アロマティック・スローライフ、その楽しい生活

”力を入れず 自然と向き合い 心地よく楽しく 日々を大切に暮らす”


テーマ:

 

「ピーナッツを育てる」という魅力的な言葉に誘われて区のガーデニング講座へ。

 

ピーナッツは採りたてを茹でた茹でピーナッツが極上だそうで、今から秋の収穫が楽しみです。

 

植えたのは種付けから2週間ほどたった小さな苗。

奥の苗はバンザイをしているみたい。元気に育ちそうです音譜

 

区役所の屋上では緑化活動が行われていて、さまざまな種類の植物が植えられています。

 

 

 

 

 

 

 

この日もローズ、矢車草、ニゲラ、キュウイ、キンカン、ネギ坊主、フォックスグローブなどの花が咲いていましたラブラブ

 

ハーブやアロマテラピーの商品を扱う会社にいた頃、植栽が楽しくて自宅でも多くの種類のハーブを育てていたので、とても懐かしかったです。

 

植物を育てるって良いですね。

 

 

ここではニホンミツバチが養蜂されています。

巣箱の足元にはハニーサックルの花も。

 

 

ハチミツを巣からすくっていただいたのですが、多種の花の蜜からできているので味は複雑で濃厚。でもとても柔らかでまろやか。

園芸の後、絶妙なエネルギー補給にもなりました

 

 

ニホンミツバチのお家は超モダン!

 

園芸ボランティアになろうかどうしようか迷い中です^^

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

先日、ブルーライトはサーカディアンリズムを狂わせ、がんを始めとしたさまざま疾病につながるという弊害について書きました。

 

気をつけなければいけないのは、特に成長期の子ども

大人になると、成長期の頃に比べるとブルーライトの水晶体透過率は1/3ほどに減るのだそうです。

 

水晶体は新規の細胞を内側に向かって作るので厚みが増すからでしょうか。一長一短ですね。

*ただし白内障手術をした方は別。影響は大きいそうです。

 

さて、ブルーライトに対して、バイオレットライト(波長360nm〜400nm)は子どもが浴びるべき波長の光なのだそうです。

 

バイオレットライトがあるとEgr1が上昇、つまり脳を含めた身体の成長に欠かせないということ。

*Egr1は統合失調症の患者さんの脳に少ないこともわかっています。

 

近視の発生率も高くなり、近視も悪化するのだとか。

*高度近視による失明率は現在、中国が世界第1位で、日本は5位!

 

このバイオレットライトは屋内にはないため、屋外での活動が重要。

*光が入ってきていも窓はUVガラスなので、バイオレットライトもカットされるため屋外、もしくは窓を開ける。

 

1955年屋外活動は3.5時間/日だったのが、1995年では37分/日に減少しているというデータもあります。

 

近視になってメガネをかけると、現在のメガネはUVカットグラスになっているので、さらに近視が進む。

 

そこで、慶大が「JINS」というメガネメーカーと協力してバイオレットライトを通すメガネを開発&販売(東京と大阪)しているそうです。

 

最後に、大人は別

成長期が過ぎた大人にとってはバイオレットライトは弊害の方が大きいので、屋外はサングラス必須です。

 

今回はアロマテラピーと絡められず…

でもこれもクライアントへのアドバイスに役立ちますね。

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

先日、NHKの「プラネットアース2」第6集「都市 新天地への挑戦」を観ました。毎回、映像技術のすごさに圧倒されます。

 

生活の場を都市へと移す野生動物たちはいずれも逞しい。

 

ただ、その中で印象的だったのが、カリブの海岸で生まれるウミガメの赤ちゃん。

 

卵を割って出てきたウミガメの赤ちゃんは、本来なら月の光が反射して明るくなっている海をめざして歩き始めます。

 

ところが近年、都市の明かりが強くなったために、ウミガメの赤ちゃんたちは、海とは真反対の都市の光に歩き始める。

 

都市に向かうウミガメの赤ちゃんたちは、当然海に辿りつけずに、車にひかれてしまったり、排水溝に落ちてしまったり、生き延びることができません。

 

光がウミガメの赤ちゃんの命を左右しています。

 

 

さて、このお話、ひとごと(亀ごと?)ではありません。

 

朝起きて、暗くなったら眠るという生体リズム、サーカディアンリズムを持っている私たちのカラダ。

 

ご存知の通り、を合図に生体時計は刻まれています。

 

中でも話題になって久しいブルーライト昼間の光に多い波長。

 

 

