今日は築地でブロガーミーティング。
先日モニターさせてもらったPCスピーカー「Olasonic TW-S7」の開発秘話を聞いてきました。
その話はまたじっくり記事にしますね。

さて、あの感動のサウンドをもう一度!ということで、またまたTW-S7をお持ち帰りさせていただき、ルンルンで帰宅したわけです。

すると、ダンナさんがいきなり馬乗りに!! DVだ!DV!!(←実話ですww)
恐怖にうちふるえている(((゜д゜;)))と、彼が言いました。

「TW-S7を出せ~!出すんだ~!」 

いや、あの、馬乗りにならなくても出しますよ?
要するに、私の帰りを待っていたのではなくTW-S7の帰りを待っていたと。
そいうことでいいね? 悔しいけど、あのスピーカーの音はやみつきになるもんな。

今すぐ聴きたかったのは、いい音で楽しみたいコンテンツがUSTREAMでLive配信中だったから。

中嶋ユキノ with 向谷倶楽部 公開レコーディング

USTREAM 向谷実チャンネル

カシオペアのキーボーディスト向谷実さんのプロジェクトで、インディーズアーティストの中嶋ユキノさんの公開レコーディングが11/27・28で生中継されています。

【詳しくは下のWebサイトでチェック!】
向谷倶楽部「中嶋ユキノ with 向谷倶楽部 めざせ!100万ダウンロードプロジェクト」
中嶋ユキノ with 向谷倶楽部 めざせ!100万ダウンロードプロジェクト


私が帰った頃はちょうどStringsパートのレコーディング中。
まだマスタリングもかけてない各パートの生音を聞き分けるには、やっぱりTW-S7の力が必要。

音のギャップがわかりやすいネットブックにつないで、早速聴いてみました。

Ideapad S10-2 with Olasonic TW-S7


「やっぱこの音だよぉぉぉ。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。」
 (むせび泣くダンナ。うなずくツマ)


ってか、ネットブックからこんないい音が流れるとは・・・。
音楽自体も勿論ですが、人のしゃべる声がなんと聞き取りやすいことか!
今までは、USTの配信レベルだと音声レベルMAXにして、なおかつ顔をPCにぐぐっと寄せても半分以上わからなかったのに、目の前でしゃべっているように聞こえるもんなぁ。

本来マシンパワーはiPodよりWalkmanよりあるはずなのに、PC内臓スピーカーの貧困さから、「音を聴く」ことをあきらめてたなんて、本当はもったいないことなんですよ。

TW-S7があれば、ネットブックだってちゃんとしたオーディオ機器になりうるんだと
あらためて実感しましたー。

ということで、音の違いを早速動画撮影。

基本TW-S7につないでスタートして、途中で内臓スピーカーに切り替えています。
あまりのギャップに苦笑(^o^;)。


うーん、いい音だし、イイ曲だなぁ。

この中嶋ユキノさんのレコーディングは11/28も続きます。
28日はコーラスやSax録音、そしてマスタリングなどを作業予定。
もう一曲のバラードもいいんだなぁ。これが。
来週には完成版が音楽配信限定でリリースされますよ。また企画に賛同するラジオ局では、オンエアの可能性もあるので、もしかしたらヒットの予感?歴史的瞬間に立ち会えるかもしれません。

興味がある方は、向谷倶楽部サイトのタイムテーブルを確認してみてください。


【余談】
ちなみに、今日の昼間には、大阪「餃子の王将」スタッフがスタジオで生餃子を作って焼いてくれたそうです。そのジュージュー焼く音をTW-S7で聴きたかった(笑)

【関連記事】
・PCで音楽が聴きたくなるスピーカー「Olasonic TW-S7」

12360-1529-189995
12360-1529-189995
AD