競馬予想:予想師・紀伊國屋のJRA重賞予想

競馬予想を公開し続けて21年。JRA重賞予想を行なう鬼才の予想師・紀伊國屋のコンテンツ。
狙いは三連複、軸馬は二頭、予想は三点、都合5頭で勝負を掛けることを
潔いとする。果たしてどうか、今週は!!


テーマ:

第69回阪神ジュベナイルフィリーズ:12月10日(日) 15時40分発走

実力と実績が伴う番組
紐荒れが多いがほぼ順当な結果


マイル戦だがマイル戦ではない
距離としてはマイル戦であるが、二歳牝馬のこの時期でどこまで力を発揮できるかということになると、マイル戦以上の負担が掛かることは確かだ。その負担がどの程度のものなのかを判断することが出来る一つの材料が東京コースでおこなわれたアルテミスSである。追われて伸びる脚質があるのか、上がり時計はどうだったのか、持ち時計はどうなのかというところで、データ的に参照できるものが多い。ただ、阪神コースでは東京コースのような足が使えない。となると、前々の競馬ができることが基本となって来る。それが適えば勝ち負けになる可能性は一段と高くなる。また、沈殿する疲労だが、そのことは素人が論じるよりも、ここに来るまで4戦程度で納めておいてくれれば、そこそこの走りができる。キャリアがなければ多頭数での立ち回りができない。その経験則を持っているかを判断する材料として4戦までという話になる。個体差はあるものの、馬格(馬体重で判断)がなければきちんと走りきることができない。それらを併せて予想を組み立てたい。

●出馬表
馬名 性齢 斤量 騎手名
1 1 サヤカチャン 牝2 54 松岡 正海
1 2 ラテュロス 牝2 54 北村 友一
2 3 グリエルマ 牝2 54 小牧 太
2 4 マウレア 牝2 54 戸崎 圭太
3 5 ラスエモーショネス 牝2 54 幸 英明
3 6 マドモアゼル 牝2 54 松田 大作
4 7 リリーノーブル 牝2 54 川田 将雅
4 8 トーセンブレス 牝2 54 柴田 善臣
5 9 レグルドール 牝2 54 高倉 稜
5 10 ハイヒール 牝2 54 藤岡 佑介
6 11 ラッキーライラック 牝2 54 石橋 脩
6 12 ソシアルクラブ 牝2 54 福永 祐一
7 13 トーセンアンバー 牝2 54 横山 和生
7 14 ノーブルアース 牝2 54 鮫島 良太
7 15 ナディア 牝2 54 四位 洋文
8 16 モルトアレグロ 牝2 54 吉田 隼人
8 17 コーディエライト 牝2 54 和田 竜二
8 18 ロックディスタウン 牝2 54 Cルメール

●主線はこの二頭の勝ち負け
暮れの番組は[お釣り]の番組が多い。どうしても余力がないと勝ち負けにならない。だから、アルテミスSがここでは力を発揮させるのではないかと思わせる。その中で主軸に据えた馬はラッキーライラック。オルフェーブル産駒。悪くはなさそうだ。言うことも聞きそうだ。素直な馬に思える。前走での伸び脚も軽やかだった。追えばもっと走るのではないかと期待をさせる。対抗にはDI産駒のラテュロスを推す。アルテミスSでは前を行く馬にちょっかいを出し過ぎた。言うことを聞かない馬というのはそれで力尽きてしまう。それを知った前走、ここではきちんと御すのではないかと考える。この二頭の勝ち負けになる、筈だ。
●番手にはこの三頭を挙げる
二戦しかしていない中で、全勝、100%の連対率なんて言ってしまって良いのかと思うのだが、その額面通りのマウレアを▲単穴とした。切れる脚は武器になる。ただ、前肢の力強さを感じさせないために、之までと同じ位置取りではなく、できたらもう少し前で騎乗して貰いたいところだが、どうか。主線を越えるかもしれない。また、コーディエライトも連対率100%。ダイワメジャー産駒なのだが、牝馬だからか、それを感じさせない。父系が出ているからというのなら、瞬発力に期待したい。二走前の脚は切れた。ここではどうか。そして、ブラックタイド産駒のマドモアゼルを挙げる。この馬も連対率100%。ちょっと早仕上げだなと思わせたところがある。それが気になったために△連下止まりとなってしまったのだが、時計的には悪くない。二歳牝馬にしては上々である。が、多頭数経験が少ない。そこがどうか。
●取捨選択を迷った一頭
リリーノーブルはルーラーシップ産駒。グラマラスな牝馬だ。その割には時計が冴えない。まだ、四肢を持て余しているところがあるのではないかと思える。それがここで悪さをするのではないかという気がするのである。結果、馬群に包まれて失速。良くあるパターンだ。また、大外枠に入ったロックディスタウンだが、ルメール騎手が手綱を執れば好走するというのはマジックになってしまう。休み明け、多頭数、大外枠ということで、どうか。その上で1800m戦からの距離短縮で臨んできたことを考えると迷わされることは確かだ。諸賢の考えは如何だろうか。

