昨日、2月2日は、PerfumeがMCを務める「MUSIC JAPAN」の公開収録があったのですが、首都圏にお住いで毎月受信料を払っていらっしゃる中で、抽選で当たった方はその観覧に行かれたようで、沢山レポ&報告がWeb上に上がっておりました。
そしてこの日の観覧は、通常の日と違って、ほんの少しだけプレミアムだったようで、それは、Perfumeと同じくらいのキャリア(今年で結成12年目)を持ちながら、ここに来てようやくブレイクの兆しを見せて来た、新潟出身のNegiccoが久々にPerfumeと同じ舞台に立った事です。



Negiccoは新潟密着のアイドルで、広島出身のPerfumeと同様に、地方出身である事が共通点で、デビュー間もなくは、2004年のO-WESTライブで共演もしていたのですが、そこは大手事務所のアミューズに所属していた運の良さもあってか、一足速くブレイクしたPerfumeの背中をあっという間に遠くに見送ってから、地道にネギを背負いながら懸命に後を追い続け、ついに今年、7年かかって同じ舞台に立てたのですよ。
ボクは、ハッキリ言って、これまでそれほどNegiccoさんにシンパシーは感じていなかったのですが、90年代に超クールな曲で一世を風靡したあのオリジナルラブの田島貴男さんが、「サンシャイン日本海」という曲のプロデュースをしてから、その後にすっかり彼女たちにハマり、今や単なる応援団の「テンション貴男」となってNegiccoの宣伝ツイートをしまくり、単なるアイドルオタになりつつあるのを見てから少しずつNegiccoの動向に興味を持って来たのでした。



そして、そんなボクよりずっと速くからNegiccoを追いかけて、この日の観覧に間に合った方たちのツイートがなんとも泣けるのでご紹介。



@****
MJへ行った。
Negiccoも来てた。
Perfumeが泣いてた。
Negiccoも泣いてた。
不覚にも自分も泣きそうになった。


@****
あ~ちゃんがNegiccoのリハーサルですでに泣いてた
(Negiccoが)トークで泣きすぎてユースケのハンカチを3人とあ~ちゃんが借りて涙ふいてた


@****
Negicco、泣きすぎて歌の前にメイク直し
パフュ3人とユースケでMC引っ張った
Negiccoの苦労話は感動した

詳細は書かないでおくが、ダンボールの話




「駐車場にダンボールを敷いて控え室」って、まさにホームレス状態ですが、思えば下積み時代のPerfumeもボーリング場のイベントでは狭い倉庫で着替えしたりしていたんですよね。
Negiccoの苦労話については、こちらのインタビュー記事に粗方載っております。
リンクはこちらから



どうやら、2年前ほどに会ったあ~ちゃんと、「いつか一緒に共演しようね」と約束していたらしく、遂にこの日にその約束が果たせた事が嬉しくて、もう舞台に上がってからずっとNegiccoは泣いていたようです。



そんなエピソードを持つNegiccoに対して、あ~ちゃんのエールがあって、



あ~:「私たちも広島を背負って出てきたつもりだったんですけど、お返しできるような活動ができてないという思いがあって、(私達と)同じような境遇で戦ってるNegiccoのことを同志と思っていたので、この舞台で共演できてすごく嬉しい」



そりゃ、泣くわな・・・



結成から10年以上経って、ようやく(芸能人としての)人並みのポジションにのし上がって来れたNegiccoさん。
ここまで来たなら、今度はPerfumeと対バンで、もっと夢を叶えてくださいな!
Perfumeファンの中でも、かなりの数でNegiccoさんに興味を持っている方がいらっしゃいますから、ここはチャンスですぜ(笑)。
AD

コメント(4)