今日は、ウランバートルのあちこちで、モンゴルの民族衣装「デール」を着て闊歩する人たちが目立ちました。

先日ご紹介したように、モンゴル伝統の民謡唱法「ホーミー」が中国の「無形文化遺産」として「世界遺産」に「抜け駆け登録申請」をされていることから、モンゴル国、かなり躍起になっております。

2009年だけでも、申請は、「ビエルゲー」という西部モンゴルの部族の伝統舞踊や、「トーリ」英雄伝説の語り部、「ツォール」笛の一種。鼻息で音を出しつつホーミーと一緒に同時演奏もできちゃう変わった楽器、も「継承危機」ということで申請されております。

中国領土内のモンゴル民族の人口は、実は独立国家であるモンゴル国よりも多いのです。
数だけでいえば、そして中国の中でも、「少数民族」といいつつも非漢民族の中では最大の部族構成であるモンゴルを、自らの固有の文化としてとらえる、というのは中国としては「当然の主張」なのやもしれません。

新疆ウイグル自治区のウイグル族の伝統文化も「中国」として世界遺産登録してますしね。


でもって、「デール」ですが、今現在のデールは、ごく最近になって簡素化してるタイプなんですね。チャイナドレスやアオザイ的なたて襟で、右肩あたりと脇の下、右腿あたりでボタン止めをするタイプ。そしてブスといわれるベルトや3-4mほどの布をぐるぐると時計回りに巻きつけます。

フリーサイズというか、直裁ちで誰でも似合うシンプルなデザインと華やかな生地で私もお気に入りです。

でも、本来は、女性はブスをしなかったんですよね。特に既婚になると。女性のことをモンゴル語で「ブスグイ」という言い方もしますが、これは「ブス(帯)がない」という意味なのです。

西部地方や東北部の部族の人たちの間でも最近、一時期は廃れていた華やかで部族ごとの独特のデザインの「デール」や帽子を着用する人たちが増えてきています。実生活では動きにくそう・・・と思うこともありますが、多民族国家モンゴル帝国が、それぞれの部族や民族のアイデンティティを認めてきたことや、自分たちでも意識的に守り続けてきたことがうかがえて素敵です。

社会主義時代は、地方は別としてウランバートルではデールを着る習慣は廃れつつあったのだそうです。それどころか、ツァガンサルもほとんど祝うことはなく、ロシア人と一緒にヨールカ(新年)を祝うくらいだったとか。
80年ほどの間でやや下火だったものが、民主化のときに民族主義として、「モンゴル人のアイデンティティ」を模索し、様々な伝統が見直され、復活したのと同様、「ホーミー」騒動で、さらにモンゴル人の「モンゴル民族の独立国」としての自意識が燃え盛っている印象があります。

私はてっきり、2並びの日を毎年、「デールデイ」にするのかと思ってたのですが、どうやら、ツァガンサルの元旦から数えて8日目、「シニンナイム」(陰暦春の最初の月の8日)が「デールデー」になるそうです。

民族衣装のデールを着て来館した人は、博物館や美術館など国立の文化教育機関の入場料が割引になる特典サービスがあったようです。

私も昔は、毎年のようにデールを新調していたのですが、ここ7年ほどは、ずっと同じ青い絹のデールを使い続けてきました。

そろそろちょっと個性的なデールを作ってみようかな・・・

にほんブログ村 海外生活ブログ モンゴル情報へ
にほんブログ村
AD
「ヤバい」良い意味と悪い意味、どっちで使う方が多い? ブログネタ:「ヤバい」良い意味と悪い意味、どっちで使う方が多い? 参加中

私は悪い意味派!

「ヤバい」って子供の頃は、不良の人とか、アブナイことをしててギリギリに追い詰められた人が使う言葉だって思ってました。

ティーンエイジャーになってからは、やたら日常生活がギスギスしてて、「かばんの中に鉄板入れてこないこと」とか「ベルトは革製か布製に限り、鉄鎖は認められない」とか、保護者会とか朝礼で言われちゃったり、校長先生の安全を守るために私服警官が授業中に校舎内に張り込んでたりしてた、、、あぁ「腐ったみかんの法則」なのさぁ。。。「校内暴力」バリバリ、「なめ猫」世代でして、まぁ、日常的に、男の子も女の子も、はては先生までが、「ヤバい」という言葉を使っておりました。

ほんとのほんとに「やばい」ことになっちゃって、新聞沙汰になっちゃったりする同級生がいたりね。

なんで、あんなにギスギスと大人に対して反抗的、不信感をあらわにしていたのか、今となっては全然理解できない。

「やばい」っていつ頃生まれたことばなんでしょうね?

