モンゴルだるま@モンゴルです。

小学校のとき、放課後は軟式野球部でありました。
小学校4年生のときにチームが結成されたときはいっぱいいた女子が、ユニフォームが作れるようになって公式戦にも参加が出来るようになったころには、私一人になってました。

紅一点、ってことでの恩恵は全然なかったけれど、やっぱり楽しかったな。
もちろんレギュラーなんかは取れなかったんだけど、「出ると負け」の弱小チームだったけど、真っ暗になるまでの練習や、早朝からの試合とか、硬式野球(=ホンモノの少年野球といえるリトルリーグ)にも入ってる男の子から彼らの公式試合の応援をしてほしいって招待されてドキドキしたことや、横浜大洋ホエールズの招待でチーム皆で応援にいったけど、阪神の名物人気選手バースがみたくて、こっそり三塁側に応援しにいっちゃったことなどもあったりで、やっぱり野球っていいなっていう気持ちは相変わらず熱い私です。

サッカーでも野球でもバレーボールやバスケットボール、どんなスポーツでも、選手ひとりひとりの個性や適正、そしてチームワークが大事なわけですが、それら全てが万全だったとしても、いつも勝利できるわけではありません。

そんなわけで、1チャンスに全てをかける過酷なトーナメントである甲子園を目指す高校野球ってすごく特別です。特に夏はね、ホントに実力と運と練習の成果の全てを賭けての真剣勝負であります。

今日、ついに日大三高が優勝決定とのこと。
被災地から決勝まで残ったチームにもがんばって欲しかったけれど、毎年、真剣勝負で誰も勝利を同情どかで譲れない、自分たちの力でしかもぎとれない大会なわけです。

NHKでハイライトシーンや各チームの主将や主力選手のインタビューコメントなどが流れると、もうそれだけで、わけもなく涙でグジュグジュになってしまうのです。

「ハンカチ王子」ごときでうっとりしたり、歯軋りしたり、球場まで応援に行っちゃったりする、「元祖熱い野球少女」の実母ほどではない・・・と思っていた私ですが、なんででしょうか?今年は対して大会の試合中継を見るチャンスも無かったのに、ハイライトシーンだけでむっちゃ泣けてしまいました。

大学のワンゲル部の大先輩が、「甲子園への道」と称して、毎年、我々歴代のワンゲル部員たちの出身校の地区予選大会での試合結果をメーリングリストでお知らせしてくださるのですが、そういう予選の段階から、なんとなくヒートアップの火種が生まれているのです。

今日の決勝で負けちゃった人たちは残念だけれども、でも、今日以外の今年の大きな試合にずっと勝ち続けてきたわけです。
1回戦で負けちゃった人たちも、過酷で壮絶な地区予選という死闘を勝ち抜いてきたすごい人たちなのです。

皆、ほんとに、ホントにがんばりました。甲子園を目指してがんばる野球選手たちで、一瞬でも気や手を抜いた子達はいないはずです。
野球が好きで好きで、練習の苦しさすらも喜びとして達成感を味わいがんばってきたのです。

3月に突然母校が津波で流されちゃった、実家がなくなっちゃった、両親が失業しちゃった、大切な肉親を失ってしまった、友達が亡くなってしまった、あるいは離れ離れになってしまった、など日本の多くの高校球児たちが、そもそも「野球を続けられるのか?」という葛藤を突きつけられながら、必死でもがいて、悩んで、それでもがんばろう!って周りの人たちに応援されながら、一生懸命勝利を目指してひたむきに野球に賭けて来たのだ・・・

なぁんてことを考えると、もうダメなのです。
涙ブワーッ!!!!なのです。

ほんとに皆、おめでとう。
甲子園の夏は終わっちゃったけど、もうすぐに国体とか次のチャレンジが始まっています。
負けたチームはきっと翌日から練習をいつものようにはじめていることでしょう。

私も背骨や頚椎を傷めて、「一生歩けなくなるかもしれないけれど、最後まで剣道を続けますか?それとも、今、剣道をあきらめて、一生自分の足で歩くことを選びますか?」とお医者様に決断を迫られて、「剣道をあきらめる」という決断をした17才の秋まで、試合で勝っても負けても、やっぱり翌日はいつもと同じように稽古に励んでいました。

人間の一生って長いです。短いようで長いです。
どの道を選んだとしても、自分でしか進めません。

被災地でのっぴきならない事情で涙をのんで高校野球をあきらめる、という道を選択した青少年もいることでしょう。
でも、誰もが野球少年であったことを誇りに思ってよいのです。がっかりすることや引け目に思うことや、誰かをねたむ必要はないのです。

