• 27 Jul
    • みんなで止めよう伊方原発!連続の行動が続いています。

      伊方原発の再稼働を止めようと、連日の行動が続いています。現地のからの報告です。 先日のポンプからの水漏れ事故はかなり深刻な問題との指摘もあります。8月半ばの再稼働と言われていますが、何としても止めたいと、抗議行動も続きます。 ーーーーーーーーーーーーーーーー 連日続きました。 伊方原発差し止め仮処分審尋報告会1 http://twitcasting.tv/togura04/movie/291194210 伊方原発差し止め仮処分審尋報告会2 http://twitcasting.tv/togura04/movie/291206557 7.26伊方原発をとめる会集会とデモ http://twitcasting.tv/togura04/movie/291231923

      1
      テーマ:
    • 「福島を忘れない!シンポジウム」直行ならまだ可能。東京からのバスは〆切。

      8月20日(土)の「福島を忘れない!シンポジウム」&21日(日)の現地見学会に多数のお申し込みをいただき、ありがとうございます。 申込み状況です。 ①新宿往復7/26本日現在で、45座席が埋まり締め切りとさせていただきます。 ②現地直行・現地視察のバスは、残り9座席となりました。 なお、福島へ直行して、20日(土)のシンポジウムだけのご参加は、まだ余裕があります。受け付けておりますのでお申し込みください。 詳しくは反原発自治体議員・市民連盟のホームページに載っていますので、そちらをご覧ください。

      テーマ:
  • 26 Jul
    • 四国電力㈱佐伯勇人様 伊方原発の再稼働をやめてください!

      四国電力東京支社への申し入れ行動と抗議行動を行いました。 ーーーーーーーーーーーー 2016年8月26日 四国電力株式会社 社長    佐伯 勇人様 反原発自治体議員・市民連盟 共同代表    相沢 一正      佐藤  英行                    福士 敬子     武笠紀子 住民の安全無視の伊方原発3号機の再稼働は許せません。中止を求めます。  反原発自治体議員・市民連盟では、先日の質問書で伊方原発周辺自治体住民の放射能待避施設(核シェルター)について質問しました。まだ、ご回答はいただいておりませんが、今回予定されている伊方原発3号機の再稼働にあたって、間に合うような状況に無いことは明らかです。   アメリカのショアハム原発は、全住民の安全な避難に対応する「避難計画」が実効性を持たなかったために、建設はされたものの稼働しないまま廃炉になったのです。「法律で避難計画の実効性が認められないと運転できない」アメリカと、「避難計画は再稼働の法的要因になっていない」日本の法律の違い、日本の規制基準の低さに怒りを覚えます。安倍首相の言う「世界一厳しい規制基準」は全くの大嘘なのです。   福島原発事故の後、原発事故が起こることが前提になりました。しかし再稼働にあたって書類を審査した原子力規制委員会は、規制基準に合うかどうかを見るだけで「安全性については保証しない」と田中委員長が何度も表明しています。原発事故の際の「避難計画」については立地自治体の責任とされ、愛媛県の計画は机上の空論ばかりで、船が動けるかは分からず、1mSVを超えたらバスは救助に行かないのです。避難訓練は、条件を緩くした(放射能は2時間は格納容器から出ない等)形式的な訓練しか行われていないのです。    伊方原発で苛酷事故が起きたら、地震や津波の状況、道路の状況、天候の状況、身体の状況によって避難できない住民が出ることは明らかです。伊方原発の苛酷事故緊急事態に全住民の安全な避難が保証できないままの再稼働は考えられません。   福島では、未だ帰れない住民が10万人を越えています。避難解除されたとしても放射能が消えていないために、子どもや家族の健康を考えると帰るに帰れないのです。故郷は放射能危険地帯となり、住まいを失い、仕事を失い、家族は離散し、仲間を失い、穏やかな日常生活を失い、身体の健康とこころの安定を失い、二度と元の生活に戻ることはできないのです。この数十万もの福島の人々の置かれた残酷な状況を、愛媛の人々の上に再び繰り返すことがあってはなりません。    周辺住民の安全を無視しての伊方原発3号機の再稼働は絶対に許せません。伊方原発再稼働の中止を求めます。 ーーーーーーーーーーーーーーーー 伊方原発現地での全国集会の報告、伊方原発差し止め訴訟の弁護士さんの話、鹿児島の脱原発知事を誕生させた方の話など盛りだくさんのスピーチがありました。

