~! ヤツさえ居なければ。。。

   ヤツさえ、でしゃばって来なければ。。。

   我々は、「 完熟マンゴー 」 なるものの、存在すら知らずに

   安らかに、一生を 終える事ができたかもしれないのにぃ~~~!



                      ヤツ ↓






















     




        ↑この! 東国バルタン星人 
 (東国原:ひがしこくばる)

   ヤツの、地球侵略計画の第1弾が、宮崎県だったばかりに。。。

   宮崎県産地鶏の炭焼き だの。。。

   完熟マンゴー「太陽の卵」 だの。。。

   県知事まんじゅう だの。。。





   ク~~~~~ッ!

   “そのまんま作戦” に、のせられてしまった わたくし。。。

   気になって、気になって、熟睡ができません。

   同じ宮崎ブランドでも

   デコポンとか、ハウスみかんとか、うなぎの蒲焼とか、は

   なんとなく、味がわかる気がします。

   だが、しかし!  地鶏の炭焼き と 完熟マンゴー だけは、

   ど~しても、食べてみたい!





   そんな、ある日。。。

   会社帰りに、『 ちょいと 軽く、呑んでくか~ぁ 』 と

   立ち寄った、格安居酒屋チェーン店で、

   宮崎県産地鶏の炭焼き ¥399 のメニューが!




   『 お! 安ぅ  』


   
 ( ̄□ ̄;)


   『 こ、これ下さい!  今すぐ下さい!  早く下さい! 』








   よっしゃ~ぁ 地鶏制覇~~~~!

   なるほど、ウマイねぇ

   でも、しょせん、焼き鳥は、焼き鳥味 であることには変わりねぇッ!






   よし! 次は、完熟マンゴー だ!

   だが、しかし!

   スーパーで、鎮座まします、そのお姿の、前には

  
 「宮崎県産完熟マンゴー ¥12,500」

   という 血も涙もない 冷酷な 張り紙が 。。。。





       
 ( ;゚ ▽ ゚) な!





   12500円あったら、家族4人で、イタリアンレストラン行って

   美味しいピッツァと、美味しいパスタと、美味しいサラダと、

   さらに、美味しいデザートを食べて、楽しいひとときを過ごして。。。

   それでも、まだ、おつりが来るってばよ~~ぉ!



   無理だ! たかが 木の実 のために

   しかも、どんな味だかも知らない 未知なる物に

   そんな、莫大な金を投資して、大バクチを打つ 勇気は。。。

   わたくしには   ない!










   そんな、ある日。。。

   会社の仕事の関係で。。。  お客様から、

   『 良かったら、持って行って下さい! 』 と

   宮崎県産 完熟マンゴーを いとも、あっさりと

   もらっちゃいました!

          







                     実物は、これ↓









          


   しかも、大きすぎて、太陽の卵ブランドの箱に入りきれない 逸品!

   4Lサイズ!  2個!

   もらう際に。。。

   さすがに、恐縮しまくって。。。  『 お気を使わないで下さい! 』 

   と、さし返そうとしました。

   が、口から出た言葉とは、裏腹に。。。

   差し出された袋を しっかり握って離さない わたくし って。。。













   家に持ち帰って、妻や子どもたちに 報告!

   家族一同 大喝采!

   さっそく、記念撮影!



















          


   「たべてちょ~だい」 と、自分から、ネットに落ちた その いさぎよいお姿は、

   まるで、リンゴのように 真っ赤に染まり。。。  愛らしい限り♪

   その かぐわしさは、触った手を何度洗っても 残り香が消えないほど。。。














   切ってみました!

   そう、あの、夢にまで見た、マンゴーカット。。。



          


   な、なんという 色でしょう!

   な、なんという つややかさでしょう!

   切ったそばから、天然の マンゴージュースが あふれます♪




   皿に こぼれた お汁を 子供がなめてます。。。


   私 『 こら! やめなさい! みっともない! 』

   子 「 え~! パパ なんて、さっき まな板 なめてたじゃん! 」


   私 『 あ 。。。 』  (大汗)







   食べました! 食べました! 

   ドリフの “スイカ食いコント” のように、皮の限界にまで、かぶりつき。。。

   最後は、スプーンで、マグロの中オチを こそげとるように。。。







   お子たち いわく。。。

   「完熟マンゴーって 止まらないね♪  もう、いくらでも、食べれるよ♪」

   ほんとうに、美味しかったようです。



   わたくし、以前に、「濃縮マンゴープリン」 ってのを食べたことは、ありました。

   でも、完熟マンゴーは、それよりも、濃縮で!

   まったく、別物の ウマさ でした。


          


   これは。。。  まさに、天然の 高級デザートです。











   それにしても、

   お子たちが

   「 は~ぁ もう、一生 食べれないかもね。。。 」

   と、つぶやいていたのが ちと、寂しい。






   追伸 :

   今日、下の子が、スーパーのチラシを見てて

   「 なに~! メキシコ産マンゴー 298円  だと~ぉ

     そんなもんは、 マンゴー じゃな~~ぁい! ざけんなー!」


   と、そのチラシを 足蹴にしていました。







   娘よ! 父は 「本物を見る目」 を、養ってもらえて 嬉しいぞ!

   我家は、今日も 幸せである。










 おpapi のBLOGは、まだありま~す♪

   ← 2ndBLOG 昔はイイ時代だった!そんな昭和の良さを語りたい!

   
← 3rdBLOG お子ちゃまたちに、 伝えたい 残したいBLOGです!



















AD

コメント(8)