金融業界の闇(Dark Side)

個人投資家や法人では絶対に勝ち目のない世界。
証券、銀行、保険は本来の経済活動を歪める三大巨悪とも言える。
特にリーマンショックは無担保の虚構のマネー(carry-trade)が
世界中を駆け巡り、鞘取り合戦に勝ったもの…ユダヤが生き残った。

☆アメンバー申請に関して…

ブログ開設者やFace Book等で身元がはっきりされている方は原則的に承認させて頂きますが
ブログ未開設の方も下記の要件をメッセージに添えて同時に申請して下されば承認させて頂きます。

1:在住地 都道府県名及び市町村名(具体的な住所は不要です。)
2:名前 (苗字か名前 例:山田 太郎 なら 山田 か 太郎のどちらかで結構です)
3:性別 及び 既婚or未婚
4:満年齢 (生まれた年でも結構です 例:1980 1996)
5:趣味 (例:スポーツ、音楽、読書等)
6:限定記事を読みたい理由 (簡単で結構です)

アメンバーをど承認して貰いたい場合には、御面倒をお掛けしますが申請とメッセージを同時にお送り下さい。
内容を確認次第、特にその内容に記入漏れや問題がなければ可及的速やかに承認させて頂きます。 naniwa335

テーマ:
マニアックな読者の皆様、お早う御座います。

昨日までに顧客のアセットアロケーションの調整(リバランス)も終えて、一息ついています。
特に顧客全体の金融資産に占める日本株保有比率を5%以下に抑えた(極端に減らした)事は、僕の見立てでは間違いなく近い将来に吉と出ると確信しています。
限定記事を読まれた方は、官製相場に頼っただけの日本株(特に国際優良株)を保有する事が最もリスキーである事をよく理解して頂いていると思います。

日銀のETF買い枠が6兆円に増額と発表されても全く動かない市場…益々、官製相場色が濃厚になり日銀に対する不信感が増幅して海外投資家は全く寄り付かなくなってしまった。

やる事が悉く裏目に出る日銀黒田総裁の稚拙な金融政策…普通の神経ならノイローゼになるだろうが、図太い神経だから平気な顔で未だに物価目標達成を掲げて総裁の座に居座っていられるのだろう。

最近になって、「アベノミクスの終焉」とか「日銀の限界」とかのアノマリーが経済誌の紙面を飾る様になったが、元来アベノミクスなど砂上の楼閣(荒唐無稽)で実体(中身)は全くなかったのだから、鼻からその様な無意味な金融政策など何の意味も持たなかったばかりか、逆に日銀の馬鹿げた大規模金融緩和やマイナス金利政策によって出口を見失って全く動きか取れず、この期に及んでは最初からやらなければよかったと言う議論まで世界中の金融専門家や市場関係者の間では囁かれている。

本日の米国時間にジャクソンホールで開かれるイエレン議長の発言を控えて世界株式市場に対して動きが取れないのは確かであるが、特異な日本株式市場にとって(米国が利上げに踏み切っても先延ばしになっても)どちらに転んでもネガティブにしか働かないという情報が入っている。

欧米株安、イエレン講演…売り先行か(先読み株式相場)

26日の東京株式市場で日経平均株価は続落か。前日の欧米株が総じて下落したほか、重要イベントを控えて投資家には買い見送りムードが強い。週末要因のほか、株価指数の構成銘柄変更に伴う需給悪化を指摘する声もあり、売りに押されがちな展開となりそうだ。

25日の米株式市場で米ダウ工業株30種平均は33ドル安と小幅に続落した。米カンザスシティー連銀が米ワイオミング州ジャクソンホールで開く経済シンポジウムで、米連邦準備理事会(FRB)のイエレン議長が26日に講演する。ここ数日、世界的に市場では、米利上げ時期を巡る発言を見極めたいとして積極的な売買を見送る雰囲気が強い。



 大阪取引所の夜間取引で日経平均先物9月物は1万6510円と、25日の清算値を10円下回った。朝方の日経平均は小安い水準で始まる可能性が高い。 日銀は前日の取引終了後、株価指数連動型の上場投資信託(ETF)を707億円買い入れたと発表した。最近の市場では、日銀のETF買いを巡る思惑が株価を振り回す場面が目立つ。新型でない通常のETF買いは10日以来、約2週間ぶり。市場関係者の間ではETF買いを入れる判断基準について見方が定まっておらず、きょうも日銀の動向を巡る思惑が相場全体に影響を与える場面がありそうだ。

 個別ではファミリーMに注目だ。ユニーGHDは同社との経営統合に伴い29日に上場廃止となり、ファミリーMが日経平均の構成銘柄になる。日経平均との連動を目指すファンドなどは、前営業日となる26日の終値を基準にファミリーM株を組み入れる必要がある。前日まで売買を伴いながら先回りの買いが入っていたため、利益確定売りも交えつつ、大引けにかけて荒い値動きとなりそうだ。ファミリーM株の組み入れは、株式相場全体にとっては重荷の面がある。「組み入れられるファミリーM以外の指数構成銘柄には売り需要が生じるため、先物などに売りが出やすい」(国内証券トレーダー)という。

 HISは2015年11月~16年7月期決算を開示する。

 総務省は8時30分、7月の全国・8月の都区部消費者物価指数(CPI)を発表する。年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)は4~6月期運用成績を公表する。

利上げされれば対新興国通貨や対ユーロでドル高に振れNYSEの株式市場は下降トレンドに向かい、日本株もカップリングして売られるし先延ばしになれば日米金利差は広がらないので円高が加速する。
また、イエレン氏が仮に早期利上げに言及しても各国の通貨安誘導によって日本のデフレ進行の流れは変わらず円安には思うほど振れない可能性が高く105円程度が上限になると予想される。

詰まり、上記のような理由を大義名分にしてアルゴリズムを駆使した空売り機関が一気呵成に脆弱な日本株式市場に対して売り浴びせてくる公算が極めて大きい危機的状態にある事を認識していないと日本株を保有する個人投資家は大怪我をするであろう事は容易に推察できる訳だ。

※中途半端になりましたが、急用が入った為に夜半にでも追記したいと思います。

【追記】

引け後雑感

本日も昨日に続き日銀に寄るETF買いが入った模様だが、上昇するどころか日銀が買い上がったところで投機筋が売り崩してきている。イエレン氏に寄るジャクソンホールでの経済シンポジウム発言を受けた明日未明のNYSEの動き如何では、一気に95円程度まで円高が進む危惧も拭えない。
詰まり、タカ派発言を期待していた場合に、弱気発言が出れば一気に円買いドル安が進む訳だ。

東証大引け、続落 3週ぶり安値、イベント控え持ち高調整売り

26日の東京株式市場で日経平均株価は続落し、前日比195円24銭(1.18%)安の1万6360円71銭で終えた。5日(1万6254円)以来、3週間ぶりの安値を付けた。米連邦準備理事会(FRB)のイエレン議長の講演を控え、前日の欧米株に続いて東京市場でも手じまいや持ち高調整の売りが出た。


ファミリーMが29日付で日経平均構成銘柄に採用されるのに伴い、ファミリーM以外の銘柄や株価指数先物に売りが出たとみられ、相場全体の重荷になった。

輸出関連など主力株が軒並み安となった半面、鉄鋼の新日鉄住金JFE、非鉄の住友鉱の上げが目立った。市場では来週の7月鉱工業生産や4~6月期の法人企業統計の発表を前に、持ち高を減らしていた景気敏感株に買い戻しが入ったとの指摘があった。

JPX日経インデックス400は続落した。終値は前日比145.99ポイント(1.25%)安の1万1573.51だった。東証株価指数(TOPIX)も下落し、16.37ポイント(1.26%)安の1287.90で終えた。

 東証1部の売買代金は概算で2兆391億円と5営業日ぶりに2兆円台に乗せた。売買高は15億4608万株だった。東証1部の値下がり銘柄数は1519と、全体の約77%を占めた。値上がりは350、変わらずは104だった。

