競馬予想:予想師・紀伊國屋のJRA重賞予想

競馬予想を公開し続けて21年。JRA重賞予想を行なう鬼才の予想師・紀伊國屋のコンテンツ。
狙いは三連複、軸馬は二頭、予想は三点、都合5頭で勝負を掛けることを
潔いとする。果たしてどうか、今週は!!


テーマ:

第36回新潟2歳ステークス:8月28日(日) 新潟競馬場
15時45分発走

敢えてマイル戦に参戦してくる理由
鍵を握るのは前走での走り


きちんと競馬ができるのか
また園庭で走る子供たちをイメージしなければならない。言った通りに走りきる馬が勝ち負けになるのである。ご存知の通り、新潟コースの直線は日本随一の長い直線だ。ここで我慢がどれだけできるか。それを焦れて、ハミを取って、騎手の抑えも聞かずに走ってしまうような馬では勝ち負けが難しくなる。この点は前走を考えるしかない。だから、前走が新潟コースであった馬が有利なのである。ただ、1800m戦からこの番組に回って来て好走を果たした馬はいない。逆に1200m戦であれば、馬自体の底が見えていないので勝機を活かすことができる可能性も侮れない。ここでもまた牝馬が目立つことがある。馬齢戦、2キロ減で参戦するとなれば、女子中学生が野球でエースを務めることもある。それだ。男女差がまだ出ないうちであればどうにかなるというレベル。特異な条件を裏に持つ新潟コースだけに、これらの調教状態が最後にはモノを言うことになる。それらを踏まえて予想を組み立てたい。

●出馬表
馬名 性齢 斤量 騎手名
1 1 チシャーキャット 牝2 54 木幡 初也
2 2 モーヴサファイア 牝2 54 石橋 脩
2 3 イブキ 牡2 54 田辺 裕信
3 4 マテラフィールド 牡2 54 松若 風馬
3 5 ワールドツアラー 牝2 54 吉田 豊
4 6 アンジュシャルマン 牝2 54 鮫島 克駿
4 7 ウインシトリン 牝2 54 丸山 元気
5 8 アピールバイオ 牝2 54 木幡 巧也
5 9 サンライズソア 牡2 54 石川 裕紀人
6 10 ヴゼットジョリー 牝2 54 福永 祐一
6 11 キャスパリーグ 牝2 54 藤岡 佑介
7 12 オーバースペック 牡2 54 岩部 純二
7 13 クイントゥープル 牝2 54 津村 明秀
8 14 マイネルバールマン 牡2 54 柴田 大知
8 15 マイネルパラディ 牡2 54 柴田 未崎

●主線はこの二頭の勝ち負け
園庭で走る子供たちをどう評価するかというのは難しい。可能性は否定できないが、この現状を考えるとということで予想とする。主軸にはヴゼットジョリーを据えた。きちんと調教ができているなと思わせる走りができたのではないだろうか。器用さを感じる走りだった。また、1800m戦からこの番組に駒を進めて来たマテラフィールドを対抗とした。どの距離が合うのかというところを試行錯誤しているようにも見受けるが、決して不適格な距離だということではない。その点を考えて、この二頭の勝ち負けと判断をした。果たして如何に?
●番手にはこの三頭を挙げる
モーヴサファイアはマイル戦できちんと勝ってこの番組に駒を進めて来たハービンジャー産駒。どのように頭角を出してくるのか期待したいところだが、上がり時計が平凡。ただ、勝負強さを感じさせてくれたために▲単穴とした。また、同様な観点ではあるが、終い勝負に持ち込むことができれば侮れないなと思わせたウインシトリンを推す。悪くはないが、まだ武器らしい武器となっていないような危うさが見え隠れする。それをどう考えるかであるが、私はそれを可能性と考えた。そのために△連下ではあるが挙げた。そして、キャスパリーグを挙げる。秀才肌を感じさせる走りであったことが印象的な馬だ。きちんとハミを取って、前を睨んで走っていた。これが新潟となったら矯め脚を利かせることができるのではないかと考えた。果たしてどうか。
●取捨選択を迷った一頭
休み明けで参戦してきたアンジュシャルマンだが、仕上がりとしては悪くないように思える調教VTRだった。が、少なからずも多頭数で走った時にどのような競馬ができるのかというところでは迷わされる。難しい馬ではある。諸賢の考えは如何だろうか。

●捨てちゃえ馬
やはり、武器らしい武器がない馬では勝ち負けが難しいと判断をした。そのために、アンジュシャルマンがここでは要らない。この先、どこまで伸びるか分からないが、それはそれ。次走以降に期待したい。故に捨てる!!


