ロッド修理&カワハギ仕掛け新造

テーマ:

前々回の釣行にてポキンと折れてしまった極鋭カワハギRT(初代)のメタルトップ。

どうしたものかと思案した結果、取り敢えず修復にトライしてみる事に。


トップガイドに刺さったままになっているメタルトップの残骸、抜くのは無理かと思ったが、

ライターで炙ってペンチで引き抜いてみると、意外にも簡単に外れた。

こいつはラッキーとすぐにトップガイドを本体の穂先にあてがってみたが、

折れた断面が潰れて若干広がっており、入らない。

仕方無しにほんの少し切り落とし、再度チャレンジしてみると、上手く入った。


かなりキツキツなのでこれは接着不要だと思い、そのまま糸を巻いて、

アロンアルファで固め完成、しかしこれはやはり間違いだった。


前回の釣行で根掛かりを外すためにロッドをあおった所、再度外れてしまった。

折れたのではなく外れただけだったのが不幸中の幸いだったが、

大失敗、やはり横着してはいけませんな。


今度こそはとエポキシ系接着剤を付けて差し込み、糸を巻いてアロンアルファ。

何となく赤にも飽きたので巻き糸を黄色に変えてみた。



過去に渓流釣りの目印で色々試した結果、赤と黄色がどんな水面状況下でも見やすかった。

対して反射光と同化して全く見えなくなってしまうのが白だ。

白い穂先のロッドは結構多いし、自分も先鋭剣崎ARを持っていて、

実釣で不都合を感じた事はないが、単純に好みではないので敢えて白は選ばない。


愛着もあるし、こんな感じで直しながら使い続けるのも良いが、

新しいのが欲しくなってきたというのが本音だ。

まだ店頭に並んでいないので手にとって見ていないが、EX ZEROは良さそうだ。

実売価格67.000円ほどらしいが、安くはないな・・


前回は久々に根掛かり5回やらかし、オモリと仕掛けを5個失ってしまったので補填。



永らく寸法や使用パーツは不動だったが、前々回から少し仕様を変更。

スピードサルカンに別れを告げ、ウエイトフックビーズを採用。

これまでもサブでは使用してきたが、今後はこれがメインになる。

スピードサルカンは今でも好きだが、いかんせんスペックが・・

ハリス止め部分がポキンと折れる事度々、もう限界だ、今までありがとう。


なんでもこのダイワのウエイトフックビーズはケイムラ加工してあるそうだが、

そんなところは自分にはどうでもよく、耐久性とハリス保持力が全て。


そしてハリスを差し込む穴が大きいのも老眼の中年には嬉しいところ。

加えてシンカーを打つ事を嫌う自分には、この微かなウエイトが丁度良い。


寸法も少し変えて、従来の上から30cm・15cm・15cm・15cm(捨て糸含む)から、

15cm・15cm・15cm・15cm(捨て糸含む)に変更。


下の15cmは通常ありえないと思うが、これは超荒根の長井沖特殊仕様である。

上の30cmを半分に詰めたのは、自分の生命線である微細なアタリ察知、

こちらから「掛ける釣り」、それに最も必要な感度UPに繋がればとの事で変更。


それにしてもカワハギの仕掛けは作成が容易くてありがたい。

寸法を測ってマジックで印を付けてビーズを通し、八の字結びで結ぶだけ。

ビーズの際に結び目を持っていくのには若干のコツが要るが、

爪楊枝一本で事足りてしまうのだから簡単だ。


台風で海はかき回され、今後も雨水の流入があり、状況が変わるだろう。

丁度週末くらいに海も落ち着いてカワハギに良い具合の澄み潮に・・

なんて上手くいけば最高なのだが、どうなる事やら。

まぁ、良かろうが悪かろうがキチ○イのやる事は変わらない、参戦あるのみだ。
AD

2016 8/20 相模湾 長井沖のカワハギ釣り

テーマ:

海況

波高1m   気温29℃    中潮    風速4m    水深4~18m

釣り座  右舷ミヨシ(総勢5名)


釣果20枚 (頭20枚) 


ロッド  極鋭カワハギ・レッドチューン (初代)

