代筆屋中島泰成オフィシャルブログ「心を動かす魔法の文章を書くプロの代筆屋」

手紙、恋文、ラブレター、謝罪文、復縁の手紙、遺言書、プロフィールや企業のキャッチコピーまで。心を動かす魔法の文章を書くプロの代筆屋。

NEW !
テーマ:
代筆屋のライフコーチングに関して、

「やってみたいけど、わからないから怖くてやれない」

という質問を受けました。


恐怖と言うのは見えないものに対して抱く畏敬の念ですね。

挑戦するのが怖いのは、やったことがないからです。

やってみて初めてその怖さがわかる。

だから、やらない限り、怖さの本質に気づかないんですね。


新しいことを始めるには、勇気が必要です。

初めてプールに飛び込むとき、

怖くて足がすくんだように。


でも、飛び込んで慣れてくれば、

思っていたほど水は怖くなかった。

いや、むしろ、気持ちよかった。


コーチングは、そんな感覚に近いです。


書く課題をこなしていくうちに、

何のためにコーチングを受けているのか、

コーチングを受けてどうなりたいのか、

どう生きたいのか、

子供のころ聞こえていた

心の声に気づかされる
と思います。



コーチングはマンツーマンのメールレッスンなので、

けっして安くはありません。

あと、簡単でもないし優しくもありません。

最初は自分と向き合わなればならない、辛い時間もありますし、

課題量はボリュームがあって、結構ハードです。



ハードルが高い分、

課題を達成した人にしか味わえない悦びがあります。

代筆屋として開業することも可能です。

(こちらはまた別の勇気が必要です)

人生を変える覚悟のある方は、

ライフコーチングを受けたいと、

いつでもご連絡くださいませ。



■プロの代筆屋による心を動かす魔法のメールマガジン配信中!
≫メルマガ登録はコチラをクリックしてください。


プロの代筆屋に依頼したい人、募集。


プロの代筆屋になりたい人やコーチングを受けたい人も、募集。


Amazon 日本語教育ランキングベストセラー1位!
プロの代筆屋による心を動かす魔法の文章術 [増補改訂版] (立東舎)/リットーミュージック

¥1,080
Amazon.co.jp

Amazon kindle総合ベストセラー1位!5000部突破の電子書籍
プロの代筆屋による心を動かす魔法の文章術 impress QuickBooks/インプレス

¥398
Amazon.co.jp
AD
いいね!(2)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
元々商用、軍事用?に使われていたインターネットが

一般の人に普及したのは、1995年。


Windows95と言えば懐かしい世代も多いでしょう。

インターネットの普及は、世界の人々の仕事や生活を大きく変えました。

いや、まったく別の世界に作り替えたと言っても、

言い過ぎだとは誰も反論しないでしょう。

インターネットは人類の進歩より、進化と言う言葉がしっくりきます。


特に大きいのがB to Cの関係です。

事業者と顧客を結ぶ、まさにネットワーク網が構築されました。


一昔前なら、何か事業を始めようものなら、

店舗、保証人、許可、運転資金、設備資金、仕入れ先、人脈、

ありとあらゆる壁が事業を起こす人の前に現れ、

立ち塞がろうとしました。


勇気あるわずかな人がこの壁に挑みました。

壁に跳ね返され夢破れた者、壁を乗り越え夢を叶えた者、

壁に挑む戦士たちは交戦を繰り広げてきたわけです。

しかし、インターネットはいとも容易く事業への障壁を取り払ってしまいました。


店舗、保証人、許可、運転資金、設備資金、仕入れ先、人脈、

インターネットがあれば、店舗はいらず、保証人や許可もいらず(ときによっては許可はいる)、多額の運転資金や設備投資もいらず、仕入れ先もいらず、人脈だっていらない。

障壁になる諸々を無視して、あっという間に事業を起こせるようになりました。


壁をすり抜ける。

一昔前なら考えられないアイデアです。恐ろしいツールです。

試される必要な壁そのものが無くなってしまった。



事業を起こすというのは、

ある意味、ブログを書くぐらい気軽にできるようになりました。



その結果、知識も経験も不確かな、

事業へかける想いも信念もない人たちが事業を始め出した
のです。

これは、インターネットバブルが齎した本物の悲劇と言えるでしょう。

だって、ずぶのど素人だとしても、

インターネット上では、

それらしいその道の達人を演じることができる
のですから。



僕ら国家資格を持つ士業という業界にも革命が起こりました。

開業から5年は食えないと言われていた閉ざされた士業の世界です。

しかしインターネットは閉ざされた世界に光をもたらします。

インターネットでホームページを起ち上げ、blogやメルマガを書き、

開業1年目で年収1000万を超えるプレーヤーが続々と誕生したのです。



しかしそれは破滅への始まりでもありました。

知識がない、経験がない、苦労がない。

中身の詰まっていない人間が借り物の力で

偶然成功らしきものを手にしても

そのまま上手くいくわけがありません。




上手くいっていると勘違いしていることにさえ気づかせないのが、

インターネットが齎す本物の恐怖です。



顔の見えない人たちは、声もかけず、

文字で適当に褒めて去って行くだけです。

文字を読んだ人たちは褒められ有頂天になり、

上手くいっていると勘違いして、

さらに膨張を始めます。



中身のない膨らんだ風船は、僅かな衝撃で破裂します。

幼い子供でも知っていることです。



本当のインターネットバブルはこれから起きるでしょう。

ごくごく近い将来。



表面的な見せかけには、ほとんど意味がないことに気づいた人たちは、

静かにひっそりと知識を手に入れ、技術を磨いています。

偉そうに言っておいて、恥ずかしながら、僕もつい最近気づきました。



アリとキリギリス、ウサギと亀。



世界の童話が物語っているのは、真実です。

ただし、どちらを選ぶのも、人生はあなたのものですから。




■プロの代筆屋による心を動かす魔法のメールマガジン配信中!
≫メルマガ登録はコチラをクリックしてください。


プロの代筆屋に依頼したい人、募集。


プロの代筆屋になりたい人やコーチングを受けたい人も、募集。


Amazon 日本語教育ランキングベストセラー1位!
プロの代筆屋による心を動かす魔法の文章術 [増補改訂版] (立東舎)/リットーミュージック

¥1,080
Amazon.co.jp

Amazon kindle総合ベストセラー1位!5000部突破の電子書籍
プロの代筆屋による心を動かす魔法の文章術 impress QuickBooks/インプレス

¥398
Amazon.co.jp
AD
いいね!(10)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
「どう書いていいのかわかりません」

読者の方からそんな質問が多いですね。

先日、代筆屋の取材の際に、

取材をしてくれたお二人の女性がこんな話をしていました。



いわゆる大手と言われる会社の

社長や役員さんの秘書である女性が多いある雑誌の読者の方です。

秘書の仕事の一つとして、お手紙を書いたり、お返事をしたり、

書く機会は多いことでしょう。

もしかしたら、代筆屋の僕よりも件数で言えば多いかもしれません。



書く仕事についている人たちでも、

「どう書いていいのかわからない」

という悩みを抱えておられます。



まず、取材のインタビューでも答えていたことですが、

文章にこう書かなければいけない。

という定められた書き方は存在しない
と考えてください。

文章に正解はないのですから、当然と言えば当然です。


それでも、書き方がわからない、書き方を教えてほしい、

という人は後を絶ちません。



どうしても文章にルールのような公式が欲しければ、

無理やり作ることはできます。


1+1=2

これは昨日も今日も明日も同じ。

書き手や読み手の感情によって変化するものではありません。

大げさですが、これも公式の一つです。


文章も、文字数だけでいえば、

あ~んまでを46文字(濁音とか除いて)とした場合、

その組み合わせは、46×46×・・・

つまり46の46乗で、天文学的数値がはじき出されます。


しかし、文字の組み合わせパターンを計算したところで

まったく意味がありません。

文章は、その日によって表情を変えるからです。

書き手の感情や、読み手の感情によって別人の顔を見せます。




つまり、文章=46の46乗ではなく、

文章=定数×(+α)になる
わけです。



この+α=感情の変化によって姿を変える掴みどころのない形

と置き換えることができます。



文系の方にも、理系の方にとっても

頭が痛くなる公式でしょう。


※ちなみに上の公式らしきものは、出鱈目なので忘れてくださいね。



結論として、文章に公式らしきものはあるけれど、

それは公式と呼ぶにはあまりにも曖昧で不完全なものである。

文章は、曖昧で不完全な情景や人の感情を一時の形で表そうとしている。

そんなことは、不可能なんですよ。


だから書き手が

「これは高級なリンゴでめちゃくちゃ美味いんです」

と書いたところで、


読み手が、

「全然美味そうじゃない」

と感じてしまうことは往々にしてあることです。


「好きです」

って書いたのに、

「キモイ」

と思われたり。



「嫌いです」

って書いてるのに、

「って言いながら好きなくせに」

なんて思われたり。



人の感情が加わることで、

いかに文章が難しいものに変化するかお分かりになられたと思います。

そう、文章に書き方はありません。


読み続け、書き続けることで、

自分にしか書けない文章を見つけるしかありません。


答えになってない?

そう、これも文章ですから。



■プロの代筆屋による心を動かす魔法のメールマガジン配信中!
≫メルマガ登録はコチラをクリックしてください。


プロの代筆屋に依頼したい人、募集。


プロの代筆屋になりたい人やコーチングを受けたい人も、募集。


Amazon 日本語教育ランキングベストセラー1位!
プロの代筆屋による心を動かす魔法の文章術 [増補改訂版] (立東舎)/リットーミュージック

¥1,080
Amazon.co.jp

Amazon kindle総合ベストセラー1位!5000部突破の電子書籍
プロの代筆屋による心を動かす魔法の文章術 impress QuickBooks/インプレス

¥398
Amazon.co.jp
AD
いいね!(7)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。