愛媛県松山市のお部屋探しと賃貸不動産会社の日常を語る日々。(脱線多発注意)

愛媛県松山市の不動産会社に勤める大野と申します。マンション、アパート、一戸建て、テナント、駐車場の賃貸仲介や管理業務をしています。お部屋の探し方や不動産の仕事、賢い生活の仕方や契約について真面目に綴るつもりが脱線もしばしば。やたらに倒置法の多いブログです。


テーマ:

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
会社情報や店舗情報はコチラダウン
賃貸仲介、売買仲介、賃貸管理、テナント、事務所、店舗、
駐車場、空き家管理、土地活用、不動産会社、NYホーム

物件情報の検索はコチラダウン
エイブルネットワーク松山久米店南久米、城東、東温市
鷹ノ子、福音寺、桑原、フジグラン重信、ガンセンター

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇




いや~、

繁忙期も佳境を迎えようとしております。

同業者の皆さま!お昼ご飯ちゃんと食べてますか?

お昼にしよう!と、カップラーメンにお湯を注いでフタをした瞬間に
新規のお客様が来店する確率30%です(当社比)
休む時はしっかり休み、またやる時はしっかりやる。
メリハリつけて臨みましょう、繁忙期(繁盛記とも言います)

そして、お部屋を探している方々へ、
この時期の不動産スタッフは見た目以上に余裕がありません。

頭の中で常に、

・物件の空きの状況
・見学する物件の場所
・駐車場の場所、番号
・ゴミ出し場所?駐輪場?学校区?
・鍵はどうなっているのか
・時間がどれくらいかかるのか
・次のアポは?
・いつ入居可能なのか?
・ネット環境は?
・申し込み書の書式は?
・必要書類はなに?
・初期費用はどうなっているか?

・さっきお湯を注いだカップラーメンは・・・(さっきの30%の場合)

などなど気にしながらの接客になっています。

それぐらい、数時間また数分で物件の空室状況が変化しますし
最近の契約形態が多様化しています。


案内から帰って申し込み手続きが終わり
ホッと一息ついて何気に休憩室に行ってみたら
ハッと思い出して見てみたカップラーメン。



「これってもう うどんやん!」
って言う確率20%(当社比)

あとの20%の人は

「これってもう きしめんやん!」
って言います。(これは嘘)

そんな時期がまさに今なのです。



それでもね、ネットの中にある情報よりは
やはり生の店舗にある情報の方が良いです。

例えが伝わりにくいかもですが

「老舗のこだわりの味をそのままネット宅配でご家庭にお届け」
よりも

「その老舗のこだわりのお店の中でしっぽり楽しんだ方が良い」
という事です。


さきほど、契約形態が多様化していると言いました。
それ以外にも物件情報そのものも
パッと見た目だけでは分かりにくくなっていると思います。

家賃、共益費、駐車場、敷金くらいならネットで十分伝わりますが
最近の賃貸状況はそう簡単ではありません。

スマホ(スマフォ?)やアイホン(アイフォン?、またはアイフォーン?)
の契約や機種の詳細だってそうでしょ?

この機種でこの契約にしておけば月々の金額が抑えられるけれど
契約期間に縛りがあってとか、月々のギガが抑えられているとか
家族で入るとこのギガを別の家族のギガに置き換えられるとか
また、家族でD社の携帯使っているとN社のネットがお得になるとか
契約期間の縛りが嫌なら月々一定料金払えばそれが解除されるとか
説明聞かないとどれがお得なのか、どのような選択肢があるのか
よく分からないような事になっています。

ようは仕組みが複雑すぎるのです。一般常識を逸脱しているのです。

不動産業界だって似たようなところがあります。
常に賃貸業界にいる人間だって変わりゆく情勢に翻弄されるくらいです。

例を出します。
さきほど、家賃、共益費とかなら分かりやすいと書きました。

お部屋を探す方たちからは
「家賃が○万円以内」とか「駐車場含めて○万を千円でも超えたら無理」
などの会話が日常飛び交います。
これは本来とっても正しい感覚です。

予算を超えてしまうのであれば、いくらキレイでも新しくても
無理をしすぎない方が絶対良いのです。
ランニング(月々の固定額)は低く抑えられるに越したことはありません。

