2008年04月06日 20時15分28秒

★于山島はまぼろしの島だったと報道されていた。

テーマ:☆竹島領有権問題

杉野洋明です。


以前、当ブログの”★本邦初公開?大韓帝国勅令41号の石島は独島ではない証拠” にて、石島≠独島ではないかという意見を発表させて頂きました。


発表から2ヶ月、今だ、韓国側から明確な反論はありません。


ただ一件だけ、韓国の掲示板で、以下のような反論がありました。



韓帝国勅令41号ですでに (鬱陵島,竹島,石島)は、竹島は別途編入したのに、なぜこうなのか、わかりませんね。

大韓地誌でも于山島は南東の方にあると 記述になっており、記事は鬱陵島を示したもので、郡を示したことではないと見えます。

また,この 記事は 1906年の記事、即ち、勅令が頒布された1900年の記事ではなく、1906年に鬱陵島郡守が日本の独島編入を抗義したので、朝鮮人がこの島の存在自体が分からなかったという論理は偽りです。

http://www.historyfoundation.or.kr/Public/FreeView.asp?p_gubun=free&field=&key=&page=1&idx=564



・・・・僕はこの時の記事では、于山島については全く触れていません。

それに、大韓帝国政府が独島を公式に編入した唯一の記録が、この勅令41号であり、石島≠独島ならば、大韓帝国は独島を編入していないことになる筈なのですが、この投稿者はそれを分かっているのでしょうか??



ところで・・・この投稿者は朝鮮人がこの島の存在自体が分からなかったという論理は偽りです”と断言されていますが、これはかなり怪しいと考えています。


既に、"Dokdo-or-Takeshima?" 及び”Occidentalism” 等のサイトで紹介されていますが、1913年6月22日の毎日申報で、当時の朝鮮人が于山島が何処にあるのか分からなかったことが記載されているからです。


尚、、"Dokdo-or-Takeshima?"のサイトでは、毎日申報の記事を以下のように紹介しています。


鬱島郡西面在住の金元俊さんが、鬱島(=鬱陵島)東北40-50里の位置にある無人島の于山島へ移住するために移住民を募集して、その島を探すことにしました。しかし、彼によると鬱陵島の島民が、10数年前にその于山島を共同で探索しようとしたものの、発見できなかったということです。また、その島は海図に記されておらず、何度か探索船を出したものの発見できず、中止したそうです。


今回、杉野はこの毎日申報の原文を探してみました。


どうやら、実際はもう少し詳しい内容が書かれていたようです。



ウサン島1
毎日申報1913年6月22日


上記の画像の通り、原文では2段に分かれていて読みにくいので、上段と下段を並べて表示することにします。




ウサン島2

毎日申報1913年6月22日(連結して拡大)


文字が潰れてしまっている為に、読みにくい箇所が多くありますが、"Dokdo-or-Takeshima?"及び”Occidentalism”で述べられていた内容より長い文章だったようです。


一部、不明な箇所がありますが、解読してみましょう。


青字は"Dokdo-or-Takeshima?"で紹介されていた文章で、赤字が杉野が原文から拾い出した文字です。


●無人島の探検中止


鬱島郡西面在住の金元俊さんが、鬱島(=鬱陵島)東北40-50里の位置にある于山島という無人島があるとして、即ち、この○○○見していた鬱陵に移住する計画で、○○者を募集して、その費用が毎人○○○金四・・・・・約百余で帆船を借入れた後、三人乗組んで捜索しようと、出資○○決定して、賛成者が30名に達したのだが、右の于山島はその実在の謎題あって、○○10数年前に同地内の鮮人が共同で探索しようとしたものの、発見できなかったということです。近年に航海路が頻繁になったのに、その現認したということが無く、また、その島は海図に記されておらず、仮に存在したとしても発見は容易ではなく、反って無益に費用を消費すると不遇だと、中止したそうです。




見ての通りですが、記事では以下の内容を確認することが出来ます。



①于山島は存在に謎がある。

②過去、現地人が調査したが発見出来なかった。

③航海が頻繁になったのに存在が確認出来ない。

④仮に存在したとしても発見は容易ではない。


当時、このような探検をしようとしたり、それに資金協力出来るような人は、相当な金持ちであり、当然、それなりの知識層だったと思われます。

そうした環境下で決定された探検の中止の記事な訳ですが、上記のように「存在が怪しい島」が、果たして(数年前まで)”大韓帝国領土”だったのでしょうか?


石島≠独島の反論投稿で”朝鮮人がこの島の存在自体が分からなかったという論理は偽りです”と反論されましたが、1913年になっても存在自体が怪しかったのに、なぜ1906年には存在が分かっていたのでしょうか?

于山島論争の結末は”幻の島”だったと韓国人自身が言っているわけです。

今まで、韓国側は、”于山島=石島=独島”と言っているわけですが、韓国の新聞で調べる限り、


1913年の記事で于山島≠独島

1906年の記事で石島≠独島


になってしまうわけで、こうした矛盾点も含めて反論を頂きたいですね。


出来れば、反論は国際法廷でお願いしたいところですが・・・


♪※♪※♪※♪※♪※♪※ 関 連 書 籍※♪※♪※♪※♪※♪※♪

島根の弁護士 1 (1) (ヤングジャンプコミックス)/香川 まさひと
¥530
Amazon.co.jp

島根の弁護士 2 (2) (ヤングジャンプコミックス)/香川 まさひと
¥530
Amazon.co.jp

島根の弁護士 3 (3) (ヤングジャンプコミックス)/香川 まさひと
¥530
Amazon.co.jp

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

杉野洋明(SUGINO YOMEI)さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

4 ■判明した記事全文

杉野様 
初めまして
ビーバーズ氏のブログにも投稿しましたが、
先日、 日本貿易振興会アジア経済研究所の図書館で本記事のマイクロフィルムを閲覧し、
不鮮明な箇所を全て判読することが出来ました。
是非、貴殿にもお教えしたく存じまして
以下に、全文を示します。

●無人嶋探險中止

慶南鬱島郡 西面 金元俊은 鬱島로부터 東北方 約四、五十里를 距하야 位置를 定한 干山嶋라하는 無人嶋가 有하다한 즉 此를 發見하면 團體로 移住할 計劃인던 贊成者를 募集하고 其費用이 毎人에 對하야 金 四 圓式 醵金하야 約 百圓으로 帆船을 雇入한 後 三名의 乗組를 探索하키로 出發할 事를 決定하여 贊成者가 三十名에 達하였더니 右 干山島는 其實在의 傳說이 有하나 曾히 十數年前同地内鮮人의 聯合으로 射船을 雇入하야 探索하였으나 發見치못할 뿐 안니라 近年에 海航路가 頻繁하여도 아즉 此를 現認하였다는 事가 無하고 又 海圖에도 現한 者 無한 즉 假令 存在하다 할지라도 此를 發見함은 容易한 事가 아니오 反히 無益한 費用을 消費함에 不過하겠다고 中止하였다더라.

ゲリー氏に、「射船」の意味を問われたのですが、私には分かりません。文字は明瞭ですので。判読に誤りは無いのものでございます。

3 ■記事拝借

はじめまして。
わたしは、『竹島=石島』と主張する韓国の嘘主張を否定するために、新聞記事を拝借したのですが、よろしいでしょうか。

2 ■また大発見ですね

私のブログでも紹介させていただきました。

1 ■newsing に うp しました

http://newsing.jp/entry?url=ameblo.jp%2Fnidanosuke%2Fentry-10086146451.html

コメント投稿

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。