1/18から始まった、日テレ系新ドラマ『東京タラレバ娘』見ましたよ。
もちろん、Perfumeあ~ちゃんが声優デビューするからなんですが、ネット上でも、かなり話題になっているドラマですから、中身の方にも期待してみておりました。



本編には早速こんなお遊びがあったりして。
榮倉奈々扮する、香が勤めるネイルサロンの名前がこちら。




「Parfum(パルファン)」は、フランス語で香りという意味。
ちょっと捻ったね(笑)。



そして、肝心のレバ役のあ~ちゃんの声優としての仕事ぶりの率直な感想を言いますと・・・



「あ~ちゃん、めっちゃ上手いやん!素敵やん!」



これ、前もって、何も知らされてない一般の視聴者は、言われるまで、この声があ~ちゃんだと分からないはず。
妄想上の非生物である、レバに、似つかわしい声のトーンや、早口なイントネーションが相当に上手かった。



ボクがここで、「あ~ちゃんは広島弁で演じたら?」と書いたのは、そんなに上手く演じられるとは思わなかったからで、これは相当あ~ちゃんの事を見損なっておりました。



それに、タラ役の加藤諒くんとの声のバランスもちょうど良かったし、下手したら2人はマジのオーディションに合格して決まったのか、とも思ったくらいでした。



これは、来週からも、このドラマは見続けて行くでしょう。
ただ、第1話を見て、どうしても、このドラマに文句を付けたくなる所があるのですよ。



「恋に仕事に中途半端なまま、年齢だけ重ねたアラサー女3人が、現実逃避して女子会で酒食らっていたら、イケメン金髪に『タラレバ女!』と言われて、現実を叩きつけられる」という設定なんですよね。



この漫画、原作では登場人物の年齢設定は33歳で、東京で独りで働く女性としては、結婚するか、もう少し仕事に没頭するか、特に子供が欲しいと考えている女性にとっては、そろそろ決断を迫られる、切実な年齢を描いているみたいです。




ただ、ドラマでは、「3年後の東京五輪を独りで迎えたくない!」って、焦ったりする台詞があるのですが、主役の3人を演じる、吉高由里子、榮倉奈々、大島優子は、仮に3年後に独りだったとしても、見た目も、恋も、仕事も、まだまだ失うもの無くて、余裕綽々でしょ(笑)。



つまり、この3人には、「東京の乾いた暮らしに、若さを摩耗させられた、カサカサ感」がなさ過ぎなんです。



3人とも見た目、潤いたっぷりでしょ(笑)。



これが無いから、幾ら彼女たちが酒を飲みながら、くだを巻いていても、彼女たちの台詞から、焦燥感や、悲壮感や、滑稽さが感じられず、同年代からの共感も得られないのだろうなぁと思う次第です。



このドラマのメイン視聴者の、アラサー、アラフォー女性の支持を得るのは、なかなか難しいでしょうね。



でも、第1話の中に光明があるのなら、吉高ちゃんが、頭をガンガン机に打ち付けていたり、矢が全身に刺さったりしたシーン。
これをもっと取り入れて、脚本の中で、どんどん吉高由里子をいじめて、水攻め、泥攻め、なんかをどんどんやっていけば、それが話題になり、チャンネルを合わせてくれる人が増えるかも。



現状では、ドラマ自体に感情移入して見るのは、まだしんどいかもと思いました。
来週以降に期待ですね。



最後に、このドラマの予想視聴率ですが、初回の視聴率は、10.2%。
全回通した平均視聴率は、8.8%ではないかと予想いたします。

AD

別府温泉のお湯にすっかり癒されて、たっぷりと眠った翌朝、この日は一気に九州を東から西に突っ切って長崎まで向かうために久大本線を走る列車に乗りました。



 

JR九州にはたくさん特別観光列車が走ってますね。

上の黄色い列車に乗り替える時にも、クルーズトレイン「ななつ星in九州」が向かいのホームに停まってました。


 

久大本線の沿線は、九州の中でも有数の景色の良さだというので楽しみにしていたのですがこの日の午前中も雨模様。

大して楽しめなかったのですが、西に行くに連れて天気が回復してきたので、1枚だけそれっぽい写真がなんとか撮れました。

前の草っぱらがジャマ(笑)。



久大本線の終着駅の久留米駅に着く頃には、すっかり晴れて暖かく、お腹も空いてきたので、駅前で何か食べましょうか。

一応、ここは福岡県ですが、さきほど日田駅を通過したことを思い出し、日田焼きそばのお店に入る事にしました。

日田焼きそばは、大分県日田市の名物B級グルメで、キャベツの代わりにもやしをたっぷりと使って、麺はカリカリに焼くのが特徴という一品です。

お店は、自由軒という、ご家族だけでやっているカウンターだけの小さなお店です。




 

