テーマ:
新しい洗剤を食器洗いに使用するようになって、スポンジが汚れにくくなった。

キッチンにおくスポンジは、ひとつ

これよく受ける質問だ(「キッチンのスポンジ何個置きますか?」)が、何度きかれても
「ひとぉつ」。。。しかない。

皿も、油も、鍋も、シンクも、たらいも、排水溝も、全部ひとつのスポンジで洗う

「焦げ」とか「フライパンや網」は、チャンネルブラシ一本

たまのスペシャルケアデーにファブリックシート

スポンジたくさんあるお宅が稀にあるが、スポンジ自体が汚れ物として怪すぃ~い存在感ただよわせてたりする。


新洗剤のジョーXの洗浄力と除菌力が半端ないとはいえ、3か月も使いこんだらネットが破れてきた。
↓↓↓


なんか新鮮さを求めて、スーパーで新しいものを買った。



薄いでしょ?

選択の基準は、

泡立ちとか不用

②『なるべく、スポンジの素材自体にひっかかりがあって、汚れを掻き取ること(=つまり、洗剤の量を減らせる)

③『洗ったあと、速乾性あり(=菌が減らせる)

なのに、スーパーで並んでいるスポンジが
これがまた、「洗剤の泡立ち重視」のスポンジが多いこと多いこと!!

減泡思想をかかげるものにとって、

泡立つスポンジに今さら意味があるのか?

新しく買った食器洗いは、洗剤不要のエコにこをうたうだけあって、さすがによく汚れを剥がしてくれるわん

しかし、息子に言われた!

なんかこれ、薄すぎてよーわからんん。使いきらんやばい
考える力が弱いと応用もきかないらしい。

しかし、『使い勝手が悪い』あはのは、みとめる。薄すぎて力がはいらない。

と、この汚れ落としの秘密である『繊維のエッジ』を、アップでまじまじみるとダウン




どこかでみたことあるにこ



あ、これだ



灯台もと暗し。どうだね?

うちのファブリックシートと同じやん!

これ、週に一度『カランを磨く』スペシャルケアのためだけにキッチンに存在していたのだ。 若干じゃまだった。

ありゃ、これでお皿洗ってよいのか?と、一応調べたら

『洗ってよし!』むしろ、汚れ落ちは抜群だし、光るし、茶渋も一発あれ?

鍋もフライパンもあらえて、その後のシンク磨きもまいにちスペシャルケアできるきゃー

最後にカランも軽く撫でるとピッかピか!(カラン専用だから)
ファブリックで、カランを毎日しなくてよいのだが、

これで、スポンジ置き場に「ファブリックシート1つだけ」を干せばよいことになった!

怖いくらい落ちます。ジョーXと併せると、無敵ざます。 ←昨夜、息子の弁当箱で感動!!・・・!
あくまで、我が家の事例です

※ただし、漆やデリケートなプラスチックには使わないでください。あと安物のシールはった子供のぷらカップとか。シール剥がしますで。


※ファブリックシートは、大きいので「半分」くらいにカットして使用します。お好きなサイズでいいです。

※プラスティック・漆器・シルバーストーン・ホーロー・ガラス(耐熱ガラス含む)等、傷つきやすいものや光沢のあるものへのご使用はお避け下さい。


いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)

yu-yu@キレイコンシェルジュ(プロお掃除のキレイ堂)さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります