ディア・ドクター

テーマ:

西川監督の最新作

期待していました。



ゆれるほどに、ゆれなかったけれど(笑)それは刺激の問題で、こちらのほうが静かでいながら

しっとり考えさせられるというか、上質な映画という感じがしましたね。



グルグル読書日記-doku



俳優陣はほんとに適役で、全員が上手です。


ベテラン勢は期待通り。という感じですが

瑛太と井川遥も良かったです


監督の何かのインタビューで前半を撮影中には瑛太に「こんな短絡的なキャラクターを演じさせて

申し訳ないような気持ちになった」というようなものを読んだのですが、後半に刑事二人に

事情聴取をされているところなんかは、すごくうまくて。

瑛太いいなー、うまいなーと思いました。


田舎の景色、音楽、カメラワーク(素人が思うなりの)

三作目っていってもプロだなって感じる。

映画らしい映画。
勿論、脚本が一番素晴らしいのです。

AD

記憶のメモ

テーマ:

映画も本も結構あるのだけれど、なかなか書けません

後で書くためにも忘れないように、書いておこうかな



映画

「ホノカアボーイ」

「少年メリケンサック」

「誰も守ってくれない」

「20世紀少年 第二章」

「デス・レース」

「K-20」



「アフターダーク」

「神去なあなあ日記」

「なたぎり三人女」

「男と点と線」

「きりこについて」

「れんげ荘」

「こんな感じ」

「チクタク食卓 上」

「くまちゃん」

「プリンセンス・トヨトミ」

「ストロベリー・フィールズ」

「乱反射」

「悼む人」

「ポトスライムの舟」

「八番筋カウンシル」

「鴨川ホルモー」

「五月の独房にて」

「少女」

「架空の球を追う」

「森に眠る魚」

「女神記」

「庵堂三兄弟の聖職」

「告白」

「金魚生活」

「地図男」

「残される者たちへ」

「ファミリー・ポートレート」

「あなたの獣」

「彼女について」

「どこから行っても遠い町」




多分まだまだあるんだけど、見たこと・読んだことすら忘れていそう・・

思い出したら増やして、随時書いていこう

AD