スーツや洋服、着物であれば、まず高いものから進めるのでしょうが
月々掛かることが分かっている家賃であればそうはいきません。

ちなみに不動産業者の報酬は家賃で決まりますから
本当であれば家賃は高額であれば高額な方が良いんですけど
ま、でもだからと言って家賃が少しでも高くなるような接客はしません。

ただ、この家賃。
固定額だから、毎月の事だからとシビアに考えるのは良いとして

月々にかかってくるその他の必要経費のことは考えていますか?、
あるいは契約時や契約条件にかかる費用の事も考えていますか?
それらを家賃と同じくらいにこだわって考えていますか?

これも一例を出します。

プロパンガスよりは都市ガスの方がガス料金が安くなって
さらにオール電化だともう少し光熱費が抑えられる。
さらに電力の自由化もこれに加わろうとしている。

月々に支払う水道料金は、上下水道料金なのか
あるいは上水道料金のみなのか(これは地域にもよりますが)

町内会費はどうなっているのか?CATVなどの料金は?
さらに、さらにネット環境ってどうなっている?

インターネットも今や多様化どころの騒ぎではないので
僕も迂闊なことは言えないのですが
マンションタイプが入っているかファミリータイプか
ネット無料がもうすでに家賃や共益費に入っているのか?
によって家賃の数千円くらいの差って簡単に逆転します。



家賃30,000円でプロパンガス、ネット環境無しの物件と
家賃35,000円で都市ガス、ネット無料の物件ならば

「実生活の中では35,000円の物件の方が安かった」
という逆転現象が起こり得るのです。

さらに35,000円の物件のエアコンが新しくて
30,000円の物件のエアコンが年代物であれば
電気代だって差が出てきます。



ね、物件探しって難しいでしょ?

そんな上に

保証会社は?
更新の有無は?
短期解約の違約金は?
礼金は?
退去時の清掃費は?
キャンペーンなにかやってないの?

などのその他の費用がかかわってくると
単純な家賃が高い安いだけの物差しで物件は図れないのです。



結果、やっぱり店頭にてお話をしていくしか
この溝を埋めていくことはできない、と現状では言うしかありません。

ネットは確かに便利で早くて手軽で良いです。
大いに利用していいし僕たちも活用していきます。
今後はさらに進化して将来的には店舗のスタッフなんて
契約時に重要事項説明だけして責任だけ負えばいいのだ
という時代になるのかもしれません。

しっかし、最後はやはり人なんだと。
僕はそう言い続けたいとそう思っています。

そしてね、どうか皆さま。
うどんかきしめんか分かんなくなるようなカップラーメンを
僕たちにこれからも食べさせてくださいと、
それだけの仕事はしますからと、
なんの主張か分からないけれど訴えたいと思います。

これがもしも101回目のプロポーズの武田鉄矢さんだったら、
ガードレールを颯爽と飛び越えてダンプカーの前に飛び出して
薫さん(浅野温子さんね)に向き直り涙ながらに訴えかけるくらいの勢いで
(今日はまだ1回目の倒置法)





ゴ、ゴホン!

(時間なくてカップ麺を勢いよく食べすぎてしまい咽ながらの咳払い)





本当はね、今日は

ブログもLINEもfacebookもInstagramもいいけどさ。
SNSってさ、サプリメントなんだと思う
生活の中で栄養補助食品の役割なんだよ。
主食にしてはいけないし、主食にはなれない。
しかし確実に必要なものであることに疑いの余地はない。

日々の食生活の中で不足しがちな栄養素。
または自然に体内で生成出来ないような栄養素。
それを外部から取り入れて目指せ健康!
これがサプリメントの本来の役割。

ネットやSNSもそうやって上手につきあっていけばとっても良いもの。
コミュニケーションツールとして日頃のコミュニケーションを補完する。
依存しすぎることなく頼りすぎることなく
必要以上にストレスをためたり争いが起きたりすることなく
気がつかないうちに誰かに嫌な思いをさせることもない。

