日米合同委員会は18日、米軍が受け持ってきた沖縄本島周辺空域の進入管制業務(嘉手納ラプコン)について、31日付で日本側に移管することで合意した。

 嘉手納ラプコンは、米空軍嘉手納飛行場を中心に半径約90キロ・高度約6キロ以下など、沖縄本島上空を覆う空域に進入する航空機に対する管制業務。72年の沖縄返還の際、空域に在日米軍が使用する那覇、嘉手納、普天間の各飛行場があることから、米軍が管制を担ってきた。

【関連ニュース】
日米密約:真相究明へ前進 報告書は西山さんの指摘追認
日米密約:非核の虚構 崩壊 歴代外相、弁明に終始
日米密約:横須賀市議会が非核三原則順守の意見書案可決
岡田外相:「時の政権が判断」 米国の核艦船立ち寄り要求
日米密約:守秘義務に違反せず 元外務省幹部証言

亀井氏、首相に追加経済対策を要請 「国民生活痛んでいる」(産経新聞)
東大男子「性体験無し45%」 この数字「思った通り」なのか(J-CASTニュース)
<義父暴力>重体の長男死亡 愛知・豊田(毎日新聞)
<連続保険金殺人>元看護師の死刑確定へ…被告側の上告棄却(毎日新聞)
完納率、4割強で過去最低=国民年金保険料-厚労省08年調査(時事通信)
AD