焼きそばの生玉子付きにしました。

カリカリの麺は、しっかりと焦げ目が付くくらいにしっかりと焼き固められて、香ばしくなっております。

キャベツではなく、もやしを使っているので、野菜の水分がしっかりと飛んでいて、麺のカリカリを邪魔していません。

あと、豚肉も縦長に切ってあって、これで、麺、もやし、豚肉の具材全部が全て縦長と、形が統一されているから、スルスルと口に入って、非常に食べやすい。

ソースもシンプルな味で、これだと毎日食べても飽きないですね。

 

 

さて、お腹も満たされたので、次の列車に乗りましょう。

これは、ハウステンボス行きの特急ね。


 

こっちは、JR KYUSHU SWEET TRAIN 『或る列車』」なる、特別列車。

なんか、自分が乗ってない列車の写真ばかり撮ってるね(笑)。

 


 

佐世保駅に着きました。

ここから、第三セクターの松浦鉄道に乗って、平戸を目指しますよ。



 

 

揺られること1時間ほど。

我が国の最西端の駅、たびら平戸口に到着しました。

 

IMG_20170117_015601994.jpg

 

なぜか、巨大なカマキリちゃんがお出迎え。

なんで、平戸でカマキリなんじゃろ・・。

 

IMG_20170117_015933531.jpg

 

ここからバスで、平戸大橋を通って、20分ほど揺られた後に、平戸の町に到着。

入江から外海に向かってパチリ。

 

IMG_20170117_015602512.jpgIMG_20170117_015602758.jpg

 

平戸といえば、江戸時代にオランダやポルトガルとの通商で栄えた港町。

その記録を今に残す、オランダ商館の展示を見に行きました。

 

IMG_20170117_015603041.jpgIMG_20170117_015603371.jpgIMG_20170117_015603696.jpgIMG_20170117_015604099.jpg

 

この建物は、日本初の西洋建築で、当時のオランダの最新の建築で作られていて、中の柱の構造もそうでした。

その他、17世紀始め、当時のオランダから持ち込まれた織物、装飾品、鉄砲など、工業品から日用品まで、様々な製品が展示されていましたよ。

 

 

外に出て、高台に登ります。

 

IMG_20170117_015604528.jpg

 

フランシスコザビエルの記念碑。

 

IMG_20170117_015604899.jpg

 

展望台から海の方を臨みます。

ここが、平戸の湾の突き当たり。

左の方向が外海、東シナ海ですね。

 

IMG_20170117_015605400.jpgIMG_20170117_015605819.jpg

 

町に降りてきました。

ここは下でご紹介する平戸城をいただく城下町。

古い町家が左右に軒を並べて、当時の町並みの面影を残しています。

 

IMG_20170117_015933216.jpg

 

その中にある、樹齢400年といわれる大ソテツ。

もう育ちすぎて、枝がぐるんぐるんになってます。

 

IMG_20170117_015606248.jpgIMG_20170117_015606701.jpg

 

そして、島をぐるっと半周回って歩いて、平戸城に向かいます。
これが天守閣。

 

 

IMG_20170117_015607045.jpgIMG_20170117_015607413.jpg

 

天守閣に登って、海側を見下ろします。

あの赤い橋が、この平戸島と九州を繋ぐ平戸大橋です。

 

IMG_20170117_015931942.jpg

 

外海側も。

昔の人は、この海の向こう側に何があると思っていたのだろう・・。

 

IMG_20170117_015932368.jpg

 

樹齢400年超の、マキ並木です。

 

IMG_20170117_015932792.jpg

 

この平戸島散策、本当は、この3倍くらいのたくさんの写真があるのですが、まあ割愛という事で。

あちこち歩いていたら、すっかり夕暮れになりました。

もう帰りましょうか。

 

IMG_20170117_015933824.jpg

 

駅の売店の脇から、ネコが飛び出してきました。

どうも、ここに住み着いている様子。

改札をすり抜け、ホームに入り、寝っ転がるネコ、心地良さそ(笑)。

アップで顔を撮ってやろうと近づいたら、「撮んなや!」とさっさと立ち去った。

フラレた・・。

 

IMG_20170117_015934114.jpgIMG_20170117_015951982.jpg

 

さて、佐世保駅に帰り、本日の夕食は佐世保バーガーにしましょう。

珍しくパン食ですよ。

繁華街にある、バーガーでは有名店のビッグマンさん。

ベーコンエッグバーガーをテイクアウトで。

佐世保のバーガー店は、店内で食べるよりテイクアウトが多いみたい。

ホテルに持って帰って食べました。

 

IMG_20170117_015258821.jpgIMG_20170117_015259112.jpgIMG_20170117_015259462.jpgIMG_20170117_015259804.jpgIMG_20170117_015300108.jpg

 

感想を述べると、まず、パン(バンズ)がフカフカで噛みごたえがあって、それがまず美味しい。

中の具材は、一つ一つがしっかりと厚みがあって、これも食べ応えがある。

結論として、この1品で立派な食事ですね。

実に美味かった。

パン食でここまで満足した経験は初めてかも。

さすがは名物だけありますね。

 

 

さて、いよいよ次回は最終回です。

AD

「Perfume Locks」にて、フル初ぶっかけで聴いた、Perfumeの2月15日にリリースされる、日テレ系のドラマ、『東京タラレバ娘』の主題歌、『TOKYO GIRL』。

 

 

まず、最初にインパクトがあったのは、イントロ冒頭の、「トンッー、ト・トン、トットットットン!」なる付点リズム。

『STAR TRAIN』のアルバムバージョンが、ニューオリンズのセカンドファンクだったのを思い出しました。

ボクは音楽に造詣が深くないので、このリズムのもともとの出処がどこにあるのか、調べても全く見当がつかないのですが、このリズムも恐らく、どこかの民族音楽特有のものを採用しているのではと思っております。

だとしたら、ヤスタカさんの今の流行りは、これなんですね。

実に、ボク好みです(笑)。

 

 

でも、曲が盛り上がりのサビに行くと、ありきたりな4つ打ちに変わるんですよね。

この辺は、売上を図るべく、売れ線のJ-POPっぽくしようとしたのかも(笑)。

 

 

ただ、トータルで聴いた感じ、この解りやすく妥協したようなサビの、このメロディは、いい意味での『Perfume節』に聞こえたんですよ。

 

 

『Perfume節』ってのは、つまり、ベテランのアーティストのそれぞれの新曲のサビを聴いて、「あ、桑田さんっぽい!」「あ、ミスチルぽい!」「あ、B'zっぽい!」って、長年活動していれば、ともすればマンネリしそうな、サビのメロディやハーモニーも、そのアーティストの強い個性の前には、それは『味』として認識されるという、まさに「プラチナカード」みたいな特権なんです。

 

 

今回の新曲においては、この曲のサビのメロディがまさに、そのように感じました。

「Perfumeっぽい、展開だなあ」と。

 

 

それが果たして、一般層の皆さんに共有してもらえるかは分かりませんが、ファン歴9年目のボクがして、「いつかどこかで聴いたようなメロディ(もちろんいい意味で)」と思えるのですから、この曲は、まさしくPerfumeの楽曲のこれまでの美味しいところを、かいつまんで盛り込んだ、まさに『4分間のベスト盤』です。

 

 

Perfumeの楽曲をこれまで聴いていなかった方に対してこそ、中田ヤスタカとPerfumeのタッグの魅力を存分に味わえるこの曲を何度も聴いて欲しいですね。

 

 

最後に、一部でこれまで出ていた、「(中田ヤスタカが同時にプロデュースしている)きゃりーぱみゅぱみゅばかりに、キャッチーな曲を提供している」という、Perfumeファンからの不満についてですが、この『TOKYO GIRL』を良く聴けば、もう解るでしょう?

 

 

その答えは、「ボーカリストとしての実力の違い」ですよ。

 

 

「原宿でいやほい!」は、Perfumeならそれなりに歌いこなせるでしょう。

ただ、「TOKYO GIRL」のボーカルが、きゃりーぱみゅぱみゅなら、皆さん少しゾワゾワしますよね(笑)。

それで、察してください。

 

 

余談が増しましたが、いずれにしても、ここ数年のタイアップの新曲としては、『スパイス』以来の良作ですな。

ただし、オリコンの順位がどこまでなのかは、また別の話なのですが。

 

AD