●今週の買い目!!鬼結!!
鬼結 馬名 性齢 斤量 騎手名
10 ヴゼットジョリー 牝2 54 福永 祐一
4 マテラフィールド 牡2 54 松若 風馬
2 モーヴサファイア 牝2 54 石橋 脩
△1 7 ウインシトリン 牝2 54 丸山 元気
△2 11 キャスパリーグ 牝2 54 藤岡 佑介
捨馬 6 アンジュシャルマン 牝2 54 鮫島 克駿


●結果
【配当】
単勝 10 650円
複勝 10 210円
12 270円
3 210円
枠連 6-7 2,250円
馬連 10-12 4,170円
ワイド 3-10 750円
3-12 1,040円
10-12 1,290円
馬単 10-12 7,990円
3連複 3-10-12 8,440円
3連単 10-12-3 56,360円

【着順】 【時計】
1 10 ヴゼットジョリー 1.34.3 33.2
2 12 オーバースペック 1.34.5 32.9
3 3 イブキ 1.34.5 33.7
4 8 アピールバイオ 1.34.6 33.9
5 11 キャスパリーグ 1.34.8 33.7
6 15 マイネルパラディ 1.34.9 33.9
7 9 サンライズソア 1.35.0 34.3
8 2 モーヴサファイア 1.35.0 33.5
9 13 クイントゥープル 1.35.1 34.0
10 6 アンジュシャルマン 1.35.1 33.8
11 4 マテラフィールド 1.35.2 34.0
12 14 マイネルバールマン 1.35.4 34.6
13 1 チシャーキャット 1.35.5 33.9
14 7 ウインシトリン 1.35.6 34.3
15 5 ワールドツアラー 1.36.9 35.3
AD
いいね!した人

テーマ:

第11回キーンランドカップ:8月28日(日) 札幌競馬場
15時35分発走

起伏の少ないコースで牝馬が有利
加えて軽量三歳馬も侮れず


短距離戦は勢いが肝心
中心は四歳馬であっても、力を活かすことが出来る可能性を持っている馬が勝ち負けになることもできるのが短距離戦の良さ。馬券ファンにしてみれば混迷の極みとなっているのだが、それはそれで楽しめる要素として考える。牝馬なのか、三歳馬なのか、この点は勢いで勝ち負けになる番組でもあると考えて、好走を期待できる条件の一つとして考えるべきだろう。牡馬が[3-5-6-85]で複勝率は14.1%、牝馬が[7-5-4-42]で30.0%となる。倍以上違うという考え方ができなくはない。が、出走頭数の66%が牡馬であるから、決して大差ということではなくなってくる。つまり、牝馬だから勝ち負けという話にはならないということだ。逆に言えば、力があると覚しき牝馬であっても勢いがなければ勝ち負けが遠退く。函館スプリントでどうであったか、この番組の焦点はそこにあると考えても良い。それらを合わせて考えて、予想を組み立てたい。

●出馬表
馬名 性齢 斤量 騎手名
1 1 セカンドテーブル 牡4 56 水口 優也
2 2 ファントムロード せん8 56 川田 将雅
3 3 エポワス せん8 56 Mデムーロ
3 4 シュウジ 牡3 53 モレイラ
4 5 ソルヴェイグ 牝3 52 丸田 恭介
4 6 オメガヴェンデッタ せん5 56 武 豊
5 7 サドンストーム 牡7 56 Cデムーロ
5 8 ホッコーサラスター 牝5 54 池添 謙一
6 9 サトノルパン 牡5 57 ルメール
6 10 アクティブミノル 牡4 58 藤岡 康太
7 11 オデュッセウス 牡3 53 内田 博幸
7 12 レッツゴードンキ 牝4 55 岩田 康誠
8 13 ナックビーナス 牝3 51 酒井 学
8 14 ブランボヌール 牝3 51 戸崎 圭太

●主線はこの二頭の勝ち負け
恵量、勢いのある三歳馬二頭が勝ち負けになると判断をした。逆を言えば、古馬の実力を信じられないというところか。その中でも陣営も考え倦ねているのかもしれないのだが、ソルヴェイグを主軸に据えた。褒められる走りをしている訳ではないが、まだ底を見せていないのではないかという気がしてならない。どこまで走れるのか、ある意味、大幅に距離を短縮して、この番組に参戦させたことが正解なのかもしれない。対抗となるシュウジもその考え方である。秋緒戦を見込んでこその立て直しをこの両頭がやって来たのではないかと考えた。もちろん、買い被りというのもあるかも知れないが。
●番手にはこの三頭を挙げる
ホッコーサラスターを▲単穴とした理由は上がり時計だ。良馬場とあるが、それほど思わしくなかった馬場状態で、この上がり時計は褒められるものがある。それが実力であるのかと言うところは定かではないが、この上がり時計で走れるのであれば興味深い結果を持てるのではないかと考えた。また、復活し始めたのかと思わせる兆候を見せたレッツゴードンキを△連下ながら挙げることにした。駿馬が復活できる機会を持ったとなると侮れない。となれば、本来の実力で走るとなると、この番組は他愛ないもの。だが、それも判らないということでこの位置となった。そして、もうひと伸び欲しいところだが、エポワスを同じく△連下とした。きちんと走れるかということ、馬場状態が思わしくないことからこの位置となったのだが、それが正しい評価なのかとなると難しい。きちんと走ることができれば侮れない一頭である。
●取捨選択を迷った一頭
オメガヴェンデッタをどう考えるかで悩んだのだが、悪くはないものの、良さが判らなくなってしまった。調教VTRを観てもそれなりには走っている。が、ここで勝ち負けになるような走りはできないだろうと考えていることも確か。どのレベルで考えるか。難しい一頭である。

●捨てちゃえ馬
やはり、武器らしい武器がない馬が重賞戦線で勝ち負けになるとは思えない。そのために、前述の通り、オメガヴェンデッタがここでは要らない。故に捨てる!!


●今週の買い目!!鬼結!!
鬼結 馬名 性齢 斤量 騎手名
5 ソルヴェイグ 牝3 52 丸田 恭介
4 シュウジ 牡3 53 モレイラ
8 ホッコーサラスター 牝5 54 池添 謙一
△1 12 レッツゴードンキ 牝4 55 岩田 康誠
△2 3 エポワス せん8 56 Mデムーロ
捨馬 6 オメガヴェンデッタ せん5 56 武 豊


●結果
【配当】
単勝 14 560円
複勝 14 190円
4 110円
12 200円
枠連 3-8 600円
馬連 4-14 920円
ワイド 4-12 390円
4-14 370円
12-14 950円
馬単 14-4 2,020円
3連複 4-12-14 2,190円
3連単 14-4-12 10,550円

【着順】 【時計】
1 14 ブランボヌール 1.08.5 34.0
2 4 シュウジ 1.08.6 34.5
3 12 レッツゴードンキ 1.08.7 33.9
4 5 ソルヴェイグ 1.08.8 34.3
5 13 ナックビーナス 1.08.8 34.5
6 3 エポワス 1.08.8 34.1
7 8 ホッコーサラスター 1.08.9 33.6
8 9 サトノルパン 1.09.1 34.1
9 11 オデュッセウス 1.09.1 34.4
10 10 アクティブミノル 1.09.3 35.1
11 2 ファントムロード 1.09.3 34.9
12 6 オメガヴェンデッタ 1.09.5 34.5
13 1 セカンドテーブル 1.09.7 34.7
14 7 サドンストーム 1.10.8 35.6
AD
いいね!した人

テーマ:

第18回新潟ジャンプステークス:8月27日(土) 新潟競馬場
14時00発走

フラットだがタフ
抗す巧者に勝機が訪れる可能性大


別定戦、3250mという距離
確かに足への負荷は少ないかも知れないが、その分、高速になり、飛越のタイミングを誤るかも知れない。淡々と、自分のペースを活かしながらレース展開を運びたいところだ。ここ五年では、上位人気が比較的好走している。ハンデ戦から別定戦に変わったことで、番組自体が実力勝負になってきたと言うことが言えよう。それもあって、この番組自体は新潟コース巧者が好走しやすい側面を持っている。つまり、距離は別に考えて、前走がオープン特別であっても関係なく、この番組に挑む実力、勝機があれば、その可能性が高くなるということだ。気を付けなければならないことは、高速決着に対応できるかというところ。それを踏まえて予想を組み立てたい。

●出馬表
馬名 性齢 斤量 騎手名
1 1 ロンギングケイシー 牡5 60 浜野谷 憲尚
2 2 アロヒラニ 牡7 60 石神 深一
3 3 ウインイルソーレ 牡5 60 五十嵐 雄祐
3 4 コスモパルダ 牡7 60 山本 康志
4 5 マイネルクレイズ 牡6 60 高野 和馬
4 6 ポールシッター せん6 60 西谷 誠
5 7 アップトゥデイト 牡6 62 林 満明
5 8 タナトス 牡8 60 白浜 雄造
6 9 タイセイドリーム 牡6 60 植野 貴也
6 10 ラステラ 牝5 58 鈴木 慶太
7 11 ゴールデンヒーロー せん6 60 平沢 健治
7 12 ティリアンパープル 牝6 58 金子 光希
8 13 ウインヤード 牡5 60 大江原 圭
8 14 エーシンホワイティ 牡9 60 松元 茂樹

●主線はこの二頭の勝ち負け
実力差がどう出るのかということも、この時期の障害戦の観ておかなければならないことかもしれない。何を大切にするかというところか。主軸にはアップトゥデイトを挙げる。これは悪くてもワイド連対までには入ってくるだろうという考え方だ。五ヶ月半の休み明けであるが、このレベルの番組で右往左往するような状況しか造ることができないとすれば陣営の問題も出てくるだろう。見極めが必要だ。対抗には同枠のタナトスを挙げる。順調に実力通りの走りを見せてくれているのではないだろうか。そう考えて、この馬もまたワイド連対までに入ってくる馬として挙げた。諸賢はどう考えるのだろうか。
●番手にはこの三頭を挙げる
好調持続と言えるウインヤードを▲単穴とした。この二戦は自分の思ったような競馬ができているのではないかと思うのだが、それがどこまでそう思えたかまでは計り知れない。ただ、充実した走りだったように思える。ある意味僅差での勝ち負け。ここでどこまで走れるかが課題だ。また、コスモパルダも決して悪くはないのだが、押し出されるようにハナを行ってしまい、結果として逃げ切ることができたというおまけ付きの走り。これが今回のようにメンバーが強くなった場合にどこまで対応できるのかということになると難しさを感じる。そのために△連下までとした。そして、距離延長が課題となっているのか、難しさが出てきたマイネルクレイズを挙げる。新潟コースで力を出すことができればと思っていた番組で展開負けをしてしまった。少なくとも三走前の競馬ができなかったのである。それができれば悪くはない戦績となるのではないかと思っている。それが故の△連下とした。いかがだろうか。
●取捨選択を迷った一頭
9ヶ月半の休み明けで参戦してきたエーシンホワイティだが、どこまで復調しているのか分からない。しかし、この馬の実力は侮れない。ただ、実践を離れて9ヶ月。これだけが引っ掛かってしまう。だから迷う。

●捨てちゃえ馬
格の違い、実力の違いはあるものの、9ヶ月の休み明けでは思ったような走りはできないと考えた。そのため、ここではエーシンホワイティが要らない。故に捨てる!!


●今週の買い目!!鬼結!!
鬼結 馬名 性齢 斤量 騎手名
7 アップトゥデイト 牡6 62 林 満明
8 タナトス 牡8 60 白浜 雄造
13 ウインヤード 牡5 60 大江原 圭
△1 4 コスモパルダ 牡7 60 山本 康志
△2 5 マイネルクレイズ 牡6 60 高野 和馬
捨馬 14 エーシンホワイティ 牡9 60 松元 茂樹


●結果
【配当】
単勝 9 750円
複勝 9 330円
2 360円
12 2,130円
枠連 2-6 3,020円
馬連 2-9 2,590円
ワイド 2-9 780円
2-12 4,720円
9-12 5,820円
馬単 9-2 5,140円
3連複 2-9-12 52,790円
3連単 9-2-12 290,540円

【着順】 【時計】
1 9 タイセイドリーム 3.29.9 12.9
2 2 アロヒラニ 3.30.1 12.9
3 12 ティリアンパープル 3.31.4 13.0
4 8 タナトス 3.31.4 13.0
5 11 ゴールデンヒーロー 3.31.4 13.0
6 13 ウインヤード 3.31.6 13.0
7 6 ポールシッター 3.31.8 13.0
8 7 アップトゥデイト 3.32.4 13.1
9 5 マイネルクレイズ 3.32.7 13.1
10 4 コスモパルダ 3.33.1 13.1
11 3 ウインイルソーレ 3.33.2 13.1
12 10 ラステラ 3.33.6 13.1
13 14 エーシンホワイティ 3.34.2 13.2
14 1 ロンギングケイシー 3.34.7 13.2
AD
いいね!した人

テーマ:

第52回札幌記念:8月21日(日) 札幌競馬場
15:45発走

秋緒戦に向けて駿馬が動き出す
実績と現状を垣間見る番組


重賞戦線での好走馬を考える
夏の過ごし方が問われる番組といっても良いだろう。当然の如く、春に活躍した馬が秋緒戦も活躍するという分かりやすい展開であれば良い。しかし、ここまでに参戦した番組の数により、蓄積された馬の疲弊度合いが異なる。それが時限爆弾のように動き出すのである。もちろん、そこには個体差がある。その個体差を見抜くことは調教師でも難しいだろう。だから、走ってみなければ分からないということになる。たが、この番組で押し並べて言えることとしては、重賞で好走していること。これは当然のことで、その結果、秋がどうなのかと考える話。2000m戦での戦績はどうなのか。時計、上がり時計、そのコース、更には、昨年の同時期はどうだったのかということも考える必要がある。休み明けは八掛けで良いだろう。最近ではローカル競馬場での実績馬が好走することがある。これは上がり馬ということで考えておいて良いだろう。夏休み返上で上を狙う馬。その勢いは10月上旬まで続く。それらの点を合わせ考えて、どこまで走れるのか予想を組み立てる必要がある。

●出馬表
馬名 性齢 斤量 騎手名
1 1 ヌーヴォレコルト 牝5 55 吉田 隼人
1 2 レインボーライン 牡3 54 福永 祐一
2 3 ハギノハイブリッド 牡5 57 菱田 裕二
2 4 メイショウスザンナ 牝7 55 四位 洋文
3 5 ロジチャリス 牡4 57 丸山 元気
3 6 マイネルフロスト 牡5 57 松岡 正海
4 7 ヤマカツエース 牡4 57 池添 謙一
4 8 トーセンレーヴ 牡8 57 ホワイト
5 9 ヒットザターゲット 牡8 57 小牧 太
5 10 ダンツキャンサー 牝5 55 勝浦 正樹
6 11 スーパームーン 牡7 57 蛯名 正義
6 12 レッドソロモン 牡4 57 柴山 雄一
7 13 ネオリアリズム 牡5 57 ルメール
7 14 レッドリヴェール 牝5 55 坂井 瑠星
8 15 モーリス 牡5 57 モレイラ
8 16 ダービーフィズ 牡6 57 岩田 康誠

●主線はこの二頭の勝ち負け
モーリスはマイラーである。が、平坦なコースであること、このメンバーであることを考えるとワイド連対までには入ってくる馬だと判断をした。そのために主軸に据えた。敢えて長めからの調整を選んだところが堀調教師らしいところ。力は出せる状態だ。秋緒戦に向けてどこまでというところでは疑問が残るが、この時点では2ファロン延びても問題はない。対抗にはネオリアリズムを推す。これは距離適正であることと、休み明けで一走してからこの番組臨んできたことを併せ考えてのこと。生来、素地の良さは評価されていた。それが中々開花せずにここまで来てしまったという状態。切っ掛けとは斯くの如く難しい。が、この二頭が勝ち負けになる。
●番手にはこの三頭を挙げる
どこまで走ることができるのだろうかと思わせるのだが、スーパームーンの調子がすこぶる良く見えた。勝ち負けさえも脅かすのではないかと思えるほど。それをこの2000m戦にぶつけてきたということはそれなりの手応えが陣営にも合ったということだろう。それを考えて▲単穴とした。また、最内枠になってしまったヌーヴォレコルトだが、休み明け初戦、勝たなくても良い、手応えのある走りをして欲しいというのが陣営の考え方だろう。ただ、この馬もまたマイラーなのである。この2000m戦をどう乗りきるかというところを判断して、天皇賞・秋に出走を考えたいというところなのだろう。そして、ロジチャリスを推す。悪くはない仕上がりだが、この馬もまたマイラーなのである。悪くはないのだが、これと言った武器が無いところがある。決め手を欠くという展開が前走であった。それを克服して、勝ち負けに絡むことができれば良いのだが、展開次第というところか。
●取捨選択を迷った一頭
マイラー続きでここまで来てしまったが、レインボーラインがどこまで走ることができるようになったのか、その判断に迷わされている。久々の本番。陣営はここで勝ち負けになろうとは考えていないような気がする。となれば、手応えのある走りということで終始する可能性もある。どうか。また、ヤマカツエースが不調である。伸び悩んでいると言ったところか。しかし、バネの良さ、トモの良さは相変わらずである。それを考えるとむげにできないところがあり、果たしてどうしたのもかという話になる。両頭とも、悪くはないのだが良くはない。この難しさが実に微妙だ。

●捨てちゃえ馬
やはり、勝ちに来ている馬とそうでない馬とでは望美過多が違う。レインボーラインヤマカツエースがそうだという訳ではないが、ここでは要らない。故に捨てる!!


●今週の買い目!!鬼結!!
鬼結 馬名 性齢 斤量 騎手名
15 モーリス 牡5 57 モレイラ
13 ネオリアリズム 牡5 57 ルメール
11 スーパームーン 牡7 57 蛯名 正義
△1 1 ヌーヴォレコルト 牝5 55 吉田 隼人
△2 5 ロジチャリス 牡4 57 丸山 元気
捨馬 2 レインボーライン 牡3 54 福永 祐一
捨馬 7 ヤマカツエース 牡4 57 池添 謙一


●結果
【配当】
単勝 13 1,720円
複勝 13 320円
15 110円
2 270円
枠連 7-8 920円
馬連 13-15 1,330円
ワイド 2-13 1,590円
2-15 470円
13-15 560円
馬単 13-15 3,770円
3連複 2-13-15 3,380円
3連単 13-15-2 22,060円

【着順】 【時計】
1 13 ネオリアリズム 2.01.7 36.9
2 15 モーリス 2.02.0 36.3
3 2 レインボーライン 2.02.1 36.3
4 1 ヌーヴォレコルト 2.02.3 37.1
5 7 ヤマカツエース 2.02.4 37.1
6 6 マイネルフロスト 2.02.8 37.8
7 16 ダービーフィズ 2.03.1 37.5
8 4 メイショウスザンナ 2.03.2 37.8
9 3 ハギノハイブリッド 2.03.2 37.0
10 9 ヒットザターゲット 2.03.4 37.8
11 10 ダンツキャンサー 2.03.4 38.0
12 12 レッドソロモン 2.04.0 37.7
13 11 スーパームーン 2.04.1 38.1
14 8 トーセンレーヴ 2.04.4 38.9
15 5 ロジチャリス 2.04.6 38.4
16 14 レッドリヴェール 2.04.7 39.5
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

第51回北九州記念:8月21日(日) 小倉競馬場
15時25分発走

伏兵も擡頭しやすい番組
実力は四歳馬に期待できる


同距離を凡走した馬に勝ち目無し
凡走とは入着級をいうこともあるが、ここでは入着もできなかったことに限定をしたい。どうしても変わり身の早い馬もいる。それは実に微妙なものがある。ただ、同じ1200m戦を凡走に終わった馬が、ここに来て巻き返すことは殆ど無いといっても良いだろう。が、当然の如く、走ってみなければ分からないということが競馬の常道。その中で可能性が高い馬としては、マイル戦から回って来た馬でも侮れないこと。力強さの違いがあるのだろう。また、時計を見るのであれば、近走での同距離、上がり時計というところだ。馬齢的には四歳馬が順調に結果に繋げている。昨年のように上位人気で固まることもあるが、これもまたメンバー次第というところ。その点を加味しながら、一癖ある馬を見つけ出すことで予想を組み立ててみたい。

●出馬表
馬名 性齢 斤量 騎手名
1 1 ラインスピリット 牡5 55 幸 英明
2 2 ヤマニンプチガトー 牝7 51 村田 一誠
3 3 ローズミラクル 牡6 54 松山 弘平
4 4 ベルルミエール 牝5 53 太宰 啓介
4 5 ベルカント 牝5 56 Mデムーロ
5 6 メイショウライナー 牡6 54 バルジュー
5 7 マイネルエテルネル 牡6 54 和田 竜二
6 8 オウノミチ 牡5 54 川田 将雅
6 9 バクシンテイオー 牡7 54 藤岡 康太
7 10 フルールシチー 牝5 50 義 英真
7 11 プリンセスムーン 牝6 54 北村 友一
8 12 ジャストドゥイング 牡4 54 石橋 脩
8 13 ラヴァーズポイント 牝6 51 松若 風馬

●主線はこの二頭の勝ち負け
上位拮抗と考えたこの番組だが、十分に伏兵が擡頭してくる余地もある。が、主軸にはベルカントとMデムーロ騎手のコンビが勝ち負けになると考えた。前走では単純なまでに直線を走れば良いという条件の中で、きちんと勝ち星を挙げてこの番組に参戦。生来の器用さがある馬だけに二つのコーナーがあっても何ら問題はないと判断をした。展開次第というところもあるが有力候補だ。対抗にはオウノミチを挙げる。人の名前かと思ったが指針を名前の付けたのだろう。福島コースで勝ち星を挙げてこの番組に参戦してきたということは、それなりに実力を付けたのではないかと考えている。ただ、前走より2キロ増の斤量で参戦。その部分で、脚がチマらなければ良いのだが、果たしてどうか。この二頭がワイド連対までに入ってくることは期待できる。
●番手にはこの三頭を挙げる
小倉コース巧者という訳ではないが、ラヴァーズポイントを▲単穴とした。前走の時計も決して悪いものではない。それが維持できているかとなると難しいところではあるが、このメンバーであっても引けは取らないだろう。前走比較1キロ増ではあるが、51キロであれば好走を期待できる。また、同枠に入ったジャストドゥイングが小倉コースでは好戦している。今回もそのような走りとなれば良いのだが、必ずしもそうなるとは限らない。武器が弱いということを考えると△連下までとなる。そして、ベルルミエールを挙げる。このところ、良くて入着級ではあるが、決して無駄な走りをしている訳ではない。ゴール板がどこにあるのか気付いていないだけ、というようなお粗末さがある。だが、鞍上がきちんと手綱を捌くことで、その走りは払拭し、戦績が蘇るのではないかと考えている。
●取捨選択を迷った一頭
時計的に評価ができるローズミラクルであるが、どこまで走れる状態になっているのかが分からない馬だ。直線競馬であればこの馬の持ち味が活きるのではないかと思って期待をしてみていたが、思ったよりも戦績は奮わず。残念な結果となった。難しさがどう難しいのかが分からない。それが課題である。また、ローズミラクルとほぼ同じ状態と思える不器用さが溢れるプリンセスムーンだが、調子としては悪くないはずだ。だから食指を動かされる。いずれにしても渡り合うことができるのか、その難しさを胎んでいる。

●捨てちゃえ馬
前述の通り、ここではローズミラクルプリンセスムーンが要らない。故に捨てる!!


●今週の買い目!!鬼結!!
鬼結 馬名 性齢 斤量 騎手名
5 ベルカント 牝5 56 Mデムーロ
8 オウノミチ 牡5 54 川田 将雅
13 ラヴァーズポイント 牝6 51 松若 風馬
△1 12 ジャストドゥイング 牡4 54 石橋 脩
△2 4 ベルルミエール 牝5 53 太宰 啓介
捨馬 3 ローズミラクル 牡6 54 松山 弘平
捨馬 11 プリンセスムーン 牝6 54 北村 友一


●結果
【配当】
単勝 9 2,170円
複勝 9 320円
5 110円
8 180円
枠連 4-6 500円
馬連 5-9 1,490円
ワイド 5-8 300円
5-9 570円
8-9 1,700円
馬単 9-5 4,970円
3連複 5-8-9 3,490円
3連単 9-5-8 34,850円

【着順】 【時計】
1 9 バクシンテイオー 1.08.5 34.2
2 5 ベルカント 1.08.7 35.0
3 8 オウノミチ 1.08.9 34.8
4 12 ジャストドゥイング 1.08.9 35.3
5 4 ベルルミエール 1.08.9 34.5
6 11 プリンセスムーン 1.09.0 35.3
7 6 メイショウライナー 1.09.1 34.9
8 2 ヤマニンプチガトー 1.09.3 35.4
9 7 マイネルエテルネル 1.09.3 35.4
10 3 ローズミラクル 1.09.5 35.6
11 13 ラヴァーズポイント 1.09.6 36.0
12 1 ラインスピリット 1.10.3 36.3
除外 10 フルールシチー -
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。