1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016年09月28日(水) 21時19分13秒

『筐底のエルピス-絶滅前線-』 オキシ タケヒコ

テーマ:SF・日本
筺底のエルピス (ガガガ文庫)

筺底のエルピス
著者:オキシ タケヒコ

(小学館・ガガガ文庫)

初版:2014年12月23日

Amazonで詳しく見る by G-Tools

次元の裏からやってくる「殺戮因果連鎖憑依体」、古来よりの言い方だと「鬼」。

今回はほんの顔見世でさらに強い鬼やもっと強い鬼が次から次へと際限なく登場しつつも、「門部」のメンバーが助け合って辛くも倒すというパターンにならないかと危惧するところもある。

しかし、人類の滅亡が避けられない絶望的な戦いがどうなるのか今後が非常に楽しみです。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016年09月26日(月) 20時07分50秒

『夏の滴』 桐生 祐狩

テーマ:SF・日本
夏の滴 (角川ホラー文庫)

夏の滴
著者:桐生 祐狩

(角川ホラー文庫)

初版:2003年9月10日

(2001年6月に角川書店より刊行)

Amazonで詳しく見る by G-Tools

第8回(2001年)日本ホラー大賞長編賞受賞作。

以前『小説探偵GEDO』というのを読んで以来。

主人公たちは小学4年生という設定だが、中学生くらいという感じ。

オメラス役の同級生の少女のおかげ(?)で車椅子の少年もいじめられることなく学校へ来れる。

だが、ぽつりぽつりと子供たちが行方知れずとなって・・・。

それなりに読ませたけど、大前提となるアレは無理があるような。

昔はいつ生まれたかなんていい加減だし、親も本人も正確には分からないんじゃないかな。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016年09月24日(土) 21時01分30秒

『或るろくでなしの死』 平山 夢明

テーマ:ミステリ・日本
或るろくでなしの死 (角川ホラー文庫)

或るろくでなしの死
著者・後書:平山 夢明

解説:片岡 人生

(角川ホラー文庫)

初版:2014年10月25日

(2011年12月に角川書店より刊行)

Amazonで詳しく見る by G-Tools

 

「或るはぐれ者の死」

「或る嫌われ者の死」

「或るごくつぶしの死

「或る愛情の死」

「或るろくでなしの死」

「或る英雄の死」

「或るからっぽの死」

-----------------------------------

救いようがない話なのは覚悟していたが、ここまでとは。

それぞれの人物のそれぞれの死は、ほとんどが犬死に。

でも、情緒というか余韻があってなぜか惹きつけられる。

この人の小説はいつも不思議だ。



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016年09月22日(木) 20時23分44秒

『ラブスター博士の最後の発見』 アンドリ・S・マグナソン

テーマ:SF・海外
ラブスター博士の最後の発見 (創元SF文庫)

ラブスター博士の最後の発見
著者:アンドリ・S・マグナソン

訳者・後書:佐田 千織

(創元SF文庫)

初版:2014年11月21日

Amazonで詳しく見る by G-Tools

2002年の作。

P・K・ディック賞特別賞受賞作ということで読んでみることに。

人間をしゃべる広告塔に使うところはディックみたいで面白いが、はた迷惑だよね。

コードレス、ラブデス、インラブ等のガジェットもいいのだが、余りにもある「理想的」すぎるカップルを前面に押し出しすぎて、読んでてかったるい。

まあ、主人公格だし重要な役を負っているのだが。

ユートピアに思えてディストピアな世界で、孤独なラブスター博士が最後に発見したものとは?


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016年09月20日(火) 19時32分18秒

『星読島に星は流れた』 久住 四季

テーマ:ミステリ・日本
星読島に星は流れた (ミステリ・フロンティア)

星読島に星は流れた
著者・後書:久住 四季

(東京創元社・ミステリフロンティア)

初版:2015年3月20日

Amazonで詳しく見る by G-Tools

未読の作家なのに『トリッテクスターズ』を大量に買い込んでしまったが、まずはこちらから手をつける。

3年か4年毎に隕石が落ちてくるという不思議な孤島を舞台にしたクローズドサークル。

ここを所有している天文学者は毎年天体観測の集いを開いているのだが、今年は殺人事件が起きてしまう・・・。

陰湿な雰囲気はなくどちらかというとカラッとしているので、やや安っぽく思えてしまうのだがネタはちゃんと仕込んであるし、後味も悪くない。

隕石はロマンですね、頭の上やとてつもなく大きいのが落ちてこない限りは。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016年09月18日(日) 21時07分16秒