それが最近なんだかみなが主食にしようとしているから。

そんな便利なものならいっそ面倒な食事や料理なんかやめて
必要な栄養素だけを必要な分だけ摂取した方が・・・

簡単、手軽、便利、楽、時短、効率、

残念ながらそういう世の中の流れがあったりするものですが
おおまかな部屋探しや情報収集はネットであらまし行っても
実際には対面でいろんな会話や相談の中で行うものであってほしい。
そんな思いが言いたかった今日のブログでした。

(なんじゃそりゃ)



こういう内容をSNSの代表格でもあるブログで言ってごめんなさい。
皆様もご利用は計画的にね。




◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
人気ブログランキングに参加しています。
緑のバナーをポチッとクリックお願いします

人気ブログランキング
AD
いいね!(29)  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
会社情報や店舗情報はコチラダウン
賃貸仲介、売買仲介、賃貸管理、テナント、事務所、店舗、
駐車場、空き家管理、土地活用、不動産会社、NYホーム

物件情報の検索はコチラダウン
エイブルネットワーク松山久米店南久米、城東、東温市
鷹ノ子、福音寺、桑原、フジグラン重信、ガンセンター

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇




いや~、



WⅰFⅰ(我輩)はネット(猫)である。
B~Y 夏目漱石、、、
(お粗末)


夏目さんは先見の明があったんですね~
という話ではないんですが
今日もインターネットの話です。

WiFiというものが凄いということは分かりました。

実は、昨年末のM-1グランプリであるコンビの方が
「ここWⅰFⅰ飛んでるなぁ~」
というボケをして会場が受けていたんですが
意味がさっぱり分からなかったんです。

情報としては、「WiFi=飛ぶもの=面白い」
という図式が頭の中で描けたわけなんです。

そうか、なんだか面白いものを求めてWiFi難民たちは
WⅰFⅰ環境のある場所に行きスマホ(スマフォ?)片手に
何かしてる・・・
と思っていました。
だから拍手笑いが起きたのか・・・と。
(倒置法)

拍手笑いって笑いに拍手が加わる大ウケ状態を表すわけですが。



それが、スマホ(スマフォ?)に変えたことにより
「○○ギガ」という存在を知ることになるのです。

もうね、「ギガ」なんて言うから

ちょっと前なら・・・

しょこたんこと中川翔子さんのブログ用語で
「超」っていう言葉の表現の一環なのかと思う所ですが

そんな話ではないだろうからちょっと捻って
「ドラクエ」で魔法使いが使う複数の敵に効果のある攻撃呪文の一種で
レベルが上がると効果の高い「ベギガラ」
さらにレベルが上がると最上級の威力を発揮する「べギガゴン」
のようなものかといろいろ考えてみたものの多分違うだろうから
悪いな・・・他を当たってくれ。
という感じだったんです。


その「ギガ」というものがあって必要数以上の「ギガ」を使用してしまうと
極端にネット接続の速度が遅くなり困ってしまう。
だけどゲームなど「ギガ」を多く消費する遊びはしたい
かといって多くの「ギガ」を契約してしまうと基本料が高い
「うわ~、どうしよう。あ!WiFi環境をうなく利用したら良いんだ!」
だからWⅰFⅰ環境を追い求めている
という今の世間の図式がそこで初めて分かったんです。

況や、ネット環境をや。

「だからパソコンを持っていないけどネット環境を整えたい」
という質問があったんだ。
「WⅰFⅰ環境にしたい」の裏には「ギガ」が潜んでいたんだ。
という、ここまでかみ砕いて説明する必要もないようなことを
敢えて、まるで何でもないようなことが幸せであったロードの如く
説明してしまうわけなんです。

それぐらい、実は
「WⅰFⅰってなによ?」っていうガラケーユーザーがいるんだかんね!