スマートフォンやタブレット端末、ゲーム機、LEDから放たれるブルーライトは私たちのカラダに昼間だよ、と知らせています。

 

ブルーライトは網膜の錐体でも桿体でもなく、第3の視細胞=メラノプシン含有網膜神経節細胞が反応し、その情報は生体リズムの中枢である視交叉上核に直接届いてサーカディアンリズムに影響を与えるということがわかっています。

 

先日も生体時計が狂うことで、膵臓の細胞に異常が起きてインスリンの分泌不全を引き起こす=高血糖になるという研究結果を山口大学の先生が発表されていました。→news

 

 

肝臓や膵臓など私たちのカラダの組織はそれぞれ生体時計を持っているといわれますが、その統括をしているのは視交叉上核

 

 

生体時計が狂うため、ブルーライトの弊害は角膜や網膜だけではなく、糖尿病、うつなどの精神疾患肥満がんなどさまざまな疾患を引き起こすことが明らかになってきています。

 

追記(文字色ブルー)

LEDにはブルーライトが含まれていますが、青色発光ダイオードでノーベル物理学賞を受賞された中村修二先生は、現在青色ではなく、紫色からなる太陽光に近い白色発光ダイオードの研究をされているそうです。

*トランプ大統領は基礎研究費の削減をしたり、クリーンエネルギーについて無理解だったりするのでどうなるでしょうね。

 

現在のLEDライト、省エネルギーを売りにして用いられていますが、一長一短ですね。

 

 

生まれた亀が都市の光に引き寄せられて命を落とすように、

 

私たち人間も光を上手くコントロールしなければ、命に影響が及ぶということを意識しなくてはと、番組を観ながら考えていました。

 

スマートフォンやPCの画面を長く見続けない、夜は10時を過ぎたら画面をできるだけ見ないように心がける。

  

夜はα波を引き出す、スギの葉の精油や、セドロールを含有する青森ヒバシダーウッド精油、さらにサンダルウッドフランキンセンス精油の香りを就寝2時間くらい前から寝室に漂わせるのがおすすめです。

 

 

先日アップしたおうちアロマテラピー

おうちのやさしい薬箱レッスン詳細をアップしました→おうちアロマ

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

ウェブサイトよりひと足先にご案内です。

 

midiで6月からスタートする

アロマテラピー おうちのやさしい薬箱レッスン

 

先日もブログに書きましたが、私がいちばん大切だと考えている”おうちアロマテラピー

 

 

全6回に分けて、シーン別、テーマ別に精油の使い方をお伝えします。

 

この薬箱レッスンで使う精油は基本の5種類だけ

 

ラベンダー・ベラ ローズマリー・シネオール オレンジ・スイート 青森ヒバ 和ハッカ

 

これだけあれば、おうちでさまざまなケアをすることができます。各テーマにふさわしいプラスαの精油もご紹介します。

自分自身に、家族や親しい人たちに合う精油を見つけてください。

 

精油はたくさんの種類を揃えなくても、1種類の精油がおうちの中で起きるいろいろなトラブルに使えるということを知っていただきたいと思っています。

 

また各テーマに沿って、食事や運動など生活習慣についても取り上げます。

 

各テーマ

 

アロマテラピー おうちのやさしい薬箱レッスン」は芦屋クラスと京都クラスを予定しています。

 

芦屋クラスの皆さまにはG.W.明けに改めてご案内メールをお送りします。

 

芦屋クラス 会場:midi

金曜日午後 13.00-15.00

①6月2日 ②6月9日 ③6月23日 ④6月30日 ⑤7月07日 ⑥7月21日

金曜夜 18.30-20.30も検討中です。ご希望の方はご連絡ください

 

土曜日午後 13.00-15.00

①6月3日 ②6月10日 ③6月24日 ④7月1日 ⑤7月15日 ⑥7月22日

 

京都クラス 会場:ウイングス京都 会議室

火曜日午前 9.30-11.30

①6月6日 ②6月13日 ③6月27日 ④7月4日 ⑤&⑥5月末に決定

 

木曜日夜  18.30-20.30

①6月8日 ②6月15日 ③6月29日 ④7月6日 ⑤&⑥5月末に決定

 

ウイングス京都:地下鉄烏丸御池駅5番出口または四条駅・阪急烏丸駅20番出口から徒歩約5分

 

振替制度    同期または来期以降のクラスに振替えができます

1年間有効 *授業開始前までに欠席の連絡が必要です

 

受講料    33,000円(材料費 税込)

 

このクラスは認定試験があります(任意)

