こんにちは、司法書士の脇です。

 

 

自筆証書ではなく、公正証書で遺言書を作る場合には、公証人に手数料を支払うことになります。遺言を書く人それぞれ、持っている財産や、家族構成が違いますので、手数料はまちまちです。手数料の基準の金額は、日本公証人連合会が定めていますが、私が証人として立会ったなかでも、約4万円~約13万円と結構な差があります。

 

 単純なものであれば、財産の相続又は遺贈を受ける人ごとにその財産の価額を算出し、これを上記基準表に当てはめて、その価額に対応する手数料額を求め、これらの手数料額を合算して、当該遺言書全体の手数料を算出します。

 

●Aさんの場合

相続財産は、自宅と預金を合わせて、約4000万円です。相続人にあたる人は長女と次女の2人ですが、長女に全てを相続させるという内容でした。

  1. 目的財産の価額が5000万円以下なので、手数料の基本額が、2万9000円

  2. 遺言加算が、1万1000円

  3. 正本と謄本代が、5枚×250円×2通=2500円

  4. なし(公証役場で立会)

     2万9000円1万1000円2500円4万2500円

     ●Bさんの場合

     相続財産は、預金と株式を合わせて、約4000万円です。相続人あたる兄弟2人と、友人2人に、それぞれに約1000万円ずつを相続させるという内容でした。Bさんは入院しているため、公証人に病院まで出張で来てもらいました。

  1. 目的財産は相続する人ごとに計算をしますので、1000万以下の手数料基本額の、1万7000円×4人=6万8000円

  2. 遺言加算が、1万1000円

  3. 正本と謄本代が、5枚×250円×2通=2500円

  4. の手数料の50%加算=3万4000円 出張日当1万円 交通費2000円

    6万8000円1万1000円2500円4万6000円12万7500円

     

 以上のように、公正証書で遺言を作る場合は、それなりの費用と手間がかかりますが、弊社では自筆の遺言ではなく、公正証書で作成されることをお勧めしています。その安心の理由とは? それは、またの機会にご紹介しますのでご期待ください。

 

櫻司法書士法人 脇慶太

AD

めっきり寒くなってきましたね。

 

大人になってから毎年霜焼けが出来るようになってしまったので、

毎年冬場の防寒対策には気をつけています。

 

最近ちょくちょく会社の登記で役員変更から10年が経過している登記簿を

見ることがあります。

 

役員の任期が10年までOKになったのが平成18年改正で、その後任期伸長

を行った会社が結構な数あると思うのですが、10年間やってこなかったことを

急にやらなければいけないので、皆さん忘れてしまっているようです。

 

役員変更登記をほったらかしていると登記懈怠、選任懈怠で過料(数万円)を

払わないといけないことも出てきますし、「みなし解散」の手続を法務局で

すすめられることがありますのでお気をつけ下さい。

 

司法書士 芳地 大輔

AD

司法書士の脇です。

 

相続がおこったとき、不動産の名義変更を依頼された場合、弊社では基本的に「名寄帳(なよせちょう)」を取ることにしています。

よく、固定資産税の納税通知書などを元に不動産の特定をしますが、時々非課税の道路があったりすると、誰もその土地の存在に気付かずかないことがあります。

名寄帳であれば、その市区町村の中にある不動産の一覧が調査できますので、相続人でも知らなかったような、共有の持ち分が見つかったりしますので、基本的には調べるようにしているのです。

 

櫻司法書士法人 脇慶太

AD

宝塚に久しぶりにいきました

テーマ:

暑かったり寒かったり気温の差が激しすぎて体がついていかないですね。

 

今日は久しぶりに宝塚に仕事の用事で行きました。昔は宝塚に法務局があったのでボチボチ行ってましたが。。。

 

今は法務局が伊丹に合併してあまり行く機会がなくなってしまいました。 

 

宝塚の関係者の方なのか、とても一般人らしくない立ち振る舞いの方がいてやはり他とは違う独特の場所だなと思った一日でした。

 

まったく宝塚歌劇とは関係の無い場所にしかいかないんですけどね

 

芳地

本人かどうかの確認について

テーマ:

司法書士の脇です

 

今日初めて会ったAさんが、間違いなくAさん本人だと確認ができるでしょうか?

 

 家族であるとか、高校の同級生で、今でも付き合いがあるような人については、「間違いなくこの人はAさんだ。」と言い切ることはできます。また、職場の同僚や、長年お付き合いのあるお取引先の方でも、「間違いなくこの人はAさんだ。」と言い切れる方もたくさんいると思います。しかし、今日初めて会った人や、数回しか会ったことがない人について、本人であることの確認ができるのでしょうか?

 初めて公正証書遺言の証人として立会った時に驚いたことがありました。公証人の本人確認は、原則的に印鑑証明書と実印のみなのです。遺言書の中には「遺言者は、印鑑登録証明書を提出して人違いでないことを証明した。」と記載されます。ただし、印鑑登録をしていない人については、顔写真付きの身分証の提示を求められましたが、先日は身体障碍者手帳で確認をされました。

 まあ、本人になりすましてまで、遺言書を偽造しようかとゆう人は滅多にいないとは思いますが、ややゆるやかな本人の確認だなあと思ったものでした。と言いますのも、私たち司法書士の本人確認の場合には、印鑑証明書と実印はもちろんですが、公的な役所などが発行した、本人を確認するための書類の提示を受け、写しを保管する義務があります。

また、身体障碍者手帳は、本人を確認する資料としては使えない場合もあります。発行年が相当に前の物では、有効期限の定めがなく、写真の容姿からずいぶんと変わられていることもあります。

では、今日初めて会ったAさんが、間違いなくAさん本人だと確認ができるでしょうか?

慎重に本人であることの確認をさせて頂くのですが、「絶対にそうだ」とは間違っても言い切れません。特に前半で書きました不動産取引の場合で、「権利書が無い」時は、特に注意をして、可能な限りの確認をさせて頂いています。

技術の進歩により、本人を認識するシステムが開発されています。銀行では指紋認証で確認をしますし、まだ映画の中の世界かもしれませんが、目の網膜で識別したりするようです。

ただ、どのような技術が開発されたとしても、公共の利益(防犯やテロ対策など)と、プライバシーとのバランスが問題となりますので、簡単には利用できないのでしょう。

 

櫻司法書士法人 脇慶太