「・・・一体あんたの何なのさ」って
港のヨーコヨコハマヨコスカ状態のガラケーユーザーがいるんだから。
そして、今となってはもう聞けないんだから。

タモリさんがテレビで仰っていたけど、
知らない事でも人の喋ることに相槌を打ってウンウン頷いている人って、
なんでも知っているように見えるから賢く見える手法だって事だけど
WⅰFⅰの話をしているときにずっと相槌打ってるガラケーユーザーは
本当はいろいろ聞きたいのにもう今更聞けなくなってるだけなんだかんね。

ガラケーの時点で「えっ!?」ってなっているのに
「WⅰFⅰってなに?」で上乗せでくる「えっ!?」
って反応がもう既に読めてるから

スマホ(スマフォ)ユーザーの「えっ!?」の顔が見えるから。
たぶん、そういうスタンプあるんだろうから・・・。



「スタンプって・・・なによ?」





ゴ、ゴホン!

(咳払いのスタンプってあるのだろうか?)





なんやかんや書いてきましたが
ガラケーの機種変を8年くらいしていなかっただけで
WiFi、LINE、Bluetooth、Instagram・・・

一体なんなんだ・・・

「WHY~? JAPANESE PEOPLE?」

ブログじゃダメなの?
Twitterじゃ伝えられないの?
FACEBOOKっていつからいいねボタンの種類増えたの?

厚切りジェイソンさんが理解出来ない事が多くなりすぎて
薄切りになってしまいやしないか心配な日々です。

それぐらい、そんなにあれもこれもSNSっているのかい?

1年に1回の年末だけでいいんじゃね?
(そりゃ、FNSですけどね。歌謡祭の。)

そんな風に思ってしまったりするんですね。
そんなにも今の人はネットでの繋がりを求めるものなのかい。

かつてメールが流行りだした頃は、携帯もメールも最先端を
だだ走っていた僕なんですが機種変をしていないこの期間
いろんな世の中のスピードについていけていなかったんだ。

auさんよ~、
本当の浦島太郎は桐谷さんじゃなくって僕だったのかもよ。
そんな声が聞こえて来そうです。
海の声は聞こえませんがね、

(いつか伝わるといいねの倒置法)


そんな「LINE」。
僕も恥ずかしながら
Bluetoothは、オードリー春日さんの
「LINE」は志村けんさんの
新しいギャグかなんかだと思っていたんです。
(そんなアホな)

そしたら、それらは違くて
「ここWⅰFⅰ飛んでる」の方がギャグだったなんてね。



しっかしね、それらを遅れて知った者としては
いままで知らなかった後悔というよりも、
いままで知らなくて良かったのかも
という気持ちの方が強いのも事実なんですね。

(何ギガ消費したとかWⅰFⅰ気にするのも大変だよね)


僕はFacebookはやってるんですが
(そういえば「Facebook!」というギャグどなたかしていますね)

「Facebookをしていると幸せになれない」
という言葉を見たことがあるんですね。
これは「Facebook=不幸」という事が言いたいのではなく
周りからどう見られている。あるいは見られる事を意識しすぎるあまり
本当の使い方になっていない。ストレスを溜める事になる。
見られていても、見られていなくてもそれが気になってしまう。
依存しすぎてしまうと良くないという事ですね。

これに代表されるいわゆる「SNS」というものは
数多あるコミュニケーションの中のほんの一部のツールであって
それをただ上手に活用して依存しすぎなければ良いのです。
でもそれってけっこう難しい。


言ってみたら例えばケータイ・・・
いやさ、スマホ(スマフォ?)を持っていないと
すっごく不安になるでしょ?
ちょっと時間が空いた時、何かを調べる時、
自分の投稿に対しての誰かのリアクションを気にしている時、

いつの日からか、
携帯されているのは一体どっちなんだい?
人間ってのはケータイのストラップになってるんじゃない?
なんて大げさに考えてしまうときがあるわけ。

前にも書いたのだけれど、SNSしかり、ネットしかり
実は、これらを上手に使いこなせている人って
いまや地球上に一人もいないのではないんだろうか?
とそう思ってしまうわけですね。
使いこなしていると思わされているというかね。





ゴ、ゴホン!

