借金返済で困っている方の気持ちをグッと楽にするためのブログ!

法律家としても人としても、誰かの役に立っていたいから

アップこのブログの目標アップ

ビックリマーク借金返済に困っている方に、「借金問題は解決できるんだ!」って気持ちにまずなってもらいたいビックリマーク

ビックリマークブログを読んでくれた方の借金に悩む辛い気持ち、読んでもらった後にはグッと楽になっててほしいビックリマーク

ビックリマーク「借金問題をどうにかして、解決できたら今度はきちんとお金と付き合っていこう」と思ってもらいたいビックリマーク


テーマ:

辞任というのは、実際どういう状況なのか、わかりますか?

 

 

債務整理というのは、弁護士や司法書士に代理人として間に入ってもらい、原則今後の利息をカットして、元金(場合によっては和解までの利息を加え)を長期分割返済していくものです。

 

代理人がする和解によって取り交わされる和解書には、二度返済が遅れたら懈怠約款に触れると書かれています。

 

どういうことかといいますと、簡単に言えば、二度遅れたら和解のときにカットした金利は復活し、すぐに一括請求をしますよということです。

 

借金整理として、将来利息カット+長期分割、という好条件で返済ができているのです。それをさらに遅れてしまえばもちろんペナルティーはあります。

それが懈怠約款であり、金利復活と一括請求です。

 

返済が遅れているくらいですから、こうなったらお手上げということがほとんどでしょう。

一括請求なんてされても支払えないでしょうし、金利まで今後つけられたらどうにもなりません。

 

そして、和解をしてくれた代理人はこの時点で辞任をします。

代理人として和解をした以上、それが守られるのが大前提です。守ってもらえないならもう面倒は見ませんと言っているのです。

ですが、代理人がいなくなること自体はそれほど問題ではありません。

 

 

辞任というのは、代理人が外れるということです。

それ自体が問題なのでなく、返済が滞ったことにより前述した金利復活と一括請求が起こるのが問題なのです。

 

辞任されたから困る、ではなく、和解で約束したとおりに支払えていなかったことにより債務整理の効果がなくなってしまったことが大変なのです。

もしかしたら、少し頭の中がこんがらがってしまうかもしれませんね。

 

 

ともかく、もう一度和解をしなければなりません。

 

このままだと一括請求を受けますし、ご自身で債権者へ電話をして分割交渉ができたとしても将来利息カットまでは難しいでしょう。絶対にないとは言いませんが、本人が電話を入れてさらっと利息を外してくれるようであれば、弁護士や司法書士はそもそも仕事をする必要がないということになります。

本人交渉では、まず、債権者は利息カットに応じないでしょう。

 

 

新たに再債務整理をしてくれる事務所を探しましょう。

 

 

 

さて、辞任後の、二度目の債務整理をする前に注意すべき点があります。

 

それは債務整理事務所も千差万別ということです。

きちんと法律や規則を守っている事務所もあれば、そうでない事務所もあります。

依頼人が完済できるよう尽力する事務所もあれば、おざなりに仕事を終わらせる事務所もあります。

いい事務所もあれば、悪い事務所もある。

どの業界でもこれは当たり前のことですね。

 

たとえば、依頼人が家族に内緒で手続きをしたいと言っているのに、平然と封書を事務所のスタンプ付きで送ってきたりということがあります。

これにより家族に知られても「それは仕方ない」と前の事務所は開き直るばかりだったそうです。

 

他にも、依頼人が返済しやすいよう、普通は給料日を聴取し、それに合わせて返済日を決めるのですが、その聴取すらせずに適当に和解をするという事務所もあります。ひどかったのが、26日給料日の依頼人に25日返済で和解をしていたケースです。丸一ヶ月、お金を取っておけということなのでしょうか。その事務所の言い分は「うちでは皆様この日ですから」だったそうですが、和解というのは一件ずつするもので、それぞれ返済日を変えられます。言い分は、言い訳にすらなっていないですね。

 

もっとひどいのですと、受任時に契約書に書かれていない報酬を後になって請求されたというケースもありました。

 

 

では、どうすれば事務所選びを失敗しないのかと問われると、困ってしまいます。

 

私を含め、真面目に債務整理業務に取り組んでいる多くの先生方は皆知っています。どこどこの事務所が法律違反をしている、とか、評判がすこぶる悪い、とか。

しかし、それをブログなどで注意勧告するわけにはいかないのです。そんなことをすれば、名誉棄損だ何だと損害賠償請求をしてくるでしょう。

だからこそきちんと債務整理業務に取り組む先生方は日々真剣に依頼人と向き合います。せめて見える範囲の人たちの力になろうとするのです。

 

