カンタスフリークエントフライヤーゴールドのカードとタグが届きました。

最近は軽部J太郎さんも参戦か?との噂もありますが。

 

 

よくありがちな四角いタグでなく丸型のタグです。

格好がいいかどうかは判断が分かれそうな感じですが・・・。

 

とりあえずカードが届いたのはうれしいです。カードがあれば他社搭乗の際に揉めるリスクは減るので。

 

AD


香港の名門「マンダリンオリエンタル香港」に泊まった時の記録です。

香港を代表するホテル「ペニマン」のうち「マン」のほうです。



インテリアは古風な感じ。



広々としたベッド。



部屋はゆったりしてます。



日本人向けとのことで寝間着は浴衣です。

さりげなくかつ細やかな気遣いが持ち味のホテルです。



こちらは朝食。



粗相があったとかでお詫びのシャンペンを持ってきてくれました。それもルイナール様。

大した粗相じゃなかったのですがヒルトンの倍以上取ってるホテルはプライドが違います。


でもよい子の皆さん、仮に粗相があってもたかっちゃだめですよ。

あくまでこれはホテル側の気持ちの問題です。



バスルーム他です。



ゆったりしたバスルームです。

福岡の某インターナショナルブランドのホテルのようにリビングルームを犠牲にしてはいません。



便所です。


マンダリンオリエンタル香港の感想。良いですよねホント。ヒルトンの倍以上取るだけの内容はあると思います。また泊まりたいと思うのですが、株が出来なくなった身分ではもう泊れないでしょうね。

貧乏人はヒルトンに泊まれですよね。ホント。


AD


スターアライアンス特典航空券で上海航空に乗った時の記録です。

当時経営状態の良かった上海航空が中国東方航空と経営統合させられたことで結局はスターアライアンスを離脱しスカイチームに行ってしまいました。。。



上海航空ラウンジでエサ。名前こそ上海航空でしたが、スタッフは東方航空が担当しており実態は東航ラウンジになってました。



機内に入ります。実はこれはじめての中国エアライン利用でした。



機内食。カンガルーの航空会社のエコ飯よりも不味い飯。海苔巻きがパサパサ。



中国民航の冊子がありました。



上海航空の冊子。A STAR ALLIANCE MEMBERの文字が印象的です。



ゲロ袋他。



日中間の時刻表。ここにもA STAR ALLIANCE MEMBERの文字が。


上海航空の感想。当時の中国系航空会社には珍しく笑顔が多く好印象。飯はダメダメだったけど。

今はどうなんでしょうかね?


AD


以前紹介したANAのB767の古いビジネスクラスの搭乗記です。

21世紀のビジネスクラスとは思えないパーソナルテレビのない機内です。

なんとなく昭和な空間。



大連のラウンジは共用ラウンジ。なんか人民服の毛沢東が出てきそうな雰囲気。



機内の様子。1列6席ですが意外と幅はあったように思います。

枕カバーには「CLUB ANA」の文字が。



シートピッチは充分にあります。



メニュー。



泡はポメリー。最近ポメリーを見なくなったような。。。



機内食。ロイヤルのスイートポテトがあるってことは関空搭載の機内食でしょうか?



食後のコーヒー。TEPPEI101が大好きなスジャータ―があります。


 

JGC豚修行での一コマ。

JALは回数修行が出来るので東京-福岡でも大阪経由で飛んで回数を稼ぐ戦法に出ます。

 

この時に結構利用したのがJAC日本エアコミューターの伊丹-福岡便です。

 

 

この時はラッキーなことにレインボーカラーのボンQでした。

この機材は結局赤いしっぽにも鶴丸になることもなくレインボーカラーのまま引退しました。

 

 

中は特に変わることなく。。。

 

 

席の真横はプロペラでした。

 

 

ちゃんとジュースも出ました。

 

 

福岡到着後はもちろんウルトラクイズです。