いや~、


ここ最近のブログは、世の中のAI化について考えた事を、
その思いを語ってきました。

不動産業界もこのままAI化が進んでいけば
やがて乗っ取られていくのではないか?という危惧。

・世の中を席巻するネット化の渦
・スマホ(スマフォ)、アイホン(アイフォーン)の急激な普及
・無駄を省き必要最小限な効率主義の世の中の風潮、時短ブーム
・ビットコイン、クーポン、ポイントなどお金に変わる価値観の創出
・グローバル・ボーダレス・シェア・業際化の世界観

末は、AI化。


今後の世の中はさ、

例えば、世間の旦那さんが奥さんの尻に敷かれるように
人間は、「Siri」に敷かれる
ようになってくんだろうね。

いや、もうすでになっているのかな?

 

 

それはでも仕方のない事なんだよね。

だってそういう事を人間は望んできたわけだし
今も望んでいるのだから。

世の中がどんどん便利になればいい
無駄な物や無駄な事はどんどん省いて行けばいい

そうやって手に入れていった便利で理想的な世の中が
今現在なのではないだろうか?
それでも不満があるのならもっと便利さを追求していけばよい。


ある人が、テレビの討論番組でこんな発言をしていました。


「もう人が何かを売ったり運んだりするような事は無くなっていくから。
そういう仕事はAIや機械がやってくれるから。
Amazonで注文したらAIが受けて出荷してドローンが家まで運ぶから。
間違う事も無いし、時間も掛からないし、金もかからない、
そんな理想的な時代がもうそこまで来てるから」


凄い時代だ、本当に人が居なくても構わない世の中がそこまで来ている。

AIにしろ、ロボットにしろ、ネットにしろ
故障したり修理が必要だったりはするのだろうけれど

疲れないし、文句を言う事は無いし、サボる事も無い。
気分で左右もされないし、とても速い上に正確である
労働時間も残業も休日も関係ない、シフトも気にしなくてもいい

もうね、最強である。

人間の仕事がどんどん奪われていくのってある意味とても自然な事だ。

そして、それを求めているのも結局人間なのだから
自業自得とはこの事である。




ところで、

AI(エーアイ)さん。
君にAI(愛)はあるのかい?

 



もうすでに君も気が付いているのかもしれないけれど
人間には「愛」というものが備わっているんだよ。

それは「心」と言い換えることもできるもの。

AI=人工知能

というくらいだから
いろんな学習能力の上に人工知能を作り上げ
それはもうすでに、ほぼすべての人間を凌駕している。

その結果、世の中のあらゆるものにAIは取り込まれ
多くの人々がその恩恵に授かっているのは間違いない。
 

 


しかし、人間の欲とは恐ろしいもので

「もっと、もっと」

と、まるで篠原涼子さんの5枚目の曲のタイトルのように(比喩)
求めてしまうものなんです。

 


最初の頃は、一緒にそばに居れるだけでよかったのに
それが当たり前になってくると

会う頻度が減ったとか、メールの返信が遅いとか、
髪型変えても気付いてくれないしもっと褒めてほしいとか
いつも誘うのは私からばっかりとか

人間って「もっともっと」と思うものなんですよね。


きっとさ、ドラえもんが傍に居てくれたとしても

1話に1回しか道具を出してくれないとか
タケコプターくらい毎回仕舞わずに置いていてほしいとか
ドラえもんより、ドラミちゃんの方が良かったとか
(一番グサッときそうなので、それはどうか言わないであげてほしい)

言うんですよ、どうせ。(倒置法)




ま、だからAIの技術も日進月歩で常に進化をし続けてきた、と。

気が付けば人間を軽く追い越していて、

これからも人間から仕事をどんどん奪っていく

って事になるんだろうけれど。





そんな事を考えていたら、ある事に気が付いたんです。

AI、AI言ってるけど
人間もそういえば、そんな感じになってきてるんじゃないの?
と。

・世の中を席巻するネット化の渦
・スマホ(スマフォ)、アイホン(アイフォーン)の急激な普及
・無駄を省き必要最小限な効率主義の世の中の風潮、時短ブーム
・ビットコイン、クーポン、ポイントなどお金に変わる価値観の創出
・グローバル・ボーダレス・シェア・業際化の世界観

冒頭でこんな事を書きましたが
それらは今の世の中の人間たちが過ごす日常であって
求めている欲求を満たす事にもなっている。


いろんな事が許せない世の中になって久しい気がします。


完璧や完全を追い求める世の中の風潮にあって

かつてはあまりフォーカスされなかった事が最近は記事になったり
ブログやツイッターが炎上したりすることが多いです。

 


加速するAI(エーアイ)化の先に一体なにが待っているのか?


AIがさらに進化した近未来の世の中では
すでにテレビはないかもしれないけれど
日曜の将棋や囲碁の番組なんかは人間ではなく
コンピューター同志が対戦しているんだろうね。

お腹すいたとスマホ(スマフォ)で出前を頼んだら
支払いはカード払いで、機械が料理を作って
ドローンが運んできてくれたりするんだろうね。

そんな世の中だったら、

きっとお部屋探しもスマホ(スマフォ?)使ってポータルサイト入って
写真も、パノラマも動画も見放題で
気になる物件はメールで、契約書もドローンが運んできて
宅地建物取引士はパートで雇って重要事項説明だけTV電話でさせて
大型ドローンが荷物の引越しも自動で行ってくれる。
たしかに面倒ではないよね。

 

 


ね、でもそこにAI(愛)はあるのかい?

 

 

そんな世の中にたとえなったとしても

けして人間は満足しないんだから。

それは歴史が証明しているから。

 

 


前にも書いたんだけれど
最近のAIに求められている隠れたテーマって
実は「人間らしさ」なんだって。

どのAIも全く同じ完璧な行動をするのではなく
間違ったり、緊張したり、なんだか憎めなかったり。

 


つまり、完璧なドラミちゃんを目指したはずが

いつの間にかドジで愛らしいドラえもんを目指しているって事。


人間の専売特許であるそういった部分をAIに求める必要ある?
って思ったりもするんだけれど人間が忘れてしまったり
失くしてしまったりしている事なのかもしれないね。


本当、人間ってやつはどこまでも欲深い生き物で困ったものだ。
篠原涼子さんが5枚目のシングルで訴えたかった事ってそういう事なんだね
(絶対違うって)


で、

 

その分野でだけは人間はAIに負けてはいけないって思うし

 

物件探しの正確さと速さでAIに負けることはあっても
パートでも雇って重要事項説明させて責任だけ負わせて
荷物なんかは人間よりドローンに任せた方が絶対いい
なんて言い切る人が望んでいるような世の中に
僕は負けてはいけないような気がして。

無様でも、格好悪くても、究極に非効率だとしてもさ、

心ある、「愛」ある人として
精一杯「人間」として生きて行こう
そう思う今日なのであります。

 

 

なんだかテーマが壮大だね。

愛がある。笑

 

次は、

「便利な世の中だからこそ感動が薄まっている」

について語りたいと思います。

 

そういえば、

「デンタルクエスト 最終回15メートル拡大版」

はいつUPするんだろうね。

 

我ながらまったくAIの逆をいくブログだ。

(なんじゃそりゃ!)

AD