日本介護支援専門員協会の政治団体「日本介護支援専門員連盟」は6月9日、夏の参院選で推薦する7人の候補者を発表した。

 「ケアマネジャーの『国家資格化』を目指す」「社会保障制度を維持・継続していくための安定財源を確保(消費税の社会保障目的税化など)」「2012年4 月の介護報酬改定で、ケアマネジャーの業務実態や介護保険施設、居宅介護支援事業所の運営状況などを踏まえ、処遇改善、経営の安定化のための所要の措置を講ずる」など、同連盟が提示した政策協定に合意した候補を推薦した。

 推薦が決定した候補は次の通り(いずれも比例代表、敬称略)。
 安藤高朗(民主党)▽後藤俊秀(国民新党)▽佐藤ゆかり(自民党)▽清水鴻一郎(みんなの党)▽下田敦子(民主党)▽西島英利(自民党)▽藤井基之 (自民党)


【関連記事】
ケアマネ資質向上事業の予算維持を―日本介護支援専門員協会
施設ケアマネは「声を上げて」―介護支援専門員協会長
日本にケアマネジメントを確立する―08年回顧と09年の展望(8) 日本介護支援専門員協会・木村次会長
ケアマネの処遇改善など求め決議―日本介護支援専門員協会
「ケアマネ評価の行方」テーマに全国大会―介護支援専門員協会

<ツイッター>「菅首相」なりすまし 利便性の裏に問題点も(毎日新聞)
【菅登板】「庶民の気持ち理解」「誰でも同じ」(産経新聞)
かりゆし姿の福島氏に北沢防衛相「チャイナですか」(産経新聞)
<毎日世論調査>菅首相に期待63% 小沢氏辞任評価81%(毎日新聞)
民主、首相進退巡り緊迫…小沢氏と対応協議へ(読売新聞)
AD