      テーマ:
    • NNNドキュメント「避難計画で原発が止まった~違いは何だ!伊方としないで~」

      避難計画の実効性が認められなかったために,建設されたにも関わらず動かなかったのが、アメリカのショアハム原発です。今、再稼働をしようとしている伊方原発と同じような地形、半島の中ほどに造られた原発です。 比較してみると伊方のある佐多半島は、だいぶ小さいです。原発から避難道路までの距離がショアハムでは16㎞なのに、伊方原発ではわずか1㎞も無いのです。 ショアハム原発には地震と津波の心配はないのにも関わらず、苛酷事故が起こった場合を想定しての避難計画が作られたのです。そしてその避難計画では、周辺住民が放射能を浴びないで避難できるような「避難計画」が出来ないとの判断で、原発を動かすことなく廃炉にしたのです。そもそも造ってはいけない「伊方原発」だったのです。この現状を知りながら、原発を再稼働させようとする四国電力は正気とは思えません。 今、以下のところで見られるそうです。 ご覧ください。 https://www.youtube.com/watch?v=-3Hj_mxLTwg

      テーマ:
    • みんなで止めよう!伊方原発全国集会!二日目の行動。

      25日(月)にも引き続いて、伊方現地で「みんなで止めよう!伊方原発全国集会!」が行われました。 伊方現地からの報告、転送です。 ーーーーーーーー 昨日の「みんなでとめよう!伊方原発全国集会」に引き続き、 本日、伊方町など地元住民も護る責任を背負う町長らに訴え、町民にも是非とも呼びかけたいと残った全国の有志行動がおこなわれました。 伊方原発ゲートは昨日ほどの過剰警備ではなかったものの、やはり、正式に使用費用を払い、手続きしたスペースに今朝も警官隊が居並んで、旗幟をどーのこーのと、妨害を挑んできましたが、敢然とはねのけ、 その後、伊方原発3機に間近く迫れる第2ゲートへも回り、午後は伊方町庁舎前集会、そして周辺を練り歩くパレード、 さらに一部有志は町民一人一人に直接触れ合い、呼びかけようと、戸別チラシ配り、アンケート集めなどに、汗を流しました。 http://twitcasting.tv/showering00/movie/290886477 http://twitcasting.tv/showering00/movie/290903028

      テーマ:
  • 25 Jul
    • みんなでとめよう伊方原発!7月24日(日)の全国集会の様子です。

      『みんなでとめよう伊方原発7.24全国集会』 についての映像が再稼働阻止全国ネットワークのMLでまわってきました。残念ながら、全国ネットのテレビのニュースでは、ほとんど報道されません。 転送歓迎でまわってます。見てください。 本日の『みんなでとめよう伊方原発7.24全国集会』(プログラム等の資料頒布だけで700名以上参加) 露骨な過剰警備など直前の模様から、きらら館前集会、原発ゲート前行動、事後の交流会までの録画です。 > http://twitcasting.tv/showering00/movie/290613220 > http://twitcasting.tv/showering00/movie/290620729 > http://twitcasting.tv/showering00/movie/290631294 > http://twitcasting.tv/showering00/movie/290692964 > http://twitcasting.tv/showering00/movie/290711097

      テーマ:
  • 22 Jul
    • 伊方原発と同じ立地条件で廃止されたショアハム原発の放送があります。

       四国は愛媛の佐多半島の付け根にある「伊方原発」の再稼働が迫っています。先日、パイプからの水漏れ?が見つかって、26日に予定されていた再稼働は先伸ばしになっていますが、四国電力はこの8月にも再稼働するつもりです。 その伊方原発と同じような立地条件であった、アメリカのショアハム原発が動かなかった話がテレビで放送されるそうです。見てください。 (以下再稼働阻止全国ネットMLより転送) 建設したけど、住民避難ができないとして一度も運転されなかったショアハム原発に関する番組が放送されます。 日テレ NNNドキュメント「避難計画で原発やめました~違いは何だ!? 伊方と米・ショアハム 放送日時07月25日(月)0:55~1:25、再 7月31日(日) BS日テレ 11:00~ ■番組内容 廃炉になった米・ショアハム原発と再稼働間近の愛媛・伊方原発。同じような細長い地形に立地するのに、なぜ真逆の結果になった?一体この違いはなんだ! ■詳細 こんな避難計画では命を守れない!と廃炉になったアメリカの原発がある。ショアハム原発だ。間もなく再稼働する伊方原発と似た細長い島の真ん中に建設された。だが原発からメインの避難道路までは16キロ、一方、伊方原発はわずか1キロと至近距離。しかも、そこを通り住民を避難させるバスは運転手が1ミリ以上被ばくする場合は出さないという協定が県と結ばれている。福島の様に爆発などで汚染が急速に進んだら伊方町民は一体…

      テーマ:
  • 18 Jul
    • あと9名です。福島を忘れない!シンポ&現地見学ツアー!

