+950

テーマ:
ずいぶん久しぶりになってしまいました。

去年はわかりやすかったですけど、今年は読みにくいですねえ。
消費税が上がる4月以降のことを考えると、やっぱり下げてくるのかな。

けど、まだまだバブルでもないし、

去年の波に乗れなかった銘柄はそんなに下がらないのではと思いたいです。
ま、そういう銘柄に限って、下げムードのときだけすごく敏感に反応したりするんやけど。

去年、含み損を抱えていた銘柄をかなり整理したにもかかわらず、
現在の保有銘柄数は35銘柄と、あんまり減ってないような。
それでも、売りたいときに全然さばけないマイナー銘柄を減らして、
そこそこ出来高のある銘柄にシフトさせました。

含み益が結構蓄積してしまったので、思い切って売ってしまいたのですが、
配当利回りが高い銘柄が多いことや、
今年から税金で2割も持っていかれることを考えると、もう一歩踏み切れないです。

そんなこんなで本日の含み益率は+13.23%でした。

AD

+514万円

テーマ:

エスイーを半分(1000株)利確したので、含み益は前日より減少した。

東京オリンピック効果による活況も、2日目になって、ちょっと落ち着いてきたようだ。


それでも日経平均は+218円の1万4423円と、けっこう力強い。

ドル円は100.42円と、久々に100円を超えてきた

ユーロ円は133.21円。


本日の保有株の含み益率は+8.31%

AD

東京オリンピック関連なのか、そうでもないのか、いまいちあいまいだが

昨日にストップ高だったエスイー2000株のうち、半分の1000株を823円で売却した。


手数料を引いたあとの売却代金は82万2129円。

購入額が243円だったので、売却利益は53万9764円になった。

半分の1000株で十分すぎる利益が出た。

あとの1000株はよほどのことがない限り放置するつもり。



AD

+536万円

テーマ:

東京オリンピック効果で上昇。

けっこう株価に反映されました。

東京に決まったからよかったけど、これが他の都市だったらどうなっていたことやら。。。

この上昇ムードが長く続いてもらいたい。

オリンピックが来るまでまだ7年もあるけど、とりあえず春過ぎまで上昇ムードのままだったらいいな。


日経平均は先週末比+344円の1万4205円。

ドル円は99.58円、ユーロ円は131.89円。


本日の保有株の含み益率は+8.63%

先週末より130万円ほどアップした。

特にオリンピック関連といえるほどの銘柄はないのだけれど、

落橋防止装置などを手掛ける建設用資材メーカーのエスイー(JQ3423)が

ストップ高(+100円)で774円に上昇した。

+405万円

テーマ:

週末だし、こんなもんでは。

来週は、7年後のオリンピック開催地がどこになるかでかなり違ってきそう。

日曜朝には決まるらしい。


日経平均は-204円の1万3860円。

ドル円は99.66円、ユーロ円は130.83円。


保有株の含み益率は+6.53%

現在の保有株リスト

テーマ:

名称 保有数 購入価格 損益率
極洋 1000 242
日本水産 20000 181
三東工業社 20000 160 ✖✖
TTK 2000 459
シイエム・シイ 500 1976
フレンテ 100 2273
タウンニュース社 10000 235 ★★★★
コカ・コーラウエスト 100 1924
プラマテルズ 7000 322 ★★
エディオン 1000 518
カゴメ 100 997 ★★★★★★
デリカフーズ 2000 435 ★★★
サンマルクHD 100 3100 ★★★★
エスイー 2000 242 ★★★★★★
クレハ 11000 334
相模ゴム工業 17000 229 ★★
鶴弥 1000 459
SHINPO 3100 253
技研製作所 2000 423 ★★
富士電機 405 306 ★★
レシップHD 300 698 ★★
ニチリョク 30000 196
コロワイド 1000 594 ★★★★★★
シグマ光機 2000 717
スター精密 1900 675 ★★★★
キャノン 1500 3296
ピープル 3000 690 ✖✖
ソーダニッカ 2000 419
ケーヨー 1000 500
パルコ 100 647 ★★★★
大垣共立銀 20000 277
旭情報サ 3000 814
吉野家HD 100 1077
サガミチェーン 1000 553 ★★★★★★
日邦産業 14500 571
ハチバン 4000 314 ★★


