競馬予想:予想師・紀伊國屋のJRA重賞予想

競馬予想を公開し続けて21年。JRA重賞予想を行なう鬼才の予想師・紀伊國屋のコンテンツ。
狙いは三連複、軸馬は二頭、予想は三点、都合5頭で勝負を掛けることを
潔いとする。果たしてどうか、今週は!!


テーマ:

第47回高松宮記念:3月26日(日) 中京競馬場
15時40分発走

一番人気が圧倒的に強い
マイル戦特性を活かせる馬に注目


紐探しの番組となる
一番人気が[4-1-3-2]、二番人気が[1-2-1-6]、三番人気が[3-1-3-3]で、上位人気が[8-4-7-11]と強さが目立っている。しかし、短距離戦ならではの紛れがあり、六番人気以降が7頭、二桁人気が4頭という結果。それでもこの五年間で見れば落ち着いてきたとも言える状態になっている。昨年に至っては上位人気三頭で決まっているものの、一昨年は一番、二番人気が連を外しての高配当となった。紛れとは斯くありきと言わんばかりの展開。要は上位が拮抗しているのか、ダントツで一番人気に支持される馬がいるのかという違いである。波乱となるかならないか、それは馬場状態が握っていると言っても良い。今週末は稍重になるのではないかと思われる中京コース。となると、実績からも稍重巧者が飛び込んで来るということも考えていた方が良いかも知れない。それらを含めて予想を組み立てたい。

●出馬表
馬名 性齢 斤量 騎手名
1 1 ティーハーフ 牡7 57 国分 優作
1 2 フィエロ 牡8 57 内田 博幸
2 3 レッツゴードンキ 牝5 55 岩田 康誠
2 4 ラインスピリット 牡6 57 森 一馬
3 5 レッドアリオン 牡7 57 菱田 裕二
3 6 セイウンコウセイ 牡4 57 幸 英明
4 7 レッドファルクス 牡6 57 Mデムーロ
4 8 バクシンテイオー 牡8 57 シュタルケ
5 9 シュウジ 牡4 57 川田 将雅
5 10 クリスマス 牝6 55 藤岡 佑介
6 11 スノードラゴン 牡9 57 大野 拓弥
6 12 メラグラーナ 牝5 55 戸崎 圭太
7 13 ソルヴェイグ 牝4 55 田辺 裕信
7 14 トーキングドラム 牡7 57 藤岡 康太
7 15 ヒルノデイバロー 牡6 57 四位 洋文
8 16 トウショウピスト 牡5 57 吉田 豊
8 17 ナックビーナス 牝4 55 石川 裕紀人
8 18 ワンスインナムーン 牝4 55 石橋 脩

主線はこの二頭の勝ち負け
春のG1戦線ではあるが、残念ながら本番組も諸事情短縮編。主線にはレッドファルクス。対抗にはメラグラーナを挙げる。前者は水が合わなかったために、力を出せなかったと判断。後者は抜群の伸び脚を見せたことで挙げた。
番手にはこの三頭を挙げる
不器用さがだいぶ消えたレッツゴードンキが▲単穴、今回も器用な走りを見せてくれればと考える。老いてなお盛んのフィエロが内枠に入った。若干、押し出されるかもしれないが、長い直線を使えばワイド連対なら狙えるはず。二走前の阪神Cでの走りが抜群だったシュウジ。前走では不甲斐ない結果となったが、この二頭を連下とした。
取捨選択に迷った一頭
勝ってこの番組に駒を進めて来たトーキングドラムが気に掛かる。仕上がりも悪くなさそうだ。が、諸条件が合わないと勝ち負けにならない。合うかもしれないが、ここではどうか。

捨てちゃえ馬
G1戦は頂点である。隙ができてしまえば勝ち負けが難しい。その点を考えると、上位拮抗の中、出番がないと判断をした。そのために、ここではトーキングドラムが要らない。故に捨てる!!


今週の買い目!!鬼結!!
鬼結 馬名 性齢 斤量 騎手名
7 レッドファルクス 牡6 57 Mデムーロ
12 メラグラーナ 牝5 55 戸崎 圭太
3 レッツゴードンキ 牝5 55 岩田 康誠
△1 2 フィエロ 牡8 57 内田 博幸
△2 9 シュウジ 牡4 57 川田 将雅
捨馬 14 トーキングドラム 牡7 57 藤岡 康太


●結果
【配当】
単勝 6 870円
複勝 6 230円
3 180円
7 160円
枠連 2-3 2,490円
馬連 3-6 2,150円
ワイド 3-6 770円
3-7 480円
6-7 700円
馬単 6-3 4,750円
3連複 3-6-7 3,230円
3連単 6-3-7 23,880円

【着順】 【時計】
1 6 セイウンコウセイ 1:08.7 34.5
2 3 レッツゴードンキ 1:08.9 33.9
3 7 レッドファルクス 1:09.0 34.6
4 1 ティーハーフ 1:09.3 34.6
5 2 フィエロ 1:09.3 34.1
6 14 トーキングドラム 1:09.4 34.7
7 11 スノードラゴン 1:09.4 34.5
8 17 ナックビーナス 1:09.5 34.9
9 13 ソルヴェイグ 1:09.5 35.1
10 12 メラグラーナ 1:09.6 34.6
11 15 ヒルノデイバロー 1:09.7 34.5
12 8 バクシンテイオー 1:09.7 34.6
13 4 ラインスピリット 1:09.8 36.0
14 10 クリスマス 1:10.0 35.3
15 9 シュウジ 1:10.1 36.3
16 18 ワンスインナムーン 1:10.2 36.0
17 5 レッドアリオン 1:10.3 35.0
18 16 トウショウピスト 1:11.0 37.0
AD
いいね!した人

テーマ:

第24回マーチステークス:3月26日(日) 中山競馬場
15時45分発走

ハンデ戦ならではのテン5が課題
トップハンデでも侮れない


ハンデ戦ならではの妙味がある
この番組は重ハンデであっても加重が関係ないと言わんばかりの馬が勝ち負けになっている。トップハンデで[3-1-2-9]で複勝率が40.0%で、トップハンデかつ58キロであると[3-1-2-3]で66.6%となる。重斤量であってもダート戦ならではの好走できる番組なのである。ただ、一番人気は[1-1-2-6]と不振。ただ、最近では参戦馬のこともあり、小粒になっている傾向がある。その点をどう考えるか。軽量馬は勝ち負けが難しいが、恵量馬であれば勝ち負けになる。そのために、番組自体は荒れるが当たり前と思えるほど荒れており、この十年に万馬券が四回。馬齢別に見ても、四歳馬[2-4-2-25]で複勝率が24.2%、五歳馬[3-0-5-33]で19.5%、六歳馬[3-5-2-34]で22.7%、七歳馬以上[2-1-1-36]で10.0%という結果。これがどういう意味となるのか。勢いがなければ勝てないということだけではなく、世代交代が始まっている時期であるということも言える。それらを踏まえて予想を組み立てたい。

●出馬表
馬名 性齢 斤量 騎手名
1 1 ハッピースプリント 牡6 56 蛯名 正義
1 2 ショウナンアポロン 牡7 56 丸田 恭介
2 3 ピットボス 牡4 55 柴田 善臣
2 4 インカンテーション 牡7 57.5 勝浦 正樹
3 5 アルタイル 牡5 54 田中 勝春
3 6 メイショウスミトモ 牡6 56 和田 竜二
4 7 ディアドムス 牡5 54 江田 照男
4 8 リーゼントロック 牡6 55 松岡 正海
5 9 マイネルクロップ 牡7 56 嘉藤 貴行
5 10 コクスイセン 牡4 54 横山 典弘
6 11 コスモカナディアン 牡4 56 柴田 大知
6 12 ロンドンタウン 牡4 57 柴山 雄一
7 13 シルクドリーマー 牡8 53 津村 明秀
7 14 アスカノロマン 牡6 58 木幡 初広
8 15 ディアデルレイ 牡6 55 木幡 巧也
8 16 ストロングサウザー 牡6 57 北村 宏司

主線はこの二頭の勝ち負け
本番組もまた諸事情編ということでの短縮版。コスモカナディアンを主軸に据えた。勢いがなければ勝つことはできない。その点を考えてのこと。対抗にはディアデルレイを挙げる。前走こそ伸び脚を欠いたが、決して悪い状態ではない。その前の勢いがあり過ぎた。それを考えると十分に巻き返しが可能だ。
番手にはこの三頭を挙げる
ロンドンタウンが▲単穴、メイショウスミトモアルタイルを連下とする。世代交代なのかと思わせる節があるダート馬たち。フェブラリーSであまりにも不甲斐ない結果だった馬たちとの入れ替わりと考える。
取捨選択に迷った二頭
前述の不甲斐ない馬たちとはインカンテーションアスカノロマンだ。仕上がり自体は悪くはないのだが、なぜ、あそこまで走らなかったのかが理解できない。諸賢の考えは如何だろうか。

捨てちゃえ馬
この番組を[世代交代]と考える。そのため、ここでは前述の二頭、インカンテーションアスカノロマンが要らない。故に捨てる!!


今週の買い目!!鬼結!!
鬼結 馬名 性齢 斤量 騎手名
11 コスモカナディアン 牡4 56 柴田 大知
15 ディアデルレイ 牡6 55 木幡 巧也
12 ロンドンタウン 牡4 57 柴山 雄一
△1 6 メイショウスミトモ 牡6 56 和田 竜二
△2 5 アルタイル 牡5 54 田中 勝春
捨馬 4 インカンテーション 牡7 57.5 勝浦 正樹
捨馬 14 アスカノロマン 牡6 58 木幡 初広


●結果
【配当】
単勝 4 2,540円
複勝 4 680円
15 230円
5 820円
枠連 2-8 2,260円
馬連 4-15 10,760円
ワイド 4-5 10,310円
4-15 3,380円
5-15 3,350円
馬単 4-15 25,160円
3連複 4-5-15 83,890円
3連単 4-15-5 466,890円

【着順】 【時計】
1 4 インカンテーション 1:52.0 38.3
2 15 ディアデルレイ 1:52.1 38.6
3 5 アルタイル 1:52.2 38.1
4 12 ロンドンタウン 1:52.3 38.7
5 14 アスカノロマン 1:52.3 38.9
6 8 リーゼントロック 1:52.4 38.7
7 6 メイショウスミトモ 1:52.5 38.5
8 10 コクスイセン 1:52.6 39.2
9 7 ディアドムス 1:52.6 38.0
10 9 マイネルクロップ 1:52.7 38.8
11 16 ストロングサウザー 1:52.8 39.0
12 11 コスモカナディアン 1:52.9 39.1
13 2 ショウナンアポロン 1:52.9 37.5
14 1 ハッピースプリント 1:53.2 38.9
15 13 シルクドリーマー 1:53.5 39.1
16 3 ピットボス 1:53.5 39.5
AD
いいね!した人

テーマ:

第65回日経賞:3月25日(土) 中山競馬場
15時45分発走

番組の格、距離適正で勝ち負け
中山コース巧者が俄然有利


訳ありの馬たちの前哨戦
本来であれば、天皇賞・春を狙う上では先週の阪神大賞典がオーセンティックであり、スタンダードである。が、それを敢えて避ける理由がある馬がこの番組に参戦してくる。それがこの番組の位置付けだと考えても良い。そのために、番組の格、強さから言って、有馬記念組は人気となりやすい。しかし、ここに参戦してくる有馬記念組は理由があるのである。千差万別、さまざまな理由があるだろう。その理由が何であるのかが、天皇賞・春になって、勝ち負けが難しくなる理由でもある。そのために、ここでもまた中山コース巧者が有利となる。どちらかと言えば癖が強い馬だ。ちなみに、ディープインパクト産駒は不振。[0-0-2-4]という結果で、2着にもいない。もちろん、それは馬の個体差が考えられる。ただ、事実は斯くありき。強いとは何かと改めて考えさせられる番組となる。それらを踏まえて予想を組み立てたい。

●出馬表
馬名 性齢 斤量 騎手名
1 1 フェルメッツァ 牡6 56 戸崎 圭太
1 2 レコンダイト 牡7 56 石橋 脩
2 3 ヤマカツライデン 牡5 56 津村 明秀
2 4 プランスペスカ 牡7 56 江田 照男
3 5 ナスノセイカン 牡5 56 横山 典弘
3 6 ディーマジェスティ 牡4 57 蛯名 正義
4 7 マイネルサージュ 牡5 56 柴田 大知
4 8 ジュンヴァルカン 牡4 55 内田 博幸
5 9 レインボーライン 牡4 55 Mデムーロ
5 10 アドマイヤデウス 牡6 56 岩田 康誠
6 11 ミライヘノツバサ 牡4 55 藤岡 佑介
6 12 ゴールドアクター 牡6 57 吉田 隼人
7 13 シャケトラ 牡4 55 田辺 裕信
7 14 ツクバアズマオー 牡6 56 吉田 豊
8 15 トーセンレーヴ 牡9 56 石川 裕紀人
8 16 マイネルメダリスト 牡9 56 大野 拓弥

主線はこの二頭の勝ち負け
諸事情編ということで短縮版。勢いから言えばシャケトラだ。ゴールドアクターがどこまで走ることができるのか。しかし、2キロ差は大きい。主軸にはシャケトラを据えて、対抗にゴールドアクターとする。
番手にはこの三頭を挙げる
展開は最後の勝負となることだろう。▲単穴にはジュンヴァルカン、連下には復活の兆しがあるディーマジェスティミライヘノツバサを挙げる。どちらもこの距離だからこそきちんと走ることができると考えた。
取捨選択に迷った一頭
要はどこで復調と言えるのかというところだ。レインボーラインをどう考えるか。展開の違いが味方になればワイド連対までなら入ってくるだろう。が、難しいと思えるところは馬自体には気がないところ。

捨てちゃえ馬
結果として、前述の通り、ここではレインボーラインが要らない。故に捨てる!!


今週の買い目!!鬼結!!
鬼結 馬名 性齢 斤量 騎手名
13 シャケトラ 牡4 55 田辺 裕信
12 ゴールドアクター 牡6 57 吉田 隼人
8 ジュンヴァルカン 牡4 55 内田 博幸
△1 6 ディーマジェスティ 牡4 57 蛯名 正義
△2 11 ミライヘノツバサ 牡4 55 藤岡 佑介
捨馬 9 レインボーライン 牡4 55 Mデムーロ


●結果
【配当】
単勝 13 730円
複勝 13 280円
11 760円
10 570円
枠連 6-7 460円
馬連 11-13 6,370円
ワイド 10-11 3,650円
10-13 1,610円
11-13 1,760円
馬単 13-11 12,200円
3連複 10-11-13 32,630円
3連単 13-11-10 167,310円

【着順】 【時計】
1 13 シャケトラ 2:32.8 35.0
2 11 ミライヘノツバサ 2:32.9 36.2
3 10 アドマイヤデウス 2:32.9 35.8
4 9 レインボーライン 2:33.1 35.4
5 12 ゴールドアクター 2:33.2 36.2
6 6 ディーマジェスティ 2:33.3 35.3
7 3 ヤマカツライデン 2:33.5 36.9
8 7 マイネルサージュ 2:33.6 36.1
9 8 ジュンヴァルカン 2:33.6 35.3
10 5 ナスノセイカン 2:33.8 36.4
11 14 ツクバアズマオー 2:34.1 36.9
12 1 フェルメッツァ 2:34.5 36.5
13 2 レコンダイト 2:34.6 36.2
14 15 トーセンレーヴ 2:35.8 37.7
15 16 マイネルメダリスト 2:36.7 38.3
16 4 プランスペスカ 2:41.5 43.1
AD
いいね!した人

テーマ:

第64回毎日杯:3月25日(土) 阪神競馬場
15時35分発走

一番人気の実績は高い
課題はステイヤーとしての血脈


この番組から新路線が確立された
皐月賞は要らない。ダービー馬になりたい。そんな思惑がこの番組から成立をしている。そのため、一番人気は[5-1-2-2]とその強さを見せつけている。番組上、考えられる課題としてはタフさが求められること。そのためにステイヤー系の血脈が有利となる。というのも、競り合う距離が長くない。そのために、長めの距離から追い出しを掛ける。そして、最後の一踏ん張りができるかということになる。阪神コースはご存知の通り、最後の坂がきつい。そこで脚が上がらなくなるようでは勝ち負けにならない。タフでなければ勝てないのである。ちなみに二番人気は[1-0-3-6]で、三番人気は[1-2-1-6]という結果。ここ十年で二桁人気は僅かに二頭。堅実な番組と言えるだろう。その点を考慮して予想を組み立てたい。

●出馬表
馬名 性齢 斤量 騎手名
1 1 サトノアーサー 牡3 56 川田 将雅
2 2 テイエムヒッタマゲ 牡3 57 田中 健
3 3 アルアイン 牡3 56 松山 弘平
4 4 クリアザトラック 牡3 56 四位 洋文
5 5 トラスト 牡3 57 丹内 祐次
6 6 キセキ 牡3 56 シュタルケ
7 7 プラチナムバレット 牡3 56 池添 謙一
8 8 ガンサリュート 牡3 56 北村 友一

主線はこの二頭の勝ち負け
今回は諸事情があり、簡単なカタチで予想を出させていただく。主線にはサトノアーサーを据えて、対抗にはアルアイン。巧者はの前走は不甲斐ないものではあったが、三歳馬のすること致し方ない。この両党で勝ち負けになると考える。
番手にはこの三頭を挙げる
能力差がどこまであるのかというところは時計で判断をした。▲単穴にクリアザトラックを推す。条件戦を気持ち良く勝った。その強さが本物であればここでの好走も期待できる。また、前走の京成杯で2着と惜敗をしたガンサリュートを挙げる。しっかりした馬格であるために、やや持て余し気味のところもあるが、悪くはない。好走が期待できる。そして、キセキを推す。距離短縮で臨むこととなったこの番組で、どこまで力を発揮できるか興味深いところだ。
取捨選択に迷った一頭
クリアザトラックに破れて、既に決着が付いているではないか、とは言い切れないのが三歳馬。プラチナパレットだが、成長過程のズレが勝ち負けを分ける。それがどこなのかというところ。

捨てちゃえ馬
今回は相手が強くなることもあって、成長分というところで期待ができても武器らしい武器がないことを考えるとプラチナパレットがここでは要らない。故に捨てる!!


今週の買い目!!鬼結!!
鬼結 馬名 性齢 斤量 騎手名
1 サトノアーサー 牡3 56 川田 将雅
3 アルアイン 牡3 56 松山 弘平
4 クリアザトラック 牡3 56 四位 洋文
△1 8 ガンサリュート 牡3 56 北村 友一
△2 6 キセキ 牡3 56 シュタルケ
捨馬 7 プラチナムバレット 牡3 56 池添 謙一


●結果
【配当】
単勝 3 770円
複勝 3 150円
1 110円
6 320円
枠連  
馬連 1-3 370円
ワイド 1-3 180円
1-6 490円
3-6 1,540円
馬単 3-1 1,310円
3連複 1-3-6 1,990円
3連単 3-1-6 14,420円

【着順】 【時計】
1 3 アルアイン 1:46.5 34.3
2 1 サトノアーサー 1:46.6 33.3
3 6 キセキ 1:46.7 33.4
4 7 プラチナムバレット 1:47.0 34.2
5 5 トラスト 1:47.3 34.3
6 4 クリアザトラック 1:47.3 35.2
7 8 ガンサリュート 1:47.6 34.5
8 2 テイエムヒッタマゲ 1:51.7 39.5
いいね!した人

テーマ:

第31回フラワーカップ:3月20日(月祝) 中山競馬場
15時45分発走

一番人気の圧倒的な強さは
コース適性が導き出す


一番人気が強い理由
競馬は言い古されたことだが、地力がある馬が勝つのである。が、何度も書いてきた中山コースとなるとそればかりでは勝てない。ただ、一番人気に押し出される馬はその走りに期待され、合致していると思わせる。そのため、条件戦であろうが、なんであろうが、番組の格を問われずにここに参戦できた馬の中で、勢いとコース適性を持つ馬が勝ち負けになる。勢いは馬柱で判断ができる。コース適性も馬柱から分からなくもない。それに加えて前々の競馬ができることが勝ち負けの必要条件となる。差し馬が勝ち星を奪取するということは極めて稀なことである。それを考えると、結果、コース適性という話になり、展開上手ということになる。そして、ここでもまた成長分の捉え方が挙げられる。以前は間隔が空いていても問われなかったことだが、近年では近走での走り、それも順当なローテーションが問われる傾向にあるように思える。それらを含めて予想を組み立てたい。

●出馬表
馬名 性齢 斤量 騎手名
1 1 ディーパワンサ 牝3 54 内田 博幸
2 2 ブライトムーン 牝3 54 田辺 裕信
3 3 モリトシラユリ 牝3 54 江田 照男
4 4 サンティール 牝3 54 津村 明秀
4 5 デアレガーロ 牝3 54 ルメール
5 6 シーズララバイ 牝3 54 柴田 善臣
5 7 トーホウアイレス 牝3 54 蛯名 正義
6 8 ドロウアカード 牝3 54 武 豊
6 9 サクレエクスプレス 牝3 54 大野 拓弥
7 10 ハナレイムーン 牝3 54 シュタルケ
7 11 ヴィーナスアロー 牝3 54 吉原 寛人
8 12 ファンディーナ 牝3 54 岩田 康誠
8 13 エバープリンセス 牝3 54 吉田 豊

●主線はこの二頭の勝ち負け
人間も馬も女性、牝馬が強くなってきた。この番組も実力派の牝馬が挙って参戦してきた。その中で主軸に据えた馬はデアレガーロだ。新馬戦、条件戦と勝ってこの番組に駒を進めて来た天才肌の少女と言っても良いだろう。今回もどこまで力を出すことができるか、興味をそそられる。対抗には実績馬の中で勝ち切れないでここまで来てしまったディーパワンサを推す。悪くはないのだが決め手を欠いていることと、休み明けということで本命対抗が入れ替わった。実力がない訳ではない。力を出しづらい条件が揃ってしまったということでこの位置となった。
●番手にはこの三頭を挙げる
天才肌の少女はもう一頭、こちらは桜花賞向きだろうと思える馬、ファンディーナだ。切れる脚があることは確かなのだが、その脚だけでは1800m戦は勝てないのではないかということ、時計自体がそれほど褒められるものではないということでこの位置となった。また、ハナレイムーンがどこまで成長しているのかというところで興味をそそる。悪くはないのだが、中山コースに対応ができるのかというところが△連下か否かというところとなった。結果、この位置。逆に言えば、オークスこそ期待したい馬だ。そして、サンティールを挙げる。前走は不甲斐ない結果となったが、二走前の走りができればワイド連対ならば狙って行けるのではないかと考えている。が、それもまた、あまりアテにすることができないのがこの馬齢の牝馬だ。興味深く見守るしかないか。
●取捨選択を迷った一頭
まだまだ途上という感が否めないのだが、あまりにも線が細い。それほどの多頭数ではないから、どうにかなるかも知れないと思わせるブライトムーン。中団から抜け出て勝った前走は見事だった。それを考えるとどうしたものかと迷わされる。

●捨てちゃえ馬
武器らしい武器がないということを何度か書かせて貰っているが、ブライトムーンの現在は、まさにそれだ。ここでは様子を見ることにする。そのためにここでは要らない。故に捨てる!!


●今週の買い目!!鬼結!!
鬼結 馬名 性齢 斤量 騎手名
5 デアレガーロ 牝3 54 ルメール
1 ディーパワンサ 牝3 54 内田 博幸
12 ファンディーナ 牝3 54 岩田 康誠
△1 10 ハナレイムーン 牝3 54 シュタルケ
△2 4 サンティール 牝3 54 津村 明秀
捨馬 2 ブライトムーン 牝3 54 田辺 裕信


●結果
【配当】
単勝 12 130円
複勝 12 110円
6 540円
8 580円
枠連 5-8 1,460円
馬連 6-12 2,370円
ワイド 6-8 8,460円
6-12 920円
8-12 970円
馬単 12-6 2,560円
3連複 6-8-12 13,990円
3連単 12-6-8 36,520円

【着順】 【時計】
1 12 ファンディーナ 1:48.7 34.9
2 6 シーズララバイ 1:49.5 34.9
3 8 ドロウアカード 1:49.5 36.1
4 13 エバープリンセス 1:49.6 34.9
5 10 ハナレイムーン 1:49.7 35.7
6 1 ディーパワンサ 1:49.7 35.7
7 4 サンティール 1:49.9 35.5
8 7 トーホウアイレス 1:50.0 35.7
9 3 モリトシラユリ 1:50.0 35.5
10 9 サクレエクスプレス 1:50.1 35.9
11 5 デアレガーロ 1:50.4 36.2
12 2 ブライトムーン 1:50.4 35.5
13 11 ヴィーナスアロー 1:51.6 36.5
いいね!した人

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。