競馬予想:予想師・紀伊國屋のJRA重賞予想

競馬予想を公開し続けて21年。JRA重賞予想を行なう鬼才の予想師・紀伊國屋のコンテンツ。
狙いは三連複、軸馬は二頭、予想は三点、都合5頭で勝負を掛けることを
潔いとする。果たしてどうか、今週は!!


テーマ:

第51回共同通信杯:2月12日(日) 東京競馬場:15時45分発走

一番人気はそこそこ信頼できる
距離短縮で臨めることがベター


データが比較的有効
東京コースである。追われて伸びる脚が必要となる。一番人気は[3-2-1-4]で複勝率60%、二番人気は[1-3-1-5]で50%、三番人気は[3-1-3-3]で70%で、上位人気が拮抗していることが窺える。同じく過去10年、連対馬の歴史の中で、距離短縮で3着までに入った馬は16頭、距離延長でも半分近くが対応できている。それが東京コースマジックなのかも知れない。追われて伸びる二の足を使える馬が勝ち負けになったという話だ。また、二桁人気で複勝入線となった馬は僅かに一頭。六番人気以降も六頭。いわば、秀才たちが集まる番組となっている。それらを裏付けるのが持ち時計と上がり時計。勝ってこの番組に駒を進めてくるには越したことない。が、その内容が問われるということだ。それらを踏まえて予想を組み立てたい。

●出馬表
馬名 性齢 斤量 騎手名
1 1 スワーヴリチャード 牡3 56 四位 洋文
2 2 ディアシューター 牡3 56 田辺 裕信
3 3 タイセイスターリー 牡3 56 ルメール
4 4 ムーヴザワールド 牡3 56 戸崎 圭太
5 5 エアウィンザー 牡3 56 武 豊
6 6 エテレインミノル 牡3 56 石橋 脩
6 7 ビルズトレジャー 牝3 54 田中 勝春
7 8 エトルディーニュ 牡3 56 柴山 雄一
7 9 チャロネグロ 牡3 56 内田 博幸
8 10 アサギリジョー 牡3 56 石川 裕紀人
8 11 サイバーエレキング 牡3 56 今野 忠成

●主線はこの二頭の勝ち負け
距離短縮で臨むことができるのは好材料である。が、切れる脚をきちんと使えるということはそれ以上に好材料である。主軸には最内枠だが、スワーヴリチャードを挙げる。休み明けであるというところが気になったのだが、調教VTRでは実に見事な走りを披露してくれた。積極的な競馬である。それを考えると悪くはない。主軸とした。対抗にはムーヴザワールドを挙げる。この馬もまた休み明けなのだが、素質の違いが出ている馬だ。それを考えるとこの辺りで勝ち負けを逃していられない。きちんと走ることができるかというところだけが課題となる。となれば、ベテランの領域には行ってきた戸崎圭騎手が好走をさせるだろうと判断をしてこの位置となった。
●番手にはこの三頭を挙げる
どこまで走ることができるかと半信半疑であったことは認めるが、タイセイスターリーが好走できる状態になっているように思える。勝ち負けさえも脅かすのではないかと思えるのだが、距離延長となるこの番組、どこまで力を発揮できるかと▲単穴までとなった。悪くはないのだが、武器らしい武器がいまひとつというところ。また、逆にエアウィンザーは距離短縮で臨むことになる。この点の違いを観ることで、この先の走りの違いが判ることだろう。勝ち負けも大切だが、その点も観ておきたい。切れる脚がある馬だけに、最後の最後まで侮れないだろう。そして、エトルディーニュを推す。正直なところ、アサギリジョーと迷ったことは確かだ。が、ここではまだ競走経験が有利に働くと考える。となれば、こちらだろうという考え方で挙げている。果たしてどうか。
●取捨選択を迷った一頭
前述のようにアサギリジョーを挙げるか、どうするかとなったのだが、結果として、迷わされることが多い。上がり時計をご覧いただくと判るのだが、切れる脚らしきものがあるのだが、それ以上に思わされるもの。前肢を持て余しているのではないかというところだ。伸び切れない脚質だとすればこの先はない。良血馬だからこそ開眼して貰いたいものだが、諸賢の考えは如何だろうか。

●捨てちゃえ馬
前述の通り、ここではアサギリジョーの走りを観ることにする。悪くはないのだろうが、距離が延びるとその点が出て来る。それらを考えて、ここでは要らない。故に捨てる!!


●今週の買い目!!鬼結!!
鬼結 馬名 性齢 斤量 騎手名
1 スワーヴリチャード 牡3 56 四位 洋文
4 ムーヴザワールド 牡3 56 戸崎 圭太
3 タイセイスターリー 牡3 56 ルメール
△1 5 エアウィンザー 牡3 56 武 豊
△2 8 エトルディーニュ 牡3 56 柴山 雄一
捨馬 10 アサギリジョー 牡3 56 石川 裕紀人


●結果
【配当】
単勝 1 310円
複勝 1 130円
8 310円
4 120円
枠連 1-7 1,910円
馬連 1-8 3,410円
ワイド 1-4 190円
1-8 730円
4-8 740円
馬単 1-8 4,860円
3連複 1-4-8 2,260円
3連単 1-8-4 16,620円

【着順】 【時計】
1 1 スワーヴリチャード 1:47.5 34.2
2 8 エトルディーニュ 1:47.9 35.1
3 4 ムーヴザワールド 1:47.9 34.7
4 3 タイセイスターリー 1:47.9 35.1
5 2 ディアシューター 1:47.9 34.8
6 5 エアウィンザー 1:48.1 34.5
7 7 ビルズトレジャー 1:48.2 34.6
8 9 チャロネグロ 1:48.4 35.0
9 10 アサギリジョー 1:48.4 34.8
10 6 エテレインミノル 1:48.9 35.0
11 11 サイバーエレキング 1:50.1 37.3
AD
いいね!した人

テーマ:

第110回京都記念:2月12日(日) 京都競馬場
15時35分発走

実績上位がどう走るのかが問われる
2400m戦ではなく、2200m戦の理由


馬のスイッチの入れ方
尻を叩かれた数だけ速くなるというのであれば、騎手が鞭を入れれば良い。が、鞭を入れられても、気持ちはあるが前に行けないという馬もいる。逆に見せ鞭で馬が力を出すこともある。これはある意味、賢い馬である。鞍上の手綱捌きが問われるのもこのようなことがあるからである。海外G1戦線で実績を残して参戦する馬と、日本のG1戦で実績を残した馬を比較すると、競走内容よりも、いま、々なのかというところが問われる。2400m戦ではJCや有馬記念がある。力が出せる状態にあるか、否か、それは調教VTRで判断しているが、返し馬の段階でなければ分からないことも多い。この番組で勝機を手にするだろう馬は、まだ7割、8割程度の仕上がりである。この先を考えて、調整するために参加することも多い。が、新興勢力であれば話は別だ。四歳馬は[5-3-1-24]で複勝率27.2、五歳馬は[4-1-6-22]で33.3%、六歳馬は[1-6-2-22]で29.0%、七歳以上は[0-0-1-27]と不甲斐なさが際立つ。やはり、距離が長くなると紛れも少なくなる。そして、馬齢と共に力が出なくなる。それらも踏まえて予想を組み立てたい。

●出馬表
馬名 性齢 斤量 騎手名
1 1 アクションスター 牡7 56 松若 風馬
2 2 ヤマカツライデン 牡5 56 池添 謙一
3 3 マカヒキ 牡4 57 ムーア
4 4 スマートレイアー 牝7 54 岩田 康誠
5 5 ウインインスパイア 牡6 56 フォーリー
6 6 サトノクラウン 牡5 58 Mデムーロ
7 7 ショウナンバッハ 牡6 56 幸 英明
7 8 アングライフェン 牡5 56 浜中 俊
8 9 ミッキーロケット 牡4 56 和田 竜二
8 10 ガリバルディ 牡6 56 川田 将雅

●主線はこの二頭の勝ち負け
マカヒキが返ってきた。凱旋門賞以来だから四ヶ月半。大敗を記して、心が折れそうになったのかもしれない。という馬鹿なことさえも考えさせられたが、ここでようやく態勢が整ったというところか。期待はして良いだろう。ワイド連対までには入ってくると考えている。対抗にはサトノクラウンを挙げる。この馬もまた洋行帰り。どこまで走れるか判らずして参戦してくることはない。馬自体の素質の違い、走りの違いがこの番組できちんと出れば、春のG1戦線も好走できるのではないかと思える。果たしてどうか。
●番手にはこの三頭を挙げる
スピードを活かすことが得きればと挙げているミッキーロケットだが、馬場状態はこの馬向きではないことは明白。だが、それでも他馬と比べれば走りの違いは出るだろうと▲単穴とした。56キロで出走することができるのであれば、無様な負け方はしないだろう。また、ヤマカツライデンは距離適正から挙げた。武器らしい武器とは言えないのだが、この馬はタフだ。地力が違う。要はエンジンが大きいのではないかということ。それであれば。この距離ばかりではなく、ハルテンさえもきちんと走れるのではないかと思える。父系のスタミナを引き継いだ馬だ。侮れない。そして、スマートレイヤーを挙げる。御歳七歳。それがどうか。まだ明け七歳である。追われて伸びる可能性は高い。終いの脚だけの勝負となってしまう馬だからこそ、鞍上が上手に前々を走らせれば好走できるだろう。
●取捨選択を迷った一頭
大外枠に入ったガリバルディだが、昨秋から鳴かず飛ばずになってしまっている。状態としては悪くないのではないかと思えるのだが、競走に集中していないところが見受けられる。それがどうか。それさえなければ、さて、どの位置になるか。

●捨てちゃえ馬
やはり、武器のひとつとなる集中力が切れているとなるとガリバルディの走りには来たいができないだろう。そのため、ここでは要らない。故に捨てる!!


●今週の買い目!!鬼結!!
鬼結 馬名 性齢 斤量 騎手名
3 マカヒキ 牡4 57 ムーア
6 サトノクラウン 牡5 58 Mデムーロ
9 ミッキーロケット 牡4 56 和田 竜二
△1 2 ヤマカツライデン 牡5 56 池添 謙一
△2 4 スマートレイアー 牝7 54 岩田 康誠
捨馬 10 ガリバルディ 牡6 56 川田 将雅


●結果
【配当】
単勝 6 440円
複勝 6 180円
4 360円
3 110円
枠連 4-6 3,910円
馬連 4-6 3,620円
ワイド 3-4 540円
3-6 220円
4-6 830円
馬単 6-4 6,090円
3連複 3-4-6 1,880円
3連単 6-4-3 16,070円

【着順】 【時計】
1 6 サトノクラウン 2:14.1 34.9
2 4 スマートレイアー 2:14.3 34.8
3 3 マカヒキ 2:14.3 34.9
4 9 ミッキーロケット 2:14.4 34.5
5 8 アングライフェン 2:14.4 34.7
6 10 ガリバルディ 2:15.0 36.6
7 2 ヤマカツライデン 2:15.2 37.1
8 5 ウインインスパイア 2:15.7 35.6
9 1 アクションスター 2:15.7 36.0
10 7 ショウナンバッハ 2:15.8 35.9
AD
いいね!した人

テーマ:

第52回クイーンカップ:2月11日(土) 東京競馬場
15時45分発走

先を狙う三歳牝馬が走る
課題は脚質と潜在スピード


追われて伸びる二の足
東京コースは直線が長い。526m。多くのドラマが生まれてきた。しかも、勾配がある。この坂を制した馬が勝ち負けになる。それは華に立ちたいという気持ちと、叩かれた時にまだ脚に力があり、伸びることができるかというところだ。一番人気は[4-2-1-3]とまずまずの戦績。この馬たちが二の足を使えたということになる。つまり、上がり時計がどうかということになる。これまで、34.2秒が一番早い上がり時計だとすれば、それを超える能力があるのかということが問われ、33.4秒であれば、それでまた走ることができるのかということが問われる。三歳牝馬のマイル戦、簡単に33秒を切ることはできない。予想を組み立てる上で前走は肝心なデータである。阪神JFに出走した関東馬は信頼できるが、関西馬は信頼できないという結果が残っている。速いだけではなく、どう速いのかが問われるということだ。それらを踏まえて予想を組み立てたい。

●出馬表
馬名 性齢 斤量 騎手名
1 1 トーホウアイレス 牝3 54 柴田 善臣
1 2 アルミューテン 牝3 54 勝浦 正樹
2 3 ハナレイムーン 牝3 54 石橋 脩
2 4 コマノレジーナ 牝3 54 江田 照男
3 5 サクセスライン 牝3 54 菅原 隆一
3 6 フローレスマジック 牝3 54 戸崎 圭太
4 7 ディヴァインハイツ 牝3 54 内田 博幸
4 8 レーヌミノル 牝3 55 浜中 俊
5 9 ヴィーナスアロー 牝3 54 吉原 寛人
5 10 スズカグラーテ 牝3 54 長岡 禎仁
6 11 アエロリット 牝3 54 横山 典弘
6 12 モリトシラユリ 牝3 54 吉田 豊
7 13 スズカゼ 牝3 54 大野 拓弥
7 14 セイウンキラビヤカ 牝3 54 北村 宏司
8 15 アドマイヤミヤビ 牝3 54 ルメール
8 16 パフォーム 牝3 54 柴田 大知

●主線はこの二頭の勝ち負け
複勝率100%という実績を持ってこの番組に臨んできたレーヌミノルを主軸に据えた。しかも、阪神JFを3着で走り抜けたという評価も加わっている。上がり時計も決して悪くない。未熟さだけが、多頭数で走る今回、心配の種ではある。対抗にはアドマイヤミヤビを推す。切れる脚を活かすことができれば、勝ち負けはもちろん、勝ち星にでも繋がるのではないかという勢いが感じられる。が、如何せん、休み明けでの参戦。これが課題となった。ここでの走りは飽くまでもローテーションが想定通りであるかどうかが肝要。もちろん、ここからという考え方もある。が、果たしてどうか。
●番手にはこの三頭を挙げる
混戦である。多頭数であるから殊更だ。その中で▲単穴としたフローレスマジックだが、休み明けでなければ対抗にまで推し挙げたかもしれない鬼脚の持ち主。如何せん、馬格が小さいこともあり、これだけの多頭数となると割って出て来ることが難しくなる。その点を考えるとこの位置となった。また、アエロリットだが、叩かれてこの番組に参戦したことは好材料だ。ただ、切れる脚がない。マイル戦だからこれまで通りの前々の競馬ができればワイド連対ならば行けるのではないかと思う。そして、ディヴァインハイツだが、僅かに一戦でこの番組に臨んできた。時計としても平凡なのであるが、センスの良さが感じられた馬。ワイド連対とは言わず、大きな走りができれば勝機さえもあるかと思えるほど。侮れない一頭として注目したい。
●取捨選択を迷った二頭
僅か一戦でも後ろからの競馬で勝ち星となってしまったコマノレジーナ。素質の高さは評価できるものの、間が開いていること、同じような競馬ができるかというところを考えると経験不足が前に立ってしまうようなところがありそうだ。悪くはないのだが、厳しい一頭かもしれない。また、モリトシラユリは陣営自体がどう使おうか迷っているのではないかと思えるところがある。その点を考えると素直に推し切れないものがある。時計的には悪くはない。が、決め手を欠いていることは確かだ。

●捨てちゃえ馬
前述の通り、ここではコマノレジーナモリトシラユリが要らない。多頭数ならではの展開という機微が付き纏う。それを克服できる武器がなければ難しいだろう。故に捨てる!!


●今週の買い目!!鬼結!!
鬼結 馬名 性齢 斤量 騎手名
8 レーヌミノル 牝3 55 浜中 俊
15 アドマイヤミヤビ 牝3 54 ルメール
6 フローレスマジック 牝3 54 戸崎 圭太
△1 11 アエロリット 牝3 54 横山 典弘
△2 7 ディヴァインハイツ 牝3 54 内田 博幸
捨馬 4 コマノレジーナ 牝3 54 江田 照男
捨馬 12 モリトシラユリ 牝3 54 吉田 豊


●結果
【配当】
単勝 15 290円
複勝 15 120円
11 170円
6 120円
枠連 6-8 1,050円
馬連 11-15 1,330円
ワイド 6-11 410円
6-15 180円
11-15 410円
馬単 15-11 2,130円
3連複 6-11-15 1,170円
3連単 15-11-6 6,820円

【着順】 【時計】
1 15 アドマイヤミヤビ 1:33.2 33.6
2 11 アエロリット 1:33.3 33.9
3 6 フローレスマジック 1:33.6 34.1
4 8 レーヌミノル 1:33.7 34.6
5 3 ハナレイムーン 1:33.8 34.0
6 16 パフォーム 1:34.2 34.3
7 13 スズカゼ 1:34.3 35.0
8 12 モリトシラユリ 1:34.7 34.8
9 1 トーホウアイレス 1:34.7 34.6
10 9 シカク地ヴィーナスアロー 1:35.0 34.6
11 2 アルミューテン 1:35.1 35.8
12 4 コマノレジーナ 1:35.1 34.9
13 7 ディヴァインハイツ 1:35.3 35.7
14 14 セイウンキラビヤカ 1:36.0 36.8
15 5 サクセスライン 1:36.6 36.6
16 10 スズカグラーテ 1:37.4 37.8
AD
いいね!した人

テーマ:

第67回東京新聞杯:2月5日(日) 東京競馬場
15時45分発走

一番人気は不調
マイラーとしての素質を問う


追われて伸びる脚質
中山コースと東京コースで比べるとコース特性がまるで違う。東京コースは追われて伸びる脚質が有効である。だが、それは一番人気という看板とは意味が違う。そのため、一番人気は[1-1-1-7]という結果。上位人気は9/30頭という結果。なんとも不甲斐ない結果に終わっている。観ていて興味深いのは後方待機からのごぼう抜き。しかし、昨年のように、過去十年、逃げ切りを果たした馬も2頭いる。マイル戦だからできることだと考えても良いだろう。ただ、二桁人気の馬もこの番組で勝ち負けになっていることが多い。如何に、マイル戦であるが故の紛れが多いかということになる。勢いもなければならない。条件戦を買ったばかりの馬でも、この番組で勝ち負けになることがある。それもマイル戦の特長だ。何を信頼するか。京都金杯での好走という話もある。が、マイル戦重賞ということでの選び方になると違う。課題の斤量を忘れてはならない。それらを含めて予想を組み立てたい。

●出馬表
馬名 性齢 斤量 騎手名
1 1 ダイワリベラル 牡6 56 北村 宏司
2 2 ブラックスピネル 牡4 56 Mデムーロ
3 3 マイネルアウラート 牡6 57 柴田 大知
4 4 ストーミーシー 牡4 56 江田 照男
5 5 プロディガルサン 牡4 56 田辺 裕信
6 6 ブラックムーン 牡5 56 内田 博幸
7 7 エアスピネル 牡4 57 武 豊
7 8 タガノブルグ 牡6 56 吉田 隼人
8 9 ロイカバード 牡4 56 横山 典弘
8 10 ヤングマンパワー 牡5 57 戸崎 圭太

●主線はこの二頭の勝ち負け
京都金杯で勝ち負けとなった二頭を有力視する。主軸にはその走りの良さからエアスピネル、対抗にはブラックスピネルとなった。前者は長距離でも短距離でも器用に熟すとところがある。賢いのだろう。それが一時は勝ち倦ねたところがあったが、ここに来て、その走りが良くなってきた。また、後者はマイラーとしての素質を感じさせながらも、いまひとつのところ。それが京都金杯でマイラーとしての素質を開花したというところだろう。この両頭の戦いとなる。
●番手にはこの三頭を挙げる
マイネルアウラートにしても決して悪くはないのだが、前述の両者に比べると線の細さを感じさせるところがある。思うに、勝ち星への執着、馬的に言えばハナを走りたいと思う貪欲さ、その違いが前述の二頭と違うというところかもしれない。それがため、ここでは▲単穴までとした。また、大外枠に入ったヤングマンパワー。前走では思うような走りができなかったが、力自体はある。ただ、大きな馬体を持て余しているところがあるのではないだろうか。その点を今回はきちんと見極めたい。そして、ブラックムーンを推す。東京コース巧者という訳ではないが、微妙に手向かいを気にする馬、いわば、神経質な馬なのではないかと思えるところがある。それを払拭できる好機となるか否か、それがこの番組なのかもしれない。共に△連下として挙げる。
●取捨選択を迷った一頭
休み明けでなければと思うところもあるのだが、難しい一頭とと思えるプロディガルサン。時計自体はそれほど悪くはないのだが、思ったような結果に繋がっていない。良血馬の表面が出れば勝ち負け必至となるのだが、その意味では裏面が出てしまったのではないだろうか。それも含めて難しい馬だ。

●捨てちゃえ馬
性格面なのか、馬体面なのか、騎手との相性なのか。難しさが出ているプロディガルサンがここでは要らない。故に捨てる!!


●今週の買い目!!鬼結!!
鬼結 馬名 性齢 斤量 騎手名
7 エアスピネル 牡4 57 武 豊
2 ブラックスピネル 牡4 56 Mデムーロ
3 マイネルアウラート 牡6 57 柴田 大知
△1 10 ヤングマンパワー 牡5 57 戸崎 圭太
△2 6 ブラックムーン 牡5 56 内田 博幸
捨馬 5 プロディガルサン 牡4 56 田辺 裕信


●結果
【配当】
単勝 2 640円
複勝 2 160円
5 240円
7 110円
枠連 2-5 2,890円
馬連 2-5 3,150円
ワイド 2-5 870円
2-7 230円
5-7 390円
馬単 2-5 5,190円
3連複 2-5-7 1,610円
3連単 2-5-7 15,460円

【着順】 【時計】
1 2 ブラックスピネル 1:34.9 32.7
2 5 プロディガルサン 1:34.9 32.0
3 7 エアスピネル 1:35.0 32.3
4 3 マイネルアウラート 1:35.3 33.0
4 4 ストーミーシー 1:35.3 32.2
6 10 ヤングマンパワー 1:35.3 32.8
7 1 ダイワリベラル 1:35.6 33.0
8 6 ブラックムーン 1:35.8 32.7
9 9 ロイカバード 1:35.8 32.4
10 8 タガノブルグ 1:36.2 33.3
いいね!した人

テーマ:

第57回きさらぎ賞:2月5日(日) 京都競馬場
15時35分発走

競走馬としての登竜門
本格化前の実力を問う


競走馬としての素質
馬は本来、先頭を走りたがる。マラソンでもそうだが、先頭を走るということは疲れが溜まる。そうなれば、最後の一踏ん張りで力が出せるか出せないかという状態になる。だから、騎手がいる。そのため、ドッグレースとは違うのである。ただ、必要最低限の実戦経験は必要である。ここに来るまでは新馬戦は最低勝ち負けになっているものの、その後の歩みがどうなっているのかというところが経験則の違いになって出てくる。いわば、競走馬としての素質だけでは通用しなくなってくる。この番組からは名を馳せる馬が数多く登場している。それだけステップレースとしては注目されているのである。ただ、この時点では何を信頼するのかによって変わる。三冠馬オルフェーブルでさえ二番人気で3着だった。が、ルージュバック、サトノダイヤモンドもこの番組で勝ち星を挙げている。ただ、この時点で既に3勝している馬は参戦してこないことも多い。目の前に迫る弥生賞に向けて最終調整を迎える。どこまで走ることができるのかも踏まえて予想を組み立てたい。

●出馬表
馬名 性齢 斤量 騎手名
1 1 サトノアーサー 牡3 56 川田 将雅
2 2 マテラレックス 牡3 56 フォーリー
3 3 タガノアシュラ 牡3 56 岩田 康誠
4 4 ダンビュライト 牡3 56 ルメール
5 5 プラチナヴォイス 牡3 56 和田 竜二
6 6 エスピリトゥオーゾ 牡3 56 四位 洋文
7 7 アメリカズカップ 牡3 56 松若 風馬
8 8 スズカメジャー 牡3 56 福永 祐一

●主線はこの二頭の勝ち負け
二連勝を紡いでいるサトノアーサーを主軸にするのか、実績を積んできているプラチナヴォイスにするのか迷ったのだが、結果は後者、プラチナヴォイスとした。その理由は一番簡単なところ、競走実績だった。展開の機微に巻き込まれない可能性を取った。どこまで走ることができるのか判らない明け三歳。この先のクラシック戦線を目指してどのような走り方をするのか興味をそそられる。諸賢の考え方はいかがだろうか。
●番手にはこの三頭を挙げる
朝日杯FSでは良いところがなかったアメリカズカップだったが、展開について行けなかった幼さを残していたことは事実。そこからどのような成長を見せたのかというところでは調教VTRを観るしかなかった。充実した走りを感じさせた。それがここで活きるかどうか興味深い。また、ダンビュライトだが、朝日杯FS組であることは競走実績があるということが言える。それが凡走に終わった番組結果もあるのかどうか。逆に考えれば幼さが残っているということだ。どこまで走ることができるのか判らない一面を残しながらも△連下に挙げた。そして、僅か一戦でこの番組臨んできたスズカメジャーを推す。悪くはない。これといった武器があるのかというところを考えると、走るのが好きだというところか。楽しんでいるように見えた。それが大いに興味をそそった馬。力が出せればワイド連対も大いにあり得る馬だ。
●取捨選択を迷った一頭
エスピリトゥオーゾ。海外に出ても判りやすい名前にしようということだったのか、馴染みがない名前だ。2000m戦からの距離短縮でこの番組臨んできた。稍重の馬場ながらも十分に力を出すことができた。その意味では額面通りの走りと言っても良いだろう。であれば、ここが次に繋がる番組かどうかというところか。

●捨てちゃえ馬
未知数である馬が多い。が、その中でも勝ち負けになる馬と番手では差が大きい。その意味で、エスピリトゥオーゾが活躍できる出番がないように思える。そのため、ここでは要らない。故に捨てる!!


●今週の買い目!!鬼結!!
鬼結 馬名 性齢 斤量 騎手名
5 プラチナヴォイス 牡3 56 和田 竜二
1 サトノアーサー 牡3 56 川田 将雅
7 アメリカズカップ 牡3 56 松若 風馬
△1 4 ダンビュライト 牡3 56 ルメール
△2 8 スズカメジャー 牡3 56 福永 祐一
捨馬 6 エスピリトゥオーゾ 牡3 56 四位 洋文


●結果
【配当】
単勝 7 1,720円
複勝 7 230円
1 110円
4 130円
枠連  
馬連 1-7 960円
ワイド 1-4 190円
1-7 390円
4-7 690円
馬単 7-1 3,580円
3連複 1-4-7 1,210円
3連単 7-1-4 14,180円

【着順】 【時計】
1 7 アメリカズカップ 1:50.1 35.9
2 1 サトノアーサー 1:50.4 36.0
3 4 ダンビュライト 1:50.4 36.1
4 5 プラチナヴォイス 1:50.6 36.6
5 6 エスピリトゥオーゾ 1:50.9 36.2
6 2 マテラレックス 1:51.9 37.6
7 3 タガノアシュラ 1:52.9 38.9
中止 8 スズカメジャー  
いいね!した人

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。