●捨てちゃえ馬
無理は禁物。この先が長い。それを考えるとここが正念場という走りにはならない。それを併せて考えると、前述のように、ここではリリーノーブルロックディスタウンが出番がないと判断をした。故に捨てる!!


●今週の買い目!!鬼結!!
鬼結 馬名 性齢 斤量 騎手名
11 ラッキーライラック 牝2 54 石橋 脩
2 ラテュロス 牝2 54 北村 友一
4 マウレア 牝2 54 戸崎 圭太
△1 17 コーディエライト 牝2 54 和田 竜二
△2 6 マドモアゼル 牝2 54 松田 大作
捨馬 7 リリーノーブル 牝2 54 川田 将雅
捨馬 18 ロックディスタウン 牝2 54 Cルメール


【配当】
単勝 11 410円
複勝 11 140円
7 180円
4 240円
枠連 4-6 720円
馬連 7-11 920円
ワイド 4-7 800円
4-11 560円
7-11 390円
馬単 11-7 1,820円
3連複 4-7-11 2,160円
3連単 11-7-4 8,560円

【着順】 【時計】
1 11 ラッキーライラック 1:34.3 33.7
2 7 リリーノーブル 1:34.4 33.9
3 4 マウレア 1:34.5 33.9
4 8 トーセンブレス 1:34.9 33.7
5 16 モルトアレグロ 1:35.0 34.1
6 2 ラテュロス 1:35.2 35.0
7 3 グリエルマ 1:35.2 34.4
8 12 ソシアルクラブ 1:35.3 34.3
9 18 ロックディスタウン 1:35.4 35.3
10 6 マドモアゼル 1:35.5 35.1
11 14 ノーブルアース 1:35.5 34.3
12 13 トーセンアンバー 1:35.6 34.4
13 17 コーディエライト 1:35.8 35.8
14 1 サヤカチャン 1:35.8 35.3
15 9 レグルドール 1:36.0 34.6
16 10 ハイヒール 1:36.0 34.9
17 5 ラスエモーショネス 1:36.2 36.3
18 15 ナディア 1:36.5 35.7

AD
いいね!した人

テーマ:

第10回カペラステークス:12月10日(日) 中山競馬場
15時20分発走

ダートの基本は前々の競馬ができること
芝からの転戦は通用しないことが多い


三歳馬は力不足が多い
07年は1月開催だったガーネットSがこの時期の開催となり、名称変更となった。この事実も今年が終了すると10年の配当履歴から姿を消すことになる。歴史を紐解かなければ出てこない。が、多くはそんな昔は必要ない。精々、三年あれば良い。それ以外は考えても当たらない馬券だ。この番組で言えるのは、近走がどうであったか。後ろからの競馬で差し足を生かして勝ち星を獲れる馬なのか、前々の競馬をしつつ、二の足を使える馬なのか。距離短縮で臨むのか、同距離を走るのか。上がり時計はどうか。そんなことを考えながら予想につなげていくのだが、肝心なのは近三走。その勢いがあるのかないのか。なければ話にならないが、ここに来て燃え上がる馬がいたりもする。要はどのペースがその馬の実力なのかというところを判断する。だから、この番組は難しい番組のひとつ。高配当を続出しているからではない。それは結果であって、見落としているところが出やすい番組なのである。それを踏まえて予想を組み立てたい。