(そんな事を大変お世話になっているネットを介して書くかねの咳払い)





ま、いままでいろいろ知らなかった事に対しての
せめてもの強がりで負け惜しみですけどね。

ローンじゃないけれど
ご利用は計画的に!ってところでしょうか。

(世の中の人全てが計画的になったらローン会社の人は困りますけどね)



で、次からは「LINEってなによ?」というシリーズが始まります。
正直Facebookとの違いがあんまりよく分かりません。

こうなってくるといろんなSNSって僕が思うに

AKB48ってグループがすでにあるんだけれど
SKE48、NMB48、HKT48作りました。
海外にもJKT48、SNH48作りました。
勢いNGT48作りました。
公認ライバルとして乃木坂46作りました~。
みたいなもんかぐらいな感覚なのですがね。

そして、それらのグループすべて年末の歌謡祭に出ます的な
(そう、それこそがFNS歌謡祭)


そのへんは徐々に解明していければと思います。
それでは、ご既読いただいたところで今日はこのへんで

(なんじゃそりゃ)




◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
人気ブログランキングに参加しています。
緑のバナーをポチッとクリックお願いします

人気ブログランキング
AD
いいね!(5)  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
会社情報や店舗情報はコチラダウン
賃貸仲介、売買仲介、賃貸管理、テナント、事務所、店舗、
駐車場、空き家管理、土地活用、不動産会社、NYホーム

物件情報の検索はコチラダウン
エイブルネットワーク松山久米店南久米、城東、東温市
鷹ノ子、福音寺、桑原、フジグラン重信、ガンセンター

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇




いや~、


お金っていったい何なんだろうか?



ちょっと今日は少し真面目に、そして少しふざけながらも
お金について思ったことを書き綴ってみたいと思います。

なぜに今日はこういうテーマなのか。

本当は、ロードなみに全16楽章くらいの勢いで
ネットやスマホ(スマフォ)について何でもないことを
シリーズ化してみようと思っていたんですが
(比喩)

少し飽きてきたのと、先月珍しくあまりお金を使っていないのに
通帳記帳してみたら予想外に支出が多った事に気が付き
大きくショックを受けたことに起因されます。

月末の収支計算をして今回はどれくらいプラスになっていたか
それがとっても気になって楽しみにしていたのに。

想えば家計簿を付けだしてから丸10年になります。
その10年の間、ほとんどの年で年間収支がマイナスです。
特にここ5年間は毎年赤字。

社会福祉、少子化対策、待機児童問題、高齢化社会、
生活保護世帯過去最大、景気対策、消費増税、安全保障、
災害対策、議員定数削減、憲法改正問題、原発問題
国もいろんな問題に直面していますが僕も同じです

ま、つまり家計簿をつけようと思い始めたきっかけが、そもそも
膨れ行く赤字国債(?)をどう今後存続させていくかの危機に
20代の後半に直面したからである、と。
(レベルが違いますがね。)

20代の前半はそこそこお金を持っていたつもりだったんですが
ま~なんやかんやあって、今の体たらくです。

なんやかんやは、なんやかんやですが。

そんな先月は久しぶりに月間収支がプラスに転じるのかという
今後のさらなる消費増税に影響を与えそうな問題だったのですが
結果は、明らかな赤字

お金はあまりおろさずに使わなかったのにね。

つまり、カード決済が多すぎて
支出の計算が大きく狂っていたという話。


元来とにかく我慢をすることが出来ない病の僕としては
なんでも1度欲しくなってしまうと
なんとしてでも手に入れたくなってしまう衝動が半端ないんです

そんな僕の病や願望をある意味満たしてくれる存在
それが「id」だったり「カード」なんですね
いつでも金融屋さんが傍にいてくれている感じ

さらにネットショップが全盛のいまとなっては
365日24時間金融屋さんと同棲しているようなもんです。

そして、事あるごとに

「知ってますか?チャンスの神様には前髪しかないんですよ」

と、通り過ぎてしまったらいくら振り返っても
もう掴もうとする髪は後ろにはないんだというのです。

一体どういう剥げ方なの? 否、髪型なんだろうと思うと同時に

振り返るだけでなく、声をかけてみたり
なんなら追っかけるくらいの気合を見せてほしいと
その神様は実は思いながらの背中なんではないかと
穿った見方をしてしまうわけですが。

