広島の「9ジラジNIGHT」でもらった銀テープ。
ボクがいた2階席には全く飛んでこなかったんだけど、帰りにロビーで係のお姉さんが一人に1枚ずつ配ってくれていたのを有難くいただきました。


あ~ちゃんとちゃあぽんの似顔絵が、ほとんど同じなのは狙ってやったのかしら(笑)。



それともう一つ、ロビーに、Perfumeとちゃあぽん宛てに、アクターズスクール広島からお花が届いているのを見つけて、温かい気持ちになりました。
花の色が白っていうのも、「らしい」ですよね。



最後に、全員で撮った集合写真。
「全員写るからね!」なんて、あ~ちゃんに言われたんで、頑張ってピースなんてしていたんだけど、2階席の一番後ろの端っこなんて、人間としての認識が出来ないレベルでぼやけてるじゃん!(笑)


AD
ちょっと前の話題になりますが、オリコンさんの年末恒例のランキング、「第14回 音楽ファン2万人が選ぶ『好きなアーティストランキングTOP50』2017」が、先週発表されました。


首位は8年ぶりにMr.Childrenが返り咲き、嵐の連続記録は7年でストップしたようです。
そして、我らがPerfumeは、2011年に20位にランクインしてから一度も圏外に落ちずに、14位→15位→15位→18位→13位と来て、今年はなんと、堂々と自己最高位の11位にアップ!
もう、中堅なんて言わせないぞ!
中堅の一番上だ!(笑)





ちなみに、アンケート調査期間が今年の8月から9月だったので、今年は15位だった安室奈美恵さんは、今ならもっと上位にランキングされるはずなので、Perfumeは実質12位なのかな?



各年代別のTOP10も紹介されているので、こちらも見てみましょう。
まずは10代。


20代


30代



40代


Perfumeは、20代で8位、30代で7位。
彼女たちと同じ、アラサー世代から高い支持を受けている事が分かる。


そして、各年代別の順位を並べてみると、10代のランキングのユニークな事がひと目で分かる。
AAA、[Alexandros]、乃木坂46、RADWIMPSなど、他の年代ではランク圏外の若いアーティストが軒並み名を連ねている。
この事から考えて、10代は、音楽のマーケットが他の年代とは共有されていないのではないだろうか。
この世代は、スマホによる配信、またはYouTubeで音楽を聴くのが主流ですから、ラジオやテレビから無制限に流れる音楽の中から好きな物を選んで聴くのではなく、自分が興味を抱いて検索して行き着いたアーティストしか聴かないから、他の年代のランキングとは重ならないのではないだろうか。
そんな中で、この年代でもTOP10入りしている、いきものがかりの化け物ぶりには震えるばかりだ(笑)。



一方、これとは逆に、40代では、BOФWY、ZARDと、既に活動していないアーティストがまだ上位に支持されている。
これはズバリ、新しいアーティストの情報が全く入ってこないか、若しくは、音楽そのものが、自身の生活の中から遠い存在になってしまっているのかもしれない。



これらの推測が正しいとすれば、10代、40代に新しいアーティストを売り込むのは至難の業だという事だ。
それでいくと、Perfumeのライブで、やたら40代が多いのは、新しい音楽にアンテナを張っている、数少ないこの世代の多くのハートを掴む事に成功したからなのだろうか。



そして、20代、30代のランキングは、総合ランキングでも上位のアーティストが占めている。
こうして見ていくと、日本の音楽のトレンドを作っているメイン層は、この世代だと言えるでしょう。
Perfumeは、このアラサー世代をガッチリ押さえているので、まだまだ、今の人気を維持出来そうです。
来年は、TOP10入り出来るかな?




AD
お待たせしました。
12月6日に行われた、『HFM35周年記念 9ジラジNIGHTスペシャルライブ Perfume×9nine』のレポです。


ボクの座席は2階席の後方の一番端っこでしたので、やや見えにくく、聞こえにくい所もあったのですが、出来る限り書いていきますね。



午後7時開演。
1階席後方の入口から、神輿に担がれて、番組パーソナリティの、大窪シゲキ(オークボックス)が登場。
担がれながら観客を煽るオークボックス!
(しかし、ボクの座席からは死角で全く見えずで、当然テンション上がらずで何を話していたか、全く記憶に残らず・・笑)




コラボライブ最初は、9nineから!



 9nine セットリスト

1  Why don’t you RELAX?
2  With You With Me(Album Ver.)
3  SHINING☆STAR
4  (Luv=)OorH8?
5  愛 愛 愛
6  Sun Sun Sunrise
7  Evolution No.9



M1の曲途中で、ひろろ(村田寛奈)の衣装の胸元を結んでいた紐がほどけて、チラリズム発生!
ボクは遠すぎてよく見えなかったのだけど、最前列の人たちには、それなりにサービスショットだった模様。
メンバー口々に、「ひろろの爆乳が飛び出た!」と笑いのネタに。
ホンマに爆乳なんかいな(笑)。


M3は、9nineの曲の中で一番好きな曲。
武道館のダブルアンコールで歌ってくれたのを思い出すわ。


M4は、サビのフリを一緒に踊ろうと、観客にレクチャー。
なんとか覚えて、4人の先頭に位置していた、ひろろを見て、フリを真似ようとしていたら、またもアクシデントで、曲が途切れ途切れになり、ひろろがフリーズして棒立ち。
ひょっとして、また、ひろろにアクシデントが発生したのかと想像して、ボクも色々と棒立ち(笑)。
曲はすぐにスムーズに流れて、「ハート!ハート!ムギュムギュ!」と、みんなで楽しく踊りましたとさ。




MCで、「ホンマに、Perfumeさんとの広島ライブでは、アクシデントが多い」という話題になって、3年前の『Perfume FES』のステージでは、長目のイントロの時間を使った、衣装替えの時に、ウッキー(佐武宇綺)の衣装のファスナーが壊れて全く上がらなくて、たまたまコラボ企画のために同じ衣装を着ていた、あ~ちゃんが自分の衣装を脱いで、それをウッキーに着せて、なんとか間に合わせた事があったと回顧録。
それ以来、ウッキーは、Perfumeの事を神と崇めているのだそう(笑)。



9nineのステージは、総じて安定した歌とダンスとトークで、普通にお金を取れる安心した出来栄え。
どこに出しても大丈夫。
ただ、5人9nineになってから、アゲハスプリングスに制作してもらっていた楽曲と、トレバーホーンに作ってもらったM6の間の期間の楽曲は、並べて聴くと、制作費を抑えたのが丸わかりで、どうにも出来栄えが安っぽくて粗末に聞こえる。
ここが課題かと。




 Perfumeセットリスト

1.  FLASH
2.  Dream Fighter
  (MC)
3.  lf you wanna
4.  EVERYDAY
  (P.T.A.のコーナー)
5.  FAKE IT
6.  チョコレイトディスコ
7.  TOKYO GIRL

   (9nineコラボ)

E1  エボリューションNo.9
E2   lf you wanna




Perfumeのステージに移って、早速MCで、先ほどの9nineのステージでの、ひろろの爆乳アクシデントについて、この話題に触れ、あ~ちゃんが最前列の男の子をイジリまくる。



あ~:「アンタ、ええもん見たんでしょ?」

男子:「(手を横に振り、潔白を主張)」

あ~:「ホンマはどうなん?(追い込み)」

男子:「・・・(頷く)」

あ~:「じゃ、帰りにグッズ売り場で9nineのCD買って行きんさい!」

のち:「何枚買うのよ?」

男子:「1枚(人差し指を立てる)」

あ~:「そこは、2枚でしょ!」



これ、典型的な、「美人局」的な恐喝の手口ですな(笑)




あ~:「今日は、『私たち』の妹のちゃあぽん・・(あっ、言い間違えた)」

のち:「私の妹でもある!」

かし:「いやいや、私の妹でもある!」



結論:「9nineは、みーんな、Perfumeの妹!」



Perfumeライブの本編が終わって、9nineを呼び込んで、いよいよコラボライブの始まり!
9nineの持ち曲、「Evolution No.9」と、Perfumeの持ち曲、「If You Wanna」を全力でパフォーマンス!



この日の為に、わざわざ、7人仕様にフォーメーションを組み直したパフォーマンスはお見事の一言。
ただ、ダンスにおける、動きの抑揚やメリハリは、やはりPerfumeの方が一枚上手に見えたのは、致し方ないか。



あ~:「この日の為に練習しようと、わざわざ、昔懐かしい、アミューズにある地下スタジオ使ったよね。」

ちゃあぽん:「昔、お姉ちゃんたちが、『BEE-HIVE』のビデオで使っていたトコ。
昔は、あれでずっとお姉ちゃんの生存確認してたんよ(笑)」




Perfume×9nineのコラボライブも終わって、続いては、トークコーナー。
オークボックス(大窪シゲキ)の呼び込みで7人が勢ぞろい。
ラジオのスタジオにあるようなテーブルに7人が半円状に座って、トーク開始。
まずは、Perfumeの挨拶に擬えて、「7人合わせて、7SEVENです!」


まずは、全員がこの日のステージの感想を一言ずつ(全員は覚えてないのでウケたのだけ)。


のち:「平日夜のイベントだという事で、会社帰りの方々の鬱憤晴らしが出来たようで楽しかったです」

あ~:「開局35周年の記念イベントなのに、私たちが、こんなに好き勝手に出来たのはHFMさんだからこそです。」

観客:「(笑)×2」



大窪:「7人でコラボして、感想はいかがでしたか?」

あ~:「みんなで集まって8時間くらい練習したのに、ステージではたった5分だけなんて、あっという間」

大窪:「じゃ、今度は40周年の時にまたやる?」

観客:「(拍手)」



大窪:「9nineのみんなの感想は?」

宇綺:「(ちょっと壊れ気味に)超嬉しかったですぅー。Perfume様とぉ、『If You Wanna様』をコラボ出来てぇ、幸せ過ぎて墓場まで持っていきたいですぅー。」


曲名に「様」付けた人、初めてだわ(笑)




この後は、ラジオのオンエアで聴いた方もいるでしょうが、Perfumeの『FLASH』を登場テーマにしてくれた、ドジャースの前田健太投手から、Perfumeと9nine、9ジラジリスナーへのメッセージ。



なんと、『FLASH』を登場テーマにしてから8連勝したそうで、相当気に入ってくれたよう。
また来年も、Perfumeの曲を登場テーマに使いたいという、有難いお言葉も聞けました。



大窪:「なお、マエケンに単独独占インタビューをしたんですが、この模様は「9ジラジ」で、12月21日にオンエアします」

あ~:「えっ、わざわざインタビューしにいったん?」

大窪:「東京まで行ってきた」

あ~:「ズブズブの関係なんやね」

観客:「笑」




最後に、この日のライブの模様をオンエアする、12月28日の「9ジラジNIGHT」のオープニングで使うために、観客全員で番組タイトルの大合唱、それと同時に銀テープが客席に噴射!そしてみんなで記念撮影。
最後に、7人がサインした、サインボールをバズーカ砲で投げ入れる!



でも、こういうのって、みんな客席の真ん中に打ち込むのよね。
2階席まで届いたボールも幾つかあったんだけど、全部真ん中の同じような所に打ち込まれて、端っこのボクの所には全く・・・。
まあ、バズーカ砲初体験の7人が楽しそうだったので・・。



最後の最後、7人が観客にご挨拶して、イベント終了。


あ~:「オークボックスがいてくれたから、こんな(素敵な)イベント出来たんだよ。アリガトね」

大窪:「(ちょっとウルッと来るがごまかして)みんなが帰って来れるように居場所を作っておきますよ」


あ~:「来られなかった人のために、次は広島のもっと大きな所でやろうよ!」



という事で、あ~ちゃんは、次また9nineとイベントやるときは、広島グリーンアリーナを希望しておりますので、関係者各位の方々、よろしくお願いいたしますね。
AD