競馬予想:予想師・紀伊國屋のJRA重賞予想

競馬予想を公開し続けて21年。JRA重賞予想を行なう鬼才の予想師・紀伊國屋のコンテンツ。
狙いは三連複、軸馬は二頭、予想は三点、都合5頭で勝負を掛けることを
潔いとする。果たしてどうか、今週は!!


テーマ:

第65回日経新春杯:1月14日(日) 京都競馬場
15時45分発走

距離が長くなる分、恵量馬が有利になる
課題はここでも距離適正


この番組は、ハンデ戦である
改めてそう認識しておかないとならないのではないかと思えるものがある。恵量馬が踏ん張りきれないことが続いた。が、何らかの穴を空ける馬が恵量馬であることは間違いない。昨年にしても恵量とは言い切れない馬が勝ち負けになり、恵量だろうと思えたシャケトラは53キロで出走して、有馬記念まで上ってきた。逆に3着となったモンドインテロは56.5キロで勝ちきれない番組が続いている。何とも競馬は難しいと思わされる内容だ。
  • 一番人気:2-4-1-3
  • 二番人気:4-2-0-4
  • 三番人気:1-3-0-6
この番組の特徴のひとつが恵量馬でもきちんと勝ち負けに絡んできていることだろう。53キロ以下であっても[2-1-4-38]で複勝率が15.5%という結果。侮れないという指針とはなるが、勝ち負け、ワイド連対に絡んでくるとは言えない。絡みやすいのか? そうも言えない。やはり、侮れないというところか。その判断は上がり時計で判断をしたい。切れる脚があるのであれば、まさに侮れない存在となる。それらを踏まえて予想を組み立てたい。

●出馬表
馬名 性齢 斤量 騎手名
1 1 サンタフェチーフ 牝6 52 四位 洋文
2 2 ロードヴァンドール 牡5 56 横山 典弘
3 3 モンドインテロ 牡6 57 ルメール
4 4 ヒットザターゲット 牡1 56 小牧 太
5 5 トルークマクト 牡8 52 荻野 琢真
5 6 アクションスター 牡8 52 太宰 啓介
6 7 パフォーマプロミス 牡6 54 Mデムーロ
6 8 ミッキーロケット 牡5 57.5 和田 竜二
7 9 ガンコ 牡5 52 酒井 学
7 10 ソールインパクト 牡6 54 福永 祐一
8 11 ベルーフ 牡6 56 川田 将雅
8 12 カラビナ 牡5 52 幸 英明

●主線はこの二頭の勝ち負け
勝てそうで勝てないモンドインテロだが、ここでは主軸とした。ワイド連対までには入ってくるだろうという緩い選択基準となったが、鞍上がルメール騎手ということもあってどうにかしてくれるだろうという[ルメール頼み]。対抗には情景戦を勝ったばかりのパフォーマプロミスを推す。こちらは安直のようにも思えるだろうが[Mデムーロ頼み]。条件戦をやっと勝ったばかりではあるが、遅咲きとなりつつあるところなのではないかと思えるところもあった。それが気になっての選択。どこまで力を出すことができるか。
●番手にはこの三頭を挙げる
ミッキーロケットは距離適正が課題となった。この距離をトップハンデの57.5キロで走ることができるのか。走れても勝ち負けにならなければ走れるとは言わない。ここでは流れが遅くなって、姉妹の競馬だけに集中できれば良いのではないかと考えている。また、ソールインパクトだが、54キロであればどうにか走ることができるのではないかと思っている。が、前走比較で1キロ増。距離は2ファロンも延びる。難しさに拍車が掛かることとなる。そうなると勝ち負けは厳しいのではないか、ワイド連対ならばどうにかなるかも知れないが、というところで挙げている。そして、最内枠に入ったサンタフェチーフだが、切れる脚を発揮することができれば侮れない一頭となると考えた。しかも、今回は2キロ減での参戦。好走できなければ話にならない。それらを忖度すると△連下に挙がった次第。
●取捨選択を迷った一頭
外枠に入ったベルーフカラビナなのだが、ベルーフは距離適正と斤量の課題が立ちはだかるだろうと思わせ、カラビナは距離適正はあるものの、恵量とはいえ、メンバーが強過ぎるのではないかと思えたこと。だったら、ここに挙げる必要はないではないかと思えるのだが、どうも気になるのである。だから挙がる。