そんな感じで、林先生並みに
「いつ買うんですか?」
と問うてくるわけです。



そりゃ~、カード使うだしょう
(浅野ゆう子さん風)

そして月末に支払い明細みてあっと驚くわけですが
そりゃ~、そうなるだしょう
(今度は、浅野温子さん風)

しっかしね、
そんなカード地獄の常連組の僕にとってはさ、

チャンスの神様には確かに前髪しかないのかもしれないけれど
そうやって誘惑してくるカードの神様やピンチの神様にも
同じように前髪しかなくそういう神様こそ「はっ」として
振り返ったら掴む後ろ髪がない!

そして、僕には前髪がない(これぞ自虐ネタ)

そして、そして、西田敏行さんにはピアノがない、
さらには君に聞かせる腕もない

もうピアノ売ってほしいタケモトピアノさんもビックリなのであります!
(有吉マツコの怒り新党三大○○風)

財津さんが歌って全身タイツの人が踊ってもしょがないのであります!
(以下省略)




ゴ、ゴホン!

(咳払いでもして話題を変えてちょ~だ~~い)





銀行にて通帳記帳を終えてそんな先月の収支を見つつ
しばし呆然としながら、まだ寒い風が吹き抜ける中
それでも春の訪れを告げるかのような青空のした
そんな事を想っていました。


ま、それと同時に
「あ!うるう年で1日多かったからか!」
と自分で自分を納得させたんですがね。
(そんなアホな)


そういえば、うるう年って1年365日の計算式があわず
いわゆる調整弁の役割で存在しているシステムのはずなのですが
最近の地球の温暖化や暑さ寒さの時間のずれを見るに
実はうるう年の計算は間違っているのではないか?
とこれまた自分勝手に思っていて
曰く「うるう」だけに「憂う」わけですが。

ま、ここは咳払いせずにスルーしてそのまま続けるわけなんですが
(オードリー若林さん風)


この時節、1年を12の月に分けることを思いついた人が
歴史上では呂不韋(りょふい)という人であると言われています。
大人気漫画「キングダム」でも再三登場してきた
中華の始皇帝になる秦王「政(せい)」の敵でもあった方です。

呂不韋がいわゆる辞書のような「呂氏春秋」という本を著した時に
こちらの文章で一字でも添削出来るものあれば千金を与えようぞという
「一字千金」という言葉も作ったと言われています。

そんな呂不韋が「キングダム」の中で秦王「政(せい)」に対し

貨幣(お金)をもって人の欲望を思いのままに操ることで
自国や民が潤い争いごとのない幸せな世の中を創造する
その後、周囲の列国に対しまたお金を使いてこれらを成し
自分たちがいなければお金がなければどうにもならない世にしその結果、
戦争をなくし戦乱を統治してみせるという国家観、天下の話をします。

貨幣(お金)とは

何かと交換出来るという保証を持った交換性があり
腐る、劣化するなどの心配がなく
持ち運びに便利であるという
そういう特色を持った最大の発明である、と。

世の中が発展出来たのはそういう貨幣の利便性があるからこそ。
そんな風な持論が出てくる場面があります。

言われるまでもなくその通りなわけですが
それらが前面に押し出された「平和」や「発展」とは何ぞや?