認定試験 補講と認定試験を行います(別日程 有料)。

認定試験に合格された方には「midi アロマテラピーホームケアラー認定証」を授与します。

 

芦屋クラスも京都クラスも少人数で、楽しくじっくりとやりたいと思います照れ

 

G.W.明けにmidiのウェブサイトにアップしますが、その前に申込みをという方や、質問があるという方はご連絡くださいませ。

 

infoアットマークkenkounokoto-midi.jp

アットマークを@に変えてください。

 

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

前回の記事が4月22日。気がつけば10日も空いてしまいました。その間、金沢での「ハンドトリートメントクラス」を経て、東京での打合せと、自分自身のブラッシュアップのためのクラス受講。さらに(遊んでいて)慌ただしく過ぎました…

 

書きたいことはたくさんあるのですが、まずは表題のこと。

 

 

日本酒に放射線防護効果があるという研究結果(2014)を先日聴講した谷田貝先生のクラスで教えていただきました。

 

 

そこで調べてみましたら、マウスを使った2つの実験結果が出てきました(日本語→report 英語→report)。

 

純米酒(米 米麹)と純アルコール生理食塩水での比較

純米酒普通酒(米 米麹 醸造アルコール)、生理食塩水での比較

 

いずれの実験でも純米酒を経口摂取したマウスの生存日数の延長や生存率が極めて高く、放射線防護能は純米酒が有意に高いという結果がでていました。

 

私自身は飲むにも、化粧水の材料にするにも純米酒を使うので、嬉しいです照れ

 

 

放射線によって障害を受ける正常細胞をいかに守るか

 

天然発酵食品である日本酒、中でも純米酒に含まれる豊富なアミノ酸とその誘導体による抗酸化作用、さらにエタノールがもつ水酸基除去作用が、放射線によって起こるフリーラジカルを低減させるのに役立っているとのこと。

 

 

原発事故をはじめ、放射線によるリスクは年々高まっていて、正常細胞を守るための薬の開発研究は盛んに行われているものの、効果と同時に、副作用も大きく、臨床上の適応が難しいために、実用化されていないそうです。

 

そこで注目されているのが自然素材。

 

日本酒の放射線防護能は以前から関心をもたれていたそうです。

 

たとえば、広島の原爆投下。爆心地から1km以内にあった広島大学醸造学科の教授と学生たちは前夜からその日の朝まで日本酒を飲んでいた。もちろん全員被曝。ところが、全員放射線による障害がなく、原爆症にならなかった。

 

さらに広島市で調べてみると、飲酒の習慣がなかった人のほうが被害が極めて高かったという調査結果も。

 

 

さて、どのくらい純米酒を飲めば良いの?ということになりますが、今回の実験から導き出された量は1.5合〜2合

 

「いざという時に備えたエマージェンシー飲酒だ!」と堂々と言えそうですね。

 

ただ、冗談ではなく、たとえばレントゲンを撮らなくてはいけないときは、その前後に純米酒というのは良いのかもしれません。

 

では、飲めない人は?子どもは?

 

このレポートを読んでいて思い出したのが、長崎の原爆投下時に医師として活躍されていた秋月辰一郎先生のこと。

 

福島の原発事故後に話題になったので、本を読まれた方も多いと思いますが、まだの方にはとてもオススメです→book

 

その中に登場するのはお味噌汁

 

日頃からお味噌汁を飲む習慣があると良いのだと思います。

お味噌汁についてはまた後日。

 

エッセンシャルオイルにもレントゲン撮影の前に塗布すると良いとされるものがあるので、この分野、調べてみると良さそうです。

 

 

___midi 受付中のクラス___

 

和精油と椿油講座

札幌 5月28日(日)

芦屋 6月16日(金)17日(土)

東京 7月11日(火)残席2

詳細はこちらです→web.nippon

 

 

ハンドトリートメントクラス

札幌  5月27日(土)

東京  7月09日(日)

名古屋 5月14日(日)

芦屋  6月18日(日)

詳細はこちらです→hand

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(2)

テーマ:

今日と明日は金沢で「ハンドボンディングケア・ブラッシュアップクラス」と「ハンドトリートメントクラス」です。

ご報告はまた後日。

 

 

さて画像です。今とても気に入っている使い心地の良いモイスチャーフェイスクリームです。

 

先日の左頬強打事件^^のケアのために作ったクリームを少しアレンジしました。

 

といっても面倒なことはできないので、材料はアロエヴェラジェルひまし油椿油エッセンシャルオイルだけです。

 