また、予想通りタカ派発言がされても早期利上げが示唆される可能性は低い…詰まり、どの道日本株にとってはネガティブ材料しか見当たらない中で下値を模索しつつ日本株を買い増す様な行為は、余りにも短絡的でリスキーであると言わざるを得ない。

仮に95円まで円高が進行すれば、外需産業の利益は想定為替レートの切り下げを余儀なくされて決算予想は30%~50%程度まで下方修正されるだろう。無論、建設業や小売りなどの内需産業に於いては多少の追い風にはなるが、実際に消費が落ち込んでいる中で業績はよくて横這いである。

PER換算でも平均で25%程度下方修正されれば単純計算で日経ダウの適正価格は75%になる。
詰まり、日経ダウが16500円前後で推移している中で今期予想が下方修正されてるのは避けられず、適正価格が現状の価格の75%になるので12500円前後になるという訳だ。

また、PBRに於いても1倍が適正なのかは甚だ疑問である。何故なら、株価純資産倍率1倍は確かに数理上解散価値に匹敵する訳だが固定資産や流動資産の中身を精査しないと如何とも言えない。
不良債権や不良在庫を抱えている企業も多く、財務内容如何では資産の部が過大評価されているケースもあって、1倍を割ったからと言って必ずしも割安とは言えない訳だ。

結論としては、日経ダウが15000円を割れた時点で日本株をナンピンで買い増ししたり、直感的な相場観や当てにならないテクニカル分析による自己判断で下値を決め込み購入する様な短絡的な投資スタンスはリーマンショック時の様な自殺行為にもなり兼ねないので絶対に避けるべきである。

市場は何時でも開いているので、敢えて現状の経済が不安定な時期に危険を犯してまで参加する必要はない…正に現状は「休むも相場」で、取り敢えずいいタイミングを見計らって再参入できる様に新興市場の一部の将来性が見込めるそーせいやサイバダイン等の数銘柄を除き全ての日本株を手仕舞いキャッシュポジションを取るのが最も賢い選択になるであろう事に疑いの余地はない。

また、投資家の経済環境が各々違うためにCasebyCaseになるがそーせいやサイバダインのHolderに於いても利益が乗っている間に一部を利確して保有残高を極力減らして置く事も必要である。 naniwa335
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
マニアックな読者の皆様、お早う御座います。

9/25資産増減データ処理と顧客への一斉メール発信も終え、本日は14:00から3件のappointmentがあるだけなので、個人的な趣味で触れたかった広島東洋Carpについて少々熱く語りたく思います。

プロ野球に興味がない方にとっては面白くない内容なのでthroughして下さい。
また、Giantsファンの方には申し訳ないですが僕は物心が付いた時からの典型的なアンチ巨人の為にかなり批判的な内容になっていますので、ご覧にならない方が精神衛生上宜しいかと思います。

※尚、飽く迄も読売巨人と言う腐敗した球団に苦言を呈する内容のものであり純粋な
巨人ファンを揶揄するつもりは毛頭ない事を御了解頂ければ幸いです。

さて、遂に昨日対Giants直接対決に勝利してマジック20が点灯しました。
この時点で、Magic対象のGiantsに8ゲーム差と言うのは安全圏で優勝は間違いないでしょう。


巨人に快勝し喜びを分かち合うCarpナイン


面白い事に、日経ダウが下落する中でマツダが逆行高を演じています…広島の経済効果を期待したものなのか、御祝儀的な思惑なのか分かりませんが、相場とは摩訶不思議なものです。


巨人 自力V消滅…エース菅野7回5失点「話にならない」

◇セ・リーグ 巨人3―7広島(2016年8月24日 東京D)Yahoo!News
絶対的なエースで敗れ、巨人は自力優勝の可能性が消滅。7回5失点で6敗目の菅野は自らへの怒りをあらわにした。
「あそこで福井さんに打たれているようでは話にならない」。1点リードの6回に先頭の投手・福井に二塁打を浴びた。そこから一気に崩れて5安打を集中され、4失点で逆転を許した。
負けられない一戦で初回から飛ばした。直球は最速153キロを計測。5回まで18球が150キロを超え、8奪三振で1失点に抑えた。だが、6回に広島打線の勢いにのみ込まれた。東京ドームでの広島戦は1年目の13年以来、無傷の6連勝だったが、それもストップ。今季5度目の2桁10奪三振も勝てなければむなしい。