      ★8月21日(土)「第四回、福島を忘れない!シンポジウム」 ★8月22日(日)「福島の現地見学バスツアー」 定員まで、あと少しです。 ・新宿駅からのバスーーー残り9名分 ・現地でのバスーーー残り12名分 〇内容からみて、2度とないチャンスですので、ふるってご参加ください。    シンポジウムでは、現地報告として、川俣町・双葉町・川内村・楢葉町・大熊町から、議員・市民の方に現地のお話をしていただけます。 ★講演は浪江町の馬場町長さんから「全町避難の浪江は・・」 ★記念イベントとしては『おしどりマコ&ケン』さんの「ふくしまの今」 ◆現地見学バスツアーのコース 福島駅→飯館村→南相馬→浪江→請戸→四倉。6号線を北から南へ走ります。 四倉の道の駅で、東京へ帰るバスと福島駅へ行くバスが別れます。 ※東京(新宿駅)からのバスツアー (費用は、 バス代、シンポジウム参加費、交流会費、宿泊代を合わせて、議員は26,000円。市民は23,000円) ※東京以外からの参加者、また新幹線などを利用して直接福島へいく人向けに福島でチャーターするバス(バス代4,000円)他の費用はそれぞれの場合で違います。 ★チラシは「反原発自治体議員・市民連盟」のホームページでごらんください。 。

      テーマ:
  • 15 Jul
    • 東京都知事も脱原発派の人を当選させましょう。鳥越さんを応援します。

      参議院選挙では、残念ながら、原発推進派の与党(自公)が多数を占めました。もっとも、与党に投票した人の多くが経済の活性化を求めて投票したらしいので、全員が原発推進派ではないと思います。個別政策で問えば原発反対派は七割はいるのですから。    今回、原発政策については選挙の争点にはなっていませんでしたが、原発現地の福島(福島第一と第二原発)・新潟(柏崎刈羽原発)では、野党統一候補が当選。愛媛(伊方原発)では保守王国四国で珍しい数千票差まで詰める善戦をしました。また、鹿児島(川内原発)では脱原発派とは言えないまでも、今の原発のあり方に疑問を持った新知事が誕生しました。  そして、今、東京都知事選挙が始まりました。与党は小池さんと増田さんの分裂選挙となり、野党統一候補として、鳥越さんが立候補しました。宇都宮さんはずっと準備をしていたのに、野党からの都知事を誕生させるために立候補を見送りました。そして、その意を受けた鳥越さんは、明確に「脱原発政策」を掲げた候補者です。    小池さんは、クールビズや打ち水などのエコを言うものの、自民党の原発推進政策を引き継ぐ候補者ですし、増田さんにいたっては、東京電力の推薦をうけた候補者です。直前まで、東京電力の取締役だったのです。その上、「原子力損害賠償・廃炉等支援機構」の委員だったのです。東電の支払う賠償金や補償金を、政府からの資金や私たちの電気料金で肩代わりする仕組みを作ったのです。2014年9月24日現在では、東電への資金援助の総額は5兆2671億円。(その後にも当然積みあがっているはず)。この仕組みのお陰で、他の原子力事業者も、原発事故起こしても大丈夫と安心したのです。    無責任で傲慢な東京電力(経営陣)は絶対に許せないので、東電ベットリの増田さんも絶対に都知事になってもらいたくありません。 (関連)都知事選:増田氏、東電の社外取締役を辞任 立候補で - 毎日新聞 http://mainichi.jp/senkyo/articles/20160714/k00/00m/020/015000c 東京都知事には、脱原発派の鳥越さんを推薦し、応援していきます。

      1
      1
      テーマ:
  • 11 Jul
    • 四国電力へ、伊方原発再稼働反対の申し入れと抗議行動 !

