競馬予想:予想師・紀伊國屋のJRA重賞予想

競馬予想を公開し続けて21年。JRA重賞予想を行なう鬼才の予想師・紀伊國屋のコンテンツ。
狙いは三連複、軸馬は二頭、予想は三点、都合5頭で勝負を掛けることを
潔いとする。果たしてどうか、今週は!!


テーマ:

1994年
ナリタブライアン 牡4 7戦 6勝
皐月賞、ダービー、菊花賞、有馬記念

1995年
マヤノトップガン 牡4 13戦 5勝
菊花賞、有馬記念

1996年
サクラローレル 牡6 5戦 4勝
天皇賞(春)、有馬記念

1997年
エアグルーヴ 牡5 5戦 3勝
天皇賞(秋)

1998年
タイキシャトル 牡5 5戦 4勝
Jマロワ賞、安田記念、マイルCS


スターホースが活躍していた20世紀末、勝つことが「夢」となり、
「記録」がそに走りの重み付けをした。


語ることができるネタが増え、感性で解釈された理屈を論とし、
好き嫌いで結論を見る。


結果、理解はその枠を縮め、牽引力を失い、迷走が始まり、
分散された人気が乱立し、蓄えた人気は時間と共に朽ちる。


1998年から14年間、減収が続いているという。


14年連続で減収とJRAが嘆くが、この14年間に、三連複、三連単、
更にはWIN5を導入して、射幸心のみを煽り、競馬ファンへの
「還元」を怠った。複雑化した「夢」は闇に消えたのである。


ワイド馬券を導入した時の反省が裏目に出て、複雑な夢を産み落とし、
結果、ファン離れを引き起こしたのかも知れない。


JRAはファン層の裾野を広げることを第一義に総ての「サービス」を
考えなければ減収となる。予想も根拠もない宝くじに投資する
「夢」がある。「夢」の代替に身銭を投じることができる人は
他にもいるのである。


競馬≒公営ギャンブル≒博打という図式は、「複雑」、「難解」という
壁にファン層の拡大を阻まれているのである。それに気が付かなければ、
この減収騒ぎは収まらない。ファン層を軸に据えて、「大事にする」
ということを実践しない限りは減収は止まらない。


これから益々高齢化が進む。すべてを単純化してファン層を見据えた

展開をしない限り、この先、馬産地は更に縮小の途を辿り、消滅する。


馬群から抜け出るスターホースは誕生しなくなる。望む海外制覇の夢が

潰えるのである。心して運営にあたられたし。



AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
http://jra.jp/news/201103/032301.html

恐れ入りました。
開催変更がこのようになるのは致し方ないのは
百も承知。予想は開催場所の条件に合わせて、
そのデータで見るしかないなぁ。

当たればそれこそ予想師冥利というものか(笑)
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。