サヨナラ勝ちで3連戦の初戦を制したが、翌日にエースで敗戦。勢いは途切れ、再び8ゲーム差に離された。高橋監督は6回の4失点を「想像は当然していない。菅野でリードされてしまったというのが全て」と振り返りつつ「だからといって今日だけのことでどうのこうのはない」と責めなかった。大事な試合の勝敗を背負うのはエースの宿命。「結果的に負けたので、何を言っても言い訳になる」。菅野はそう言って球場を後にした。 (春川 英樹)

元巨人の脳味噌筋肉の宮本和知が「今日の菅野は気合が入って凄かった。これでも負ける事があるから野球は怖い。」と言った頓珍漢な解説をしていたが、先発が初回からクローザー並みに飛ばしたらどんなバッターでも1巡目はそうは打てない。僕は5回位からスタミナが切れて必ずCarp打線が甘い球を捉えて容易に逆転できると思っていたが、奇しくも菅野にとって予想通りの悲惨な結果になった格好だ。
野球を少しでも齧っている人ならこの様な結末になる事は想像に難くなかった筈だ。
然も、前対戦と同様に球数に留意してスタミナ配分も考えた福井の制球の方が遥かに良かった。

菅野は確かにいいピッチャーだが、それはマエケンや田中将大が居なくなった現状での話で、仮にパリーグのチーム相手なら防御率も3点台程度の並のピッチャー…
セリーグでもCarp相手には通用しない。

常勝軍団Giantsの
エースなんてちゃんちゃらおかしく過大評価も甚だしい日ハムの大谷と比べたら足元にも及ばないであろう。リメークドラマだって?お化粧直しか??コピーライターのセンスを疑う

ところで、ゲーム差が2ゲームとかに縮まればナベツネの圧力がジャンパイアに掛かって、形振り構わずGiantsに有利なジャッジのオンパレードが横行する危惧も持たざるを得ませんが、5ゲーム以上離れていれば、流石にリーグ優勝は諦めてCSに照準を合わしてくるでしょう。
昨日も、誰が見てもセーフであった盗塁が思いっきりアウトと判定されて観客もどよめいていましたが、悪足掻きもこの期に及んでは効果は薄いので、させたいようにさせておきます。


Carp is presently rushing on the road to the Victory !!




























1位11770452.609M2026566422121100.2723.37
2位11460513.5418294164149946.2513.36
3位11754603.4747.52644448110660.2473.73
4位11853623.4611.5254284647153.2453.53
5位11852651.4442255005859366.2584.88
6位11848673.4173254144687549.2443.64

2016年8月24日 23時22分更新

セ・リーグ順位詳細

上記順位表から見て残り試合やMagic対象チームの巨人を含む2位以下の戦力を考えれば、早ければ9/14の甲子園対阪神戦、遅くとも19日の横浜戦で優勝が決まるのではないでしょうか?

兎に角、僕自身はCarpの優勝を数回目の当たりにしていますが、(特に地元広島県民の優勝を見た事がない30歳以下の)若い世代のCarpファンが四半世紀待ち望んでいた優勝が手の届くところまで来ているので何が何でも優勝して貰いたいし、今となっては願望から確信に変わってきています。 naniwa335

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
マニアックな読者の皆様、お早う御座います。

本日は、アポが昼からの為に久々に事務処理をしております。

まず、先般の調査会社の投資判断によって下落の止まらないサイバダインに関しての問い合わせがメッセージボックスに散見されていましたので、触れたいと思います。

読者の皆様の中には一旦高値近辺の2300円前後で利食っていらっしゃった方も多い様で、その方々に関しては特段の問題は有りませんが、ガッチリホールドされてる方は少々心配かも知れません。
また、利食った方の中には再購入を検討されてる方も多い様に思います。