      四国電力は伊方原発再稼働に向けて、着々と準備を進めています。伊方原発ゲート前の「いちいち行動」(今日は海からの抗議行動も成功したそうです)に呼応しての、再稼働阻止全国ネット主催の四国電力東京支社への申し入れ行動と、抗議行動を行いました。 反原発自治体議員・市民連盟からは、以下の質問書を提出しました。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 2016年7月11日 四国電力株式会社 社長    佐伯勇人  様 反原発自治体議員・市民連盟 共同代表    相沢一正    佐藤英行    福士敬子     武笠紀子 緊急時の住民用放射能待避施設の整備を求めます。   前回の「緊急時対策所」についての質問に対してご回答ありがとうございました。 私たちは「耐震構造」よりも「免震構造」の方がより安全ではないかと判断していますので、貴社および原子力規制委員会の判断を信じることはできませんが、伊方原発事故の緊急時に原発敷地内での地震対策・放射能対策については、貴社の社員の皆さまの命にも関わることですので、充分な検討と配慮がされてのご判断であろうと推察いたしました。    振り返って、伊方原発周辺自治体の住民の皆さんについての、地震対策・放射能対策について、どのような検討と配慮がされているのかお聞きしたいと思います。もちろん、地震対策については、各自治体が防災計画をつくっていますが、原発事故によって放出される放射能対策については、貴社四国電力の責任です。 熊本・大分大地震では、倒壊の危険があって多くの住民が「屋外避難」を余儀なくされていましたが、原発事故の放射能対策としては「屋内避難」が必須です。また、福島第一原発事故の結果分かったことですが、木造の建物では放射能で放射能をあまり防げず、厚いコンクリートの建物はかなり防ぐことができるということです。伊方原発周辺住民が緊急時に避難できる耐震構造のコンクリートの放射能待避施設(核シェルター)が整備されてるかどうかが重要となります。 【質問】    伊方原発周辺(少なくてもUPZ圏内)住民が、緊急時に一時的にでも避難できる、耐震構造のコンクリートの放射能待避施設(核シェルター)に、全住民が避難できますか?   また、全員が無理だとした場合、何割の人たちが避難できる分が用意されていますか?貴社が把握しておられる分をお知らせください。

      テーマ:
    • 「愛媛の女たち」と「福島の女たち」が、経産省に請願に行きましたが、受け取りを拒否!

      「愛媛の女たち」の経産省への請願活動に参加してきました。「福島の女たち」との共同主催での行動です。   この7月にも、四国電力は愛媛県の伊方原発を、再稼働するとしています。しかも、再稼働しようとする3号機はプルサーマルです。燃料にプルトニウムを混ぜて使う恐ろしい原発です。 霞が関の経産省前で、資源エネルギー庁の服部という人と、伊方から請願にきた、堀内さんが電話で話をしました。服部さんは、請願を一つ受けとると、不公平になるので郵送で受けとることになっていると受け取りを拒否しました。中に入ることも許さず、経産省の職員も出て来ません。電話で話すこと30分ほど、福島県大熊町からきた、町議会議員の  木幡  さんも電話を替わって訴えたのですが、頑として拒否。夕方に再び来ることを約束してとりあえず電話を切りました。 (その後の堀内さんの話) もうすぐ再稼働するという愛媛県 伊方原発の地元から、はるばる来ているのに請願を受け取らないことが理解できない。 国民の命と暮らしを担っていく経産省がこれでは信じられない。国民がいてはじめて成り立つはずの経産省。住民の意見を届けにきても、拒否するようでは、将来の日本が心配です。応対した服部さんだけの問題ではないとは思いますが、失礼な対応に驚いています。もう一度夕方来るので、よろしくとお願いしますと伝えました。経産省の皆さん、そういう思いを汲んだ対応をお願いします。    原発は人道に反したものです。原発に頼った政策は間違いだと思います。

      テーマ:
  • 10 Jul
    • 議員の皆さま!東京都の住宅支援の維持を求める要請書に賛同をお願い!

