他人から邪念を受けると自分の霊体が歪みます。

霊体が歪むと、肉体側にも何らかの反応が起こります。

この反応は人によって異なります。

うず ポジティブなエネルギーの体感がある身体であれば、ヒーリングがよく効く人です。

てぃきん ポジティブなエネルギーへの反応が低い身体なら、遠隔ヒーリングを受けてもよくわからない人です。

wisupa- ネガティブなエネルギーへの反応が高い心身は、霊体が受けた1のダメージを何倍もツラく感じることがあります。

nigaoe ネガティブなエネルギーへの反応が低い心身は、霊体がズタズタになっていても不調であることを自覚できない可能性があります。

肉体側が体のダメージを倍加して感じてしまうと、顕在意識もさらにストレスを抱きやすくなります。

顕在意識がさらにストレスを抱くと、自分のストレスで肉体の不調が促進されます。

霊体が受けた1のダメージが、3とか9となって心身を痛め付けることがあるのです。

邪念攻撃に対する肉体側の過剰反応を軽減するためのエクササイズは

【呼気の操作能力】

【短く速い吸気の操作能力】

【軸の回転力】

【足裏の開通】

です。



それぞれどこまでできれば、軽減の期待感が高まるかというと・・・




【呼気の操作能力】

・日常的にボクシングやボクササイズをする。

・30秒毎にゆっくり走ったり全速力でダッシュしたりするのを3分間する。これを3日に1回。

・管楽器でグルペット(回音)の練習を日常的にする。

・口笛の練習を日常的にする。おじいさんの古時計を3コーラスとか。

・声楽的な歌の練習を日常的にする。

・ちょっと説明しづらい呼吸法の練習を日常的にする。

息を吐くことによって「気を体外へ放出する」「出口へ集まっているストレス波動を排出していく」「内気を満たす」といったことができます。
息を吐くとこの自由度が少ない身体の状態である人は、体内にストレス波動を蓄積しやすいのです。

★チャクラやクンダリニーのもつ、低次元な波動を引き寄せる機能を弱める方法
あなたのチャクラには、低次元な波動を受信する働きがある
にも関係します。


【短く速い吸気の操作能力】

・0.5秒の短い時間で最大限に息を吸うことができる身体の状態を維持できればいいです。

呼吸によって内気は循環しています。
息を吸うことによって「気を体内で練る」「分散したストレス波動を、適切な出口へ集める」「内気の密度を濃くする」といったことができます。
短い時間で最大限に息を吸うことのできない人は、肉体側のストレス波動の排出能力も低いことになります。
いきなりハードな呼吸をすると逆に体を痛めるので、軸やバランス感覚や肉の繋がりを鍛えながら少しずつ取り組むといいでしょう。

⇒チャクラやクンダリニーのもつ、低次元な波動を引き寄せる機能を弱める方法
あなたのチャクラには、低次元な波動を受信する働きがある
にも関係します。


【軸の回転力】

軸の回転力は、現代人の99%が弱っています。

・スワイショウLv8を日常的に8割マスターしている状態を維持しましょう。
※ 気功グッズとして開発中の『光の五芒星★魔除けのペンダグラム』の解説書にやり方を掲載する予定です。

・真の香功の奥伝の6割マスター状態を維持する。

↑これらは動きの中で軸の回転力を常に発動している状態を指します。
軸の回転力で、肉体側が自然にストレス波動を排出していく能力を高めるのです。
動きのことなので、ネットで教えることができません。



【足裏の開通】

気功的に足の裏が弱いと、肉体側にストレス波動を蓄積しやすい体質となります。
気功的な足の裏の弱さは、ほとんど生来の体質であることが多いです。
仮に生来は強くとも10代のころの運動不足で弱くなってしまうことがあります。

てぃきん スターフット③を使った呼吸法はかなりおススメです。

いちご 裸足(五本指シューズ可)で、舗装されていない自然の凸凹山道を30分以上歩く。
これを週に1回×2年間。

トースト 裸足(五本指シューズ可)で、石ころゴロコロの河原で30分以上歩く。
これを14日に1回×2年間。

プリン 一本足のバランスボードに片足立ちで5分間粘る。これを週に2回×3ヶ月。

いるか いつか発売したい気功グッズ『天地創造』を使った訓練もいいでしょう。

 オーダーメイドの高次元インソール【α4th Star WalkER】も超おススメです。


要するに、動きの中で足裏を刺激して身体のバランス感覚や肉の繋がりを鍛えることが大切ということです。

さらに、内気功や、気功グッズを取り入れるといいでしょう。

これらによって、肉体側が自然にストレス波動を排出していく能力を高めていくのです。

AD