当初の想定では1500円を割れたらロスカットも念頭に入れるべきかと考えておりましたが、1500円と1400円の節目では、長期保有ファンドの買いが自動的に入ると言った情報が入っているので、仮に500株程度しか保有していないのであれば、少なくとも1400円割れまでは我慢すべきと考えます。

サイバダイン (7779) 直近3カ月チャート




また、再購入を検討されている方は1500円割れで500株購入して1300円まで下落した時点で500株の買い増しをする様なスタンスでいいかと思います。

今回の売り仕掛けで信用買いに走った回転売買投資家は大きな損失を被った事は否めませんが、逆に売り方は今回の売り仕掛けのショートカバーで少なくとも10億円程度の利益が得られたので、僕の見解では一旦はショートカバーが入り、1500円近辺で落ち着くと思います。

空売り機関は別の対象株を物色しているので、彼等の目標の利益を確保できたサイバダインに関しては年末までに1700~1900円のレンジ内に収まると考えています。

但し、信用取引中心の売買の増加で需給関係は極めて悪く信用倍率及び信用買い残が大きい為に、再度1400円程度まで売り崩してくる危惧は拭えないので、不測の事態に備えて投資スタンス(ロスカットするのかナンピンをいれるのか)を決めて置く事が肝要です。

兎に角、マザーズ銘柄はボラタイルなので、現物ホルダーの方は少々の乱高下では狼狽しないと言う強い精神力が必要な事は言うまでも有りませんが、僕の読み違いもあるので想定外の売り仕掛けが行われたケースでは損失回避の為のロスカットに動く勇気も必要です。

読者の皆様の経済環境や金融資産の規模によっても投資スタンスは大きく変わってきますので最終的な判断は投資家(読者の皆様)に委ねられる事は御承知下さい。また当然の如く、僕の予想が当たる保証は有りませんので僕の見解を過大評価や鵜呑みにせずに自己の判断でお願いします。

【本題】 為替動向

さて、日経電子版にいきなりドル円の下値に関しての記事が掲載されていおり、奇しくも僕の予想ターゲットの95円という数字が記されていましたが、これは単なる偶然なのでしょうか?

どちらにしても、漸く日経電子版も楽観的記事を控えて、まともに現状の危機的状況を示唆する様な内容の記事が増えてきた事に関しては、素直にその姿勢を認めたいと思う。
アベノミクスが始まって2年くらいは政府圧力に屈したのか買い煽りとしか捉えられない様な誇大記事が多かったが、流石にここに来て、冷静な分析内容に基づいたものが多くなってきた様だ。


外れる円高への歯止め
 

米情勢で薄らぐ介入警戒感 95円が発動ラインか 

外国為替市場で、政府・日銀が円売りの為替介入に踏み切れないのではないかとの見方が広がっている。市場では従来、1ドル=100円が介入の発動ラインといわれてきたが、これより円高が進んでも介入が実施されていないからだ。円高への歯止め役となっていた介入への警戒感が薄まれば、円相場はより上昇しやすくなる。

18日、財務省、日銀、金融庁の幹部が国際金融情勢について話し合った。会合後に財務省の浅川雅嗣財務官は、もし投機的な動きがあるなら「必要な対応をきちんと取る」とけん制した。



 円高が進んだ3日以来、約2週間ぶりの3者会合の開催。だが市場では「円高時の恒例行事」(第一生命経済研究所の藤代宏一主任エコノミスト)との受け止めが広がっている。会合後に繰り返される口先介入を、市場はむしろ「過去数兆円規模で実施してきたような『実弾』の為替介入ができないことの裏返しと捉え始めている」(同)。



 実際、日本の当局にとって実弾介入に踏み切りにくい環境といえそうだ。介入議論が市場で一時盛り上がった6月の英国による欧州連合(EU)離脱決定。実はこの時の方がまだ介入しやすかったとされている。「当時はリスク回避で安全資産の円が大量に買われた。今起こっているのはドル安」(FPG証券の深谷幸司社長)。今回の円高は円固有の要因というより、ドル安の色が濃い。