リール  エアド・レッドチューン100R

ライン DONPEPE8  0.8号

リーダー  シーガー・FXR船4号

仕掛け 幹糸3号・捨て糸2.5号  ウエイトフックビーズ×3    フックビーズ×3

フック がまかつ  速攻  4.5号(ハリス3号・6cm)   

ダイワ  パワースピード7.5&7号(ハリス7&6cm)

パワーワイドフック4.5号&2.5号(ハリス6&7cm)


オモリ 25号    エサ  冷凍アサリ


考察

台風だの温帯低気圧だのが複雑に発生していて、とても良い状況とは言えないが、

そんな事でキチ○イは止められない、苦戦、苦闘は覚悟の上でいつも通りに長井へ。


なんと珍しく平日の昨日「神」の降臨があって、当然の事ながらトップ釣果を出して行かれた。

チームステファーノのIプロさん達もおられた様だが、やはりこのフィールドを知り尽くしたKZさんの敵では無かったようだ。


もしこの人がDKOに参戦したら・・間違いなくセンセーショナルな事になると思うが、

なにせ釣った数も自分では数えようともしないほどに無欲な御方ゆえに、殆どその可能性は無い。

それではHP記載の数は?というと、そこは自分の様な「小市民」や船長がしっかりと数えているのであります。



【泰然自若としている「神」の代わりに釣果をせっせと数える凡人の図  7/23 スルメ釣り】


本日は御一緒出来なくて残念だが、KZさんがやっても25枚とは、状況はかなり悪い。

カワハギ船を開始してから2シーズンほど続いた束超え連発の爆発を体験している人々は、

最近の釣果を見て長井へ行く気にならなくなってしまった様だ。

確かに他と変わらないのであれば、こんなガリガリの荒根に好き好んで来る事もないだろう。


船長が少しでも平場を流そうものなら、「こんなの長井の釣りじゃない!」等と

悪態を付いてしまうイカれたマニアはKZさんと自分ぐらいであろうからな。


予報通り雨が降って来る中で準備を整える。

先週に引き続き常連のMYさんがいるので楽しくなりそうだ。

無論前回頂いたタコのお礼を申し上げたのは言うまでもない。


定刻前に出港、現在は雨は止んでいる。



いつも通り航程3分、長井真沖でスタート。

これもいつも通り、朝一は活性低く音沙汰無し。


次の流しで初物ゲット、20cmオーバーの長井サイズに一安心。

そこから良いペースで4連荘、スタートダッシュ成功。


だが相変わらずアタリは極小で難易度は高い。

ベラやキタマクラにエソも多く、これらを上手くかわさないと本命には辿り付けない。

先シーズン鍛え抜いた「アタリの見極め」が威力を発揮、序盤戦でツ抜け成功。


これはいい感じだと期待は高まったが、そうは上手くいかない。

濁った潮が押し出して来てしまい、一気にペースダウン。

潮の流れも激流になってしまい、空振りの流しも増えてくる。


自分の釣り座は完全に潮下になり、フレッシュなカワハギにコンタクトできない。

ただでさえ小さいアタリがさらに小さくなり、難易度はMAXに。


ゲストのアタリさえも遠のき、移動に次ぐ移動の最中、アクシデント発生。

自分の右舷トモ2番の人がロッドを海に落としてしまう。


自分は瞬時に仕掛けを回収し、トモ側に移動して落とした付近に投入、回収を試みるも不発。

船長も引っ掛けようと操舵室から投入したが、これも不発。


なにせ潮が速く、あっと言う間に船が流されてしまいどうにもならない。

それでも船長は二度三度と回り直してトライしてくれるも、やはりダメだった。


しばらくして操舵室から出て自分の所にやって来た船長、言わなくても解ってるって。

「Yさん、悪いけど・・」「はいよ、今リール付けるね」と、レンジにリールをセット。


ロッドロストの人へ使ってくださいと差し出す。

左巻きのアングラーだったので、右巻きですがOK?と尋ねると大丈夫との事。


無事に釣り再開、シブい状況は相変わらず。

しばらくやってまた先ほどのポイントへ舞い戻った船長は投入合図を出さず、

操舵室から再度竿を出し回収を試みる。


意地になっているのかなんなのか、実に10分以上やっている。

その間自分達は何もできず、待ちぼうけ・・ 2、3枚損したかも?