●出馬表
馬名 性齢 斤量 騎手名
1 1 キャプテンシップ 牡5 56 江田 照男
1 2 グレイスフルリープ 牡7 58 三浦 皇成
2 3 キタサンサジン 牡5 57 柴山 雄一
2 4 ニットウスバル 牡5 56 吉田 豊
3 5 モンドクラッセ 牡6 56 柴田 大知
3 6 ショコラブラン 牡5 56 蛯名 正義
4 7 ノボバカラ 牡5 57 北村 宏司
4 8 ブルドッグボス 牡5 57 内田 博幸
5 9 コーリンベリー 牝6 56 松山 弘平
5 10 ドラゴンゲート 牡5 56 田辺 裕信
6 11 ナンチンノン 牡6 56 丸田 恭介
6 12 キクノストーム 牡8 56 横山 典弘
7 13 サイタスリーレッド 牡4 57 シュミノー
7 14 ブルミラコロ 牡5 56 秋山 真一郎
8 15 スノードラゴン 牡9 58 大野 拓弥
8 16 ディオスコリダー 牡3 55 津村 明秀

●主線はこの二頭の勝ち負け
なぜ、三歳馬が力不足なのか。三歳戦に出走していることが大半だから打という考え方がある。が、今回主軸に据えたディオスコリダーは、この二戦、古馬と渡り合ってきた。その結果でここに参戦して来た。成長著しい馬だということで考えた。どこまで力が発揮できるのかということは別問題。ここではワイド連対までに入ってくる馬だと考えて主軸とした。対抗にはニットウスバルを推す。思ったような走りができてきた馬だと考える。本来であればもっと前から力を発揮して欲しかったところだが、大器晩成型という馬は確実にいる。その観点で考えればこの時期がピークなのかもしれない。好機を逃させたくないという情実も絡むか。
●番手にはこの三頭を挙げる
ブルミラコロを▲単穴とした。きちんと勝ち負けになってこの番組に駒を進めて来た。斤量としても56キロなら許容範囲。走破時計も申し分ない。父系はスタミナなのだが、この馬は違うようだ。あとは中山コースでの相性か。また、ショコラブランを挙げる。勝ち倦ねてここまで来てしまったのだが、調教VTRを観る上では申し分の無い走りをしていた。調教駆けをする馬かもしれない。が、それでも間違えばワイド連対ならあるだろう。ちょっと気になる一頭だ。そして、サイタスリーレッドを推す。前走は論外。結果がすべてというデータドリブン派には分からないかもしれないが、不良馬場が嫌いな馬もいるのである。顔に泥が跳ねるだけでやめてしまう馬も沢山いる。それだったとは言わない。力はあると評価した。諸賢の考えは如何だろうか。
●取捨選択を迷った一頭
もう八歳になってしまったのかと、調教VTRで久しぶりに真面目に見入ってしまったキクノストーム。自分から積極的にハミを捉えて走ろうとしていた。馬齢が進むと自分の走るべき時を知るという。もしかしたらと食指が動いた。

●捨てちゃえ馬
やはり、いまひとつ何かが足りない。衰え始めている中では立派なのだが、どうか。ということで、ここではキクノストームが要らない。故に捨てる!!


●今週の買い目!!鬼結!!
鬼結 馬名 性齢 斤量 騎手名
16 ディオスコリダー 牡3 55 津村 明秀
4 ニットウスバル 牡5 56 吉田 豊
14 ブルミラコロ 牡5 56 秋山 真一郎
△1 6 ショコラブラン 牡5 56 蛯名 正義
△2 13 サイタスリーレッド 牡4 57 シュミノー
捨馬 12 キクノストーム 牡8 56 横山 典弘


【配当】
単勝 16 660円
複勝 16 250円
15 450円
8 170円
枠連 8-8 8,430円
馬連 15-16 7,980円
ワイド 8-15 1,710円
8-16 970円
15-16 2,490円
馬単 16-15 13,580円
3連複 8-15-16 17,110円
3連単 16-15-8 105,610円

【着順】 【時計】
1 16 ディオスコリダー 1:11.0 36.6
2 15 スノードラゴン 1:11.1 36.5
3 8 ブルドッグボス 1:11.3 36.9
4 10 ドラゴンゲート 1:11.5 37.5
5 4 ニットウスバル 1:11.5 36.7
6 12 キクノストーム 1:11.6 36.7
7 5 モンドクラッセ 1:11.6 36.4
8 7 ノボバカラ 1:11.7 37.4
9 2 グレイスフルリープ 1:11.7 37.1
10 14 ブルミラコロ 1:11.9 37.3
11 11 ナンチンノン 1:11.9 37.8
12 3 キタサンサジン 1:12.1 37.7
13 6 ショコラブラン 1:12.3 37.7
14 1 キャプテンシップ 1:12.5 37.7
15 13 サイタスリーレッド 1:13.2 39.0
16 9 コーリンベリー 1:14.1 39.9