        福島の放射能は消えていません。5年以上経ったので、それなりに減少はしてきましたが、原発事故前の放射能レベルに戻ったわけではありませんし、都内(所によってかなり被曝していますが)の放射能レベルまでに下がっているわけでもありません。   子どもたちの健康を考えれば、汚染された福島(山積みのフレコンバックが処理できない。山野は除染できない。)へ戻れというのは残酷な話です。放射能から逃げてきて、やむを得ず都内で避難生活をおくっているのです。まだ、帰るに帰れない避難者に支援の継続を続けてほしいと思います。 ーーーーーーーーーーーーーーーー 福島第一原発事故で避難を強いられた人たちの住宅支援の打ち切りが、2017年3月に迫っています。現在、東京都の職員と福島県の職員が、避難者を個別に呼び出し、都営住宅などからの事実上の退去を指示しています。6月に発表された都営住宅200戸の対策では全く足りません。全国の自治体議員各位に東京都への要請書に対するご賛同をお願いいたします。 反原発自治体議員・市民連盟のホームページでお願いしています。 http://nonukesjapan.org/

      テーマ:
    • 中央構造線に火がついた!四国の伊方原発止めよう抗議行動!

      選挙が終わったら、いよいよ原発再稼働とめよう! 中央構造線に火がついた!! 7.11 四国の伊方原発現地では、原発ゲート前での抗議行動に合わせて、海の様子が良ければボートを出して海からの抗議行動も予定されています。 東京でもがんばりましょう! 四国電力  東京支社へ抗議行動 ※四国の伊方原発現地では、毎月11日に「いちいち行動」として、東電福島第一原発事故の3・11にちなんで、伊方原発ゲート前での抗議行動を続けています。その、いちいち行動に呼応して、伊方原発再稼働に反対する抗議行動を東京で行います。 世界最大規模の活断層である中央構造線沿いに、九州でも「前例のない」大地震が起きました。余震は止まらず、多くの被災者の避難生活が続いています。   中央構造線はまだ、動いています。伊方原発はこの中央構造線の上に造られています。その上、万が一の場合の避難計画の見直しも全く出来ていないにも関わらず、四国電力は伊方原発を再稼働させようと作業を進めています。    営業運転こそ8月下旬にずらすとしたものの、通常その一か月前に行われる『原子炉の再稼働』は、予定通りに今月中に強行するとしています。しかも、伊方原発3号機はプルサーマルです。プルトニウムが入った燃料棒を使うのです。再稼働反対抗議行動に参加してください! 7月11日(月)             18時半~20時 四国電力東京支社(大手町の東京銀行協会ビル18階) 主催:再稼働阻止全国ネットワーク (申し入れ行動は17時半からです。                    問合先070-6650-5549) ーーーーーーーーーーーーーーーー ※明日11日(月)、伊方に東京から駆けつける一方、愛媛そして福島の女性たちが10時から、経産省前テントひろばに結集! ・菅元総理に面会、経産省、内閣府等に申し入れます。 ・新橋等で街宣etc.も行います。 主催:「伊方原発50km圏内住民有志の会」&「原発いらない福島の女たち」

      テーマ:
  • 08 Jul
    • 東京電力は福島第一原発事故の責任を果たせ!本店抗議行動!

      東京電力抗議行動は毎月1回。原則は第一水曜日の夜です。今回で34回目になりました。    【シュプレヒコール】再稼働反対!福島守れ!福島返せ!ふるさと戻せ!放射能を止めろ!汚染水流すな!労働者を守れ!放射能から守れ!賠償急げ!保障を果たせ!東電の責任だ!新潟止めろ!再稼働反対!福島先だ!柏崎・刈羽再稼働反対!福島守れ!ふるさと守れ!子どもを守れ!放射能の中に子どもを帰すな!    和太鼓で始まり、和太鼓で終わりました。コールとスピーチと音楽との賑やかな抗議行動です。いつも、終わりにドンパン節をやります。踊る人もいて賑やかなです。 ドンドンパンパン ドンパンパン ドンドンパンパン ドンパンパン ドドパッパ      ドドパッパ ドンパンパン 1番 福島原発忘れない 爆発原発忘れない ※原発無くても大丈夫    電気は足りてる困らない(繰り返し) 2番 柏崎刈羽動かすな 新潟原発動かすな    ※ 3番 ふるさと守れ !  国守れ! 子どもを守れ!   孫守れ!    ※    東京電力は黒字を出しながら、福島原発事故の被害者にも、被害自治体にも賠償や補償をまともに支払いません。原発を推進している「安倍政権」と手を組んで、避難区域を狭めています。放射能が減ったというのがその理由ですが、元の線量に戻ったわけでもなく、田圃などに放射能で汚染された除染土のフレコンパックが山積みになっていて、放射能の危険性が無くなったわけでは無いのです。子どもをつれて帰れというのは残酷です。   指定地域を解除することで、避難は自由意志となり、東京電力は補償金を払わなくなります。卑怯なやり方です。安倍政権も東京電力も、福島やその他の原発事故による被害者を救おうという考えは持っていないようです。   東北・関東の被曝地では、めんどうくさくて賠償請求を諦めている人々がたくさんいますし、人々があきらめるようにわざと手続きを複雑にしているのです。   福島第一原発事故の原因も解明されず、放射能も止められないのに、新潟の柏崎・刈羽原発に防波堤を造り、原子力規制委員会に再稼働を申請しています。東京電力は、会社(企業)として少しも「反省」していないことが明らかです。   東京電力を許しておくことは、日本の国の将来のためになりません。マスコミはこれからも東京電力からの広告費を期待しているのか(独占企業にも関わらず、過去においてCMが多かった)東京電力の責任を追及しません。 東京電力が福島第一原発事故の責任をとるように、これからも東京電力本店への抗議行動を続けます。皆さんもご参加ください。

