ディア・ドクター

テーマ:

西川監督の最新作

期待していました。



ゆれるほどに、ゆれなかったけれど(笑)それは刺激の問題で、こちらのほうが静かでいながら

しっとり考えさせられるというか、上質な映画という感じがしましたね。



グルグル読書日記-doku



俳優陣はほんとに適役で、全員が上手です。


ベテラン勢は期待通り。という感じですが

瑛太と井川遥も良かったです


監督の何かのインタビューで前半を撮影中には瑛太に「こんな短絡的なキャラクターを演じさせて

申し訳ないような気持ちになった」というようなものを読んだのですが、後半に刑事二人に

事情聴取をされているところなんかは、すごくうまくて。

瑛太いいなー、うまいなーと思いました。


田舎の景色、音楽、カメラワーク(素人が思うなりの)

三作目っていってもプロだなって感じる。

映画らしい映画。
勿論、脚本が一番素晴らしいのです。

AD

コメント(2)