代筆屋中島泰成オフィシャルブログ「心を動かす魔法の文章を書くプロの代筆屋」

手紙、恋文、ラブレター、謝罪文、復縁の手紙、遺言書、プロフィールや企業のキャッチコピーまで。心を動かす魔法の文章を書くプロの代筆屋。


テーマ:
先日掲載して頂いたプレジデントウーマンさんのメールマガジンが

じつは結構面白いんです。



個人的には、「編集部員の、ここだけの話」がお勧め。

現場の生の声をあけっぴろげに書いてくれているところが

素直に共感できます。


今回は、「2つのラブレター」

スティーブジョブズが奥さんに書いた手紙と

芥川龍之介のプロポーズの手紙


どちらかと言えば文章は下手。

なんですけど、心に突き刺さるというか、

心に残る後味がある。


僕も最近特に思うようになったのが、

文章って技術だけではないということです。


技術を修得すれば、

確かに文章が綺麗になって、上手く見えるようになります。



ここをこうすれば、読みやすくなり、

ここをこうすれば、感動を呼びやすくなる。

書き方や構成、緩急やリズムの変化によって、

読み手の心を操ることは可能でしょう。

一流の作家さんなら、誰もが心得ている基本的な技術といえます。



だけど、『文章で心を動かす』というのは、

じつは、技術ではなく目に見えない想いの部分が作用していることが多いのです。



スティーブジョブズの奥さんへの手紙や

芥川龍之介のプロポーズの手紙のように、

下手なんだけど、なぜかあの文章は心に残るということが起こりえます。



たとえば、

気持ちを込めずに書いた

ありがとう



気持ちを込めて心から書いた

ありがとう

では、

相手に伝わる想いの熱量が違います。



信じられないかもしれませんが、

見た目は同じありがとうでも、

相手の心には全く違う形で届けられるのです。



それは、書いた本人の想いが本物だったから、

言葉に魂が宿る結果です。

そこに、上手い、下手と言った技術が入り込む余地はありません。



じゃあ、文章に技術はいらないのか?

それも違います。

文章が好きな想い、その想いで技術を修得すれば、

技術にも想いが宿っています。



小説で感動して涙を流すのは、

作家の文章技術だけの問題ではなく、

作家の文章に対する想いの熱量です。

その量が多ければ多いほど、読み手に伝わるものも多い。

熱いものに触れれば、心は動かされ、自然と涙が出ます。

僕はそう考えています。



文章を書くときの想いの熱量。

大切なことに気付かされたメールマガジンでした。

プレジデントウーマンon-lineはこちらからどうぞ。
http://woman.president.jp/







■プロの代筆屋による心を動かす魔法のメールマガジン配信中!


≫メルマガ登録はコチラをクリックしてください。




プロの代筆屋に依頼したい人、募集。





プロの代筆屋になりたい人やコーチングを受けたい人も、募集。






Amazon 日本語教育ランキングベストセラー1位!


プロの代筆屋による心を動かす魔法の文章術 [増補改訂版] (立東舎)/リットーミュージック

¥1,080
Amazon.co.jp





Amazon kindle総合ベストセラー1位!5000部突破の電子書籍


プロの代筆屋による心を動かす魔法の文章術 impress QuickBooks/インプレス

¥398
Amazon.co.jp
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
言葉には言霊がある。


あらためて、そう確信した。


小説に出てくるある登場人物の母親の名前が、


ふっと降りてきた。


今朝、依頼者からのメールを確認していると、


相手の方の名前がその母親と全く同じ名前だった。


依頼者の想いが僕にその名をイメージさせたのだとしたら、


言葉には想像を超えた力がある。


言の葉に

想いをのせる

文紙めて







■プロの代筆屋による心を動かす魔法のメールマガジン配信中!


≫メルマガ登録はコチラをクリックしてください。




プロの代筆屋に依頼したい人、募集。





プロの代筆屋になりたい人やコーチングを受けたい人も、募集。






Amazon 日本語教育ランキングベストセラー1位!