      テーマ:
  • 07 Jul
    • 九州電力は川内原発を止め、避難計画と免震重要棟の整備を!

      7月6日、九州電力東京支社に、川内原発の停止を求めて抗議行動を行いました。それに先立って、「反原発自治体議員・市民連盟」からの申し入れ書を提出しました。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 九州電力株式会社 社長    瓜生   道明   様 反原発自治体議員・市民連盟 共同代表   相沢一正    佐藤英行                    福士敬子   武笠紀子 川内原発の停止及び避難計画と免震棟を再度、要求します。   九州の地震が報道されることが少なくなりましたが余震は続いており、梅雨末期の大雨で、崖崩れや建物の崩壊が進んでいるという報道もあります。直後はまだ雨が少なかったので助かりましたが、建物の中に居ると危ないのに、屋外での避難生活も出来ないという状況が発生しました。地震で原発事故が起きて、屋外避難の人々の上に雨が降ったら、大変な被曝をすることは明らかです。2011年の東京電力福島第一原発事故により放出された放射能プルームが上空に来た時に、雨が降ったために200キロメートル以上も離れた関東各地にも、高レベル放射能汚染地域が発生し、まだ放射能が消えていません。     この度の熊本・大分大地震においては、余震が続いて「屋内避難」ができない状況が続きました。被曝を避ける「屋内避難」のためには、耐震性が確保された放射能退避施設(核シェルター)を全ての住民を収容できる分だけ備えておくことが必要です。「原発安全神話」が崩壊し、事故が起きることが前提となった時点で「再稼働の最低条件」となるはずですが、川内原発ではUPZ圏内にも住民用の核シェルターが全くない現実に恐怖を感じます。原発事故に対する「避難計画」は鹿児島県を始めとする地方自治体が策定していますが、避難に新幹線やバスを使う予定でも、大地震では運行できない可能性が高いのです。   原発事故対策は九州電力の仕事ですし、放射能被曝が起きないように対策を取っておくのも九州電力の仕事です。しかし、原発事故対策としての放射能退避施設(核シェルター)も確保していないし、東電福島第一原発事故で重要性が証明された「免震構造の緊急時対策所」も造らずに、原発稼働を続けることは科学文明の国ではあり得ません。大地震に合えば稼働停止していても、事故が起きることは福島第一原発4号機で良く分かりました。それでも、稼働しているよりは冷めているだけ安全なのです。     日本列島は毎日毎日、揺れているのです。地震は止められませんか、原発は止められます。    九州電力は直ちに川内原発を停止し、現実的な避難計画と免震構造の緊急時対策所の整備を、周辺自治とともに進めてください。6月に続いて再度の要求です。    反原発自治体議員・市民連盟では、周辺自治体と協力していきます。

      テーマ:
  • 06 Jul
    • 原子力規制委員会、新基準施行3年。ひたすら再稼働のために !