そんな貨幣(お金)の特徴がやがて
金利に始まる資本主義、銀行制度を確立していくわけです。

「投資をしたくば融資を受けるが如し」
なわけで、貨幣(お金)が世の中を動かしているのは事実ですが
最近厄介なことにこれに「インターネット」が加わってくると
これはもう最強になってしまうわけで

僕にとっては桃太郎電鉄の「キングボンビー」が付いたようなもの
(これも比喩。最近あめとーーくで取り上げられましたね)

僕にとってこのカード業界なんかが迫ってくるかのような
今買わなければチャンスをみすみす逃すようなものという
チャンスの神様の前髪は、おそらくロード歌っているボーカルの人みたく
リーゼントでガチガチに固められているはず、掴みやすいように。
(なんでもないような倒置法)



・・・で、
そういう難しい話はよく分からないんですけど
(あ、ロードの人のリーゼントじゃなく貨幣制度の方ね)

こうなってくると、改めてお金って何?
って思ってまうという話です。

昨今、給料もほとんど振り込みです。
この振り込み文化が父親の威厳をなくしたとも言われています。
(昔なら給料日だけでも家族に対して大きな顔が出来たのにという)

金融機関の口座にお金というものが振り込まれ
そこから生活費を引き出した以外の必要経費は口座落としをされ
ネットやカードでお買い物した物も引き落としになります。
つまり、理論上現金をまったく持たなくとも今の世は生活できてしまうわけです。
そしたらお金の存在って極論、通帳やネット上で表示された
数字の並びだけであってお金ではないのではないか?
という気がしてくるという事なのです。

ちょっと話がややこしいので置き換えて話します。

「タイム イズ マネー」というくらいですから
お金と時間には共通性が見て取れますし
「時は金なり」という金言でもあります。


お金にはトルストイさんの名言
「金は糞尿(ふんにょう)と同じだ。
溜(た)めれば溜めるほど悪臭を放ち、
ばら撒(ま)けばばら撒くほど土を肥やし,新たな芽を生む」
という言葉もあります

時間にはたしかドイツの諺で
「愛は時間を忘れさせ、そしてまた時間は愛を忘れさせる」
といったものがあります。

「タイム イズ マネー」

時間を無駄にしてはならない。お金を無駄に使わないように
時間もお金と同様に考え大事に使っていかなければ勿体ない
というような意味合いかと思いますが
お金って何だろう?と考え出すと、同じように時間って何?
っていう風に思えてきてしまいます。


「時計はあれは時間じゃない」
とある番組でタモリさんがそんなことを仰いました。

時計は時間をただ生活の便宜上形にしてみせただけものであって
ほんとうの時間ではない。
人間は時間を縮めたり伸ばしたりできる。
楽しいときの時間とつまらないときの時間では感じ方が違うもの
ということです。アーティスト的発想ですね。

つまり、その概念によって生まれてくるものが
音楽であり、ドラマであり、小説であり、演劇であり、コントであり
日常や時代の中の「時間」というものを必要な部分だけ切り取って
表現し描いたものであるというわけですね。
そう考えた方がより人生を謳歌し
楽しむことが出来るという事でもあるのでしょう


危ない場面に遭遇したり緊張した場面でスローモーションに感じる瞬間
それがリアルな時間であって、誰かをただなんとなく待ってたり
ただ何気なくスマホ(スマフォ)を触っているような時間は
時間であって時間ではないようなものであると。

なんだか余計に難しくしてしまいましたね。

ただ、人間が勝手に自分を過去のものにして行くという
時間軸の置き方も考え方ひとつであって

「今の自分=年老いた自分」「昔の自分=若い時の自分」
と考えるのも

「今の自分=新しい自分」「昔の自分=古い過去の自分」
と考えるのも時間というものの捉え方ひとつではないのだろうか

若い時の自分を記念に残しておきたいと考えるのは一つの考え方
写真になっちゃえば私が古くなるだけじゃないというのも一つの考え方
とそういうわけですね。


そしてもっと分かりやすく言えば
明るくなれば動き出し、暗くなれば眠りにつくという事が時間であり
目覚まし時計に起こされてタイムスケジュールに乗った生活を送って
それは本当の時間なのであろうか?というと
これは現代社会に対してなんだか喧嘩を吹っかけているような話ですが
現代人は疲れているという現実はそういう考え方にも起因しているのかもな
となんだか達観したかの如く呑気に考えたりしました。
時間や仕事に追われるという表現はこういう事をいうのでしょうね。
本当の時間の使い方というのはそういう事ではないんだよ。
という立場から仕事を捉えてみると考え方が変わり
疲れの度合いも違うのかもしれませんね。


