看護師が教える新米ママのための子ども看護学~子どもの治る力をぐんぐん伸ばす~

赤ちゃんや子どものケガや病気の「どうしたらいいの?」に応える子育ての技をパパ・ママ・専門職むけに、小児看護学・子どもの体と心の発達発育、コーチング、心理スキルを土台にアレンジし、分かりやすく使いやすいようにしたホームケアとしてお届けしています。


テーマ:
● はじめての子どもの作文教室のお申込み満席となりました

こんにちは、新谷まさこです。

昨日お知らせした、私たち子ども力向上アカデミー@イクハンプロジェクト第一弾の子どもワークショップとなる作文教室が、満席となりました。

近日にも拘わらず、ありがとうございます!

はじめての作文教室
~作文のいろはを知って、作文を好きになろう!~


イクハンプロジェクト

作文は、どの子も上手になれますよ。

子どものために、文章や国語をいろいろ教えてあげたいけれど、親だからって全部自分でするにも限界がるもの。

だから、頼れるところは、上手に頼ってバランスよく子育てしていきましょうねー♪

イクハンプロジェクトでは、育児不安を半分にへらすことを目標としています。

そして、不安がなくなったところには、子どもと遊ぶ時間や子どもの笑顔、親としての自信や余裕をいれていっちゃいましょうね♪

子ども力向上アカデミーは、子どもが、自分で自分の才能と可能性を信じ、成長していくことをサポートしていきます。

しっかり成長していく子どもを見てると、「そんなに不安がらなくていいかも」と、おもえますものね。

何やら、7月あたりに、ママの自分、子育てを応援することを楽しみたいねって人同士集まってランチ会とかしよー、というムードが出てきました。

また、詳細が決まりましたらご案内いたしますね^^

ご案内は、メルマガの方が優先ですので、ご興味のある方は登録しておいてくださいね。



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
● 作文や自己主張が苦手な小学生のための「はじめての作文教室」

こんにちは、新谷まさこです。

作文や感想文を書くのが苦手な子は、もうこれ以上作文や国語を嫌いにならなくていいですよ。

今まで、思うように書けなくてももう大丈夫!

作文が上手になる5つのポイントが味方にしちゃいましょう!

「話せるけど書けない」

と、大人だって悩みますもんね。

実は、文章をかく力は、学力が低いのでも集中力がないわけでもありません。

ほんのちょっとした言葉の使い方のコツがわかると、まるで魔法にかかったみたいに文字にする楽しみに変わっていきます。

「でも、子どもに教えてあげたいけど、親の自分も得意じゃなくて…」

「学習塾までいかせるには、ハードルが高いし…」

「子どもの作文嫌いを早めに克服させたい」

そんな、親の願いを受けて、私たち子ども力向上アカデミー@イクハンプロジェクトで、この度、作文教室を開催することとなりました。

はじめての作文教室
~作文のいろはを知って、作文を好きになろう!~


イクハンプロジェクト


作文は、どの子も上手になれますよ。


作文が上手になる 5 つのポイントを味方に、字数を決めて挑戦したり、4つに分けて書いてみたりして、自分のスタイルを決めていきましょ。

思いつくまま書いていいんです。

書いたものに、タイトルをつけるくらい自由に楽しい時間を一緒に味わいましょうね。

今回の講師は、元明光義塾の講師が、子ども目線でやさしく、子どもペースで教えてくれます。

大阪大学の保健学科を卒業し、大学院に進学もした保健師であり保育士でもありますので、やさしい時間ですから、ご安心くださいね。

お子さんだけでも、親子でも、お一人でもOKです。

どうぞ、お気軽にご参加ください^^

近日ですので、今日の夕方にメルマガでお申し込み先をご案内いたしますね。

18日の夕方よりこちらのブログでも受付フォームをご紹介いたします。

ただご案内は、イクハンプロジェクト参加メンバーさん、メルマガ読者さん、一般の方の順番となることをご了承ください。

メルマガ登録がまだの方は、今のうちにご登録くださいね。




AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
● 子どもの脳は連休明けにはヘロヘロに疲れてます

こんにちは、新谷まさこです。

連休明けと昨日の熱さのせいで、昨日は駅のホームで体調不良が出たり、熱中症者がでたりと大変でしたね。

そちらは大丈夫でしたか?

さてさて。

特に働いているママパパさん!

連休明けの今のタイミングの子育てを間違えると、お迎えコールが鳴りまくりますので要注意です!

今年の連休は、お天気にもめぐまれましたよね。

つまり、遊び放題の日々でしたよね

ばなな

神経学のお話しますね。

遊んで楽しい時は、疲れを感じず体に疲労がたまります。

でも、実は脳にも疲労がきているんです。

遊んで楽しい時は、興奮をつかさどる交感神経が働き続けてくれました。

いつもだったら昼間だけ、または週末の1.2日だったのですが…

今回は、9日も大好きなママパパもお休み気分でウキウキしていたから、つられてウキウキ♪

子どもにとっては、大興奮の日々です!

大人ならば、興奮と鎮静の交換スイッチがスムーズにできるので問題なし。

ただ、お子さんの月齢が低いほど、脳の発達の未熟さが加わって、ちょっと切り替えができず、脳もお疲れ気味になりやすいもの。

ほら、赤ちゃん時代に日中遊びすぎて、夜に夜泣きで困ったことありませんでした?

それの連休版です。

ね…大変なビックサイズでしょ?

こういった連休後では、大人は逆に体の疲労がたまりやすいもの。

子どもは、ココロや脳の疲労がたまりやすいもの。

だから、今週1週間くらいは、大きな声で怒鳴ったり、イライラをぶつけることは、理性で押させておいた方がいいですよ。

それでも、もしやってしまった後は、

「ごめんね」

と、フォローをいれておいてくださいね。

体とココロはつながってますからね。

私もがんばります(笑)

連休明けって忙しいですよね。

今後のためにも、とりあえず予防できる子どもの不調対策は、やっておきましょー。





AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
● 私の仕事を手伝ってくれる人いませんかー( ;∀;)

こんにちは、新谷まさこです。

先日、メルマガで泣き言をつぶやきました…。

どなたか、私の仕事を手伝ってくれる人いませんかー( ;∀;)

ありがたいことに、研修のお仕事や2冊目の執筆のお仕事、またイクハンプロジェクトなど、やりたいことが増えていく今日この頃です。

でも、その分時間が足りなくなってしまい、もともとマイペースだったブログやメルマガ配信ですら、相当遅れがちになってきました…。

先日、未配信だったメルマガを再送信しましたが、なぜか届いていない人もチラホラいらっしゃって、

連絡をくださった方のみに対応するだけで精いっぱいでそういう全体の改善にまで手が回せずにいます。

楽しみにしてくれていた方には、本当申し訳なく思います…。

お届けしたい内容や、育児に役立つ情報を紹介したいことも、たくさんあります。

現場ならでは、便利な方法とかさ。

子育て支援の仕事は、どうしても収入として考えると厳しい仕事ですが、でも、私は、可能な限り、ママパパがほっと安心してくれる今の仕事を続けたいです。

主な業務としては、書類作成のお手伝いや感想のテキスト化や、指定されたメール配信などのパソコン作業が中心なので、まだまだ単発のお仕事程度。

仕事としてがっつり働きたい人には、向いていませんが、

「ちょっとお手伝いしてあげようかな」

と、いうくらいの方が、もしいらしゃれば、ご紹介くださいー( ;∀;)

お願いしますー。

という、内容。

メルマガとかブログって、結局は一方通行でしかないから、現場仕事や講座と違って反応がわかりにくいんです。

だから、正直悩んでて

「なんだかんだと、結構ブログ記事やメルマガも配信したよね。情報量としては、そこそこ検索すれば見れるから、もういいかな…。」

と、やめることも考えていました。

1人でやっていく限界ですよね。

でも、「ちょっとくらいならできるかも…手伝いましょうか?」と、声をかけてくださったり

「パソコンが苦手なので無理だけど、でも応援してます!」
「子どものことで精いっぱいだから、手伝えないけど、体大事にして下さい!」

とかさ…。

こんなの届いたら、もうひと踏ん張りしようかって思いますやん!

まだまだこれで、業務量全てがカバーできてるわけではないけれど、これで少し楽になれそうです。

とりあえず、今手元にあるものまでは、頑張ってみます!

ありがとうございます( ;∀;)


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
● 自分を大切にする方法は『スティーブ・ジョブズ最後の言葉』に語られていた

こんにちは。新谷まさこです。

頭で理解はできるけれど、腑に落ちた納得をするのは、意外に難しいですね。

がんばれー、って人に言うし、言われるし。

大丈夫!って子どもに言うし、自分にも言うし。

言ったり動いたりは簡単にできる。

講座をすると、たくさんたくさん感想をいっぱいいただきます。

日々の子育て中に浮かんでくる

「これでいいのかな?」

という、不安は、ネットで調べてもママ友達に聞いても思ったよりしっくりこないことの方が多いの。

情報が、自分の納得できる【知識】となるまでは、なかなか安心に変わりませんものね。

どうやったら、私たちはこのような安心を、得られるのかをスティーブジョブスはこう語っています^^

================================

■STEVE JOBS Last Words
『スティーブ・ジョブズ最後の言葉』

================================

I reached the pinnacle of success in the business world.

私は、ビジネスの世界で、成功の頂点に君臨した。

■ In others’ eyes, my life is an epitome of success.

他の人の目には、
私の人生は、
成功の典型的な縮図に見えるだろう。

■However, aside from work, I have little joy.In the end, wealth is only a fact of life that I am accustomed to.

しかし、仕事をのぞくと、喜びが少ない人生だった。

人生の終わりには、
富など、私が積み上げてきた人生の単なる事実でしかない。

■At this moment, lying on the sick bed and recalling my whole life,I realize that all the recognition and wealth that I took so much pride in, have paled and become meaningless in the face of impending death.

病気でベッドに寝ていると、人生が走馬灯のように思い出される。

私がずっとプライドを持っていたこと、認証(認められること)や富は、迫る死を目の前にして、色あせていき、何も意味をなさなくなっている。

■In the darkness, I look at the green lights from the life supporting machines and hear the humming mechanical sounds,

この暗闇の中で、生命維持装置のグリーンのライトが点滅するのを見つめ、機械的な音が耳に聞こえてくる。

■I can feel the breath of God and of death drawing closer…

神の息を感じる。

死がだんだんと近づいている。。。。

■Now I know, when we have accumulated sufficient wealth to last our lifetime, we should pursue other matters that are unrelated to wealth…

今やっと理解したことがある。

人生において十分にやっていけるだけの富を積み上げた後は、富とは関係のない他のことを追い求めた方が良い。

■ Should be something that is more important:

もっと大切な何か他のこと。

■Perhaps relationships, perhaps art,perhaps a dream from younger days ...

それは、

人間関係や、

芸術や、

または若い頃からの夢かもしれない。

■Non-stop pursuing of wealth will only turn a person into a twisted being, just like me.

終わりを知らない富の追求は、人を歪ませてしまう。

私のようにね。

■God gave us the senses to let us feel the love in everyone’s heart, not the illusions brought about by wealth.

神は、誰もの心の中に、富みによってもたらされた幻想ではなく、愛を感じさせるための「感覚」というものを与えてくださった。

■The wealth I have won in my life I cannot bring with me.

私が勝ち得た富は、(私が死ぬ時に)一緒に持っていけるものではない。

■What I can bring is only the memories precipitated by love.

私が持っていける物は、愛情にあふれた思い出だけだ。

■That’s the true riches which will follow you,accompany you, giving you strength and light to go on.

これこそが本当の豊かさであり、あなたとずっと一緒にいてくれるもの、

あなたに力をあたえてくれるもの

あなたの道を照らしてくれるものだ。

■Love can travel a thousand miles.Life has no limit. Go where you want to go.Reach the height you want to reach.It is all in your heart and in your hands.

愛とは、何千マイルも超えて旅をする。

人生には限界はない。

行きたいところに行きなさい。

望むところまで高峰を登りなさい。

全てはあなたの心の中にある、

全てはあなたの手の中にあるのだから

■ What is the most expensive bed in the world? -"Sick bed" …

世の中で、一番犠牲を払うことになる

「ベッド」は、何か知っているかい?

シックベッド(病床)だよ。

■ You can employ someone to drive the car for you,make money for you but you cannot have someone to bear the sickness for you.

あなたのために、ドライバーを誰か雇うこともできる。

お金を作ってもらうことも出来る。

だけれど、あなたの代わりに病気になってくれる人は,見つけることは出来ない。

■ Material things lost can be found.But there is one thing that can never be found when it is lost ? "Life".

物質的な物はなくなっても、また見つけられる。

しかし、一つだけ、なくなってしまっては、再度見つけられない物がある。

人生だよ。

命だよ。

■When a person goes into the operating room,he will realize that there is one book that he has yet to finish reading ? "Book of Healthy Life".

手術室に入る時、

その病人は、まだ読み終えてない

本が1冊あったことに気付くんだ。

「健康な生活を送る本」

■Whichever stage in life we are at right now, with time, we will face the day when the
curtain comes down.

あなたの人生がどのようなステージにあったとしても、誰もが、いつか、人生の幕を閉じる日がやってくる。

■Treasure Love for your family, love for your spouse, love for your friends...

あなたの家族のために

愛情を大切にしてください。

あなたのパートーナーのために、

あなたの友人のために。

■Treat yourself well. Cherish others.

そして自分を丁寧に扱ってあげてください。

他の人を大切にしてください。


(The last of Steve Jobs.スティーブジョブス最後の言葉 対訳: (C) Norihisa Sugimotoより引用)


私たちは、「自分を大切にする方法」を学校や会社で教わることがありません。

日々の生活の中で、

日々の人との関係で

日々の感覚で

自分の中から生まれてくる愛情という名の小さな芽を育てて、大きくしてやっと気が付けるんですよね。

「あ、私こうするの嫌だな。これは好きだな。」
「こうしよう。これはやめよう」

子育て中で、子どものことでイライラすることもたくさんありますが、これがすごいチャンスなんですよね。

・言っても理解しないことにイライラ…相手の期待に応えたいと思う自分

・予定通りに進まなくてイライラ…時間を大切にしたいと思う自分

・食事をぐちゃぐちゃにすることにイライラ…食べ物を大切にしたい、食事マナーを守りたい自分

イライラの理由を紐解くと、本当にすばらしい価値観を持った自分に気づくことができますからね。

小さな積み重ねが、大きな花をさかせるから大丈夫。

心配しなくても、イライラなままでも大丈夫。

なんとかしたい、変わりたいと思う気持ちをもっているならば、あきらめる必要ないからね。

ね(^_-)-☆



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。