• 20 Oct
    • 2013 10/20 相模湾 長井沖のカワハギ釣り

      海況波高3m   気温15℃   大潮   風速10m以上   水深10~20m釣り座 右舷ミヨシ (総勢約10名)釣果  12枚 (頭28枚)ロッド 極鋭カワハギ・レッドチューン・レンジ   リール エアド・レッドチューン100Rライン ハイパーメガセンサー1号   リーダー シーガー・グランドマックスFX5号ロッド 極鋭カワハギ・レッドチューン   リール エアド・レッドチューン100Rライン ハイパーメガセンサー0,8号   リーダー シーガー・グランドマックスFX5号仕掛け 幹糸4号 スピードサルカン×3   ワンタッチシンカー1、5号&2号フック ダイワ パワーワイドフック4&4、5号 パワースピード7,5号 7号 (6cm&7cm)オモリ 25号&30号   エサ 冷凍アサリ   添加剤 マルキューカワハギ職人考察伊豆大島に甚大な被害をもたらした台風26号が去ったと思ったら、またしても大型台風出現。すでに影響が出ているようで、今日の長井漆山港は朝から雨風共にかなり激しい。昨日仕事だったので、今日しか釣行できなかったのが恨めしい。本当はタチウオに行きたかったのだが、人数が揃わず休船・・と、いうよりもこの状況じゃ、そもそも出られなかっただろう。北風に強い長井に最後の望みを懸けて、今シーズン初のカワハギへ。1時間半前に到着、この時点でトモ側4つが埋まっていたので、右舷ミヨシをゲット。10名で定刻に出港、普段5分で第一投なのだが、風雨が凄まじく停めるのに15分程掛かり、15mダチでやっと投入合図。 着底後、まずはゼロテンで様子見。いきなり「カン、カン、」と、それらしいアタリ、すかさずアワセると無事フッキング。ヒキも本命には違い無いが、弱々しく軽い・・ 案の定、ワッペンという程ではないが、手の平サイズ。この時はまさか、これが本日最大になるとは思いもしなかった・・二投目もうまくアタリを捕らえられ、連続ゲットに成功するもサイズダウン。次もバッチリ掛けられ三連チャン、さらにサイズダウン、正真正銘のワッペン君。まぁ、そのうち良型も出るだろう、と、気にならなかったし、スタートから三連チャンは気持ちいい。しかも、三枚とも残り二つの針にエサが残った状態だったので満足度も高い。昨日名手KZさんが81枚という数を出しているし、なんと言ってもスソでも23枚という事で、今日もどこまでいくのかと期待値はマックスに高まったが、次の四投目から風が勢いを増し、ロッドに雨と波飛沫か叩きつけられ、手感度が著しく低下、穂先は暴れ出し目感度も損なわれ・・全くアタリを察知できなくなってしまい、ツンツルテンのオンパレード。スピードからワイドフック、マルチ、またスピードにそれらのミックス、ハリスも長短いろいろとやってはみたものの、全く打開の糸口すら見出せず。この釣りをやり込んでいない自分では、引き出しが少な過ぎて当然と言えば当然だ。風はどんどん強まり、大きなウネリまで出て来てしまってはお手上げ状態。今日もミヨシなんぞに座ってしまったのが運のツキ・・ 凄まじい上下動には久々に恐怖すら覚えた。顔に当たる雨が痛いと感じるほどに海況が悪化してきた11時40分、「すいません、これで上がらせてもらいます」と、無念の早上がり。最終盤に一番上のウエイトサルカンの上に、1、5号のシンカーを打ってタタキタルマセ、これでやっとアタリが出せて掛けられていたので、もう少しやりたかったが仕方ない。12枚で終了、全て手のひら以下のサイズで、なんとキープはゼロ、初めてだ。ワッペンが多いという事は今後の事を考えると、良い事だろうが、今はちょっと、ツライな。日によってサイズが違うと言うから、次回は良型が揃ったりするのかも分からないが、「今は」まだまだタチウオを追求したいので、次は少し先になるかな。船宿   長井   MZ丸   SN船長

      テーマ:
  • 12 Oct
    • 2013 10/12 東京湾 観音崎沖のタチウオ釣り

      海況波高4m   気温28℃   小潮   風速10m   水深72m~85m釣り座   右舷ミヨシ (総勢8名)釣果   16本 (頭16本)ロッド 極鋭ギア Fスペック 210   リール シーボーグ300 MJライン ハイパーメガセンサー1、2号   リーダー シーガー・グランドマックスFX10号仕掛け チドリテンビン腕長25cm   オモリ スカリー60&80号 (鉛・黒)Dフロン船ハリス7号 3m&2m 1本針   フック がまかつ ケン付きタチウオ 2/0 赤YAMASHITA ケン付きタチウオ針 2/0   エサ 船宿支給 生サバ&塩漬け冷凍サンマ切身考察二週ほど釣行出来ず、満を持しての出撃は、やはりタチウオ。昨日からの南西強風は全く治まっておらず、かなり強く吹き荒れている。じきに北寄りの風に変わり、治まって来る、と、いう予報を信じて8名で出港。飛沫を避けるためキャビンに潜り込みしばし ZZZ・・・ の、はずだったが、ドッタンバッタンと凄まじく揺れるので、寝ていられる状況では無かった。いつもの観音崎沖に到着、船団もいつも通り。 そこから停めるのにかなり時間が掛っていたので、些か不安になったが船団は動いていないし、魚はいるはずだと信じる。10分近く探索後、やっと停止、75mダチで開始の合図。海況はこの時点で波高2m、風速8m、と、いった感じで条件は悪い。二流し目に指2、5本の小型ゲット。 来れば型は良いと聞いていたので複雑な心境だ。その後は指3本のアベレージサイズや、時おり4本サイズ等々、ポツポツと追加。立っているのはかなり困難で、特に自分のミヨシはしっかり摑まっていないと座ってもいられないほどの高ウネリで、繊細な誘いなどは難しい。呼吸が苦しくなるほどの強風になり、治まるどころか益々悪化する海況に、リタイア者も。11時を過ぎた辺りから船中ノーヒットの時間が続く。Kっちゃん船長もこの状態では思うように探索など出来るはず無いよな。それでも懸命に流し変えてくれ、昼過ぎにようやくアタリ復活。自分は連チャンなどもあり、一気にツ抜け、一安心。特に13本目は掛けた瞬間から「エクスタシー!」 ・・中々の重量感と引き。抜き上げを一瞬ためらうほどだったが、無事船内に入ってくれたのは指5本の良型。ウネリも強風も増す一方で、最後まで最悪のコンディションの中での釣りになってしまったが、時間一杯近くまで出来たし、そこそこ釣れたし、良しとしよう。終盤アタっても船が「グワー」っと、持ちあがってしまいフッキングに持ち込めず、と、いった場面が続出し、消化不良の感は否めないのだが・・連チャンリベンジ・・ 考えてしまう。船宿   川崎   NY丸   KY船長

      テーマ:

プロフィール

赤いアンバサダー

性別:
男性
血液型:
AB型
お住まいの地域:
神奈川県

読者になる

AD

カレンダー

1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。