この話をもっと突き詰めちゃうとさ、
ある修行に10年も費やすことが無駄だなんて考え方もあるんだろうけど
この場合の10年という時間を時計としての10年だけで論じてしまうと
そういう極論もあるんだろうけれど別の意味も含んだ10年なんだ
とうことが言えると思うんですよね。
時間というものが時計やカレンダーが刻んでいくものだけではない
という考え方が捉え方の幅をもたしてくれるいんですよね。



ま、僕らしい言い方をするならば
「時間とはなんだろうか?」を考えたときに「自由な時間とは?」
と考えると分かりやすいのではないかと思うわけで。

僕なんかよく「自由で好き勝手やってて羨ましい」とか
「幸せそう」「悩みなんかなさそう」とか言われるんですが
悩みなんかない人がこういうタイプのブログ書きませんよ
っていつも思います(笑)

ま、悩みはそうないですが「自由に時間を使えている」
から「たくさんの時間を有している」とは思いません。

僕は「自由な時間」とは無制限の中にあるものではなく
ある一定の制限の中に設けられた「限られた時間」の中でこそ
「自由な」といえる時間があるように思えてなりません。

曰く、自由な時間とは、
ずっとこの先誰にも何も言われず何をしても平気な時間ではあらず

たとえば今晩、奥さんが同窓会に出席して帰りも遅くなるので
「あなた今日は適当にどっかで外食でもしてきて?」と言われて
与えられたまるでご褒美のような(?)時間

たとえば子供を親に預けているからいつも騒がしい忙しい日々だけど
今日はなんだか久しぶりに2人きりの時間が出来たから
さ~どうしよう?そういえば見たい映画があるとか言ってなかったっけ?
的な時間。

これぞ「自由な時間」であって
それこそがいわゆる「時間」といえるものではないのか



「この世の中で一番時間を有している人というのは
実は一番忙しいと言われている人であるのだ」
という言葉を聞いたことがあります。

もしかしたら
「仕事を頼むであれば一番忙しそうにしている人に頼め」
という言葉もそういう時間軸の事を現した表現なのかもしれませんね。





ゴ、ゴホン!

(え~、時間(?)がなくなってきたのでここらで締めるために咳払い)





いや~、あのね、つまりは

持たざる者側の人間として、せめてもの抵抗としてさ
お金を持っている、持っていないというのは
貯蓄残高がどうこうとか、資産がどうこうとか、収入がどうこう
というだけの物差しにあらず
どれだけ有効に、そして有用に使えるお金がどれだけあるのか
また使っているのか?という事を問うてみたという事です。

そして、そのあなた方の前を通過するであろう神様の前髪は果たして
ふさふさで掴みやすいのか? マストで掴みやすいリーゼントなのか?
それとも七三なのか?もしかしたら無いのか、
そのへんも問うてみたかったわけですよ。


そんで、そんで持たざる者として、最後もうひとつ言うのであれば
先月はあまりお金をおろさなかったからさぞかし収支計算では
プラスに働いているのではないか?と楽しみにしていた通帳記帳が終わり

逆の残念な結果に終わって銀行を出た後「ふ~っ」とため息を吐きながら
ふと見上げた空が思いのほか春空で驚き
そしてそのままこのブログの内容を思いついて一気に書き上げたんだ
という事も記しておこう。

言っとくけどこれは有用な時間の使い方だかんね!

(なんじゃそりゃ)





◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
人気ブログランキングに参加しています。
緑のバナーをポチッとクリックお願いします

人気ブログランキング
AD
いいね!(21)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。