渡辺河童のコレクションルーム

漫画家+いろいろデザイナー渡辺河童の日記

渡辺河童のお仕事や日々つれづれを書いております♪

テーマ:

久し振りのブログです。

床ずれもあと少しで完治のところまできて痛みからの苦しさから解放され、新しい訪問看護さんも入り、大きく環境は変わりました。

2014年ももうすぐ終わりますので、例の訪問看護のまとめやコメントを今更になって読み返してみました。

あのまとめ騒動があってから、落ち着いた今、まとめ以降変わった私の環境などを書いておきます。

現在私のTwitterは鍵ですが、TLを静かに過ごす為にそうしております。フォローリクエストに関して、現在承認しておりません。申し訳ございません。

ブログの最後に、オンブズマンから聞いた「訪問看護ステーション」に関する苦情申し立て先を書いておきます。東京以外は調べておりませんが、ご了承ください。


あれから、主治医の変更をしました。

6年以上通っていた入院施設もある大きな病院の先生でしたが、まとめの指摘を受け、緊急訪問看護と診断された時の指示や、OD後の事後処置も含めて主治医に再度質問をしました。しかし、「今後、訪問看護をどうやって探せばいいのか?」という問いに「そんなの聞かれても知らないよ」と回答され、「うちは急患扱えないからねぇ・・」と言われ、唖然としました。

ショックではありましたが、まとめで指摘されていた当時の「医師の初動ミスに関して」というのが決定的となり、主治医(病院)を変える事にしました。アドバイス頂きました方々に、心より感謝申し上げます。


転院にあたり、一部の方が仰るような自分の思い通りになる病院ではなく、より厳しい病院を選びました。

新しい病院では、性別違和や私が置かれている環境についても深く切り込んだカウンセリングや診療が行われており、万が一を想定し「こういう場合はこうなる」「こういう時はこうしましょう」という具体的な診療に関するアドバイスをくれたのと、「例え仕事があろうとも、緊急時は入院させるから」という医師からの言葉がありましたので、2つ病院を訪れたのですが厳しいこちらにしました。

1時間半以上のカウンセリングを5回ほどし、1回の診察が1時間以上の状態のまま進んでいます。まとめもプリントアウトを渡してじっくり読んで頂きました。仕事をさせられていたり情報漏洩があったりした事が妄想ではない事は、証拠類を先生に見てもらいました。

先生によれば、まとめ当時はOD後の副作用による異常な興奮状態にあったのは間違いないようです。ただそこで、私の次の犠牲者を出したくないという動きよりも、本人がこのままでは倒れる可能性の方が大きいので、「うちではこの状態なら入院だよ」と言われました。

前の医師にもこんな状態で・・・と、まとめや書類を見せていたのですが、特に何も言われなかったので大きな違いでした。救急に対応できないなら、なんでこの時に救急搬送もさせていないのか・・と新しい先生が首をかしげていました。

数々のカウンセリングの結果はうつ病。
性別違和はあるとされました。
他の精神疾患については今のところは言われていませんが、少しでも疑いがある場合は言ってくれるよう先生にお願いしています。今は、とにかく真面目すぎる肩の力が抜けない私を先になんとかする必要があるとのことでした。

ただその中で、うつ病の諸悪の根源になる原因が分かりました。

2008年に夫婦のように、私が大黒柱となり彼女が専業主婦として6年以上暮らしていた彼女とお別れしたのですが、別れた原因が彼女による自分の会社のお金の使い込み。通帳を共有したせいで大量に使われ、別れた後に使ったお金を返してくれるようにお願いしましたが、返ってこなかったことによる無力感や人間不信。通常の夫婦であれば離婚時の訴訟もできたでしょうが、同性なので何もできませんでした。これがうつ病のトリガーとなっているようです。

また、2010年9月に受けた実家の店放火で、私自身が老後の為に蓄えていた全財産を失ったことや、加害者ではなく、被害者側の家族であろうと容赦なく「新聞沙汰に巻き込まれた人」として人が離れていったこと(人間不信)が大きく背後にあるところまで分かりました。