AD
いいね!した人

テーマ:

第53回中日新聞杯:12月9日(土) 中京競馬場
15時35分発走

番組の格、その出走状態を確認
開催時期の変更がどうなるか


出走馬の力を考える
番組の格というのは、この番組がG3戦。当然のようにG2戦やG1戦がある。それらに出走できる馬が、それらの番組でどのような走りをしていたかということ。これまでは春の番組であったが、今年から暮れの番組となった。そのため、余力がほとんどないという馬が大半ではないかと思える。その余力がどこまであるのかというところが鍵。これまでは一番人気は[4-1-0-5]で悪くはない。が、ハンデ戦である以上、見込まれた力がある馬が一番人気に押し出されているのであれば、それはそれで順当。軸に据えることができるだろう。が、それでも二桁人気が飛び込んできたり、六番人気以降が揃って入線したりと波乱含みとなっている。要は力通りの走りができれば順当な結果に収まるが、そうでなければ波乱という結果になる。基本は前走で好走していることが鍵。この点を重視して予想を組み立てたい。

●出馬表
馬名 性齢 斤量 騎手名
1 1 フルーキー 牡7 57 吉田 隼人
1 2 スズカデヴィアス 牡6 56.5 藤岡 康太
2 3 タイセイサミット 牡4 56 丸田 恭介
2 4 マウントロブソン 牡4 57.5 石橋 脩
3 5 バンドワゴン 牡6 54 浜中 俊
3 6 フェルメッツァ 牡6 55 北村 友一
4 7 ヴォージュ 牡4 54 国分 恭介
4 8 パドルウィール 牡6 54 松山 弘平
5 9 ストーンウェア 牡5 54 丸山 元気
5 10 ミッキーロケット 牡4 57.5 和田 竜二
6 11 マキシマムドパリ 牝5 55 藤岡 佑介
6 12 ロードヴァンドール 牡4 56 横山 典弘
7 13 メートルダール 牡4 55 Cデムーロ
7 14 ケントオー 牡5 56 菱田 裕二
7 15 サラトガスピリット 牡5 53 川須 栄彦
8 16 クィーンチャーム 牝5 52 中谷 雄太
8 17 ショウナンバッハ 牡6 54 木幡 初也
8 18 レコンダイト 牡7 55 松若 風馬

●主線はこの二頭の勝ち負け
今回はまた時間が足りなくなってしまったので、簡単に話を済ませたい。要は勝ってこの番組に駒を進めて来た馬が有利だということ。前々の競馬ができることが肝心だということ。それらを併せて考えた結果、下記となった。
◎:マウントロブソン
○:マキシムドパリ
●番手にはこの三頭を挙げる
ハンデ戦である。混戦となる。力比べは斤量によって変わる。ということから、下記の三頭を挙げる。
▲:メートルダール
△:ミッキーロケット
△:ストーンウェア
●取捨選択を迷った一頭
悪くはないのだが、良いところが分からない馬だと思えるのがスズカデヴィアス。本当に走ることができるのかと考えさせられる。
×:スズカデヴィアス

●捨てちゃえ馬
やはり、勝ち倦ねている馬だ。力が出せないのではないかと考えて、ここではスズカデヴィアスが要らない。故に捨てる!!


●今週の買い目!!鬼結!!
鬼結 馬名 性齢 斤量 騎手名
4 マウントロブソン 牡4 57.5 石橋 脩
11 マキシマムドパリ 牝5 55 藤岡 佑介
13 メートルダール 牡4 55 Cデムーロ
△1 10 ミッキーロケット 牡4 57.5 和田 竜二
△2 9 ストーンウェア 牡5 54 丸山 元気
捨馬 2 スズカデヴィアス 牡6 56.5 藤岡 康太


【配当】
単勝 13 540円
複勝 13 190円
10 170円
12 270円
枠連 5-7 1,190円
馬連 10-13 1,540円
ワイド 10-12 740円
10-13 590円
12-13 1,050円
馬単 13-10 2,830円
3連複 10-12-13 4,460円
3連単 13-10-12 23,260円