気をつけるポイントは割合だけ。

 

さらに、化粧下地にもなるのかどうかトライ中です。

 

相性を試すために、(面倒で)20年近く使っていなかったファンデーションを数日前から使い始めました。

 

今のところ好調です音譜

 

 

手作りクリームの作製では、どうしても必要になる界面活性剤。

 

『aromatopia』141号の特集「手作りコスメの安全性と可能性を考えよう」の手作りコスメで使われる材料について(p.10-p.13)にも書かせていただきましたが、界面活性剤についてもう少し詳しい内容を、このクリームの使いご心地の報告とともに来週あたりアップできたらと思っています。

 

 

打ち身(たんこぶ)のケアにしても、フェイシャルケアにしても、基本さえ身につけていれば、安心して、そして手軽に利用できるアロマテラピー。

 

スペシャルではない、”おうちアロマテラピー”は私がいちばん大切だと考えているアロマテラピーです。

 

この春(初夏)、「アロマテラピー おうちのやさしい薬箱レッスン」と題して”おうちアロマテラピー”全6回のコースをスタートします。

開催はまず芦屋クラス京都クラス

 

こちらも近日、詳細をアップする予定です。

よろしくお願いいたします照れ

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

東京での講習。

15日は「ハンドトリートメントクラス

16日は「ハンドボンディングケア・ブラッシュアップクラス

 

ハンドトリートメントクラス

毎回ですが、ハンドトリートメントは細かい、難しいという話をします。これを理解していただけると、とても嬉しい。

 

手に限らず、トリートメント(マッサージ)はなんとなくでもできなくはないですが、きちんと学び、修得することで、真に気持ちが伝わるより良いトリートメントができるようになります。

 

手は敏感な部位だけに、1mmの違いを感じとったり、こちらの気持ちが伝わったりとトリートメントをするにもとても気を使うところです。でも喜んでいただけると嬉しいですね。

 

今回も早速ご主人の手で練習をしたという受講生の方からこんなメッセージが。

 

いつもはパソコンをしたり、ビデオを見たりでなかなか寝付けないご主人が、ハンドトリートメントの最中からうとうととして、ベッドに入るなり熟睡。朝まで一度も目覚めることなくぐっすりと休まれたそうです。

 

 

実際にハンドトリートメントの途中から眠りに落ちる方は多いですし、ぐっすりと休めたという話はよくあります。

 

「手」がほぐれると心がほぐれて、入眠も、睡眠の質もよくなります。

 

心が開かれて、絆ができたり、切れていた絆が再び繋がったりということもあります。役に立てるって嬉しいですね。

 

{58028003-11AD-416E-848F-EA18A26054BF}

さて、この「ハンドトリートメントクラス」を修了して、練習や実践で継続してハンドトリートメントをされている方を対象に「ハンドボンディングケア・ブラッシュアップクラス」があります。

 

今回は1.〜8.の行程をひとつひとつ見直し、手直しをし、さらに、実際にハンドトリートメントを実践する中で「どうしたらいい?」を解決していきました。

 

クラス終了後の懇親会では「(一社)ハンドボンディングケア協会」について、とても貴重なご意見をいただきました。

 

協会の運営や技能認定制度にきちんと反映させたいと思います。

 

今後ともよろしくお願い致します。

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

なんと前回の記事から10日も空いてしまいました…。

 

先週は東京で講座・講習でした。

 

14日は「和精油と椿油講座」を。

 

今回から日本特産のコウヤマキ(高野槙)が復活しました。

ヒノキやスギの葉とはまったく異なる独特の香りで、実は意外にファンがいます。

 

 

以前、この「和精油講座」で取り上げていた時は、昆布みたい、という感想も多々^^

 

弘法大師が仏前に供えたとされる霊木で、悠仁さまのお印でもあります。

 

成分にはセドレンやセドロール、α-ピネンなどが含まれています。セドロールはこれまでもブログで何度か書いてきましたが、青森ヒバにも含まれています。

 

自分の中の軸をしっかりとさせてくれる香り。

睡眠の質の改善や肝臓ケアも期待できます。

 

そしてハゼの実から得られるモクロウ

以前、同じくブログに書きましたが、ロウという名の植物油です。

 

今回は椿油と合わせて作ったモクロウクリームをご紹介しました。

 

 

画像では黄色に見えますが、生蝋なので実際は薄いグリーン色。

私はこれをみると舟和の芋ようかんを思い出します^^

 