原因が分かったのは大きな前進です。


新しい訪問看護さんも週に2回入り、とにかく健康的な生活を指導されるままにし(いや正直これが最初はしんどかった)、経過は驚くほど良好です。

また、新しい訪問看護さんが入り、バイタルチェックを受け続けて分かった事は、とにかく血圧が低いこと。このままでは低血圧症になると医師にも言われました。上が80、下が60を切ることもあり、栄養状態の悪さがこれを引き起こしているらしく、とにかく医師や看護師さんたちのいうことを聞き、栄養を採って血圧を上げる努力をしています。食欲がない時の食事は入って行かないものですが、無理やりでもいいから食べなさいと言われ食べております。

新しい訪問看護さんからはバイタルチェックした事もなかったの?!と驚かれました。例の訪問看護社代表さんはした事なかったんですよね・・・(汗



紹介したい動画があります。
この動画から気付かされることは多かったので、貼っておきます。

うつと闘う全ての人へ贈る「4分間の映像」
https://www.youtube.com/watch?v=zlD7gFXR4to

この動画を見て、なんだかするりと喉の奥につかえていたモノが落ちていきました。うつ病を治す事に躍起になり、病気自体を敵視していた自分の場合ですが、まずはそんな病気になってしまった自分を許してあげようと思ったのです。この考え方には主治医も賛同してくれました。

あくまでも自分の場合は・・ですが、つらいつらい・・と嘆くよりも、むしろうつ病とかけ離れた生活(体力回復のリハビリの為に始めた毎日の散歩が、結果的には私には効果的でした)をする事や、落ち込んでいる時間には、わざとTwitterに自分のプラスの情報を書くことで自分を騙し、苦しい日があれば頑張 らず、さくっと寝込む事を許す日々を送る事で、驚くほど遠回りのようで早い回復を目指せました。完治はしておりませんが、明らかに落ち込む頻度は少なく なっています。


このまま寛解に持っていけたらいいな~と考えてはいますが、そんなにうつ病は甘くない物で、急激に落ち込む日もあり、ダメな時は、蛍光灯の光さえダメになり、テレビなんて騒音以外の何物でもないし、音楽も雑音にしか聞こえませんが、最近はよくなるにつれ、まったく見る事が叶わなかったテレビが少し見られるようになったのと、Jazzのバラード等であれば音楽も聞けることが、大きな進歩だと思っています。

医師の初動ミス等、まとめで指摘されたことが大きな回復への一歩となったので、ここは改めて感謝申し上げる次第です。私にとっては、まとめでしつこくコメントをされていた方も、「有益な情報」をくれていたりした方もおりましたので、そこは感謝こそすれ、今は他に思う気持ちはありません。

※猫は、自分が万が一の時には、お金がかかりましたが近くの動物病院が、入院時は預かる、私が亡くなった場合は引き取り、里親を探してくれるという事で協力が得られましたので、かなり安心しています。(本当はご紹介したいのですがオープンなサービスではないらしく、紹介は許可を得られませんでした。)



万が一にでも、精神科訪問看護のお世話になる可能性を持っている方は、万が一になってからでは遅いので、主治医の知識や、指令系統がしっかりしている病院を選び、病院自体が訪問看護ステーションを持っている場合もあるようですが、普段からPSWを通して探しておかれる方が慌てずに良いと思います。※PSW・・・精神保健福祉士


介護保険以外のすべての人は、東京は「東京都福祉保健局」しか苦情相談先がありませんので、今後誰かが困った時のためになればと、オンブズマンから聞いた「注意是正指導権限を持つ相談先」を書き残しておきます。

東京都福祉保健局指導調整課
http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/joho/soshiki/shidou/shidou/

社会福祉法人係・・・03-5320-4044
・社会福祉法人の許可及び認可
・社会福祉法人に対する運営指導

↑私の場合はここでしたが、下記も参考に貼っておきます。

指定医療機関指導係・・・03-5320-4074
・障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律の指定自立支援医療機関の指導検査

↑ここからは、私が訪問看護計画書をもらっていない事について、情報開示のお願いを受けました。訪問看護計画書にサインや捺印をしていないので、それが提出されているという事は不正受給となるかもしれないと聞かされました。


