競馬予想:予想師・紀伊國屋のJRA重賞予想

競馬予想を公開し続けて21年。JRA重賞予想を行なう鬼才の予想師・紀伊國屋のコンテンツ。
狙いは三連複、軸馬は二頭、予想は三点、都合5頭で勝負を掛けることを
潔いとする。果たしてどうか、今週は!!


テーマ:

第64回中京記念:7月24日(日) 中京競馬場
15時35分発走

中京コース実績を重視
波乱を呼びやすいハンデ戦


力が要るコース
ご存知の通り、改修が行われて、12年から中京コース巧者が活躍しやすいようになってきた。フラガラッハ、ミッキードリームなどはその典型とも言える。上位人気は僅かに4頭だけがワイド連対までに絡んでいるだけで、多くは惑星と覚しき遠い存在の馬が勝ち負けになってきている。それはハンデ戦であると同時に、コース特性が出ていることに他ならない。では、何を軸に考えれば良いのかということになるが、前述の通り、この番組は特に中京コース巧者が活躍するということ、それだけと言っても良いだろう。ただ、ハンデ戦である以上、斤量の問題はある。昨年の2着馬アルマディヴァンが52キロ、09年のサクラオリオンが53キロで2着。あとは自斤量に近い状態での参戦。それでも恵量となれば、好走の機会となる。中京コース巧者、斤量を中心に予想を組み立てたい。

●出馬表
馬名 性齢 斤量 騎手名
1 1 カオスモス 牡6 56 松若 風馬
1 2 ワキノブレイブ 牡6 56 ホワイト
2 3 スマートオリオン 牡6 57.5 武 幸四郎
2 4 マイネルアウラート 牡5 56 松山 弘平
3 5 タガノエトワール 牝5 53 酒井 学
3 6 トウショウドラフタ 牡3 54 田辺 裕信
4 7 ピークトラム 牡5 56 小牧 太
4 8 ダッシングブレイズ 牡4 56 ルメール
5 9 カレンケカリーナ 牝6 53 鮫島 克駿
5 10 アルマディヴァン 牝6 53 幸 英明
6 11 ダノンリバティ 牡4 56 武 豊
6 12 ケントオー 牡4 56 和田 竜二
7 13 ガリバルディ 牡5 55 福永 祐一
7 14 ダンスアミーガ 牝5 53 デュプレシス
8 15 タガノエスプレッソ 牡4 55 Mデムーロ
8 16 ダローネガ 牡7 55 藤岡 康太

●主線はこの二頭の勝ち負け
中京巧者が参戦してきているのかと思っていたら、全くいないではないか。ならば、通常のマイル戦で考えるしかないと判断をした。主軸にはタガノエスプレッソを挙げる。勝ってこの番組に駒を進めて来たことは秀逸。時計も悪くない。展開に降られてしまうのがこの馬の悪い癖だが、どうにかなるだろうと判断をした。対抗にはマイネルアウラートを挙げる。この馬も勝ってこの番組に駒を進めて来たのだが、こちらは1400m戦だ。1ファロン延びることでどうなるかというところ。しかし、東京新聞杯で見せた脚質であれば、このメンバーを相手に渡り合えるだろうと考えた。どこまで走ることができるのか、興味津々というところ。
●番手にはこの三頭を挙げる
ダッシングブレイズが勝ち切れないまま、この番組に駒を進めて来た。本来であれば、もっと力を出しても良いのではないかと思えるのだが、このところは惜しい競馬ばかり。鞍上にルメール騎手を迎えたことで、きちんと走ることを思い出せるかというところ。また、ケントオーを推す。勝ってこの番組に駒を進めて来たのは良いのだが、ちょっと時計は平凡。しかし、爆発力がある馬であるために、△連下に付けた。どこまで期待に応えてくれるか食指を動かされた。そして、ガリバルディを挙げる。この馬も勝ち負けから遠離って半年になる。嵌まれば強い馬だというのは、どの馬でも当たり前。1キロ減の斤量を活かすことができるかもしれないと期待をした。
●取捨選択を迷った一頭
悪くはないのだが、いまひとつ距離の壁が厚く伸し掛かっているのではないかと思えるのがトウショウドラフタだ。勝手な推測なのだが、真面目な馬なのである。力を抜くことを知らないのである。だから、息が上がってしまって、先で伸び脚を欠く。そういう競馬をするなと言っても気性だから仕方ないんだろうなと考える。が、ここで起死回生、合って欲しいのだがどうだろうか。

●捨てちゃえ馬
マイル戦は人間で言えば400mトラック走だ。息を抜くところを間違えると勝ち負けにならない。不器用ではないのだが、それに近いものがあるトウショウドラフタがここでは要らない。様子を見てみる。故に捨てる!!


●今週の買い目!!鬼結!!
鬼結 馬名 性齢 斤量 騎手名
15 タガノエスプレッソ 牡4 55 Mデムーロ
4 マイネルアウラート 牡5 56 松山 弘平
8 ダッシングブレイズ 牡4 56 ルメール
△1 12 ケントオー 牡4 56 和田 竜二
△2 13 ガリバルディ 牡5 55 福永 祐一
捨馬 6 トウショウドラフタ 牡3 54 田辺 裕信


●結果
【配当】
単勝 13 1,170円
複勝 13 360円
7 280円
12 300円
枠連 4-7 1,780円
馬連 7-13 5,110円
ワイド 7-12 1,440円
7-13 1,670円
12-13 1,740円
馬単 13-7 11,700円
3連複 7-12-13 14,750円
3連単 13-7-12 87,790円

【着順】 【時計】
1 13 ガリバルディ 1.33.6 33.6
2 7 ピークトラム 1.33.7 34.4
3 12 ケントオー 1.33.8 33.6
4 14 ダンスアミーガ 1.33.8 34.0
5 11 ダノンリバティ 1.33.9 33.9
6 5 タガノエトワール 1.33.9 34.3
7 9 カレンケカリーナ 1.34.0 34.5
8 10 アルマディヴァン 1.34.1 34.6
9 3 スマートオリオン 1.34.2 35.0
10 8 ダッシングブレイズ 1.34.4 34.6
11 2 ワキノブレイブ 1.34.5 35.0
12 6 トウショウドラフタ 1.34.5 34.6
13 1 カオスモス 1.34.5 35.5
14 16 ダローネガ 1.34.7 34.6
15 15 タガノエスプレッソ 1.35.1 35.3
16 4 マイネルアウラート 1.35.1 35.7
AD
いいね!した人

テーマ:

第48回函館2歳ステークス:7月24日(日) 函館競馬場
15時25分発走

理屈では初戦勝ちの馬であるが
理屈通りに納まらない二歳馬戦


新馬戦で勝てる実力
北半球では五月末までに生まれた馬が当歳馬となって、育成牧場を経て、二歳馬戦に参戦してくる。走ることが楽しくて仕方がないという馬や、なんで走らなければならないんだという疑問をぶつけてくる馬など、その走り方はさまざま。全ては調教次第というところだ。初戦から勝ち負けになる実力がなければ、この番組で勝ち負けになることは難しい。というのも、基本は調教がきちんとできていて、走る目的を理解している馬。確かに潜在能力だけで走る時期でもある。が、直線を追われて、どこまで力を発揮することができるかという能力は、騎手を乗せて走るということを理解しているか否かに他ならない。いわば、保育園や幼稚園の園庭で走り回る子供と同じレベルである。その時に気持ち次第で、その走りは如何様にもなる。それを重視して、初戦、近走がどうであったかを考えるべき番組だろう。

●出馬表
馬名 性齢 斤量 騎手名
1 1 ネコワールド 牡2 54 吉田 隼人
1 2 フクノクオリア 牡2 54 横山 和生
2 3 ザベストエバー 牡2 54 石川 裕紀人
2 4 メローブリーズ 牝2 54 古川 吉洋
3 5 タイムトリップ 牡2 54 丸山 元気
3 6 モンドキャンノ 牡2 54 戸崎 圭太
4 7 ラッシュアウト 牡2 54 原田 和真
4 8 バリンジャー 牡2 54 浜中 俊
5 9 バンドオンザラン 牡2 54 桑村 真明
5 10 ロイヤルメジャー 牝2 54 加藤 祥太
6 11 ピンクドッグウッド 牝2 54 宮崎 光行
6 12 レヴァンテライオン 牡2 54 三浦 皇成
7 13 ポッドジーニー 牝2 54 松岡 正海
7 14 ドゥモワゼル 牝2 54 池添 謙一
8 15 ガーシュウィン 牡2 54 勝浦 正樹
8 16 ラーナアズーラ 牝2 54 柴山 雄一

●主線はこの二頭の勝ち負け
園庭で走り回る子供をご覧になったことはあるだろう。叫声を発しながら、不規則に、快活に走り回っている。言うことを聞けと言うこと自体が無理難題である。それがこの番組であることをご承知おきいただきたい。その中でも1200m戦をきちんと走って勝ち負けになったなと覚しきモンドキャンノを主軸に据えた。時計評価、馬格評価でこの位置となった。対抗にはフクノクオリアを推す。この馬もまた1分9秒台で1200m戦を駆け抜けることができた馬だ。2着に0.2秒の差ではあるが、決して悪い内容ではなかった。それを考えて、この二頭の勝ち負けとなると判断をした。
●番手にはこの三頭を挙げる
この時期にきちんと時計を出して走ることができる馬は調教ができているか、素質が高いという判断をしても良いだろう。時計評価でタイムトリップを▲単穴とした。もう少し馬格があると良いのだが、先行力もあるらしいから、どうにかなるだろうというお気楽な判断だ。また、メローブリーズは馬場条件が悪かった。時計は掛かっているものの、他馬とは違う走りをしたというところを評価して、△連下ではあるが挙げる。スクリーンヒーロー産駒の片鱗を見せるかというところか。そして、ガーシュウィンを推す。一番の理由は、2着馬に0.7秒の差を付けての圧勝。時計としても悪くはない。ただ、それが1000m戦であった。ここがいただけない。そのために、△連下までとなる。
●取捨選択を迷った一頭
ダート戦からの転戦でどこまで走ることができるのだろうかと考えた。ノボジャック産駒であれば、ダート戦が良いのではないかと思わせる。最内枠に入ったネコワールド。興味深い一頭であることは諸賢も同じ考えだろう。どこまで走ることができるのか、大いに興味をそそられる。

●捨てちゃえ馬
如何せん、武器らしい武器があるかないかも分からない。可能性の高さだけで判断をすると、ノボジャック産駒のネコワールドがやはり、引けを取ってしまう。そのために、ここでは要らない。故に捨てる!!


●今週の買い目!!鬼結!!
鬼結 馬名 性齢 斤量 騎手名
6 モンドキャンノ 牡2 54 戸崎 圭太
2 フクノクオリア 牡2 54 横山 和生
5 タイムトリップ 牡2 54 丸山 元気
△1 4 メローブリーズ 牝2 54 古川 吉洋
△2 15 ガーシュウィン 牡2 54 勝浦 正樹
捨馬 1 ネコワールド 牡2 54 吉田 隼人


●結果
【配当】
単勝 12 720円
複勝 12 190円
6 110円
5 1,040円
枠連 3-6 620円
馬連 6-12 660円
ワイド 5-6 2,090円
5-12 7,720円
6-12 340円
馬単 12-6 1,670円
3連複 5-6-12 13,330円
3連単 12-6-5 64,380円

【着順】 【時計】
1 12 レヴァンテライオン 1.09.2 35.5
2 6 モンドキャンノ 1.09.3 35.4
3 5 タイムトリップ 1.09.5 35.7
4 4 メローブリーズ 1.09.6 35.5
5 14 ドゥモワゼル 1.09.7 35.5
6 8 バリンジャー 1.09.9 35.0
7 10 ロイヤルメジャー 1.10.0 35.9
8 15 ガーシュウィン 1.10.1 36.0
9 9 バンドオンザラン 1.10.2 35.9
10 1 ネコワールド 1.10.2 36.1
11 2 フクノクオリア 1.10.5 36.0
12 3 ザベストエバー 1.10.6 37.1
13 13 ポッドジーニー 1.11.5 37.6
14 7 ラッシュアウト 1.12.0 38.4
15 16 ラーナアズーラ 1.12.1 37.3
16 11 ピンクドッグウッド 1.12.2 36.8
AD
いいね!した人

テーマ:

第52回函館記念:7月17日(日) 函館競馬場
15時25分発走

ハンデ戦ならではの[テンゴ]の違い
一番人気の信頼度は向上しつつある


競馬は最後の直線だ
名騎手の一人に名を連ねている武豊がアメリカ遠征している際に言った言葉。いまでもはっきりとそれを覚えており、それが予想の軸となることが多い。ハンデ戦である以上、微妙な斤量となる0.5キロ。これを[テンゴ]と言っている。そのため、この番組では57.5キロの斤量を背負った馬が好走することが少なく、多くは55キロ、56キロの斤量馬が勝ち負けになっている。高低差が少ないフラットなコースだけに、その脚質だけで勝負になる。が、基本的には34秒台前半の末脚を持っていなければ、重賞番組で勝ち負けになることはない。きょうは突然、33秒台で走りましたというようなこともない。これまでの戦績を見る上ではその点を考えておきたい。巴賞との連携も囁かれているが、1ファロン違うことでその持ち得る脚質の違いが出る。それが競馬である。その点を踏まえて予想を組み立てたい。

●出馬表
馬名 性齢 斤量 騎手名
1 1 マデイラ 牡7 52 古川 吉洋
1 2 トーセンレーヴ 牡8 57.5 ホワイト
2 3 レッドレイヴン 牡6 57 池添 謙一
2 4 バイガエシ 牡4 54 藤岡 佑介
3 5 マテンロウボス 牡5 55 四位 洋文
3 6 マイネルミラノ 牡6 56 丹内 祐次
4 7 マイネルフロスト 牡5 57 松岡 正海
4 8 ケイティープライド 牡6 52 浜中 俊
5 9 ホッコーブレーヴ 牡8 56 丸田 恭介
5 10 ツクバアズマオー 牡5 55 吉田 豊
6 11 フェイマスエンド 牡5 54 三浦 皇成
6 12 ネオリアリズム 牡5 55 ティータン
7 13 オツウ 牝6 52 北村 友一
7 14 トゥインクル 牡5 56 勝浦 正樹
8 15 ダービーフィズ 牡6 57 岩田 康誠
8 16 ファントムライト 牡7 55 内田 博幸

●主線はこの二頭の勝ち負け
玉石混淆。何とも面倒なメンバーになった。G1戦に参戦している馬もいれば、1000万条件で勝ち負けになった馬もいる。勢いなのか、実績なのか。その中でバイガエシを主軸に据えた。54キロで参戦できたこと、前走が2000m戦であったこと、血脈的にこの距離が適していると考えた。一番は斤量差だ。下馬評通りということになる。対抗には巴賞の展開が合わなかった中でも3着までに漕ぎ着けたツクバアズマオーを推す。忙しい競馬が向かない馬なのかもしれないが、1ファロン延びることで好走の機会を得たとも言えるのではないかと考えた。巴賞で好走できなかったことで、ここでは下手な展開をしないだろう。この二頭が勝ち負けになる。
●番手にはこの三頭を挙げる
トーセンレーヴが久しぶりに登場してきた。57.5キロとトップハンデに推されたが、これはこれまでの実績を考えれば当然のこと。どうしてもシャキッとしない走りが続いていたのだが、そろそろ来る頃だ。ワイド連対でも構わない。多頭数だけに余計なことを考えさせずに走らせれば好走するはずだ。また、大外枠に入ったファントムライトを挙げる。悪くはないのだが、良くはない。微妙なところに位置する馬だが、今回は55キロで参戦できることもあって、ここでの好走を期待したい。そして、私にとってレッドイレブンはこの位置になった。巴賞を勝てたのは休み明けで、1800m戦であることからだ。今回は1ファロンの距離延長となる。それがこの馬の良さを殺ぐ。どこまで走れるか分からないところがこの位置にさせた。
●取捨選択を迷った一頭
今年の巴賞はそれほど好走しなくても勝ち負けになることができたのではないかと思える。結果として、レッドイレブンが勝ち、マテンロウボスが2着となった。が、時計的には褒められるものではないし、上がり時計についても同様だ。結論を言ってしまえば、巴賞組は難しいのではないかということ。どこまで力を発揮できるか分からないが、厳しい走りを強いられると考える。

●捨てちゃえ馬
前述の通り、ここではマテンロウボスが要らない。故に捨てる!!


●今週の買い目!!鬼結!!
鬼結 馬名 性齢 斤量 騎手名
4 バイガエシ 牡4 54 藤岡 佑介
10 ツクバアズマオー 牡5 55 吉田 豊
2 トーセンレーヴ 牡8 57.5 ホワイト
△1 16 ファントムライト 牡7 55 内田 博幸
△2 3 レッドレイヴン 牡6 57 池添 謙一
捨馬 5 マテンロウボス 牡5 55 四位 洋文


●結果
【配当】
単勝 6 740円
複勝 6 290円
8 690円
10 490円
枠連 3-4 2,770円
馬連 6-8 10,890円
ワイド 6-8 2,690円
6-10 2,070円
8-10 4,460円
馬単 6-8 18,550円
3連複 6-8-10 41,470円
3連単 6-8-10 233,010円

【着順】 【時計】
1 6 マイネルミラノ 1.59.0 35.5
2 8 ケイティープライド 1.59.3 35.4
3 10 ツクバアズマオー 1.59.5 35.3
4 1 マデイラ 1.59.6 35.9
5 4 バイガエシ 1.59.8 35.2
6 12 ネオリアリズム 1.59.9 35.7
7 9 ホッコーブレーヴ 1.59.9 35.3
8 14 トゥインクル 2.00.0 35.8
9 3 レッドレイヴン 2.00.0 35.6
10 2 トーセンレーヴ 2.00.1 36.0
11 15 ダービーフィズ 2.00.2 36.2
12 7 マイネルフロスト 2.00.3 36.4
13 5 マテンロウボス 2.00.3 35.3
14 13 オツウ 2.00.4 36.8
15 16 ファントムライト 2.00.8 37.0
16 11 フェイマスエンド 2.01.9 38.2
AD
いいね!した人

テーマ:

第52回七夕賞:7月10日(日) 福島競馬場
15時45分発走

恵量馬が意外に活躍する
一番人気と言えど安心できない


中穴と考えるべきか
大切なことのひとつは払い戻しだが、肝心なことは予想を的中させることだ。つまり、オッズを狙うのではなく、上位入選する馬を探し出すこと。結果として、万馬券だったり、取り噛みだったりということになる。ハンデ戦である以上、前走比較は大切にしたい。57キロで走った馬が52キロで参戦するということもあるし、前走で伸び切れなかったが、2キロ減で参戦できたことで好走するということもある。このハンデ戦は出走馬の前走番組を番組を観ていないと分かりにくい。一番人気は[2-2-2-4]で複勝率60%、二番人気は[1-1-3-5]で50%、三番人気は[1-0-2-7]で30%という結果。六番人気以降は12頭、二桁人気は6頭という結果だ。荒れるのか? 大きくは荒れないが中波乱は当たり前の番組でもある。トップハンデでも[2-1-2-11]という結果を残し、57.5キロ以上でも[1-2-2-9]で、57キロでも[4-1-1-15]と入り込んできている。斤量だけでは比較できないものがある。それらを踏まえて予想を組み立てたい。

●出馬表
馬名 性齢 斤量 騎手名
1 1 マイネルラクリマ 牡8 57.5 柴田 大知
1 2 クリールカイザー 牡7 57 田辺 裕信
2 3 メイショウナルト せん8 56 津村 明秀
2 4 ダコール 牡8 58 小牧 太
3 5 マーティンボロ 牡7 57 鮫島 克駿
3 6 マジェスティハーツ 牡6 56 横山 典弘
4 7 ヤマニンボワラクテ せん5 55 藤懸 貴志
4 8 アルバートドック 牡4 57 戸崎 圭太
5 9 バーディーイーグル 牡6 54 吉田 豊
5 10 ルミナスウォリアー 牡5 55 柴山 雄一
6 11 メイショウカンパク 牡9 51 江田 照男
6 12 オリオンザジャパン せん6 53 内田 博幸
7 13 ウインリバティ 牝5 52 石川 裕紀人
7 14 ステラウインド 牡7 56 蛯名 正義
8 15 ナカヤマナイト 牡8 57 柴田 善臣
8 16 シャイニープリンス 牡6 56.5 北村 友一

●主線はこの二頭の勝ち負け
七夕の竹飾りは川に流したその昔。いまでは環境破壊とされるだろうし、持って歩いていれば職質を掛けられるのではないだろうか。破竹の勢いと言っても過言ではないルミナスウォリアーを主軸に据えた。一番の充実期を迎えているのではないかと思える。好位からの競馬ができる強さというのは真の強さだといっても良いだろう。この馬の勝ち星を期待する。対抗には悪路巧者でもあり、このところ不調ではあるものの、その素質の良さを評価してアルバートドックを推す。あれこれ騎手が乗り替わっている馬だが、そればかりが敗因ではない。気持ちが勝っている馬だ。それが調教VTRではきちんとハミを取って走っていた。調教駆けなのか。ワイド連対までなら入ってくる馬としてこの位置にした。
●番手にはこの三頭を挙げる
どうしても道悪が気になるところだ。回復したとしても稍重まで、発表は良馬場となることだろうが、実際は違う。足に絡み付く芝となる。その点では悪路実績がある馬が良いということで、マーティンボロを挙げる。七歳馬、57キロで渡り合うのは難しいかもしれないが、地力がないことにはこの馬場には対応できないだろうと判断をした。そのために▲単穴とした。また、大外枠のシャイニープリンスだが、良馬場であればその力は発揮できるかもしれないのだが、道悪だと難しい馬だ。56.5キロならば好走できるかと思っているのだが、この馬もまたすべて馬場次第。そして、勝ってこの番組に駒を進めて来たバーディーイーグルを挙げる。六歳にしてやっと好機を迎えたかと思える走りが続いている。馬齢が進むと体調変化が落ち着いてくる。その段で好走ができれば良いのだが、果たしてどうか。
●取捨選択を迷った一頭
悪くはないのだが、良くはないマジェスティハーツが気に掛かる。このところ最後の伸びがどうしても足りない。力が衰えてきたのではないかと思えるところがある。力が要る福島コース、2000m戦。好走ができれば良いのだが、その可能性が低いのではないかと思える。果たしてどうか。

●捨てちゃえ馬
勝ち切れない馬の評価は難しい。しかし、今回は馬場が悪い。力を発揮することができないのではないかと考え、マジェスティハーツはここでは要らない。故に捨てる!!


●今週の買い目!!鬼結!!
鬼結 馬名 性齢 斤量 騎手名
10 ルミナスウォリアー 牡5 55 柴山 雄一
8 アルバートドック 牡4 57 戸崎 圭太
5 マーティンボロ 牡7 57 鮫島 克駿
△1 16 シャイニープリンス 牡6 56.5 北村 友一
△2 9 バーディーイーグル 牡6 54 吉田 豊
捨馬 6 マジェスティハーツ 牡6 56 横山 典弘


●結果
【配当】
単勝 8 590円
複勝 8 240円
4 230円
12 720円
枠連 2-4 1,030円
馬連 4-8 2,290円
ワイド 4-8 890円
4-12 3,710円
8-12 3,570円
馬単 8-4 4,250円
3連複 4-8-12 24,200円
3連単 8-4-12 96,740円

【着順】 【時計】
1 8 アルバートドック 1.58.4 35.9
2 4 ダコール 1.58.5 35.8
3 12 オリオンザジャパン 1.59.0 35.4
4 1 マイネルラクリマ 1.59.0 36.6
5 2 クリールカイザー 1.59.1 37.4
6 5 マーティンボロ 1.59.2 37.1
7 9 バーディーイーグル 1.59.6 36.7
8 10 ルミナスウォリアー 1.59.7 36.7
9 16 シャイニープリンス 1.59.7 37.2
10 7 ヤマニンボワラクテ 2.00.1 38.1
11 3 メイショウナルト 2.00.3 39.1
12 6 マジェスティハーツ 2.00.7 36.5
13 13 ウインリバティ 2.00.9 38.5
14 11 メイショウカンパク 2.01.1 37.8
15 14 ステラウインド 2.01.7 39.0
16 15 ナカヤマナイト 2.01.9 38.9
いいね!した人

テーマ:

第21回プロキオンステークス:7月10日(日) 中京競馬場
15時35分発走

行ける足、最後の足
脚質が問われる1400m戦


中京1400m戦ならば枠順は無関係
肝心なことは勢いである。勢いがなければ勝ち負けにならない。この番組は京都コース、阪神コースでも行われている。京都、阪神では外枠、内枠の有利不利が影響することもあるが、中京コースはその影響が極めて少ない。それよりも直線に入ってからの伸びであり、最後の急勾配である。ダート戦であるために切れ脚よりも前々の競馬ができることと、踏ん張りが利くのかという脚質。それを見出せるのは近走での勢いということになる。番組自体は一番人気が[2-3-4-1]で複勝率90%、二番人気は[1-4-1-4]で60%、三番人気は[1-1-0-8]で20%となる。六番人気以降は8頭、二桁人気は2頭のみ。上位人気が力を発揮すれば、それほど荒れないが、二桁人気が入り込んで切るようなことになると大きく荒れる。これはどの番組でも一緒だ。いずれにしても、順当な結果となるか、メンバーを見て考えなければならないことは確か。その上で近走の勢いを考えるべきだろう。そのような考え方で組み立ててみたい。

●出馬表
馬名 性齢 斤量 騎手名
1 1 ワンダーコロアール 牡7 56 福永 祐一
2 2 カフジテイク 牡4 56 幸 英明
2 3 グレープブランデー 牡8 58 和田 竜二
3 4 ブライトライン 牡7 56 石橋 脩
3 5 クラリティスカイ 牡4 58 ルメール
4 6 ムスカテール 牡8 57 藤岡 康太
4 7 ワイドバッハ 牡7 56 武 豊
5 8 ダノングッド 牡4 56 丸田 恭介
5 9 キングズガード 牡5 56 川田 将雅
6 10 ニシケンモノノフ 牡5 56 岩田 康誠
6 11 マルカフリート 牡10 56 秋山 真一郎
7 12 ポメグラネイト 牡5 56 松山 弘平
7 13 タガノトネール せん6 57 松若 風馬
8 14 ノボバカラ 牡4 57 Mデムーロ
8 15 キクノストーム 牡7 57 国分 恭介

●主線はこの二頭の勝ち負け
混戦となるのか、ならないのか。興味深いダート戦である。その中で主軸に据えたのは三連勝中のキングスガード。いまの勢いを止めることができないのではないかと思えるほどだ。上がり時計も申し分ない。距離適正もある。となれば、ここはワイド連対までなら入ってくる可能性が最も高い馬ということで、主軸に据えた。対抗には馬場状態も考えて、ノボバカラを挙げる。北海道バカンスは砂を盛られたのだろう、勝ち星を挙げることができなかった。が、それは鞍上の問題もあったはずだ。それを考えると、ここでも十分岩渡和える一頭として考えられる。好走を期待できる。
●番手にはこの三頭を挙げる
最近、短距離戦で戦果を挙げているグレープブランデーを▲単穴とした。馬齢が進むと瞬発力が無くなってくる。そのために、器用にも前々の競馬ができていることが賞金を積み重ねる結果となっているんだろう。老いても侮れない一頭として考えておく。また、東京コースと相性が良いのは父のメイショウボーラーと一緒なのかと思わせるニシケンモノノフを推す。オープンでの好走がここでも通じれば良いのだが、大器晩成と考えるのかどうか難しいところ。そして、ブライトラインを挙げる。マイル戦で勝ち星を挙げてこの番組に臨んできたことはそれなりの勝機を見出していると考えても良いだろう。課題はコース適性。阪神コースでどこまで走ることができるか見ものである。
●取捨選択を迷った一頭
なぜ、ユタカが手綱を執って参戦してきたのか。ワイドバッハに勝機があるのか。1年のブランクがあり、ここでの走り。確かにお手馬と言っても良い。久しぶりということもあって歓待の意味か。七歳馬のこの馬がどこまで走るのだろうか。

●捨てちゃえ馬
やはり、武器らしい武器がないことには勝ち負けが難しくなる。前述の通り、ここではワイドバッハは要らない。故に捨てる!!


●今週の買い目!!鬼結!!
鬼結 馬名 性齢 斤量 騎手名
9 キングズガード 牡5 56 川田 将雅
14 ノボバカラ 牡4 57 Mデムーロ
3 グレープブランデー 牡8 58 和田 竜二
△1 10 ニシケンモノノフ 牡5 56 岩田 康誠
△2 4 ブライトライン 牡7 56 石橋 脩
捨馬 7 ワイドバッハ 牡7 56 武 豊


●結果
【配当】
単勝 14 330円
複勝 14 130円
10 150円
9 130円
枠連 6-8 860円
馬連 10-14 870円
ワイド 9-10 420円
9-14 250円
10-14 340円
馬単 14-10 1,440円
3連複 9-10-14 1,020円
3連単 14-10-9 4,510円

【着順】 【時計】
1 14 ノボバカラ 1.22.1 36.6
2 10 ニシケンモノノフ 1.22.2 36.4
3 9 キングズガード 1.22.2 35.4
4 4 ブライトライン 1.22.5 36.8
5 3 グレープブランデー 1.22.6 36.9
6 8 ダノングッド 1.22.6 37.1
7 2 カフジテイク 1.22.6 35.8
8 1 ワンダーコロアール 1.22.8 37.4
9 15 キクノストーム 1.23.2 36.2
10 11 マルカフリート 1.23.2 36.5
11 13 タガノトネール 1.23.7 38.1
12 7 ワイドバッハ 1.23.8 37.3
13 5 クラリティスカイ 1.23.8 37.8
14 6 ムスカテール 1.23.9 37.8
15 12 ポメグラネイト 1.24.0 37.9
いいね!した人

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。