天使のラブレター・キャリアコンサルティング

「ママの幸せがこどもの幸せにつながりますように」それが私の願いです。家庭も仕事も大事にしながら、自分らしく起業する女性のコンサルをスピリチュアル・ガイドとともにしています。


テーマ:

愛と豊かさに目覚めるコンサルティング井戸敏恵です。 人生に変化はつきもので 自分がとらわれている考え方に深く気づき それを手放すことで 自分のすばらしさが見えてくる そして新しい自分が始まる そんなことがありますね わたしは自分をたくさん責めて生きてきました もっと美しくありたい もっと優秀でありたい もっと自分を改善していかなければならない もっともっと まだまだ でも25歳の時にそんなあれこれをとどーんと解放しました そして自分が好きになったのです だめなところもいっぱいあるけど わたしステキと思えたのです 自分が自分に厳しくて やさしくしてこなかったことにも気づきました 時代の波動が高まっている今 過去世まで自分を愛することができなかった人たちが 自分の過去はもうそれでいいと「完了」して 今世、自分を愛せるようになっている そんな気がしています わたしはコンルサイィングの中で そんな変化の時に立ち会えることをとても幸せに感じています 自分には価値がない わたしはだめだ わたしは魅力がない わたしは役に立たない人間だ 自分のいやなこと、だめだったことに焦点を当てていた自分にさよならして 自分自身を抱きしめる そうすると 自分の奥底には光が輝いていたことに気づくのです だってみんな光なんだから 闇が消えればあるのは光 そんな変化に愛と豊かさに目覚めるセッションで立ち会い これを書きました 「光と踊るダンス」 怖れを手放し 見えてくる わきあがってくる 源からの光

ずっとそこにあったまばゆい光 キラキラと美しい

光は言った これがわたし これがあなた

私はまばゆい光となり 影が姿を消す

光と踊るダンス

もう迷わない どんなに私がはずれて遠くに行ってしまおうと ここに戻ってくればいいとわかったから

湧き続ける泉は 枯れることはないのだから それは私の命とつながっている源

安心していよう 信頼していよう 光の源であるわたしを すぐ自分が光であることを忘れちゃうのだけれど いつも思い出していよう すてきな1日をお過ごしください

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
こんにちは 愛と豊かさに生きるコンサルタント井戸敏恵です