      「新規制基準」施行3年 原子力規制委員会全国一斉抗議行動 ~川内原発直ちに止めろ、伊方原発を動かすな~ 日時:2016年7月8日(金) 11時~13時 場所:原子力規制委員会ビル(六本木ファーストビル)前 呼びかけ:再稼働阻止全国ネットワーク (TEL:070-6650-5549、東京都千代田区三崎町2-6-2 ダイナミックビル5F たんぽぽ舎気付け、 info@saikadososhinet.sakura.ne.jp、http://saikadososhinet.sakura.ne.jp/rn/) 福島第一原発事故が、原発が安全でないことも原発が安くないことも原発が無くても電気が足りていることも原発がゼロエミッション(クリーン)で無いことも「トイレ無きマンション」未解決も被曝労働必須も明らかになり、多くの「国民」がもう原発を動かすべきでないと考えるようになりました。 そんな中で、原子力規制委員会は、発足以来の3年9ヶ月の間、福島第一原発事故の検証も収束も廃炉工程も被害者救済もなおざりにしたまま、「緩やかに過ぎ合理性を欠く」(福井地裁)「新規制基準」を作り、「違法」「黒枠白抜き偽装」「耐震偽装」の甘い甘い適合性審査で、川内原発・高浜原発・伊方原発を合格に漕ぎ着けました。 さらに、規制委は、4月に熊本大地震が起こり中央構造線に火がついたにも拘らず、川内原発を止めようともせずに稼働を容認し、高浜原発3・4号機は司法により稼働を差し止められていますが、伊方原発3号機の6月中の燃料装填を認め、7月の再稼働を許そうとしています。また、6月20日には高浜1・2号機の20年延長を認可して老朽原発の60年稼動への道筋をつけました。 このような日本の新たな規制行政下での再稼働推進は、地球上の総ての命への冒涜です。私たちはこれらのことを許すことができません。 「新規制基準」施行3年(7月8日)にあわせて、全国の原発現地の人たちとともに、原子力規制委員会を厳しく責めます。 当日は、燃料が装填された伊方原発3号機について、現地から再稼働反対を訴えます。また、全国の原発立地から寄せられた抗議・要請書を原子力規制委員会に提出します。更に、原子力資料情報室、原子力規制を監視する市民の会、経産省前テントひろばほかが規制委に強くアピールします。

      テーマ:
  • 03 Jul
    • 第四回 福島を忘れない!シンポジウム&現地見学会のお知らせ(その2)

      「第四回  福島を忘れない!シンポジウム&現地見学会」のお知らせのチラシが、反原発自治体議員・市民連盟のホームページに載っています。 http://nonukesjapan.org/ また、たんぽぽ舎のホームページ http://www.tanpoposya.com/ にも載せていただいています。 チラシは、申込み用紙にもなっていますので、ダウンロードして、どうぞご利用ください。 まだ、余裕がありますが、東京からのバスは先着44名。福島からの現地見学会バスも先着44名。昨年は三台のバスでしたが、現地の方に案内役をお願いしている等の事情で、今年はバス2台で回ります。お早めにお申し込みください。

      テーマ:
  • 02 Jul
    • 福島原発の炉心溶融(メルトダウン)今頃になって言い出す意味が?

      反原発自治体議員・市民連盟は、東電本店抗議行動と九電東京支社抗議行動のどちらにも参加しています。 ーーーーーーーーーーーー 7/6(第34回)東電本店合同抗議のご案内 東京電力の傲慢、独善、無責任体質は、現在も継続中です。 東電への抗議の声を挙げましょう。 東電の「炉心溶融」、「第三者検証委員会」に係る新聞記事が次々出ました。参考までに。 1)高知新聞:「東電報告書」納得できない調査内容だ。2016.6.23付け 2)MAG2NEWS:マムシの善三、今度は東電の炉心溶融隠ぺいを擁護。6.24 3)神戸新聞:東電の隠ぺい/原発を動かす資格あるか。6.26 4)朝日新聞:炉心溶融隠しは「国民を愚弄」、新潟県技術委員会が批判。6.28 5)読売新聞:炉心溶融公表遅れ究明へ意見書・・福島県議会、全会一致で可決。6.30 6)河北新報:官邸指示、福島県議会が真相究明求め意見書。6.30 7)福島民報:「炉心溶融隠し」幕引きは許されない。6.30 8)毎日新聞:民進党が東電の報告書に抗議文、「炉心溶融」巡り。6.30 主催「経産省前テントひろば・たんぽぽ舎」 “東電は責任をとれ!東電本店合同抗議” 日時:7月6日(水)    午後6時30分より7時30分頃まで    場所:東京電力本店前 ・プラカード、ノボリ旗をたくさん持参してください。 ーーーーーーーーーーーー 同日、7月6日(水) 午後5時30分~6時20分、 再稼働阻止全国ネット主催 「川内原発今すぐ止めろ!」 九州電力東京支社抗議行動 (有楽町電気ビル前:JR有楽町駅出口すぐ) 九州大地震にもかかわらず動いている、鹿児島の川内原発を、みんな声で止めていきましょう!

