借金返済で困っている方の気持ちをグッと楽にするためのブログ!

法律家としても人としても、誰かの役に立っていたいから

アップこのブログの目標アップ

ビックリマーク借金返済に困っている方に、「借金問題は解決できるんだ!」って気持ちにまずなってもらいたいビックリマーク

ビックリマークブログを読んでくれた方の借金に悩む辛い気持ち、読んでもらった後にはグッと楽になっててほしいビックリマーク

ビックリマーク「借金問題をどうにかして、解決できたら今度はきちんとお金と付き合っていこう」と思ってもらいたいビックリマーク


テーマ:

今日は裁判所から届く書類について書きます。

 

借金の返済でお困りの方は、多かれ少なかれ督促状というものが家に届いているかと思います。

もちろん、支払いが遅れていなければ何も届いていないでしょうが、そうでない場合は着ているはずです。

 

ところで、返済が煮詰まったとき、すぐに債務整理の相談をしていればいいのですが、そうではないという方のほうが実際は多かったりします。

「まだもう少しどうにかなるだろう」「来週くらいにはどこかに電話しよう」など、つい後ろに回したくなる気持ちはわかります。

そうこうしているうちに、督促が止んでしまうこともあり、「おや、大丈夫なのかな?」とまたツケを放置することもしばしばです。

 

放置して何かが解決されることはまずありませんから、いち早く相談してください、というのが何よりの言葉ではあるのですが、ここではそのときに「絶対に無視してはいけない」ものをお伝えします。

 

それが、裁判所からの書類、です。

 

督促状に慣れてしまうと、もう開くことすらせずにゴミ箱に捨てていたという方も多くいるそうです。お気持ちはわかりますが、少なくとも裁判所名義のものだけは捨てないでください。

 

裁判所からの書類、それは『裁判訴状』もしくは『支払督促』のいずれかである可能性が高いです。

これらを無視するとどうなるかを説明します。

 

訴状にしろ、支払督促にしろ、「お金を貸しているから返してほしい。裁判官にそのことを認めてほしい」と債権者側が裁判所に訴え出たことによるものです。裁判所は、そういった訴えがあったからあなたに書類を送っているのです。「――と、債権者は言っているけど、本当に合ってますか?」と。

これがいわゆる裁判です。(支払督促の詳細説明は省きます)

裁判所というテーブルに、債権者が訴えを載せ、そのことを裁判所が相手方(あなた)にも知らせる。そうして裁判はスタートします。

 

では、これを無視するとどうなるか、という話ですが、無視すると訴えを認めたことになります。

裁判所としてはこう考えます。「ちゃんと裁判所が、この訴えについてどうするのか、答えてくださいね、裁判所に来てくださいね、と呼びかけているにもかかわらず、それを無視したのだから、この訴え自体に異論がないと判断します」と。

 

債権者側の訴えどおりに判決が出てしまいます。

 

そうなると次に困るのが給与差し押さえです。

判決があれば、所定の手続きによりあなたの給与を差し押さえることが可能なのです。

そうなれば強制的に返済をさせられるということになります。しかもその額は「わかりました。差押えですね。生活があるので1万円にしてください」などという意見は聞き入れてもらえません。法的に差押えの可能な範囲は決まっていますが、おおよそそのいっぱいいっぱいまで押さえてくるでしょう。

給与20万円の人であれば、3~5万円は押さえられるかもしれません。

 

しかも、この差押えは金利分も含まれています。

仮に4万差し押さえられても、金利支払いもあるでしょうから、元金にあたるのは一部です。

 

このときになって、ほとんどの方がこのように嘆きます。

「こんなことなら、もっと早くに債務整理の相談をして、将来利息をカットしてもらった状態で元金の(原則)長期分割をしてもらえばよかった。そうすれば、月々返済に回すのは4万の半分以下で済んだらしい。しかもその全額が元金にあたり、金利はなかったかもしれない。」

 

何度も言いますが、放置して状況が改善することなどありません。

あるとすれば、住民票も移さずに何年も債権者から逃げ、やがて時効を迎えましたというケースくらいでしょうか。

 

 

裁判所からの書類が届いたら赤信号です。

そもそも、今、返済で悩んでいるのであればすでに黄信号です。一日経過するごとに悪化の一途、大袈裟でも何でもなく、ただ悪くなるだけです。

どうせ踏ん張らなければならないのであれば、今日、今、すぐにでも立ち上がり、ご自身の未来のために相談の一歩を踏み出してください。

 

以上。

今日の記事を終わります。

 

Luna司法書士事務所 田村真一

 

 

お困りの方がいらっしゃいましたら、いつでもご相談ください。

 

【Luna司法書士事務所】

 

〒196-0004 東京都昭島市緑町4-20-10 ハイムヴァルト303

無料相談:042-500-6487

無料相談メール:ホームページ無料相談ページより

HP:http://www.luna-shihoushoshi.com/

 

・債務整理、過払い請求

・不動産登記手続き

・会社登記手続き、会社設立

・その他法律相談

 

 

Luna司法書士事務所では常に無料にてご相談をお受けしております。

・借金問題を解決したい、過払い金返還請求をどこに頼んだらいいのかわからない

・会社設立などの会社登記について相談したい

・不動産登記のことがよくわからない

・敷金トラブルについてまずは無料で相談したい

 

まずは、お電話もしくはメールにてお気軽に相談ください。

 

無料相談TEL042-500-6487

無料相談メールはこちらからhttp://luna-shihoushoshi.com/contact/#mail

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。