 ドル安はなぜ起こっているのか。米利上げを巡る思惑もさることながら、米大統領選の存在が大きい。

 「大統領になっても反対」。民主党の大統領候補、ヒラリー・クリントン氏は11日、環太平洋経済連携協定(TPP)を巡りこう発言した。TPP反対を唱え続けてきた共和党のドナルド・トランプ候補は劣勢だが、クリントン氏からも保護主義的な発言が相次ぐ。

 どちらに転んでも自国産業の保護のためのドル安政策になるとの見方が強まる。「米政府のスタンスはドル安。世界中の政策当局者の行動の足かせとなっている」(野村証券の池田雄之輔チーフ為替ストラテジスト)。そう考えると、円売り介入は米政府の思惑に反することにつながり、ハードルは想像よりも高い。

 こうした情勢を背景に、市場が予想する介入の発動ラインが切り上がっている。QUICKが8月上旬に外為市場参加者に実施したアンケート調査によると、円売り介入が90~95円の水準で発動されるとの予想が最多の34%。JPモルガン・チェース銀行の佐々木融市場調査本部長は「スピード感を伴いながら95円を超えて円高が進むと、介入の可能性がある」と指摘する。

 95円が発動ラインとなるのであれば、その水準まで円を買う投資戦略の妥当性は強まる。95円までの上昇はそう遠くないかもしれない。



無論、米国の大統領選挙の影響も全くないとは言えませんが、要はIQSを中心としたCTA軍団がドル円95円をターゲットとしている限りは自動的に95円までは円買いが進むと言う必然性が有るので、日銀はそこまでは動けないと言うのが真実です。プロ集団の緻密(精巧)な超高速プログラム売買に為替の動向を見抜く力も充分な資力(外為会計準備)もない政府(日銀)が対抗できる由がないと考えるべきです。

兎に角、株式市場が上向く事は絶対にないので、出来るだけキャッシュポジションを取ってドルが95円まで下落した際にドルを全力買い出来る様に準備しておくのが最も得策ではないでしょうか? naniwa335
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
マニアックな読者の皆様、こんばんは…

まず、アメンバー申請が昨日今日だけで30件程度届き、大半の方は要件を満たしておられたので快く承認させて頂きました。一個人の拙いブログに過ぎないのにも拘わらず、御愛読頂き感謝しています。

但し、未だに何の情報(承認要件)の記載のメッセージの添付もないままに申請だけしてこられる方が10名ほど見受けられましたが、全て拒否させて頂きましたので悪しからず御了承下さい。
要件を満たし、具体的に記事を読みたい理由を記入して申請して頂いた多くの方々に失礼です。

次に今日も冴えない参加者不在の日本株式市場…海外優良資金の(アベノミクス最全盛期の)60%が引き揚げられた昨今では、国内機関投資家や個人投資家も市場から離れて行き、16000円以上を維持している日経平均価格に対して史上最低水準の商いが続いている。投機筋も、日銀のETF買いが後場に入る様な展開では思い切った売り仕掛けが出来ないので、現状は様子見と言ったところである。

但し、9月の日銀金融決定会合で、仮に黒田総裁がとち狂ってマイナス金利幅拡大や無利子永久国債の話に少しでも触れた場合には、ここぞとばかりに一気に日本株式市場を売り崩してくるでしょう。
当然ながら、前回と同様に日銀の金利差拡大を狙った思惑とは裏腹に為替も投機筋に寄って円買いが仕掛けられ一気に円高が加速して基軸通貨ドルは95円程度まで下落するでしょう。

誰が考えても、日銀の金融政策は余りにも短絡的である…金利差が広がってもマイナス金利幅が拡大すれば金利平価の説から先物の為替は円高に振れ徐々に鞘寄せされて更なる円高を齎す訳だが、それ位の事が理解出来ていないとしたら日銀の存在価値は無いに等しい。
飽く迄も金利がプラスの段階で機能する金融緩和に寄る低金利政策をマイナス圏で行う等言語道断であり、海外の市場関係者もその異常さに驚きを隠せないと言うのが本当の所である。

さて、リオオリンピックも閉会を迎えましたが、世界中の視聴率は直近の5大会で最低になった模様である。無論、その件に関してIOCは不都合な真実の為に本当の数字を公開しない方針である。

日本が41個のメダルを取った事は確かに称賛に値するが、一般国民にとってそんな事はどうでもいい(メダルが銅でもいい訳ではなく、金じゃないと意味がないが…なんじゃ、そりゃ?)