プロの代筆屋による心を動かす魔法の文章術 [増補改訂版] (立東舎)/リットーミュージック

¥1,080
Amazon.co.jp





Amazon kindle総合ベストセラー1位!5000部突破の電子書籍


プロの代筆屋による心を動かす魔法の文章術 impress QuickBooks/インプレス

¥398
Amazon.co.jp
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
英会話についてふと思うこと。

僕はほとんど英語が話せません。

CNNやBCCといったニュース番組はもちろん、

ディズニージュニアと言う

子供向けの番組でさえ、

「え、ちょっと何言ってんのかわかんない」

と漫才コンビサンドイッチマンみたくボケたくなるほど、

ほとんどなに言ってんのかわかりません。



いまフィリピンに住んで3ヵ月になりますが、

ほとんど不便なく、

ふつうに暮らせています。



ふつうは英語が話せないと難しいと思われる。

現地のトライシクルドライバーを洗濯機の配達に雇ったり、

そのドライバーと友達になったり、

遊びに行く先の状況を電話で確認したり、

携帯にかかってきた電話を受けることによって、

郵便物を取りに行くこともできます。、



この間なんか、

「じぶん、もう着いてんの?」

と日本語で訊ねると、、

「イエス」

と返事があったので、

「ほな、5分後に行くわ、待っといて」

と日本語で言いました。



5分後、待ち合わせ場所に行くと、

それらしき配達物を持った男性はいました。



「それ、英語出来ますやん!?」

って奥さんの前で言ったら爆笑されますよ。

僕は誰もが認める英語が話せない人間です。



以前、ドバイ空港の職員らしき男性に真顔で発した言葉が

「カバンヲ、アズケターイ!」

これはもう京都のごく一部のエリアではとても有名な話です。



聞き取りは2割程度ですね。

大半は何言ってんのかわかりません。

でも、相手が言おうとしてること、

伝えようとしてることはわかります。

会話も同じ要領です。



英語2割、日本語8割で、

なぜ通じ合うと思いますか?



ここに何年英語を勉強しても、

まったく英会話のできない日本人の謎を解く鍵が隠されています。



英語が話したいと願う人に聞きたいのですが。

「どうして英語が話したいんですか?」



たぶん、

海外で暮らしたいとか、

外国人の人と話したい。

仕事で必要だから。

ということですよね。



ようは、英語を話すことで、

外国の人とコミュニケーションを取りたい。



だったら、英語が話せなくても、

コミュニケーションを取れれば問題ないわけですよね。



コミュニケーションの根幹って何かわかりますか?

相手の気持ちを考えることです。

言葉なんてわからなくても、

視線の動き、顔の表情、仕草、

注意深く観察してると

相手が何を伝えようとしてるのかはなんとなくわかるはずです。



ということは、こちらも同じように、

視線の動き、顔の表情、仕草で伝えられますよね。



全く、1%も英語がわからないと、

確かに厳しいものがあります。

でも、20%わかれば何とかなります。



だって、完璧に英会話をすることなんて

ネイティブでもない限り、帰国子女でも不可能です。

日本で生まれた日本人なら2割~で十分。



きっと僕より英単語を知っていて、

トイックやトイフルの点数が高い人はたくさんおられるでしょう。

でも、外国の人と意思疎通できるかと言えば、

そうじゃない人のほうが多い。



コミュニケーションに重要なのは、

英会話能力と言う技術じゃないんです。



技術の前に心と心を照らし合わす必要があります。



聞こえると思って聞けば、聞こえてくるし。

話せると思って話せば、話せてしまう。

(上手い下手はおいといて、ですよ)


相手は言葉よりも、あなたを見てるし、

あなたも言葉より、相手を見るべきです。



伝わりますよ。

日本人は英語の読み書きはできるんです。

それだけ英単語知ってたら、十分伝わります。

メチャクチャでも話してるうちに嫌でも上手くなりますから。

自転車乗るのと同じ要領です。

下手でも乗れるし、

乗れば乗るほど上手くなる。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。