損益率は+0~9%が、+10%以上は1つが+10%。

-0%~-9%は、-10%以下は1つが-10%。

(60%超はすべてまたは6つで表示)

3000株保有しているスター精密のうち、1100株を@983円で売却。

売却代金107万9200円。14万2000円の売却利益が出た。


日邦産業は指値@527円で200株だけ売れていた。

売却損は-7万9499円


シンポも指値268円で100株だけ売れていた。

売却損は-1819円



+454万円

テーマ:

実に半年ぶりの更新ということになってしまった。


この半年間は市場全体の好調ぶりのお蔭でずっと含み益を維持し続けることができた。

で、その間に利益確定したり、損切りしたりを繰り返してきたお蔭で、

ポートフォリオはかなり健全化することができた。


それでもまだ1銘柄で70万円以上の含み損を抱えている銘柄もあるわけだが、

かつてのように100万円以上の含み損を抱えている銘柄がいくつもあるという事態はなくなって、

精神的にはずいぶんと楽になった。


問題は来春以降だねえ。


本日の保有株は前日比4万3000円のマイナス

含み益率は+7.18%

金融緩和と消費税引き上げ

テーマ:

今朝、NHKのニュース解説で、

女性論説委員が消費税引き上げ問題について、

「安倍首相は引き上げについて、いろんな経済指標の結果を見てから決めたいとの意向を示している。上げるかどうかは首相の決断次第」と言っていた。

そもそも現在進行中の経済政策は、異次元の金融緩和などの経済刺激策を打って、先に景気を回復させてから消費税を引き上げるというストーリーのもとに成り立っている。消費税引き上げ後の経済ダメージを少なくするために先回りして経済を刺激しているのだから、前提となる消費税引き上げを先送りするなんてことはありえない話だ。

なのにテレビ電波を使って一般向けにこうした解説をもっともらしく流すということは、世間一般に消費税率引き上げ先送りへの期待がかなりあるということなのだろうか。


というようなことを思っていたら、

今日午後、黒田日銀総裁が金融政策決定会合後の会見で、消費税引き上げの延期について、

「やると決めたことを予定通りやらないとなると、今後やると決めることについても市場から信頼されなくなってしまう」と、先送りへのリスクの大きさを強調していた。

今、為替は99円台にまで円安にもどしているし、株価も14000円台に回復している。これが消費税先送りへの期待をいくらかでも反映したものであるなら、来春の消費税増税が確定された時点で今の為替と株価の水準はあっけなく崩れてしまうことになる。今はさらに東京オリンピック期待ということも加味されているかもしれないが、これこそ内定するかどうかはまったくの不確定要素なので、外れた場合はマイナス影響がそれなりに表れることになる。

ん~、それやったらやで、日経平均が14000円台近辺にある今のうちに、手持ちの株をそこそこ売っといたほうがええんちゃうか、てゆうことか。ほんまは出来高の少ない日邦産業とか三東工業社とかを売り払ってまいたいとこやけど、売却損とか、まとめ売りの難しさとかを考えたら、このへんはちょっとずつ売っていくしかないんやろねえ。

で、今後の計画。

配当が2.5%以上で、売りたいときに売れて、業種的にも安心できる企業を中心に顔ぶれを整える。そのうちどーんと下げることもあるだろうから、そういうときに必要な顔ぶれを拾えるように準備しておくのだ。


+357万円

テーマ:

日経平均の上昇ぶりがすごい割に

保有株の含み益の増え方は、

どうもいまいち地味な感じのままなのだが、

それでも300万円超の水準まではきた。


名鉄がじわじわじわじわと上がり続け、

なんだかんだいいながら300円を超えてきた。

「もし300円を超えてきたら売りかな~」と漠然と考えていたのだが、

上昇エネルギーは予想以上にすごい。


現時点で含み損45万円かあ。

2万株も残しているので計100万超の売却損は覚悟していたことから考えると、

今の水準でも十分といえば十分なのだが、

どう考えてもまだまだ上げ続けるだろうから

いっそ買値の330円まで待つべきか。

それとも、やはり欲張り過ぎずに買値のちょっと前ぐらいでいさぎよく売るべきか。


上がり始めれば、それはそれで悩みはつきないのであった。


現時点での含み損益率は+5.58%

ドルは95.85円。ユーロは125.43円。