【着順】 【時計】
1 13 メートルダール 1:59.3 33.6
2 10 ミッキーロケット 1:59.5 34.0
3 12 ロードヴァンドール 1:59.6 34.6
4 17 ショウナンバッハ 1:59.6 33.5
5 11 マキシマムドパリ 1:59.6 34.5
6 4 マウントロブソン 1:59.6 33.7
7 5 バンドワゴン 1:59.8 33.6
8 14 ケントオー 1:59.8 33.4
9 2 スズカデヴィアス 1:59.9 34.0
10 8 パドルウィール 1:59.9 34.6
11 7 ヴォージュ 2:00.0 34.7
12 16 クィーンチャーム 2:00.1 34.4
13 3 タイセイサミット 2:00.1 34.6
14 6 フェルメッツァ 2:00.3 34.6
15 9 ストーンウェア 2:00.3 34.1
16 18 レコンダイト 2:00.3 34.1
17 1 フルーキー 2:00.4 34.6
18 15 サラトガスピリット 2:01.0 35.7

AD
いいね!した人

テーマ:

第18回チャンピオンズカップ:12月3日(日) 中京競馬場
15時30分発走

ダート戦は大きく変わらない
変わるとしたら、その理由は距離適正


強い馬が勝つ番組
強い馬とは何か。距離適正に関わらず、1800m戦以上で好走できる馬とここでは考える。東京コースで最後に開催された07年五歳馬のヴァーミリアンが勝ち星を挙げた。この時が2100m戦という長丁場。翌年から阪神コースに移り、6回おこなわれ、最後が13年、1800m戦でペルシャザールが、ワンダーアキュート、ホッコータルマエを連れて勝ち星を挙げた。勝ったペルシャザールは五歳馬だ。勢いが止まらないという馬が勝ち負けになる。三歳馬が[0-2-2-15]で複勝率が21.0%、四歳馬が[2-1-1-22]で15.3%、五歳馬が[4-2-1-24]で22.5%、六歳馬が[2-2-3-19]で36.8%、七歳馬以上が[0-1-1-23]で8.6%で語るに足らず。前述のように、ダート馬は落ち込みが激しくない。芝に比べて高止まりが可能だ。つまりは、近走で好走している馬がここでも期待に応えてくれる可能性が高いということになる。その点を加味して予想を組み立てたい。

●出馬表
馬名 性齢 斤量 騎手名
1 1 コパノリッキー 牡7 57 田辺 裕信
1 2 ケイティブレイブ 牡4 57 福永 祐一
2 3 ミツバ 牡5 57 松山 弘平
2 4 ノンコノユメ せん5 57 Cデムーロ
3 5 メイショウスミトモ 牡6 57 吉田 隼人
3 6 モルトベーネ 牡5 57 秋山 真一郎
4 7 ロンドンタウン 牡4 57 岩田 康誠
4 8 グレンツェント 牡4 57 ボウマン
5 9 ゴールドドリーム 牡4 57 ムーア
5 10 キングズガード 牡6 57 藤岡 康太
6 11 アウォーディー 牡7 57 武 豊
6 12 カフジテイク 牡5 57 ルメール
7 13 テイエムジンソク 牡5 57 古川 吉洋
7 14 サウンドトゥルー せん7 57 大野 拓弥
8 15 アポロケンタッキー 牡5 57 内田 博幸
8 16 ローズプリンスダム 牡3 56 戸崎 圭太