お金にならない尊いしごとをしている

そんな自分を認めてあげるといいね



そんなことを思います


やる



在る


愛のある美しい心の人でも

病気があったり

子育てや介護など周りの人の世話で忙しかったりすれば

いわゆる「社会的な活躍」

というのはできませんね


では

そういう人はダメな人なんでしょうか

もちろんそんなことはないですね


現代の日本では

多くのものがお金でやりとりされていて

それがどんどんと加速し

お金への信頼が高まっているというか

言葉を変えれば

お金への「依存」が強まっていると私は感じています


産業革命によって機械化が進み

モノがたくさん生産されるようになりました

それ以前はモノは手でつくるので

作れる量が限られていたのです


いくらベテランの和菓子職人さんだって

1日に作れるおまんじゅうの数には限りがあります

夜は寝ないと死んじゃいますよね


でも、機械なら24時間

ノンストップでおまんじゅうを作り続けられます


そんな風にいろんなものがたくさんたくさん生産されて

日本にはモノがあふれかえっています

豊かといえば豊かですが

ものすごい量です


で、モノは基本的にお金で買う訳でから

お金がいる

お金が欲しい

もっともっとという風になっていきますね


本当に必要なものというのもありますが

毎日知らず知らずのうちにコマーシャルされたり

目に入ってくる刺激の反応で

欲をかきたてられます

そしてその結果

お金を稼ぐことに忙しい日々になります



社会的に人の役に立ってお金を得る手段もありますが

社会的に役に立っているのにお金にならない仕事もあります


人の世話はモノの販売とは違って具体性が乏しいので

値段がつけずらいですね



その中でも体を扱う医療とかマッサージとかはまだ具体的ですが

心を扱う

カウンセリング

セラピー

などはお金をもらいずらいです


そして

子育て

自分のこどもを育てるということは

こどもの命をあずかっているのですし

人を日々育てているので

最高に尊い仕事なのですが

それに値段をつける訳にはいきません



なので子育て中のママさんは

ものすごく尊い仕事をしているにもかかわらず

お金は支払われない



世の中

いくら稼いでいるのかで人の評価をする面がありますね

そんな側面があります

それでいったら子育てママさんは


全然だめ~


ということになってしまいます

テストでいったら0点です

なので


自分がしている子育てがいかに尊い仕事か

ぜひ気づいて

誇りを持って欲しいなと思います


そんなことをお伝えしているわたしも

子育て期間はなんだか自信がなくなっていました


早く働きたい


そんなこといつも思っていました


子育てって社会的な評価を得ずらいのですよね


人は認められたいものです


一人だけ

たった一人だけ息子の先生がわたしのことを一言ほめてくれました





息子は2歳から毎日毎日絵を描いていて

周りの人がその緻密さにいつもびっくりしていました

で、家庭訪問に来た担任の先生がわたしに

お母さんの努力の賜物ですね


と、初めてほめてくれたのです

うれしかったな~


わたしはいつでもこどもが絵が描けるように

2歳から息子の机と椅子を用意し

すぐに使えるようにペン立てにたくさんのペンを置き

紙をたくさんヒモでぶらげてすぐにとれて

好きなだけ絵が描けるようにし

などなど

たくさんたくさんのことをしてきたのです



でも夫でさえも

それはあの子の才能だろ

の一言でした



今、22歳になった息子は一年も満たない間に

自分の描いた絵でツイッターのフォロアー一万人を超えるまでになりました



子育ての努力はきっと実ります

とってもとても大切な尊い仕事です


そのことを子育て中のママさんも

そして、それを見守る人たちも

しっかりわかっていて欲しいなと思います
























いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
愛と豊かさに目覚めるコンサルティング井戸敏恵です。


人生には正解があるのではなく

いろんな経験があるだけ



そんなこと感じています


人がこの世界に生まれてくるのは


いろんな経験をとおして自分が愛そのものであることを知るため


だとも思っています



わたしはたくさんの方々の人生をセミナーやカウンセリングで見てきました

たくさんの人の過去世の人生を見たことも

人生を理解するのにとても役立ちました



過去世にビジネスで成功した人が

次の今世で更に成功するかといえばそうではなくて

別の側面

を経験しているのを知ることはとても興味深いことでした



ある男性からサポートを依頼されて話している時


料理


とわたしのスピリチュルガイドが言ったので


「料理が好きなんですか?」と聞きました


彼の表情がぱっと明るくなり


料理  大好きです


その瞬間

彼が過去世でイタリアのレストランでシェフとして大活躍している姿が見えました


レストランは大人気で

お客様は大入り


何人ものシェフが料理をしてワイワイとにぎやかです


彼は料理はアートだと考えていました


お皿に美しく彩られた料理はおいしいアート


絵はどんなに美しくても食べることはできません


料理は美しくもあり、おいしくもあり最高のアートだよ 

そう、彼はとても成功したシェフだったのです



で、今世はどうかというと

彼のパートナーの女性の方がビジネスではより成功しています

二人の間に生まれた子どもの世話を彼がして彼女をサポートしています

今回の彼のテーマは「サポート」なのです


ほ~


成功した人が
次の人生でもっと成功するというわけでもないんだね



とても興味深かったです



こんな方もいました


彼は美しいものが大好きな建築家で社長


「お客様は王様だと思いなさいと常々社員に伝えています」


彼の過去世はというと

イタリアの大富豪メディチ家の貴公子

その時代、王様や富豪にとって建築物は権威を表すものでした


過去世で建築家に注文を出していた人が

今世ではお客様を王様だと思って注文を受けて家を建てている

相手の立場を生きているわけですね


おもしろいですね~


わたしはというと

信仰に生きていたことが多く

家族を捨てて出家しちゃったりしていました

それがわかった時すごく納得


なので家族を持ち日常の家庭を幸せに営む

そんなことが私には大きなチャレンジなのです


何がお伝えしたかったかというと

輝かしい人生

大活躍すること

世間的に高い評価を得ること

正しいとされること

それがあなたの人生の目的とは限らないということです


人それぞれの人生プログラムは違うのです

いろんな経験をしに生まれてきたんだと私は思っています









いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)