指導調整係・・・03-5320-4051
・社会福祉施設等に対する運営指導の調整
・社会福祉施設等の指導検査の調整
・社会福祉事業を経営する社会福祉法人等の指導検査(他の課に属さないもの)・指導検査の調整

↑ここは相談していませんが、こんなところもあったというご参考までに。


あの時にコメント頂いていた方々や、物資を送って頂いた方々、応援してくださっている方々に、心より御礼申し上げます。本当に有難うございました。

結果的に病院も変わり、現状は穏やかな生活をし、静養に努めており、今こうしてブログを書けているのも幸せな事だと感じています。



2014年も今日で終わり。
思えば長いようで短い1年でありました。

トラブルも多かったのですが、得たものも多い年でした。

問題があっても変わらずお付き合い頂いている方々に心から感謝を。

皆さんの2015年が幸多からんことをお祈りしております。

残り少ない大晦日の更新になりましたが、長文にお付き合い頂き、有難うございました。

皆様、よいお年をお迎えください。





渡辺河童




 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

渡辺河童です。

このブログは、まとめのまとめ、だと思ってください。
内容の流れはまとめにありますので、あえて書きません。


まとめや漫画を公開したこ とは、問題提起にもなりましたし、誰の支援も得られないまま、栄養さえ採れていなかった状態から、ペンネームをさらけ出して発表したことで信頼してくれる 方も多く、とても早い段階で皆さまからの支援が得られ、床ずれを抱え、熱も出ていたので、日に日に消耗していた状態から復調してきたのは本当ですし、支援頂いた方々に感謝 の気持ちでいっぱいです。後悔はありません。



長いです。ご注意ください。



8日時点で、疲れ果て、どう動いたらいいのか考えても答えは出ず、20代の頃お世話になっていたギターの恩師に電話しました。

私は今までの事を説明しました。

うつが酷くなり、訪問看護を受け、万が一の為、猫の事を考え、看護師に鍵を渡したら、態度の突然の豹変があって、看護を断ったら追い詰めがあり、オンブズマンと市職員の前で相手がやった事は認め、把握して頂いていた状況であるとまで端的に説明しました。

一通り説明したところ、、

恩師が一言
「そんなやつといつまで関わるの?」
と言ってくれ、我に返りました。

Y社代表とのやりとりの中、泣けば怒られていた事から、ずっと泣けなかった事も話し、「泣くことは悪い事じゃないよ」とも言われ、涙が止まりませんでした。

恩師から、自身も冷静さを欠いている事も指摘され、人を守る前に自分を守りなさいと言われました。

もう既に、「市職員前で相手が一旦は認めた事実があるのであれば、それが目的達成でもいいじゃない」と言われ、現状私のやるべき事は、心身の休息であるとも指摘されました。


・・・本当にその通りです。

言葉もありませんでした・・・。



Y社代表は、市の担当者同席の上でやった事を認めた状態。

これが、「到達点」であって、私の役割は終わっていたんだと思いました。これ以上関わっても、私が消耗していくだけだし、是正のキッカケになればいいとも思っていましたが、その前に私の方が倒れてしまうと思ったのも確かです。

「ちゃんと行政に伝えられた」という事で
終わりにさせて頂こうと思いました。




Togetterまとめまでの行動
Y社代表による数々の仕事や診断にあたる行為、関係証拠など、たくさんの証拠がありながら、どこに報告しても対応されない現実にも自分自身が突き当り、素人では分かりづらい苦情先の選定なども一人では苦しく、どうしたらいいのか分からない状況に陥って行きました。

Y社にお世話になっていた頃、ホームページ作成や看護システム作成を代表から任されていた関係上、Y社代表が置いていったままになった「訪問看護の多数の資料」を基にし、「精神科訪問看護ステーションの仕組み」等を調べました。

訪問看護については、「簡単起業」などのキャッチコピーが多いのも見て取れ、テンプレートに記入して、あとは看護師が数揃えば、素人が代表でも起業だけはできてしまうという現実も知り、「精神科訪問看護に特化したステーションは、看護師が研修さえ受ければ名乗れてしまう状態」であることに気が付きました。