●主線はこの二頭の勝ち負け
JRAでさえも阪神競馬場と間違ってメールを送ってくる始末だから、中京競馬場で行われることに違和感があるのだろう。主軸にはテイエムジンソクを据えた。留まることを知らない勢い。この番組でも勝たせてやりたいところだが、どこまでその期待に応えることができるか。課題は展開にある。息を吐かずに1800m戦を走り切るには無理がある。どこでどう抜かせるか。が、問題はないだろう。対抗には迷った結果、調子が良いキングズガードを推すことにした。いまひとつ勝ち切れない馬ではあるが、ワイド連対までであれば入ってくるだろうと考えた。マイル戦であろうが、1800m戦であろうが、ただ淡々とという馬だ。結果も付いてくるだろう。
●番手にはこの三頭を挙げる
本当にG1戦なんだっけと思わせるようなメンバーではあるが、ロンドンタウンを▲単穴とした。悪くはない。巧く嵌まれば勝ち負けさえも脅かす存在だ。が、この馬もまた勝ちきれないところがある。なぜか、競り負けることが多い。気性が勝ってしまうのか。が、この位置とした。また、ノンコノユメの手綱をCデムーロ騎手が手綱を執ることになった。彼のセンスは抜群だが、このところいまひとつ馬と噛み合っていない。若さがそうさせるのか。そろそろきちんと走らせてくるだろうと期待を寄せる。そして、メイショウスミトモを推す。勝ってこの番組に参戦してきたことは良いことだ。ダート馬は簡単に変わらないというところもある。この馬ももう六歳馬。いまの勢いでワイド連対ぐらいまでなら食い込んでくるだろう。
●取捨選択を迷った二頭
武蔵野Sとこの番組の連係性は悪い。昔はそうでもなかったのだが、最近は頓にそうだ。が、それだからということではない。カフジテイク自体がきちんと走ろうとしていないようなところがある。前回も迷ったが、この馬は夏馬なのだろう。メモして置いた方が良い。また、サウンドトゥルーだが重馬場のJBCを勝ってこの番組に参戦してきたのだが、馬場条件が違い過ぎる。それを考えるとこの番組では難しいのでは華井かと思えてしまう。諸賢の考えは如何だろうか。

●捨てちゃえ馬
前述の通り、ここではカフジテイクサウンドトゥルーが要らない。故に捨てる!!


●今週の買い目!!鬼結!!
鬼結 馬名 性齢 斤量 騎手名
13 テイエムジンソク 牡5 57 古川 吉洋
10 キングズガード 牡6 57 藤岡 康太
7 ロンドンタウン 牡4 57 岩田 康誠
△1 4 ノンコノユメ せん5 57 Cデムーロ
△2 5 メイショウスミトモ 牡6 57 吉田 隼人
捨馬 12 カフジテイク 牡5 57 ルメール
捨馬 14 サウンドトゥルー せん7 57 大野 拓弥


【配当】
単勝 9 1,300円
複勝 9 500円
13 230円
1 560円
枠連 5-7 1,570円
馬連 9-13 4,140円
ワイド 1-9 4,060円
1-13 2,380円
9-13 1,830円
馬単 9-13 9,400円
3連複 1-9-13 27,350円
3連単 9-13-1 158,490円

【着順】 【時計】
1 9 ゴールドドリーム 1:50.1 35.2
2 13 テイエムジンソク 1:50.1 36.1
3 1 コパノリッキー 1:50.2 36.3
4 2 ケイティブレイブ 1:50.4 36.2
5 11 アウォーディー 1:50.5 36.1
6 3 ミツバ 1:50.5 35.6
7 12 カフジテイク 1:50.6 35.9
8 10 キングズガード 1:50.6 35.1
9 4 ノンコノユメ 1:50.7 35.5
10 8 グレンツェント 1:50.7 36.2
11 14 サウンドトゥルー 1:50.7 35.5
12 16 ローズプリンスダム 1:50.8 36.2
13 6 モルトベーネ 1:50.9 36.7
14 5 メイショウスミトモ 1:51.0 36.2
15 7 ロンドンタウン 1:51.9 37.8
取消 15 アポロケンタッキー  

いいね!した人

テーマ:

第68回チャレンジカップ:12月2日(土) 阪神競馬場
15時45分発走

1ファロン延びて、様変わりするか
課題は2000m戦適正と、いまの勢い


データは混在、阪神2000m戦を考える
マイル戦、1800m戦、そしてこの2000m戦とあるが、この番組も開催週ということがあり、運が良ければ12月にもう一戦、参戦することができるかも知れないが、多くはこの番組で今年を終わることだろう。陣営としては余念がない。馬がそれに応えられるかだけだ。昨年までは1800m戦であったが、今年から2000m戦となった。そのためにデータがない。となれば、阪神の2000m戦のデータを引っ張り出すという面倒なことになるのだが、そうではなく、ここでは馬の勢いを重視したい。ただ、前走がどんな番組でだったのかは見極めなければならない。格上番組で好走したあとであれば軽視できるが、肝心なのはその番組での上がり時計、阪神コースとの違いということもある。競馬は直線に入ってからの勝負。それをどう考えるか。それらを含めて予想を組み立てたい。

●出馬表
馬名 性齢 斤量 騎手名
1 1 ニシノジャーニー 牡4 56 佐藤 友則
2 2 メドウラーク 牡6 56 岩田 康誠
3 3 サトノクロニクル 牡3 55 Mデムーロ
4 4 スーパーマックス 牡3 55 山口 勲
5 5 モンドインテロ 牡5 56 ルメール
5 6 ブレスジャーニー 牡3 55 柴田 善臣
6 7 プリメラアスール 牝5 54 酒井 学
6 8 デニムアンドルビー 牝7 54 Cデムーロ
7 9 マイネルミラノ 牡7 56 丹内 祐次
7 10 マサハヤドリーム 牡5 56 和田 竜二
8 11 ジョルジュサンク 牡4 56 川田 将雅
8 12 レッドソロモン 牡5 56 福永 祐一

●主線はこの二頭の勝ち負け
最近は2000m戦が難しい位置付けとなって私の中では目立ってきた。マイラーでは勝てないが、マイルハーフでも勝ち負けが難しい。その中で浮上してきたのがモンドインテロだ。手綱を捌くルメール騎手の騎乗をしっかりと見てみたい。対抗にはジョルジュサンクを推す。福島記念を除外、この番組に流れは悪いものの繋いできた。どこまで走ることができるのかは調教VTRだけが頼りだが、それなりに好走はできると考えた。結果、この二頭の勝ち負けになると判断をした。
●番手にはこの三頭を挙げる
前走のサトノクロニクルは考えなくて良い。腱先が滑って、競馬にならなかったということにした。今回は前回よりは良い馬場で走ることができる。どこまで力を発揮できるか、来年に繋げる番組として考えてみたい。また、マサハヤドリームだが、出走した福島記念では競馬になっていなかった。休み明けだから仕方ないというのは馬がいうことで、陣営がいうことではない。馬自体がどこまで走ることができるかを見極めるべきだろう。が、ここではそれなりに走ると考えた。△連下ながらも推す。そして、メドウラークを挙げる。悪くはないが、この馬もまた武器らしい武器がない。良血馬だけに侮れないのだが、どこまで走ることができるか興味をそそられた。
●取捨選択を迷った一頭
馬主はいつまでデニムアンドルビーを走らせるつもりなのだろうかと余計な詮索をしてしまう。もう、七歳馬だ。一年以上前に繁殖に上げても良いのではないかと思える。が、上げずに走らせている。どんな理由があるのだろうか。もう一花咲かせてやりたいということなのか。が、馬体は良くなっているように見えた。が、どこまで走れるのか疑問が残った事もまた事実。はてさて、どうしたものか。

●捨てちゃえ馬
やはり、デニムアンドルビーは繁殖に上げた方が良い。ということで、前述の理由も含めてここでは要らない。故に捨てる!!


●今週の買い目!!鬼結!!
鬼結 馬名 性齢 斤量 騎手名
5 モンドインテロ 牡5 56 ルメール
11 ジョルジュサンク 牡4 56 川田 将雅
3 サトノクロニクル 牡3 55 Mデムーロ
△1 10 マサハヤドリーム 牡5 56 和田 竜二
△2 2 メドウラーク 牡6 56 岩田 康誠
捨馬 8 デニムアンドルビー 牝7 54 Cデムーロ


【配当】
単勝 3 350円
複勝 3 140円
8 220円
6 160円
枠連 3-6 1,140円
馬連 3-8 1,540円
ワイド 3-6 330円
3-8 590円
6-8 790円
馬単 3-8 2,370円
3連複 3-6-8 2,280円
3連単 3-8-6 12,120円

【着順】 【時計】
1 3 サトノクロニクル 1:58.6 34.9
2 8 デニムアンドルビー 1:58.6 34.6
3 6 ブレスジャーニー 1:58.7 34.6
4 5 モンドインテロ 1:58.7 34.4
5 4 スーパーマックス 1:59.4 35.5
6 9 マイネルミラノ 1:59.6 36.2
7 10 マサハヤドリーム 1:59.7 35.9
8 2 メドウラーク 1:59.7 35.2
9 7 プリメラアスール 1:59.7 36.3
10 12 レッドソロモン 2:00.3 36.7
11 11 ジョルジュサンク 2:00.6 37.0
12 1 ニシノジャーニー 2:01.9 36.7

いいね!した人

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。