何度も繰り返すが、各競技でワールドカップや世界選手権などのその道の格式ある大会(大舞台)があるのだから、アスリートはプロとしてそこで競い合えばいい。最早オリンピックはアマチュアの競技ではなくプロの世界であり、明らかに商業化された興業になってしまっている。誰が考えたってゴルフやテニス、プロ野球なんてオリンピック精神や理念にそぐわないだろう。
また、平和の祭典なんてちゃんちゃら可笑しい…政治の具に利用されるだけだ。あほか?

今回、小池百合子都知事がOlympicのバトンタッチの為にリオの閉会式に参加したが、目立ちたいだけの腹黒さが見え透いていて余りにも滑稽で情けなくなってきた。彼女にOlympic開催に当たっての無駄な費用の削減など期待できる訳がないし、逆に予算が膨らむ可能性さえ否めない。


リオ五輪閉幕 躍進日本勢、東京へ期待つなぐ 
メダル最多41個、「金」は世界6位に


【リオデジャネイロ=本池英人】第31回夏季五輪リオデジャネイロ大会は21日、リオデジャネイロ市のマラカナン競技場で閉会式を行い、17日間の熱戦に幕を下ろした。日本のメダル総数41個は前回2012年ロンドン大会の38個を上回り、史上最多となった。次回20年は東京大会で、64年以来、56年ぶりに夏季五輪が日本で開催される。

日本のメダルの内訳は金12、銀8、銅21で、金メダル数は3大会ぶりに2桁に届き、国別ランキングではロンドン大会の10位から6位に上がった。メダル総数では7位だった。体操男子の19歳、白井健三や卓球女子の15歳、伊藤美誠の10代のメダリストも誕生し、金メダル数3位を目指す4年後へ期待の膨らむ戦いぶりを見せた。


 五輪旗を振る悲劇の似非ヒロイン小池百合子 嬉しそうやな


 金メダル数1位は46個の米国で、27個の英国が26個の中国を抜いて2位となった。国家主導のドーピング問題で選手団が約3割減となったロシアは19個で、4位の座を守った。5位は17個のドイツだった。

 式典では、五輪旗が国際オリンピック委員会(IOC)のトーマス・バッハ会長から、東京都の小池百合子知事に手渡された。その後の東京のパフォーマンスでは競泳の金メダリスト、北島康介さんらが登場した。東京五輪は20年7月24日に開幕し、新たに野球・ソフトボール、空手など5競技18種目が追加される。

来月7日には障害者スポーツの祭典、リオデジャネイロ・パラリンピックが開幕、22競技で熱戦を繰り広げる。

先々週の出張で、欧州FMの一人から‘ Yuriko Koike is whether she has qualities as a politician ? ’って、聞かれたたので‘I do not completely evaluate her as a politician’と答えるしかなかった。

まぁ~、腹黒くて目立ちたがり屋の腐った政治屋とまでは言わなかったが、名誉欲しかない彼女に東京都の舵取りは絶対に出来ない事だけは想像に難くない。舛添要一と目糞鼻糞である。

兎に角、原発事故で未だにまともな生活も出来ずに途方に暮れている東北北陸の被災者が、この馬鹿げた茶番をどの様に捉えているかを考えると胸が痛くなる。
参院選戦で東北地方で自民党候補者が悉く敗れた事が、現状の日本の歪を如実に表している。

どの道、このままでは日本経済は破綻する事は免れないであろうが、この国の将来を背負わなければならない20~30代の若年層に夢も希望もない日本…妙案が浮かばないのが如何にも歯痒い。naniwa335
いいね!した人  |  リブログ(1)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。