融点が低く、ミツロウと同じ割合で作るとかなり柔らかなクリームになりますが、精油を入れると少し硬めに変身。

使用感はミツロウよりもサラリとしていて、動物ロウでは荒れてしまうという方に特にオススメです。

 

椿油とモクロウの組み合わせはヘアケアにもオススメ。

まとまりがよくなりますし、きれいなツヤがでます宝石白

 

 

さて、いつも大人気のクロモジ

今回は教材として使っているwacca伊豆)のほかに、青森のオオバクロモジの精油と、島根のクロモジの精油を嗅ぎ比べ。

また青森、伊豆、埼玉の成分をご紹介しました。

 

クロモジは種類や環境の影響で香りが随分と変わります。

また蒸留したてはかなり青臭いので、静置が必要です。

収率が低い、静置も必要となると価格が高いのは当然ですね。

 

 

このほか、クロモジと同様にリナロールが多いクスノキの変種ホウショウ、そしてグリーンフラスコさんのタチバナ、さらにレユニオン島で蒸留されているスギの葉(Cryptomeria japonica)の香りもご紹介しました。

 

日本のスギの葉とレユニオン島のスギの葉。

学名は同じなのに、葉の様子も香りも大きく違うことにみなさんビックリされていました。

環境の影響は大きいですね。

 

 

このクラスをしていていつも感じるのは

「あぁ、日本の精油があって良かった」ということ。

 

ほんとうにほっとします。

 

使わなければ、生産されずになくなってしまいます。

日本の香り、和精油がこれからも生産されるように、きちんと正しく使って広めていきたいです。

 

midiでは和精油講座講師認定制度も設けています。

興味がある方、必要な方はぜひトライしてみてください。

 

 

 

和精油と椿油講座」スケジュール

札幌:5月27日(土)

芦屋:6月16日(金)17日(土)

東京:7月11日(火)

詳細はこちらです→web.nippon

 

和精油は『あたらしいアロマテラピー事典』でもご紹介しています。

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

先日、不注意から左顔面を打撲ショボーン

 

頬骨のところを少し擦りむいてヒリヒリするのと、何より打撲で腫れ上がって内出血。

 

打撲のケアとえばひまし油(カスターオイル)。

 

洋の東西を問わず、古来使われてきた植物油です。

 

 

ヨーロッパでは「キリストの御手」と呼ばれたり、日本でも落馬した際の打撲の手当に使われたり。

 

 

局法では医薬品に指定されて、緩下剤として使われてもいます。

あのドロリとしたハッカ風味の加香ひまし油を飲まれたことがある方もいらっしゃると思います。

 

 

この仕事をしていると、ピンチはチャンス。

そう、試してみる絶好の機会なのです。

 

感染症を起こさないように、まず傷口をきれいにすることが重要。

 

そして脱脂綿にひまし油をたっぷりと染み込ませて打撲箇所にペタっと。テープで留めなくてもくっつきます。

 

腫れが治まって皮膚も赤から黄色へ変わってきたので、3日目からは内出血箇所の手当と皮膚の回復のためにヘリクリサム(イモーテル)も使いました。

 

ヘリクリサムは内出血のケアに使われる精油(エッセンシャルオイル)です。

 

 

99%アロエヴェラジェル(これも消炎)にひまし油を混ぜ、ヘリクリサムを1%濃度でプラス。

 

1日に何度か塗り直しをしています。

 

 

もう10数年前になりますが、駅の階段で足を滑らせて正座状態で降りたことがありました。

 

その時は嫌という程スネを打ち(スネの部分で階段を降りたのです!)、今回よりもずっとヒドイ打撲と削れるような傷ができたのですが、その時にも役立ったのがこのひまし油。

 

すぐに手当したので、内出血で紫色になることもなく、今は傷跡もほとんどわかりません。

 

 

さて、今回は手当するまで半日ほど空いてしまったのが気がかりでしたが、あと2〜3日ですっかり良くなりそうです。

 

嬉しいのは、ヘリクリサムを使ってるので、打撲した場所の肌がツヤっとしてきたこと。

 

その後をまたご報告しますね。

 

 

ひまし油は薬局で売っている加香ヒマシ油ではないものを使います。「ひまし油 オーガニック」などで検索すると出てくるとおもいます。

 

とても酸化しにくいオイルなので、たんこぶ出来ちゃったというときや、覚えはないけれど足に打った跡が…などいざというときのために小さなサイズを常備すると便利です。

 

*ひまし油による布のシミはほんとうにとれにくいです。ご注意を。

 

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。