『不屈の棋士』 大川 慎太郎

テーマ:将棋関連本
不屈の棋士 (講談社現代新書)

不屈の棋士
著者:大川 慎太郎

(講談社現代新書)

初版:2016年7月20日

Amazonで詳しく見る by G-Tools

今春は、将棋では佐藤天彦名人誕生が衝撃的でしたが、囲碁で世界トップレベルの棋士がソフトに1勝4敗というのこそ衝撃でした。

将棋ソフトもすでにプロのトップ棋士を凌駕しているのかもしれないが、そんな「黒船」についての11名によるインタビュー。

今後はますますその存在と向き合わなければいけないわけで、数年後に同じ人に同じことを訊いても今とは違った返答になるかも。

将棋そのものは変わらなくても、それに関わるさまざまな人は変わらざるを得なくなるでしょう。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016年09月16日(金) 21時12分09秒

『探偵の探偵』 松岡 圭祐

テーマ:ミステリ・日本
探偵の探偵 (講談社文庫)

探偵の探偵
著者:松岡 圭祐

解説:村上 貴史

(講談社文庫)

初版:2014年11月14日

Amazonで詳しく見る by G-Tools

初読みの作家。

タイトル見て本格物かなと思って、つまり「探偵」のへぼい推理を「探偵の探偵」がことごとく否定して最後にドンデン返しが来るみたいな。

序盤は掴みとしてはまあまあかと思ったけど、そこから映像化を意識したような派手なアクションシーンの連続で、正直疲れちゃったな。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016年09月14日(水) 21時30分27秒

『BISビブリオバトル部1~翼を持つ少女~』(上・下) 山本 弘

テーマ:SF・日本
BISビブリオバトル部1 翼を持つ少女〈上〉 (創元SF文庫)

BISビブリオバトル部1 翼を持つ少女〈上〉
著者:山本 弘

(創元SF文庫)

初版:2016年4月28日

(2014年12月に東京創元社より刊行)

Amazonで詳しく見る by G-Tools

BISビブリオバトル部1 翼を持つ少女〈下〉 (創元SF文庫)

BISビブリオバトル部1 翼を持つ少女〈下〉
著者・後書:山本 弘

解説:池澤 春菜

(創元SF文庫)

初版:2016年4月28日

(2014年12月に東京創元社より刊行)

Amazonで詳しく見る by G-Tools

ビブリオバトルというのは、薀蓄マンの作者にぴったりという感じ。

本文に登場する本を探すだけでも膨大な手間がかかるけど。

作者の思い入れ(と思われる)部分が少しうるさい気もしたが、なかなか面白かったですよ。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016年09月11日(日) 20時20分11秒

『ウィンブルドンの毒殺魔』 ナイジェル・ウィリアムズ

テーマ:ミステリ・海外
ウィンブルドンの毒殺魔 (ハヤカワ ポケット ミステリ)

ウィンブルドンの毒殺魔
著者:ナイジェル・ウィリアムズ

訳者・後書:高儀 進

(ハヤカワ・ポケットミステリ)

初版:1993年4月30日

Amazonで詳しく見る by G-Tools

1990年の作。

帯には「笑いっ放し」「爆笑まちがいなし」等書かれているので、どれだけ面白いんだと期待したのだが・・・。

さえない中年男が自分の妻を殺そうとするのだが、妻はそれを無意識にかわして自分の親友や隣人たちが死んでしまう。

ほとんどが主人公の妄想というか内省的なモノローグばかりで、読むのがしんどい。

まあ、英国のブラックユーモア自体が私には理解不能なんでしょうね。

これを心底楽しめた人がうらやましい・・・か?



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016年09月09日(金) 20時53分23秒

『ガレキノシタ』 山下 貴光

テーマ:ミステリ・日本
ガレキノシタ (実業之日本社文庫)

ガレキノシタ
著者:山下 貴光

解説:大森 望

(実業之日本社文庫)

初版:2015年2月15日

(2012年7月に実業之日本社より刊行)

Amazonで詳しく見る by G-Tools

今となっては忘れたが、表紙からどのような話を予想(期待)したのだろう。

突然校舎が崩れ落ちた中で、ガレキの下での人間ドラマ。

短編の味わいもあってどれも悪くないのだけど、ハートウォーミングな話を読みたい気分ではなかったのでいささか面食らった。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。