●捨てちゃえ馬
勝ち切れないベルーフ、相手が一気に強くなるカラビナ。条件が折り合わないという結論に達したため、この二頭がここでは要らない。故に捨てる!!


●今週の買い目!!鬼結!!
鬼結 馬名 性齢 斤量 騎手名
3 モンドインテロ 牡6 57 ルメール
7 パフォーマプロミス 牡6 54 Mデムーロ
8 ミッキーロケット 牡5 57.5 和田 竜二
△1 10 ソールインパクト 牡6 54 福永 祐一
△2 1 サンタフェチーフ 牝6 52 四位 洋文
捨馬 11 ベルーフ 牡6 56 川田 将雅
捨馬 12 カラビナ 牡5 52 幸 英明


【配当】
単勝 7 370円
複勝 7 170円
2 250円
9 380円
枠連 2-6 760円
馬連 2-7 1,680円
ワイド 2-7 660円
2-9 1,580円
7-9 1,330円
馬単 7-2 2,720円
3連複 2-7-9 9,240円
3連単 7-2-9 37,240円

【着順】 【時計】
1 7 パフォーマプロミス 2:26.3 34.4
2 2 ロードヴァンドール 2:26.3 34.6
3 9 ガンコ 2:26.5 34.8
4 8 ミッキーロケット 2:27.2 35.3
5 1 サンタフェチーフ 2:27.3 35.2
6 4 ヒットザターゲット 2:27.3 35.2
7 3 モンドインテロ 2:27.7 35.4
8 12 カラビナ 2:27.8 36.0
9 6 アクションスター 2:27.8 35.4
10 11 ベルーフ 2:28.0 35.5
11 10 ソールインパクト 2:28.2 36.0
12 5 トルークマクト 2:28.2 35.5

AD
いいね!した人

テーマ:

第58回京成杯:1月14日(日) 中山競馬場
15時35分発走

2000m戦だからこそ距離実績を優先して考える
クラシック戦線に臨める三歳馬を探す


2000mという距離
明け三歳にとっては長い距離である。ゴール板を目指す最後の直線では、古馬にとってのマイルハーフという感じではないだろうか。遅筋に乳酸が溜まり、上がらなくなるという状態。それでも必死に走ろうとするのは性。これが強いか弱いかもあるが、それ以上に馬自体の筋肉がどうなっているのかというところがある。小理屈はさておき、戦績としては以下の通り。
  • 2000m:7-6-7-63 複勝率:24.0%
  • 1800m:2-3-2-32 複勝率:17.9%
  • 1600m:1-1-0-32 複勝率: 5.8%
情実を持ったとしても、距離実績がないことには厳しいことが分かるデータだ。きちんと走れることはもちろん、その上でどこまで上がり時計をあげられるかというところを考えながら予想を組み立てたい。

●出馬表
馬名 性齢 斤量 騎手名
1 1 イェッツト 牡3 56 蛯名 正義
2 2 コスモイグナーツ 牡3 56 柴田 大知
2 3 ヤマノグラップル 牡3 56 柴田 善臣
3 4 ロジティナ 牡3 56 内田 博幸
3 5 コズミックフォース 牡3 56 戸崎 圭太
4 6 スラッシュメタル 牡3 56 柴山 雄一
4 7 エイムアンドエンド 牡3 56 三浦 皇成
5 8 ダブルシャープ 牡3 56 田中 勝春
5 9 サクステッド 牡3 56 吉田 隼人
6 10 デルタバローズ 牡3 56 石橋 脩
6 11 ライトカラカゼ 牡3 56 大野 拓弥
7 12 タイキフェルヴール 牡3 56 北村 宏司
7 13 ギャンブラー 牡3 56 津村 明秀
8 14 ジョリルミエール 牝3 54 木幡 初也
8 15 ジェネラーレウーノ 牡3 56 田辺 裕信

●主線はこの二頭の勝ち負け
上位は拮抗していると考える。が、その意味はこれたる軸を担える馬がいないということだ。そのために拮抗状態に陥った。主軸にはダブルシャープを据えた。叩き上げのような戦歴を持つところが気に入らないが、他にこれと言って推せる馬がいないところも難点か。切れる脚というよりは長く良い脚を使う馬というところか。その意味ではワイド連対に入ってくるだろうというところで考えて良いだろう。対抗にはデルタバローズを推す。僅か一戦ではあるが、実に纏まりの良い競馬ができる、器用な馬だという印象が残った。まだ力強さには欠けるが、このメンバーであれば好走ができるのではないかとも考えている。果たしてどうか。
●番手にはこの三頭を挙げる
ダート戦に変わってから連続して勝ち星を挙げて、またターフに戻ってきた。どこまで力が出せるのか。腱先が立っている馬なのではないかと考えたが、馬場状態が悪い中で走らせたくないということだったのかもしれない。そのあたりが分かれば違うが、タイキフェルヴールが▲単穴となった。また、ロジティナだが、やっと未勝利戦を勝つことができたという馬だ。どこまで力が出せるのかという考え方と、やっとスタート台に立つことができたなという考え方、更にはここからが本気どころだという考え方ができる。私はいずれも適っているところだと考えた。侮れない一頭だ。が、ここでは△連下まで。そして、大外枠に入ったジェネラーレウーノを推す。悪くはないのだが、時計的には平凡、上がり時計でちょっと見どころがあるかというところ。どこまで力が出せるのかまだ未知数の馬という捉え方ができなくもない。が、難しさも胎む。
●取捨選択を迷った一頭
最内枠に入ったイェッツトだが、新馬戦を勝ったばかりではあるが、大物ぶりを感じさせる走りに驚かされた。そんなに馬格がある訳ではないのだが、大きく見える馬だ。ここでの好走も期待したい。侮れない馬であることは分かる。が、武器が何であるのか、それが未知数であるが故に分からない。諸賢の考えは如何だろうか。

●捨てちゃえ馬
武器らしい武器がなければG3戦とは言え、勝ち負けは元よりワイド連対も厳しいだろう。そう考えるとここではイェッツトが要らない。故に捨てる!!


●今週の買い目!!鬼結!!
鬼結 馬名 性齢 斤量 騎手名
8 ダブルシャープ 牡3 56 田中 勝春
10 デルタバローズ 牡3 56 石橋 脩
12 タイキフェルヴール 牡3 56 北村 宏司
△1 4 ロジティナ 牡3 56 内田 博幸
△2 15 ジェネラーレウーノ 牡3 56 田辺 裕信
捨馬 1 イェッツト 牡3 56 蛯名 正義


【配当】
単勝 15 350円
複勝 15 150円
5 150円
1 320円
枠連 3-8 640円
馬連 5-15 780円
ワイド 1-5 830円
1-15 1,030円
5-15 310円
馬単 15-5 1,510円
3連複 1-5-15 3,130円
3連単 15-5-1 12,290円

【着順】 【時計】
1 15 ジェネラーレウーノ 2:01.2 36.3
2 5 コズミックフォース 2:01.3 35.4
3 1 イェッツト 2:01.4 35.7
4 11 ライトカラカゼ 2:01.6 35.9
5 9 サクステッド 2:01.6 36.6
6 4 ロジティナ 2:01.8 36.3
7 8 ダブルシャープ 2:01.9 35.5
8 6 スラッシュメタル 2:01.9 35.9
9 12 タイキフェルヴール 2:01.9 36.1
10 7 エイムアンドエンド 2:02.2 37.0
11 2 コスモイグナーツ 2:02.3 38.1
12 3 ヤマノグラップル 2:02.8 37.3
13 10 デルタバローズ 2:02.9 37.7
14 14 ジョリルミエール 2:03.0 36.7
15 13 ギャンブラー 2:04.1 38.7

AD
いいね!した人

テーマ:

第55回愛知杯:1月13日(土) 中京競馬場
15時25分発走

なぜかG1参戦組が苦戦するこの番組
格上挑戦馬が活躍しやすい傾向にある


G1参戦組が好走できない
結果としては好走できないのだが、できない理由としてはハンデ戦に参戦してくるG1参戦馬ということがひとつ、逆に恵量馬が好走するために重ハンデ馬の活躍が目立たなくなってしまうのである。どちらにしても同じことではあるが、この番組自体が恵量ハンデ馬が好走する傾向が強いということが言えよう。トップハンデは[4-2-2-9]で複勝率は47.0%と侮れない戦績を残している。鍵となるのは結果としての重ハンデという場合と、推し出されるようにして重ハンデとなった場合の違いだろう。昨年は55キロがトップハンデだった。恵量53キロを活かしたマキシムドパリの勝ち星、2着には52キロのサンゾヴール、3着には53lキロのクインズミラーグロとなった。これがハンデ戦の妙味だ。が、結果を見ても判るように馬としての素養も肝心なのである。データだけでは判断できないものが潜んでいることが窺える。厄介な番組であるが、それだからこその面白さもある。それらの考え方をすべて織り交ぜて予想を組み立てたい。

●出馬表
馬名 性齢 斤量 騎手名
1 1 ゲッカコウ 牝5 54 丹内 祐次
1 2 ギモーヴ 牝5 52 藤岡 康太
2 3 メイズオブオナー 牝4 50 松若 風馬
2 4 リカビトス 牝4 51 吉田 隼人
3 5 タニノアーバンシー 牝5 52 Mデムーロ
3 6 ブラックオニキス 牝4 52 松山 弘平
4 7 マキシマムドパリ 牝6 56 藤岡 佑介
4 8 レイホーロマンス 牝5 51 岩崎 翼
5 9 キンショーユキヒメ 牝5 53 秋山 真一郎
5 10 エテルナミノル 牝5 54 四位 洋文
6 11 シャルール 牝6 54 北村 友一
6 12 クインズミラーグロ 牝6 54 幸 英明
7 13 コパノマリーン 牝5 51 井上 敏樹
7 14 クィーンチャーム 牝6 53 中谷 雄太
7 15 ロッカフラベイビー 牝6 53 古川 吉洋
8 16 ハッピーユニバンス 牝6 52 池添 謙一
8 17 アンドリエッテ 牝6 52 鮫島 克駿
8 18 ワンブレスアウェイ 牝5 54 津村 明秀

●主線はこの二頭の勝ち負け
牝馬限定のハンデ戦。分からないところに這う社が掛かる。そのため、ここに挙げる馬もワイド連対までに入ってくる二頭ということで選んでいる。そこは忖度していただきたい。主軸には勢い抜群のマキシムドパリを据えた。が、56キロでどこまで走ることができるのか疑問が残る。リズ杯の時も伸び切れず。距離適正ということはないだろう。ならば斤量だという考え方だ。が、ワイド連対までであれば入ってくる可能性が高いと考えた。また、新興勢力かと思えるような馬ではあるが、タニノアーバンシーを挙げる。長く良い脚が使える馬として評価した。52キロは恵量。鞍上にはMデムーロ騎手。好走を期待しても良いだろう。ただ、前々の競馬に拘り過ぎると間違えるかもしれない。その点が懸念されるところ。
●番手にはこの三頭を挙げる
切れる脚をどこまで発揮できるかというところが課題となるギモーヴを▲単穴に据えた。52キロで出走できることも魅力だ。ただ、勝てないでここまで規定し待っているという事実もある。その点を考えるとこの位置までだろうということになる。また、エテルナミノルが難しい位置にいる。悪くはないのだが距離適正の面で難しいところがでてしまうのではないかと思えるところだ。本来ならもっと勝っていても良い馬ではあるが、それができない事がこの馬。しかも、多頭数での展開。どこまで力を出すことができるか。そして、メイズオブオナーを推す。勝ってこの番組に参戦してきたこと、50キロの斤量で参戦できること。この二つの条件は大いにアドバンテージとなる。が、それでも勝ち負けにならないとなると別の問題があることとなる。そう考えると正念場。果たしてどうか。
●取捨選択を迷った一頭
前走で自分の競馬ができなかったクィーンチャームだが、多頭数での展開が下手なのかもしれない。距離適正は悪くない。が、勝ち負けにならないとなると馬の力ということになる。が、条件戦ではきちんと力を発揮していた。その点はどう考えれば良いのか。また、大外枠に入ったワンブレスアウェイだが、条件戦を勝ったと思ったら府中牝馬Sでコテンパンにやられて、ターコイズSでも同様。そろそろどうにかしなければいけないとこの番組に参戦してきたか。それだけ難しい馬なのだと言うことは判る。条件戦で見せた脚をもう一度見せてくれるのかどうか。

●捨てちゃえ馬
結果として、前述のようにクィーンチャームワンブレスアウェイがここでは要らない。故に捨てる!!


●今週の買い目!!鬼結!!
鬼結 馬名 性齢 斤量 騎手名
5 タニノアーバンシー 牝5 52 Mデムーロ
7 マキシマムドパリ 牝6 56 藤岡 佑介
2 ギモーヴ 牝5 52 藤岡 康太
△1 10 エテルナミノル 牝5 54 四位 洋文
△2 3 メイズオブオナー 牝4 50 松若 風馬
捨馬 14 クィーンチャーム 牝6 53 中谷 雄太
捨馬 18 ワンブレスアウェイ 牝5 54 津村 明秀


【配当】
単勝 10 1,160円
複勝 10 380円
8 610円
7 180円
枠連 4-5 1,000円
馬連 8-10 13,120円
ワイド 7-8 1,820円
7-10 1,100円
8-10 4,130円
馬単 10-8 22,260円
3連複 7-8-10 16,650円
3連単 10-8-7 121,160円

【着順】 【時計】
1 10 エテルナミノル 2:00.1 34.7
2 8 レイホーロマンス 2:00.2 34.0
3 7 マキシマムドパリ 2:00.4 34.4
4 4 リカビトス 2:00.5 34.1
5 3 メイズオブオナー 2:00.6 34.7
6 11 シャルール 2:00.6 35.3
6 18 ワンブレスアウェイ 2:00.6 35.4
8 16 ハッピーユニバンス 2:00.6 34.8
9 17 アンドリエッテ 2:00.6 34.3
10 9 キンショーユキヒメ 2:00.7 35.1
11 2 ギモーヴ 2:00.7 34.5
12 1 ゲッカコウ 2:00.8 34.4
13 14 クィーンチャーム 2:00.9 35.6
14 6 ブラックオニキス 2:00.9 35.3
15 15 ロッカフラベイビー 2:01.2 35.0
16 12 クインズミラーグロ 2:01.8 36.8
17 5 タニノアーバンシー 2:02.7 37.1
中止 13 コパノマリーン  

AD
いいね!した人

テーマ:

第52回シンザン記念:1月8日(月祝) 京都競馬場
15時45分発走

馬の年明けはまだ来ない
昨年の実績を重視して考える


一番人気が不審な理由
一番人気が負けると、他の馬が成長したのではないかと思われがちだが、これは違う。馬の成長は季節の影響が大きく、明け三歳、四歳と便宜上なるのだが、実はフェブラリーSを越えてからでないと馬の成長が始まらないのではないかと思っている。いわば、馬自身が寒さを乗り越えて初春となるのだという考え方だ。生物学的にも当たらずと言え遠からずというところだろうと思う。その中でクラシック戦線に臨むことができる馬を篩に掛けることになる。が、結果としては昨年の走り状況が現れるということになりがちだ。鍵を握っている条件は、上がり時計とマイル戦の走破時計。どのぐらいの脚があるのかということがこの番組での勝ち負けになる。この先に待つクラシック戦線に応えられる馬かどうかの判断材料となることと考えて良いだろう。朝日杯FSとの連係性も薄い。が、着順ではなく時計で考える。それを軸に予想を組み立ててみたい。

●出馬表
馬名 性齢 斤量 騎手名
1 1 スターリーステージ 牝3 54 川田 将雅
2 2 ファストアプローチ 牡3 56 Mデムーロ
3 3 アーモンドアイ 牝3 54 戸崎 圭太
4 4 ベルガド 牡3 56 松山 弘平
5 5 マイネルエメ 牡3 56 丹内 祐次
6 6 ブランモンストル 牡3 56 松田 大作
6 7 ツヅミモン 牝3 54 秋山 真一郎
7 8 プリュス 牝3 54 武 豊
7 9 カフジバンガード 牡3 56 藤岡 康太
8 10 ヒシコスマー 牡3 56 幸 英明
8 11 カシアス 牡3 57 浜中 俊

●主線はこの二頭の勝ち負け
上位三頭が拮抗している。三歳馬とは言うが、明け三歳。まだまだ伸び代がある馬ばかり。この先にも大いに期待できるところだ。その中で主軸に据えた馬は最内枠に入ったスターリーステージ。持ち時計自体はそれほど褒められるものではないが、長く良い脚が使えることを考えれば、マイル戦であるこの番組、好走ができるのではないかと考えた。この馬ならワイド連対に入ってくるだろうというところもある。器用な馬だ。対抗にはファストアプローチを推す。朝日杯FSでは不甲斐ない結果に終わってしまったが、最後の最後で伸び切れなかった。その課題を抱えているが、今回は鞍上にMデムーロ騎手を迎えた。それが好走に繋がるのではないかという[Mデム頼み]。この馬もまたワイド連対までに入ってくるだろう馬だ。共に前々の競馬ができることが強みだと言って良い。
●番手にはこの三頭を挙げる
距離的にはマイルまでなのだろうと思わせるカシアスだが、決して線が細いかというとそうではない。しっかりした胸前も印象的だ。課題となるのは展開の早さだ。馬場自体が既に小雨模様の京都競馬場。ここで足元を気にしなければ好走に繋がる可能性は高い。出走馬全頭、稍重での好走結果はないため、大きな違いはないはずだ。また、ヴィクトワールピサ産駒のプリュスを挙げる。小柄な馬だ。この先どこまで成長するのかと思えるのだが、馬体自体は非常に柔らかな馬という印象で調教VTRを観ていた。しっかり自分からハミを取って走りに行く姿勢は良かった。前が塞がると出るに出られないということもあるかもしれないが、鞍上が巧く捌いていくれるだろうと[ユタカ頼み]。そのため、△連下までとする。そして、ロードカナロア産駒のアーモンドアイを推す。馬格は小さくはないが、父系のスタミナを受け継いだのかというところでは疑問が生じる。しかも、休み明けでの参戦。素質だけで走ってくるのだろうなと思いながら△連下に挙げる。
●取捨選択を迷った一頭
ブランモンストルの前走は圧巻だった。強さが光っていた。2着馬と0.4秒差。しっかりした馬格を持っている馬だ。跳びが気になるところもあるのだが、それが不器用さに繋がってしまうのではないかと思えるところがある。その点がどうか。悪くはない。だから、迷わされるのだが、諸賢の考えは如何だろうか?

●捨てちゃえ馬
迷った。入れ替える。順調さを欠いたアーモンドアイを捨馬にして、ブランモンストルを△連下にする。そのため、ここではアーモンドアイが要らない。故に捨てる!!


●今週の買い目!!鬼結!!
鬼結 馬名 性齢 斤量 騎手名
1 スターリーステージ 牝3 54 川田 将雅
2 ファストアプローチ 牡3 56 Mデムーロ
11 カシアス 牡3 57 浜中 俊
△1 8 プリュス 牝3 54 武 豊
△2 6 ブランモンストル 牡3 56 松田 大作
捨馬 3 アーモンドアイ 牝3 54 戸崎 圭太


【配当】
単勝 3 290円
複勝 3 150円
7 330円
11 210円
枠連 3-6 1,680円
馬連 3-7 2,620円
ワイド 3-7 980円
3-11 630円
7-11 1,650円
馬単 3-7 3,100円
3連複 3-7-11 6,980円
3連単 3-7-11 26,730円

【着順】 【時計】
1 3 アーモンドアイ 1:37.1 34.4
2 7 ツヅミモン 1:37.4 35.5
3 11 カシアス 1:37.4 35.6
4 2 ファストアプローチ 1:37.8 35.2
5 9 カフジバンガード 1:37.9 35.1
6 1 スターリーステージ 1:38.1 35.6
7 4 ベルガド 1:38.2 35.8
8 8 プリュス 1:38.3 35.9
9 6 ブランモンストル 1:39.0 36.8
10 10 ヒシコスマー 1:39.6 36.4
11 5 マイネルエメ 1:39.7 37.4

いいね!した人

テーマ:

第34回フェアリーステークス:1月7日(日) 中山競馬場
15時35分発走

なぜか阪神JF組が不振
マイル戦だからこその力出せる条件


判断をどこでするのか
阪神JF組が[3-0-1-12]で複勝率が25%と不振である。鳴り物入りで参戦してきた馬であれば勝ち負けになるだろうが、そうではない、阪神JFに参戦しましたという馬では上位の争奪戦は無理なのかもしれない。では、それなりに力があるという馬をどう判断するのか。この番組で力が出せる素養は上がり時計にあると考える。上がり時計がすべてではないが、上がり時計が好時計でないことには持てる力がどこにあるのか判らないということだと考えていただきたい。そのため、条件戦であろうが、前走番組は関係ないと考えた方が良い。如何にきちんと走ることができるか、それが課題である。その点を考えながら予想を組み立てたい。

●出馬表
馬名 性齢 斤量 騎手名
1 1 サヤカチャン 牝3 54 松岡 正海
1 2 デュッセルドルフ 牝3 54 田辺 裕信
2 3 ハトホル 牝3 54 吉田 隼人
2 4 アントルシャ 牝3 54 津村 明秀
3 5 ライレローズ 牝3 54 北村 宏司
3 6 ジョブックコメン 牝3 54 藤田 菜七子
4 7 トロワゼトワル 牝3 54 福永 祐一
4 8 グランドピルエット 牝3 54 勝浦 正樹
5 9 レネット 牝3 54 三浦 皇成
5 10 スカーレットカラー 牝3 54 太宰 啓介
6 11 シスル 牝3 54 大野 拓弥
6 12 ジーナスイート 牝3 54 内田 博幸
7 13 レッドベルローズ 牝3 54 蛯名 正義
7 14 プリモシーン 牝3 54 戸崎 圭太
8 15 フィルハーモニー 牝3 54 柴田 大知
8 16 テトラドラクマ 牝3 54 石橋 脩

●主線はこの二頭の勝ち負け
阪神JF組は僅かに一頭、サヤカチャンだけ。残念ながら、ここでは挙がらない。主軸にはプリモシーンを据えた。休み明けであるが問題ないと判断した。確実に力を付けて参戦してきたなと思える。どこまでの走りとなるかは未知数ではあるが、クラシック戦線にその名を挙げる第一歩という走りになるのではないかと思わせる。対抗にはトロワゼトワルを推す。ロードカナロア産駒の走りは実に興味深いものがある。それを活かすことができれば勝ち負け必至。ただ、切れる脚はない。前々の競馬ができなければ勝ち負けが厳しくなる。ユウイチがその点は前走で心得たはず。となれば、この二頭で勝ち負けになるだろうと考える。
●番手にはこの三頭を挙げる
切れる脚があると評価できるのか難しいところではあるがライレローズを▲単穴とした。馬場条件を嫌がらず、重馬場だろうが力を出せるところが強さなのだろう。如何せん、小柄な馬だ。それがどう影響するのか見ものである。また、デュッセルドルフだが、僅かに一走でここに名を連ねてきた。天才肌なのである。こういう馬が桜花賞でポンと勝ってしまったり、人気にならなくても3着に入ってきたりする。が、前走でも一番人気、ここでも侮れないと押し出されてくるだろう。侮れない一頭だ。そして、スカーレットカラーを挙げる。ヴィクトワールピサ産駒。しっかりした馬格となるのかと思ったが、追い持った以上に線が細い。筋肉が柔らかいのかもしれない。だから、ここまでの走りが良く見えた。調教VTRでも侮れない走りを見せている。興味深い一頭だが、△連下まで。
●取捨選択を迷った一頭
ジョブックコメンってどうなんだ? 奈々子人気が馬券を左右するなんてこともなくはない。馬自体もきちんと勝ってこの番組に駒を進めて来た。が、どうなんだろうか。強いて挙げる強さを感じさせないのである。凡庸? そうでもなさそうだが、これと言って武器らしい武器がない。果たしてどうか。

●捨てちゃえ馬
鬼結 馬名 性齢 斤量 騎手名
14 プリモシーン 牝3 54 戸崎 圭太
7 トロワゼトワル 牝3 54 福永 祐一
5 ライレローズ 牝3 54 北村 宏司
△1 2 デュッセルドルフ 牝3 54 田辺 裕信
△2 10 スカーレットカラー 牝3 54 太宰 啓介
捨馬 6 ジョブックコメン 牝3 54 藤田 菜七子


●今週の買い目!!鬼結!!


【配当】
単勝 14 460円
複勝 14 190円
10 310円
13 410円
枠連 5-7 1,750円
馬連 10-14 3,230円
ワイド 10-13 2,420円
10-14 1,170円
13-14 1,100円
馬単 14-10 5,150円
3連複 10-13-14 10,370円
3連単 14-10-13 46,640円

【着順】 【時計】
1 14 プリモシーン 1:34.6 34.5
2 10 スカーレットカラー 1:34.8 34.6
3 13 レッドベルローズ 1:34.8 34.5
4 3 ハトホル 1:35.0 34.4
5 7 トロワゼトワル 1:35.0 34.1
6 16 テトラドラクマ 1:35.1 35.2
7 5 ライレローズ 1:35.2 34.9
8 8 グランドピルエット 1:35.5 35.8
9 6 ジョブックコメン 1:35.5 35.3
10 9 レネット 1:35.6 35.9
11 2 デュッセルドルフ 1:35.7 35.7
12 1 サヤカチャン 1:35.9 35.6
13 12 ジーナスイート 1:36.0 35.2
14 11 シスル 1:36.1 36.5
15 4 アントルシャ 1:36.2 36.2
16 15 フィルハーモニー 1:36.4 36.8

いいね!した人

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。