ようやく諦めた船長、やっと釣り再開。

我慢の時間帯が続いたが、終盤に差し掛かった頃にようやく良い感じの流しが。


何枚か追加した後で、ひと際小さいアタリを逃さずアワセると、ガガガガガガ!と強烈なヒキ。

あまりの激しさに巻き上げをストップしてロッドワークでヒキをいなす。


気持ち良すぎるデカハギのヒキを堪能しまくりつつゲットしたのは自己記録更新の29cm。



これですよこれ、水深8mでこのサイズ、これが長井沖の最大の魅力なんです!

ワッペンの殆どいない今は、太軸のフックをお勧めします。


その後は盛り上がる事はなくポツポツ、終了間際になんとか20枚到達。

先週と全く同じ数でフィニッシュ、上出来上出来、満足です。


持ち帰ったカワハギをさばいてみると、まだ抱卵しているメスがいた。

産卵が完全に終わった後に、状況が上向いてくれたら良いのだが。

まぁ良かろうが悪かろうが自分のようなキチ○イは毎週行く事に変わりはないけど。



船宿 長井 MZ丸 YS船長
AD

速攻ゲット

テーマ:

まだ全域で開幕ではないせいか、店頭へのカワハギグッズの品揃えは今一つ薄い。

自分の使用するフック、メインのがまかつ速攻は全く無く、サブのダイワ・パワーワイドフックも無い。

PWHはまだまだストックがあるのだが、速攻は皆無ときて強行策に。


通販でなんとか見付けてまとめて10個ゲット成功。



速攻4.5号、ハリス3号6cm

ターゲットは中型以上、ワッペンも根こそぎ釣って数を稼ぐ事を考えていない自分はこのサイズか4号がベスト。

刺さりの良さ等々、利点は様々あるが、何より絶対に折られないという精神的アドバンテージを持てるのが大きい。

形状は最高に気に入り使い始めたワイドフックだが、いかんせん弱すぎた。

ノーマルのワイドフックは論外、PWHでさえも何度も折られ途方に暮れていた自分にとってまさに救世主となった速攻。

いまだに折られたことは1度も無いので、安心してカワハギのヒキを楽しみつつ巻き上げられる。

新品の状態での刺さりの良さは僅かにダイワの方が勝っていると思うが、

何枚釣ってもその鋭利さが持続する所はがまかつの圧勝であると感じる。

これで簡単に入手出来れば言うこと無いんだがな。


そしてアサリを締める液体添加剤のマルキュー・カワハギ職人も全く置いてないのには困った。

仕方なくダイワのアミノシュリンクを代わりに購入したが、どうもこの赤い色が好きになれない。

浸けてササッとかき回してすぐに取り出さないとアサリが赤く染まってしまい、大変なことになる。

締めるというよりも、ヌメリを取るだけと考えて使用する事にする。

明日も参戦予定だが、どうも気候も魚も状況は良くないようだ。

まぁこれも経験、潔く討ち死にしてくるか。
AD

2016 8/11 相模湾 長井沖のカワハギ釣り

テーマ:

海況

波高1m   気温29℃    小潮    風速3m    水深7~20m

釣り座  右舷ミヨシ(総勢6名)


釣果20枚 (頭20枚)


ロッド  極鋭カワハギ・レッドチューン (初代)     極鋭カワハギ・レッドチューン・レンジ

リール  エアド・レッドチューン100R×2

ライン DONPEPE8  0.8号

リーダー  シーガー・FXR船4号

仕掛け 幹糸3号・捨て糸2.5号  スピードサルカン×3    ウエイトフックビーズ×3

フック がまかつ  速攻  4.5号(ハリス3号・6cm)  

ダイワ  パワースピード7.5&7号(ハリス7&6cm)

パワーワイドフック4.5号&2.5号(ハリス6&7cm)