なぜか、私「やばい」っていうのを危ない意味で使う人は、セットで「あばよ」って別れ際にいいそうな気がしてしまいます。私は使いませんけどね・・・

「ヤバい」というよりは、「やっべー」って使っちゃいますけどね、アラフォーという「いい年」になって、こういう言葉を使っちゃう自分の「青臭さ」、、、というか、ティーンエイジャーの頃ほどとんがってないけれど、最近仕事で追い込まれることが多くって、ついつい、「あの頃」のヤバイ、きれちゃった目をしちゃうことがあるので、おおいに反省しております。

なんだかんだいっても、あともうちょっとで仕事が終わり、ノー仕事、ノー収入の日々が始まるわけですから、最後の最後、気持ちよくお仕事、終わらせたいものです。




「ヤバい」良い意味と悪い意味、どっちで使う方が多い?
  • 良い意味
  • 悪い意味

気になる投票結果は!?

AD
先程、アップした記事に、早速、中国領土内のモンゴル民族自治区・内モンゴル自治区のご出身と思われる方からコメントをいただきました。

モンゴル民族の場合、独立国としてわれらがモンゴル国がありますが、その周辺には、中国領土内に内モンゴル自治区、新疆ウイグル自治区、青海省等、ロシア連邦内のブリヤート共和国、カルムイク共和国、トゥバ共和国等、アフガニスタンのハザラ族(もはやモンゴル語の片鱗も残っていないとも言われてますが)などに居住しており、さらにモンゴル国、中国領土からのモンゴル民族は欧米諸国、韓国、日本等に出稼ぎやら留学やら国際結婚やらで実に世界中に散らばっております。

そして、問題のホーミーについても、これがモンゴル独自か?というと、、、うーん・・・

アルタイ山脈周辺の騎馬民族たちには、この倍音を様々なやりかたで出す唱法は広く分布していたのです。

実際、日本にも、日本ホーメイ協会なるものがあり、トゥバ民族からのホーメイ(ホーミーに酷似)を習得した人たちが中心で設立されてて、モンゴルのホーミーを学んだ人たちとの間で、「ホーミー」か「ホーメイ」か、でどっちが「正統派」か、なんてもめるので、統一して「喉歌」という言葉であつかっているのです。

つまりは、モンゴル国のモンゴル人たちが、「ホーミーはわれわれ独自の文化であり、それを中国が横取りした」と主張することは、ある意味、もっともなんだけれど、もっともっと広い意味で、この「喉歌」というものに慣れ親しんだ耳としては、「おいおい、トゥバ人だって、ロシア連邦内の共和国(もとは自治共和国)だけど、ホーメイは俺たちのものって思ってるのでは・・・」と思っちゃうのです。

じゃあ、どこが発祥の地か?ということになるわけですが、どれが古い形か、ということでかなり調査検証をする必要があるでしょう。中国側は、もう登録承認された、と発表があった、ということでモンゴル国でも大騒ぎになったのですが、今、モンゴル側はユネスコに対して、登録の妥当性の再検討のための調査依頼を即時に出して、その対応をまっている状態です。

例えば、モンゴル国では、私たちのような観光業者のうたい文句で、「ホーミー発祥の地」とか「ホーミーの村」として、元関脇・旭鷲山バトバヤルの出身ってこともあり、ホブドアイマグのチャンドマニソムは、ホーミー人口がやたらと高いってことで、ホーミー国際会議や国際ホーミーフェスティバルなどを開催してきました。
こうした活動も世界遺産にモンゴル伝統の民謡として認めてもらうための地道な宣伝普及活動だったのです。

モンゴル国の無形文化遺産としては、ホーミーに先駆けて、馬頭琴(モリンホール)、オルティンドーが登録承認されていますが、オルティンドーについては、内モンゴル自治区などに居住している部族(ヤスタン)等の独自の民謡も含まれるということを尊重し、モンゴル主体でありながら、中国・モンゴルの国際的な登録としたのです。

ホーミーもまたそのような動きで進めていたはずが・・・蓋をあけてみれば・・・

この事実は、モンゴルのホーミー歌手の第一人者が国際民謡コンサートに参加しようとした際に、「ホーミーは中国の民謡ということで登録されているから」とエントリーを断られた、というところから騒動として勃発したのです。

とりあえず、モンゴル側は今はことを荒立てず、とにかくユネスコに自分たちの正当性を主張しながら、再調査を依頼し、その結果を待つ、という状態で、中国側との外交的な摩擦をさけようと対処しています。

国連の活動、ことにユネスコのような教育や文化といったものに関わる機関ですら、外交政治の道具として様々な根回しやら政治力の行使などが行われているということは、とても残念です。

でも、日本では、世界の民謡として、ホーミーはモンゴルの民謡として記載登録されています。
「音の世界遺産」なんて言い方で売り出されてもいるのです。

唱法としての「ホーミー」がモンゴル独自のものである、と主張して、中国の暴挙に抗議するならば、モンゴルはまた、トゥバ共和国、アルタイ共和国などの騎馬民族の末裔たちが継承してきている倍音唱法も尊重しなければ、いけないし、「井の中の蛙」であってはならない、と思うのです。

モンゴルの中国に対する、「モンゴル文化を死守」ぐらいの強い立場で意識しているのは、やはり隣接する大国であり、紀元前からの攻防の歴史がDNAレベルで受け継がれているからなのかしら?

たとえば、急にボヤントオハー国際空港というきわめてローカルな地名を冠にしていたモンゴルの国際空港が、「チンギスハーン国際空港」に変わったのも、中国の内モンゴル自治区の空港に「チンギスハーン」の名前をつけた空港ができそうだ、という情報から国際空港となると、同じ名前を使うことができない、ということで急遽、改変することになったのです。

モンゴル内モンゴル自治区オルドスには、「チンギス霊廟」なるものがあり、チンギスハーン、ここに眠る、という「歴史的事実」を作ってきたけれど、今現在も、チンギスハーンはおろか、モンゴル帝国の歴代ハーンたちの陵墓はまだひとつも見つかっていません。もう20年近く地道に続けられている日本モンゴル合同学術調査によって、テムジンがチンギスハーンとしてモンゴルを統一し帝国の長として認められ即位したヘンティーアイマグのフドゥーアラル近辺で文献等の根拠もあるチンギスハーンの先祖の霊廟跡が発見されました。これをもって、どっちの霊廟が「正統」というものでもありません。私はモンゴル民族ではないし、外野がやいのやいのといわずとも、学術調査によって明らかにされるでしょう。
フドゥーアラルは、チンギスハーンが即位した場所として、大きなモニュメントなども作られていますが、「オルドス」の「霊廟」の仰々しさや観光地としての整備のされ方に比べると、しょぼいのです。かなり道路整備がされて交通の便がよくなった、とはいうものの、舗装道路を外れて100km弱もがたごとする、しかも、そのモニュメント以外は、まだ調査中であるため、発掘調査をしたあとは、跡形もなくきれいに埋め戻しちゃうから、素人さんがちゃんと説明もできないガイドに連れられて現地にいっても、なかなか想像しにくいんですよね。

まぁ、観光地化されていない、というのは素朴さも含め、モンゴルの魅力なんだけれど、ようやく「モンゴル国内の遺跡、文化的遺産の保護・保全・修復」の見直し、重要視されてきているってところなんですよね。だからこそ、「世界遺産に登録される」ということはモンゴル人たちにとって、すごく「ステイタス」なのです。世界遺産めぐりっていう根強いファンは、世界中にいますからね。

ホーミー、オルティンドー、モリンホールは確かにモンゴルのすばらしい文化です。社会主義時代で、民族主義的なものをないがしろに、、、というときですら、この3つの文化は、モンゴルを代表する伝統芸術・芸能として国内外にアピールされてきたものです。だからこそ、守りたいって気持ちが強いんだと思います。といいつつ。。。ホーミーなどは、90年代はホーミー歌手自体がとても少なかったです。100人いなかったと思います。それが、最近は、モリンホール&ホーミーの組み合わせで習う人はモンゴル人、外国人が増えています。
特に、日本はモリンホール&ホーミー奏者にとっては、とても「おいしい」市場なので、「日本語・モリンホール&ホーミー教えます」っていう個人教授講座、グループレッスンの広告も最近はずいぶんよく見かけるようになってきました。

ホーミー騒動はほんと、どうなっていくのか、いろんな意味で関心がありますが、「他人のふりみてわがふり直せ」です。中国のやり方に憤るならば、モンゴル人もまた、独立国家であるってことにあぐらをかかず周辺のモンゴル民族やホーミー等同じ源流の文化を共有する騎馬民族の末裔たちのことをも顧みて、チンギスハーン的な壮大な視点で自分たちのアイデンティティを意識していくことが平和的解決をひっぱりだせるんじゃないかしら、と考えます。

また詳細、教えてくださいね。私も仕事が一段落したら、調べてみたいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ モンゴル情報へ
にほんブログ村文化の芽は大事に育てて生きたいですね。
AD