松本典子のブログ

大阪、南森町でタロットとビリーフチェンジセラピーをしています。
 


テーマ:

大阪、南森町で
タロットとビリーフチェンジセラピーで
あなたの生きる力を呼び覚ますお手伝いをしております。
松本典子です。

image

ほんものの感情は、 感じるとすぐなくなるということを以前に書きました。
http://ameblo.jp/nya8nya5/entry-12199296119.html

「悲しい」「怒り」「怖い」の中で一つだけ異質な感情があります。 それは「怖い」という感情です。

「怖い」という感情は
「安心感」がないと感じることができません。

例えば、 人間であれは誰でも怖いであろう状況
ライオンの群れに囲まれている状況を想像してみましょう。
ライオン⓶

この状態であなたはなにを感じていますか?
「怖い」と感じることができるんでしょうか?
おおかたの人は怖すぎてフリーズしてしまいます。 フリーズ

「怖い」という感情は、その瞬間は危険すぎて、感じて消化できません。

どうなれば、人は「怖い」という感情を感じて消化できるのでしょうか?

それは、 ライオンがいなくなって ライオン⑤

保護された時です。 安心感

ライオンに襲われる危険性がなくなってはじめて
人は「怖い」という恐怖を消化することができます。

怖がる赤子

つまり、安心できる状況になってはじめて、
人は「あ~!怖かった!」と いうように
「怖い」という感情を感じて消化することができるのです。

泣きながら眠る子ども
子どもの時に不安定な環境でフリーズしてしまった あなたの中の「怖い」という感情は、
大人になってもまだ心の奥底、潜在意識の中に残っています。

でも、 大人になってから、安心、安全な環境で 子どもの頃に凍り付かせた「怖い」という感情を感じて、消化することは可能です。

子どもの頃の「怖い」が残った状態というのは、 一種の「トラウマが残っている状態」です。

その「トラウマ」が残ったままだと
信頼できる人なのに「怖い」と感じて近づけなくなったり、
好きになればなるほどその人に見捨てられる不安が高まって逃げたくなったり、
逆に、 わざわざ危ない状況に近づいてしまいます。

このような、 あなたを幸せにしない間違った行動は 「凍ったままの怖い」が発動しているからなのです。
対人恐怖症や、男性恐怖症、先端恐怖症、高所恐怖症などの各種恐怖症は、 なにかのきっかけでトラウマが活性化してしまい、 フリーズ状態になっているのです。

安心感をいれながら、ゆっくりとあなたの中の「怖さ」を消化していくと、
そのフリーズしていた「怖さ」が消化され、フリーズすることはなくなります。

 

 

 

 

 

 

 

 

1月7日(土)11時~ 大好評!!

ユキとノリコのイベント第2弾 

第2チャクラ(子宮、腸)を活性化して

2017年を最高の年にしよう!

 

テーマは 『つながる』

 

第2チャクラは

 子宮と腸に位置し意味は【深い結びつき・つながり】です。



❤️申し込みはこちらから!❤️
http://ameblo.jp/romanwadoco/entry-12228408705.html

 

🌺2017年 2/11(土)🌺 
まつことまゆこの部屋です!

スケジュールあけておいてくださいね^^

 


image

 


⭐️ビリーフチェンジセラピー⭐️

1回20,000円(1.5時間程度)
※初回の方は初回は「どのようにセッションをすすめていくか?」のカウンセリングをさせてください。(1.5時間程度@20,000円)

※初回の方は代金をセッション前日までに振り込みしていただきます。
(お申し込み後振込先をメールいたします。)
🌙キャンセルポリシーはこちら
🌙申し込みフォームはコチラ
🌙個人セッションスケジュールはコチラ
🌙会場の行き方はコチラ

⭐️お問い合わせは 
メール「dokodemoyoga@@gmail.com」でも承っております。
(@を人一つ消してお申し込みくださいませ。)

❄️半年で5人のクライアントさんが結婚した理由
❄️生きづらい性格が改善されたクライアントさんn秘密
❄️HPです。 ❄️
❄️もっと自分が好きになるメルマガ➡メルマガ登録です
 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

職業、松本典子さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント