脳腫瘍  術後寝たきりの私が行動自由に!!

テーマ:

脳腫瘍


 脳腫瘍  術後寝たきりの私が行動自由に!!



健康ブログ 温熱療法 ランキングに挑戦中デス!!

どうぞ、ポチッとよろしくお願いします。


にほんブログ村




福島県○○○○町
○田 ○ 六十一歳



 ある日、頭が痛くて会社を二日間休みました。二日間寝ていたのに、痛みは一向にとれません。そのうち目までが痛み始めました。目のせいで頭が痛いのかと思い眼科に通いましたが、吐く日が多くなり、62Kgあった体重が40Kgに減り、ついに倒れてしまいました。


 時に昭和五十三年五月二十三日、病院で脳腫瘍と診断され、同年十月三日に手術をしました。「小脳の難しい場所に腫瘍が出来ている」との事で、手術は真夜中の二時まで十五時間に及ぶものでした。


 一ヶ月半も記憶が戻らず、翌五十四年二月には退院したものの、寝たきりで、もちろん他人の肩を借りなければ歩行も出来ません。目は虚ろ、あっちやこっちとキョロキョロし、一点をみつめることも出来ず、人に会うことが兎に角いやで、話もしたくなかったのです。


 そんな時、佐竹先生から光線療法を勧められたのです。妻も他に頼るものが無く、藁にもすがる思いで光線治療器を求めました。そして光線の照射を始めました。五十七年に貧血で倒れ再び入院、六十年に退院したものの翌年にはまたも貧血で倒れました。以前よりも悪化したかと思い、一時は光線を中止しましたが、佐竹先生から「気分が悪くなる時もあるかもしれないが、食事と思って照射を続けなさい」と励まされ、それ以来迷わず、時間の許す限り照射を続けました。


 平成元年、周囲の人が“これぐらい”と思うような弱い光でもカーテンを閉めなければいられなかった私でしたのに、平成二年になって自分からカーテンを開け、これまで戸外に出ただけでも不安で仕方なかったのに、今ではどこへ行くにも不安を感じず、自信が持てるようになりました。


 光線治療器がなかったら、私の人生に希望という言葉はありませんでした。社会の廃人でしかなかったと思います。今、二台の器械で照射、妻と二人で健康への感謝をしている毎日です。


上記は、全国光線普及協会編集・発行の光線療法体験集掲載分です。もっと詳しくお知りになりたい方は当方までご連絡下さい。



免疫を研究されているお医者さんたちは“がん”の三大療法(手術・抗がん剤・放射線)を否定されています。


例えば、著書名:こうすればガンは消える  医学博士  奥山隆三  発行所  花伝社


著書名:医者に殺されない47の心得 慶応義塾大学医学部放射線科講師 近藤誠  発行所 (株)アスコム


著書名:免疫革命  新潟大学大学院医学部教授 安保徹  発行所 講談社インターナショナル(株)





これまで私が読んで印象に残っている書籍です。


また、著書名:体温を上げると健康になる  医師 齋藤真嗣  発行所  (株)サンマーク出版


著書名:「体は温める」と病気は必ず治る  医学博士 石原 結實  発行所  (株)三笠書房


などを読んでも“光線”はベストな治療法と考えます。





免疫力を上げるには!!
http://ameblo.jp/kousenchiryou/entry-10047986612.html

ここでは“風邪”を対象に免疫力を説明していますが“がん”も同様です。ご一読下さい。



“がん”の温熱療法!!をご一読下さい。
http://ameblo.jp/kousenchiryou/entry-11991553295.html

がん細胞は自己細胞ですが、光線が持つ“輻射熱”で変質させ、自身の免疫力が攻撃をしますので光線治療が有効と考えます。



一日に何時間も毎日続けなければ効果は無いと考えます。繰り返しですが“がん”は一日数時間、毎日が基本です。期間は数年単位となります。



“がん”を患い“抗がん剤”を選択されている方々へ
http://ameblo.jp/kousenchiryou/entry-12000475191.html

↑抗がん剤を選択された場合、必読です。!!




医聖ヒポクラテス
「人間は生まれながらにして自らの内に100人の名医を持っている」




各ご家庭に”光線室”が必要です。自らの内の名医を働かせるために!!




我が家の場合指を切っても、孫の肺炎、急激な嘔吐などでも光線です。


台所作業で左親指を切ってしまいました!!
http://ameblo.jp/kousenchiryou/entry-11852822694.html


可愛い孫が肺炎と診断されて
http://kousenchiryouin.blog.shinobi.jp/Entry/2/


あなたならどうします???可愛い孫の嘔吐と高熱と下痢???私は光線で完治させました。
http://kousenchiryouin.blog.shinobi.jp/Entry/93/


また、テーブルの角にひたいを強打したときも光線です。


かわいい孫がソファーから転落しおでこをテーブルに強打!!
http://ameblo.jp/kousenchiryou/entry-10104580635.html


妻の場合ですが。


帯状疱疹(まとめ)
http://ameblo.jp/kousenchiryou/entry-11844714590.html


30年の悩みの種が光線治療でなくなりました。 腎臓結石!!
http://kousenchiryouin.blog.shinobi.jp/Entry/3/


サンフォートピア療法
光 線 治 療 院
松本 忠
TEL 0480-23-7595
E・メール  info@kousenchiryouin.com
URL http://www.kousenchiryouin.com/
ブログ“ひなたぼっこ”  http://ameblo.jp/kousenchiryou/
光線治療体験 ブログ   http://kousenchiryouin.blog.shinobi.jp/



健康ブログ 温熱療法 ランキングに挑戦中デス!!

どうぞ、ポチッとよろしくお願いします。


にほんブログ村

AD

コメント(2)