悪い事務所を回避するのは正直難しいです。

インターネットで検索したところで評判は出てきませんし、直接尋ねたところで「うちは悪い事務所です」と答えるはずもありませんから。

一つ方法があるとすれば、弁護士や司法書士の友人を作ることです。友人であればそういった業界事情も教えてくれることでしょう。とはいえ、そのときは、その友人の先生に頼めばいいだけの話ですから、結局は悪い事務所を回避する方法はなきに等しいということになります。

 

 

ですが、気をつけることはできます。

次のことに注意してください。

 

1.家族に知られたくないのであれば封書の送り方を尋ねる。

2.報酬についてしっかりと尋ねる。きちんと回答してくれるかを見極める。

3.報酬が弁護士会や司法書士会の定める基準内に収まっているかを確認する。そのためにはその基準をご自身で調べておく必要があります。どうしても見つからないのであれば会に先に電話をしてそのあたり相談してしまいましょう。

4.契約書に書かれていない報酬が取られていたなんてことがあったら、泣き寝入りせず、会に連絡をしましょう。

5.給料日を伝え、何日払いがいいと希望をいいましょう。

6.月々返済額は、なるべく下げてほしいならそうと希望をいいましょう。普通はなるべく下げてくれるものですが、交渉が面倒だとおざなりに和解される恐れがあります。およそ60回が限度ですから(もちろん、場合によりますが)、100万円であれば17000円くらいで分割可能です。

7.事務所に振込をしたらその金額をメモっておきましょう。証拠も残しましょう。

 

他にもいっぱいあるのですが、書ききれません。

とにかくお金のことをしっかりしておくべきだと思います。

 

 

こうしてお伝えしたとおり、問題のある事務所は事実存在します。

個人的見解ですが、最低1割はいると感じています。

 

遠回しになりましたが、何が言いたいのかといいますと、辞任されたという結果は必ずしも依頼人が悪いとは限らないということです。

 

たとえば、200万円の借金があった依頼人が、見たところ腰を据えて交渉すれば60回分割で34000円ほどで分割できそうなところを、どうしてだか、月々50000円で和解されたというケースがあります。

それも前もって依頼人に「50000円で払っていけますか?」と確認があったならまだしも、和解が終わった後に一方的に「来月から50000円を支払っていってくださいね」と告げただけですから、どうしょうもありません。できなければ辞任と来るわけです。私からすれば、何て身勝手で幼稚な和解だと言わざるを得ません。

他にも、前述したように、返済日を和解で取り決めるのに、給料日をまったく考慮しないというケースで、依頼人さんは一ヶ月のずれを解消できないまま返済を開始させられ、債務整理をしているのになぜか資金繰りを余儀なくされたそうです。

 

辞任のすべてが依頼人のせいではないのです。

低レベルな仕事をする債務整理事務所のせいで失敗してしまうということも往々にしてあるのです。

 

 

もちろん、依頼人さんのせいということのほうが多いことでしょう。

辞任の原因はきちんと反省し、もう二度と辞任されないようにしなければなりません。

 

二度目でさえ辞任後案件を受任したがらない事務所は非常に多いです。当然です。約束を破っているわけですから。

 

三度目はないと覚悟を決めてください。

 

なぜ失敗したのかを掘り下げ、もう二度と債務整理事務所を探さなくてもいいように、次こそ完済まで止まらず進みましょう。

 

 

弊事務所は本気で再建を図りたいという方であれば、辞任後であっても分けへだてなく受任しています。辞任されても諦めないでください。きちんと話を聞きます。

ですが、もう二度と辞任はされないという気持ちを強く持っていただける方限定です。

 

気持ちが固まったらいつでもご相談ください。

ご相談はお電話か、ホームページの相談フォームから。

外出等によりお電話に出られないこともありますので、まずは相談フォームからご相談をお願い致します。

 

 

Luna司法書士事務所 代表司法書士 田 村 真 一

 

 

【Luna司法書士事務所】

 

〒196-0004 東京都昭島市緑町4-20-10 ハイムヴァルト303

無料相談:042-500-6487

無料相談メール:ホームページ無料相談ページより

HP:http://www.luna-shihoushoshi.com/

 

・債務整理、過払い請求

・不動産登記手続き

・会社登記手続き、会社設立

・その他法律相談

 

 

Luna司法書士事務所では常に無料にてご相談をお受けしております。

・借金問題を解決したい、過払い金返還請求をどこに頼んだらいいのかわからない

・会社設立などの会社登記について相談したい

・不動産登記のことがよくわからない

・敷金トラブルについてまずは無料で相談したい

 

まずは、お電話もしくはメールにてお気軽に相談ください。

 

無料相談TEL042-500-6487

無料相談メールはこちらからhttp://luna-shihoushoshi.com/contact/#mail

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。