オモリ 25号    エサ  冷凍アサリ


考察

今期のカワハギ釣り開幕、参戦すべく長井へ。

自分も含め今日から夏休みの人が多いのと、何より人気のカワハギとあって、

満員御礼確実とみて早くから予約を入れたのだが、意外や意外、総勢6名のみ。


しかも再会を楽しみにしていたDKO4連覇のチャンプか○ごんさんも参戦取りやめ。

なんでも剣崎松輪のKY丸の船長が急逝されたとの事で、

昵懇の間柄のか○ごんさんは釣りどころではないらしい。

亡くなられたK船長はまだ40代らしい・・ 面識はありませんが釣りキチの端くれとして、

心よりご冥福をお祈りいたします。


我らがMZ丸の大船長が逝ってから今日で丁度一月。

まだ立ち直れていない大女将を励ましはするも、本当は自分も同じ気持ちだ。

大船長もあんなに楽しみにしていたカワハギが始まるというのに・・

人前で涙を見せられない「男」であることが今日ほど辛いと思ったことはない。


こっそりと大船長の遺影のあるご自宅へ向かって手を合わせ船へ。

か○ごんさんもKZさんもいないが、超常連のMYさんがいるので楽しくなりそうだ。


まだ冷凍アサリが融け切らないうちに出港、些か焦りながらフックをセットし餌付け。



今のところ曇り空で涼しく、最高の心地よさである。



あの岬の向こうは大船長の最も得意としていたカワハギのポイント。

ここをやらせたら間違いなく日本一、いや、世界一だった。


いつも通り3分でスローダウン、長井沖ならぬ港前で開始の合図。

開幕第1投と意気込んだがここは全員不発、ゲストのみで移動。


2投目、真後ろで今季初物が出る、20cmオーバーの良いサイズだ。

今期第1号とあって船長が写真を撮っていると、自分にもアタリ到来。

8か月ぶりの「・・ジ・・」を取り、アワセ掛けると軽いが本命のヒキ。

15cmほどの小型ゲット、長井沖の初期にしてはかなり小さく、

「このサイズばっかりなの?」と、危機感は急上昇したが、後に杞憂であったと悟る。


その後いい感じで3連荘、徐々にサイズも上がり、いつもの初期長井サイズに。

そして次は本当に微細な「・・ジ・・」と、微かに震える穂先を見て間髪入れずにアワセると、

ロッドのリフトを止められ底に張り付くかのような重量感、すぐに「ガガガガ」と強烈なヒキ。

これですよこれ!これが味わいたかったんだとエクスタシーを満喫しつつ良型ゲット。


本日自分の最大25cm、しっかりと肝も入っている分厚い魚体だ。



その後もポツポツ、沈黙、時に連発などといった感じでそこそこの喰いである。

しかしきょうは自分が経験した中では最高と言ってもいいほどにキタマクラが多い。

仕掛けを上げるとフックが3つ綺麗に噛み切られている事が多発。

これには参ってしまったし、かなりの時間をロスした。


それでもなんとか17枚まで漕ぎ着け、目標の20枚はもらった!と思った矢先に、

信じられないアクシデント、普通にベラを掛け、上げて取り込んだ瞬間、

「パキッ」と、なにやら嫌なサウンドが・・なんと穂先が折れている。


メタルトップだぞ?なんで折れるんだ? まして巻き込んだわけでも何でもない。

唖然呆然としていると確か以前ダイワのSMさんが「メタルも金属疲労で折れるよ」と、

言っていたのを思い出した・・しかしまたよりによってこんな時に。



試しにトップガイド無しで1回やってみたが、やはりダメだ、どうにもやりづらい。

すぐにレンジにチェンジ、昨シーズン使い込んだゆえにこいつでボトムを釣るのにも、

全く違和感はないのだが、今日に限ってはどうもこの硬さが災いしてしまったようだ。


自分の釣り方のせいか今日は「カンカンカン」と穂先を叩くような明確なアタリは殆どなく、

「クッ」と抑え込むようなモタレや「フルフルフル・・」と微かに穂先が震える程度ばかり。

ここで少しでもアワセ遅れると違和感を感じたカワハギが餌を離してしまうようで、

2555の最硬ロッドレンジは今日は合ってなかった気がする。


ここから大失速、終了まで集中しきってやれたのだが、3枚を追加するのがやっと。

長井沖開幕戦の釣果はジャスト20枚で終了、まぁ自分としては結構満足である。


こんな良型ばかり、10mたらずの浅場で掛けたカワハギはヒキも強烈!

しかも海面で横っ走りして超スリリング、相変わらずの楽しさを堪能させてもらった。



途中でなんと持参のテンヤを投入、極鋭カワハギでタコ釣りを始めたMYさん、

あっという間に3杯のマダコをゲットしてのける。

いいなぁ~と羨望の眼差しで見ていたら「はいよ!」と、自分のバケツにIN。

「え~!良いんですか?」と、ビックリ仰天していると、

「今年は凄いいるよタコ、やればいくらでも釣れそうだよ」との事。

本気で今度1日タコ専門にやってみたいと思ったのは言うまでもない。


帰宅後早速塩もみ、ヌメリを落とし深鍋に湯を沸かし玄米茶のティーバッグを入れる。

通常は番茶だが自分はほうじ茶や玄米茶の香りが好きで、それらを用いる。



よし!赤の色合いといい、綺麗に内巻きできた足といい上出来だ。

経験者なら分かるであろうが、スーパーで売っている輸入物とは味に天と地の差がある。

一言で言えば「味が濃厚」もう旨味が別次元、今日も飲みすぎ間違いなし。


しかし困ったな、しばらくはレンジでやるか、やはりNEWロッドを購入するか。

どうも今年の新作ZEROがとても良いらしいし、自分の釣りにも合っていそうだ。

しかし定価¥78.000・・ ちょっと高すぎるな。

でもどうしても必要な物だし、いずれは入手しないといけないし・・まぁなるようになるだろう。

とにかく今期も長井沖のカワハギ、間違いなく楽しませてもらえそうだ。



船宿 長井 MZ丸 YS船長

VS スルメイカ用仕掛け新造

テーマ:

前回の釣行でMy規定使用回数の3回目を迎えたので、ツノ15本と幹糸も全廃棄。

(大船長、あなたの教えは金言として我が内に刻んであり、忠実に守っております)

新たに作成するにあたって、今回は初めてダイワのMDスティックミラーをチョイス。


14cm×20本、濃いブルー、薄いブルー、ケイムラ、中間の目印にピンク、

上から5本ずつ順にフロロ12号、10号、8号、6号で接続のテーパード仕様。

枝間は1ヒロ(1.7m)、全長34m。

ようするにいつも通り、ツノの本数と種類以外は全く変わりなし。



今現在は出される指示ダナの幅が広く、時には50mにも及ぶ事があり、

もっと長くても良いが、これ以上だと回収に時間が掛かりすぎ、

船長と他のアングラーを待たせてしまう事になるので、この位が現実的だ。

もっとも自分が18本回収するよりKZさんが25本を回収する方が早いように、

技量には個人差があるのでその辺はケースバイケースで。


今の特徴的な事として日ごとに、場所ごとに群れの種類が違うのが挙げられる。

一例として長井沖はニセイカ、城ヶ島沖はビール瓶、洲ノ崎沖はムギ、

或いは城ヶ島沖でビール瓶とムギがごちゃ混ぜで多点掛けになったりと、

やってみるまでサイズが読めないところが厄介だ。


従来ならば夏イカ=デカいときて無条件で18cmヅノをチョイスしているところだが、

そんな状況下なので今は自然に14cmを選ばざるを得ない。

やはり大きな18cmの方が裁きやすいのだが、そうも言ってはいられない。


最近でこそケイムラを加え3色になったが、元来濃いブルーと薄いブルーの2色のみ、

目印のピンクや糸巻きも入れない事もざらにあった自分は、よく奇異な目で見られ、

時に直接尋ねられるが、いつも「これが無難だから」と、KZさんの言葉を借りて答えている。


そうなんだ、で終わる人はそれきりだが、「それはどういう意味?」と、

追及してくる人だけに、実は深い意味もあると答えるようにしている。


しかし前者にも決して隠しているわけではなく、嘘をついているわけでもなく、

最大公約数的な答えではあるが、紛れもなく真実であり真理である。


因みに無難というのは一般的にはほぼ及第点といった意味合いで用いられると思う。

だが自分にとっては読んで字のごとし「難が無い」=常に100点満点という意味だ。


この先の事は実は単純なのだが、書くとなるとかなり長くなるのでここでは割愛。

自分自身の再確認のためにもなるし、別の機会に記そうかと思う。


カワハギが始まるので、もしかしたら今回新造の仕掛けを実戦投入するのは、

かなり先になるかもしれないが、その時を楽しみにしていよう。