      テーマ:
  • 29 Jun
    • 2016/06/29

      6月に続けて、7月も全国各地で抗議行動がおこなわれます。 以下のお知らせは、反原発自治体議員・市民連盟も加入している「再稼働阻止全国ネットワーク」が主催しているものと、賛同している「東京電力本社前抗議行動」など、東京での抗議行動です。多くの皆さんのご参加をお待ちしています。多く集まれば集まるほど、再稼働反対の声が大きくなります。 また、再稼働阻止全国ネットに加入している全国各地の団体・グループが、日本中で連帯して再稼働阻止の抗議行動を行っています。6月に行われた抗議行動の報告と7月の抗議行動予定がありますので、詳しくは再稼働阻止全国ネットのホームページをご覧ください。   福島原発事故の前には、原発現地の反対運動の連携がほとんどありませんでしたが、「反原発自治体議員・市民連盟」も全国組織ですし、もちろん「再稼働阻止全国ネットワーク」も原発現地の反対運動を繋ぐ全国組織です。力を合わせて全国各地でがんばりましょう。 ※7/6(水)「九州電力東京支社抗議」「東京電力本店合同抗議」に ご参加下さい! ☆川内原発再稼働やめろ!「九州電力東京支社抗議行動」 日 時:7月6日(水)17:30より18:20 場 所:有楽町電気ビル前(JR有楽町駅日比谷口すぐ) 主 催:「再稼働阻止全国ネットワーク」 TEL 070-6650-5549 ☆東電は原発事故の責任をとれ「第34回東電本店合同抗議行動」  日 時:7月6日(水)18:30より19:30  場 所:東京電力本店前 呼びかけ:たんぽぽ舎/経産省前テントひろば 賛 同:東電株主代表訴訟など123団体 ━━━━━━━ 〇現在のところ、『原子力規制委員会』は全く原子力を「規制」していません。むしろ、「推進」に力を尽くしているのです。 田中俊一規制委員会委員長は、無責任にも「規制基準に合ってるかどうかを見るだけで、安全であるかどうかは言えない」と逃げています。許せません。 ※7/8(金)「新規制基準」施行3年-原子力規制委員会 全国一斉抗議行動 日 時:7月8日(金)11時より13時 場 所:六本木ファーストビル前(南北線六本木一丁目駅) 呼びかけ:「再稼働阻止全国ネットワーク」 TEL 070-6650-5549

      テーマ:
  • 27 Jun
    • 参議院選挙では、原発ゼロをめざす政党に投票しましょう。

      参議院選挙が始まりました。原発推進の自民党と公明党他の政党には、絶対に投票しないでください。福島の原発事故被害者・犠牲者を見捨てることにもなります。福島で見つかったたくさんの甲状腺癌の子どもたち。自民党も公明党も「放射能との因果関係は認められない」との主張を変えていません。これを許してはいけない。候補者の個人的な資質ではなく、どんなに立派な人でも、「原発推進」の政党に属している限り、投票すると「原発を支持」したことにされます。   原発と地震・津波・火山は両立しません。世界を見渡しても地震・火山地帯に原発はありません。 地震と火山の列島、日本において、原発推進は「亡国の政策」です。日本の国を本当に愛する人は原発に反対です。国土を放射能で汚染するなど許せないはずです。 先週は金曜日官邸前再稼働反対の201回目の抗議行動でした。大雨が予想されていたので人出は少なかったですが、「雨にもマケズ、風にもマケズ」でがんばりました。来週は選挙スペシャルで午後6時から二時間です。皆さんのご参加をお待ちしてます。

      テーマ:

プロフィール

反原発自治体議員連盟(準)

性別:
女性
自己紹介:
東京都千代田区三崎町2-6-2 ダイナミックビル5階 たんぽぽ舎気付 反原発自治体議員連盟 t...

続きを見る >

読者になる

AD

カレンダー

1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

ランキング

このブログはランキングに参加していません。

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。