SONY の画像管理ソフトウェア「PMB VAIO Edition」をお借りしてから1カ月、東京・品川のソニーマーケティングにて、今回PMBをモニター使用しているブロガーと、PMBの開発チームとのフィードバックミーティングが行われました。

正直・・・ぶっちゃけて来ましたよ(笑)。えぇえぇ。


【PMB VAIO Edition のコンセプトと新機能】

まずは、SONY 開発チームによる、PMBのコンセプトや、使用例などの提案から。

今や家族のイベント・旅行、趣味には写真(動画)撮影は当たり前、それを編集してDVD作りも普通になってきたデジタル時代に合わせたように、ぜんぶまとめて一括管理するために作られたのが、「PMB VAIO Edition」

オトク貯金大作戦

今までは(いや、今でも)撮影⇒素材の管理~再生~編集~DVD作成には、それぞれ個別のソフトウェアが必要で、手間も知識もそのソフト分必要でしたが、それを PMB なら・・・

とにかくつっこんでくれ! あとはまかせろ! 

つまりはそういうことらしいです。

オトク貯金大作戦


PMB 自体はもともとソニーのカメラなどの付属ソフトウェアでしたが、今回はVAIO用にリニューアル。主な新機能は・・・・

●白トビ黒トビ補正、古い映像のHD変換など 「画像をキレイにする」
●シンプルステップでオリジナルムービー作成 「ショートムービーを作る」
●ハイビジョン画質をそのままにBDへ! 「オリジナルディスクを作る」



オトク貯金大作戦


たまりにたまって埋もれるばかりのデジタル素材、かっこよく仕上げようと思っても必ず挫折する難しい編集ソフト・・・。そこから迷える子羊(笑)を救い出し「やりたいこととやれること」のギャップを埋めて、「すべてはシンプルにカッコよく!」という熱い思いで、このPMBを開発されたそうです。


【ユーザーからの想い】

かたや1か月使ってみたユーザー側からは、この日のために作成したサンプルショートムービーの上映と使用した感想の発表。

プライベートネタが多かったので紹介できませんが、どれもハイクオリティーでびっくり!
(まぁ、集まったブロガーは、どーみてもパソコン&カメラのオタク、達人ばかりで写真自体がいいんですが・・・それにしても)
普通、同じソフトで同じテンプレートで作ると似たようなムービーが出来上がるものですが、そこはPMBの音楽リンクや画像解析の妙により十人十色の仕上がりで、何本作っても飽きずに使えるソフトなんだなぁと実感しました。


使い勝手に関しては・・・、まぁ出るわ出るわ(笑)、ほっといたら夜が明ける位な勢いで、私も質問や要望はメモしていったけど、その半分も言えませんでした。
ほとんどの人が同じような要望・疑問だったので、そのまま聞いていましたケド。

今後のVAIOユーザーさんへの参考と、SONYさんへの今後の期待を込めて、
ミーティングで出た意見と言えなかった私の要望を、以下にメモメモ。


■編集メニューにUNDO(やり直し)が欲しい。
トリミングや赤目補正など画像編集に失敗した時に、直前の動作を戻すUNDO機能がない。

(ソニー担当)極力シンプルなメニューにするために、ある程度一般的な機能を削った。
(ユーザー意見)初心者のためにシンプルにするというなら、初心者だからこそ「失敗を元に戻したい!」と思うもの。ぜひ次回取り入れてほしい。


■手持ちのカメラでは動画ファイル形式がほぼ非対応?!
コンデジやデジイチで撮った動画ファイルはPMBで再生できるものの、編集に非対応で困った。(一番多かったのはAVIファイル)

(ソニー担当)動画フォーマットはメーカーごと多種多様すぎて、今はまだ対応が追い付いていない。SONY製カメラとHDファイル以外は、フリーソフトで形式変換して使用する必要あり。
(ユーザー意見)いろんなメーカーを使ってる達人ブロガー達がほぼ全滅なら、一般ユーザーも結局 SONY 製を使わざるをえないのか?せっかくPMBがシンプル機能なのに、フリーソフト変換がネックで挫折すると本末転倒になりかねない。


■ショートムービーのエフェクトを自分で修正したい
ムービー中の文字エフェクトの位置、タイトルの有無、エフェクトの順番などは、テンプレートに依存され自分では編集できない。

(ソニー担当)自分で決める(修正する)部分を増やすと、それに悩んで進まない。「素材(画像&音楽)追加⇒テーマ選択」のシンプルステップで、あとはPMBの解析とクリエイティブ機能を楽しんで。
(ユーザー意見)ある程度は写真の順番変更で対応できるが、意図的に使いたい場所で文字やタイトルが邪魔な位置にくる時があるのが残念。ムービーのセンスはPMBにまかせるので、微妙な調整をもう少しできるようになるといい。


(その他)

●ムービーテーマ選択の際、エフェクトパターンが事前に分かる方がいい。
今はイメージ設定だけで選ぶしかなく、どんなエフェクトが使われているかはプレビュー作成してからじゃないとわからない。どのように切り替わるのかサンプルプレビューがあると選びやすい。

●縦写真をもっと活用したい。
縦写真をムービーで使うと、使いたいアングルを横仕様で切りぬくことになり、せっかくの縦構図を生かしきれない。ズームやパンで縦を見せられるエフェクトがあるといい。

●画像編集パレットに「リサイズ」も欲しい。
例えば、大きい画像をトリミングして、ブログ用にリサイズして保存したい、という時。
編集パレットでトリミングをして一度保存後、活用メニューでリサイズして再度保存しないといけない。なぜ一緒に保存できないのかー!(のぽりん)

●PMBのビューでファイル名変更したい。
PMBにファイルを取り込み後、ファイル名を変更して整理しやすくしたい時、PMBのビュー上ではできない。実際のフォルダを開いてわざわざ直すのが面倒。
PMB上で見る分には「ファイル名」はなくてもいいかもしれないが、ブログなどWebへのアップロードや添付で、フォルダ参照する時はものすごく見つけにくい。(のぽりん)

他にもノート2ページ分位あったんだけど(笑)、後日さらに使いこんで解決した問題もちらほら。やっぱり使ってみないとわかることもあるのねー。
上記の問題も、本当はまだ見つけられてないだけかも?

このミーティングでは他のユーザーさんがどのように使いこなしているか参考になったし、SONYの開発スタッフさんからも使い方のコツなどを学んできたので、さらにもう一ヶ月間、自分なりに使いこなしてみたいと思います。新たな発見がありましたら、またレビューしますね!


【関連記事】
・PMB VAIO Edition レビュー Vol.1 膨大なデータを管理する
・PMB VAIO Edition レビュー Vol.2 ショートムービーを作成する
・SONY PMB VAIO Edition で自作PVに挑戦

11204-1529-158905

11204-1529-158905
AD