皆、いつか、またグラウンドに出て、キャッチボールしたり、ベースランニングしたりできるはず。
やりたいって思えたときに始められるはず。もし、体が動かなくなってしまったとしても、自分が好きなスポーツとなんらかの形で関わることもできるはず。

だから、今日で夏の高校野球の甲子園大会は終わっちゃったけど、みんな、またがんばってください。

今回の大会は、サッカー女子のナデシコジャパンがW杯で奇跡の優勝を果たしたのと同じくらい感動的で、日本全国に元気と活力を与えてくれた素晴らしい大会でした。

感動をありがとう!!!ってモンゴルから拍手とエールを送ります。
AD
モンゴルだるま@ウランバートルです。
すごしやすい1日でなんだかノンビリ、お昼寝しちゃいましたw

お盆連休のお客様ごとうちゃーく!ちっちゃい飛行機満席!で、同​業他社のお友達とかガイド講座の教え子達と遭遇。これからの1週​間ほど、ちょっぴりお天気不安定ですが、それぞれ、お客様の楽し​い旅を提供できますように!

空港ってなぜか、普段は滅多に会えないような人と出くわします。

今日は、20年ほど前にモンゴル政府奨学金留学生としてモンゴルの国際空港に降り立ったとき、迎えに来てくれているはずの大使館の人も大学関係者もいないなか、独りぼっちで吹雪の中呆然と突っ立ってたときに、モンゴル国立大学の留学生寮まで送り届け、入寮手続きまでやってくれたリグデンさんとバッタリ。

リグデンさんは恐竜博士(古生物学博士)のバルスボルドさんの息子さんで20年前当時はモンゴル国立大学で教鞭をとってたのでした。ハンサムさんは20年たっても相変わらずです。

リグデンさんはとってもいい人で、日本出発の際にも北京途中泊のときも文部省とモンゴル大使館に確認して、「ちゃんと出迎えいるから」って念押しもされたはずだったのに、いきなり吹雪の中で路頭に迷いそうになっていた私に、お金まで渡してくれちゃったのでした。

ちょうどバルスボルドさんも同じ飛行機で北京からウランバートルに帰る途中だったおかげで、ほんとに助かったー!

かれこれ20年間、私はいつもこんな偶然の中で親切なモンゴル人にめぐりあえたおかげでなんとかやってこれているんだよなぁ。。。とシミジミです。

リグデンさんのパパ、バルスボルド博士は、モンゴルの2大博学者のひとり、B.リンチン先生の息子さんであります。皆さん、ほんとハンサムでジェントルマンで、とってもモンゴル人らしいユーモアセンスに優れた人たちです。

他にも、15年前ぐらいにドライバーさんをしてくれたおじさんにも会えちゃったしね。

いやー、空港って楽しいなぁ。



そして、今年の気付き。わがモンゴル​ホライズンのお客様女子の美人度がずばぬけて高い件。

今朝、というか早朝3時ごろに
「もう疲れたから、仕事やめる」とかぶっちぎりなわがままをぶちかまして、私を激怒させた情緒不安定でメンドクサイ男・ガ​ナー君がすっかりご機嫌になりました。よかった・・・

明日から、沙漠と草原の境界線を馬やラクダや4WD車でうろうろします。
お天気がよかったら、ムーンライトウォークとかで気持ち癒し系になります。
月を天体望遠鏡で眺めていると、すごく気持ちが落ち着くんですよ。

昼間はガンガン、馬やラクダでアクティブなモンゴルを楽しみ、夜は、しみじみしたいもんです。

短期間の貴重なお盆休みにモンゴルまでお越しいただいた大切な大切なお客様に、モンゴルを満喫していただきたな。
AD
モンゴルだるま@モンゴルのどっかにいます。こんにちは。
ご無沙汰しちゃってすみません。

草原生活とツアーアテンドが中心になる夏は、どうしてもネタも豊富にあるわりに更新する時間がとれません。

大学時代の同級生に紹介された久々の原稿お仕事が無事、リリースされました。

http://www.jitco.or.jp/press/kakehashi/vol105.pdf

財団法人 国際研修協力機構(通称JITCO)の機関情報誌「かけはし」の8月号の「各国だより」というコーナーに私の記事が掲載されています。リンクはココをクリック

写真は、モンゴル在住のお友達にも拝借しましたが、記事に関係する取材は全部自分でしたので、まぁ、私の記事、といってもよいのだと思います。

冷静に読んでみると、ちょっと段落・各項目の流れがぶつ切りな反省はありますが、編集デザインが素晴らしいのでなんだかいい感じになってます。

よろしかったら御笑覧くださいませ。

こういうモンゴル発の情報記事とかも実は好きなお仕事のひとつです。

ご感想などいただけたら、嬉しいです。

プチメかmongolhorizon☆gmail.com (☆印を@に変えてメールしてくださいまし)ペタしてね
AD