人不足が優先し、看護師の資格さえあれば、どんなにブランクがあっても働くことができる職場になってしまっていることも、目の当たりにしました。・・・そこから、私は自身に起こった事は、もしかしたら「氷山の一角」なのではないかと考えました。

また、検索結果から、同じように看護師から言葉の暴力で傷ついている方の存在も知り、「うつは甘え」、「うつは治らない」等の言葉が比較的に多いと認識しました。

また、当時、「まとめにしてください」派、「早まるな」派がおり、意見は分かれ、私の中でも大きく揺れていました。ただ、簡潔に言えば、このどちらも具体的な相談先や解決策を持ってきてくれる訳ではなく、意見しているだけという状態が生まれました。

もう誰にもこんな思いはしてほしくないという気持ちもあったし、Y社代表が「他の患者さんにも仕事をお願いしている」と聞いていたのが拡散の大きなキッカケになりました。

今回、「訪問看護」という言葉さえ知らない人も多かったようですし、まとめは問題提起にもなり、結果オーライだったと思っています。

もちろん自分に助けがないからやったというのも大きいので、そこについては、本当に助けてくださった方々に感謝の気持ちでいっぱいです。有難うございました。


また、今回の件について、
「精神保健福祉士(PSW)がついていれば防げた問題」
というのがあったのですが、病院により、PSWがつかないケースも多々あるそうなので、訪問看護のお世話になるかもしれない方は探しておいた方が、いざという時焦りません。病院もいくつか聞きましたが、外来の患者にはつけない、常時つける、等病院の方針によってさまざまなようです。

今回の場合、最近知ったのですが、私の役所地域担当さんこそがPSWだそうです・・・。これは、地域により色々差があるそうです。小金井市にはPSWが常駐しているというのをお知らせしておきます。





看護師さんたちからの意見
看護師さんをはじめ、訪問看護師さんや、訪問介護をやっているという方々からも、今回の拡散で様々なご意見を頂きました。

患者のTwitterアカウントを教えられれば、見ることはステーションのやり方次第では、あるようです。ただ、看護師の個人アカウントからフォローして、お気に入りしたり、RTするなどが、ない事のようで、看護師が自分から一線を越えてきていてアウトとの事でした。この「一線を守る」というのが大事だそうです。

LINEも交換しましょうとは言っておらず、突然の申請でした。これも、なしだそうです。個人的につながって行けば、一線を越えてしまうので、本来であれば例え教えられても、看護師のスルースキルが大事なのだそうです。

もちろんFacebookに患者に断りなく「訪問先」と書いた上で写真をアップするなんていうのは、やってはいけない事で、それがインターネット上誰でも見られる場所である限り、だめだそうです。訪問看護上では、どこに行っている等の情報はトップシークレットであるそうです。

患者の情報を患者に知らせてしまう・・・これだけは、「どんなに信用していても、絶対にあってはならない事」だそうです。

また、患者からSNSをブロックされたからといって、いきなり患者を責めたり、病名を患者にぶつける前に、どうして主治医に何の報告もしなかったのか?というところも色んな訪問看護師さんからご意見頂きました。患者からの拒否行動は、精神に限らず「よくある事」のひとつだそうです。

看護師さんからこんな意見もありました。
患者に診断名をいきなり言うのではなく、看護師が「病名はこうじゃないかな?」と思ったら、すみやかに主治医やPSWに連絡するのは大切。医師には分からない部分の発見になるし、連携が大事。との事でした。

確かにその通りだと思います。私の主治医とPSWには、通常に看護が行われていた時も、最後にも病名報告は入っていませんでした。

お茶に関しても、訪問看護師さんからご意見頂きました。初日で家族がいるのであれば頂く事はあっても、2回目からはないそうです。通常の訪問看護よりも、精神科訪問看護であれば、もっと看護師に危機感がなくてはならないとも、ご意見頂きました。逆に言えば、睡眠薬系がある家に行くのだから、「一服盛られたら?」という危機感が足りないようだとも聞きました。言われてみれば確かにそうです。これは、訪問看護師さんから言われてから気が付きましたが、そう考えれば確かにそうですね・・・。

また、「原稿+Tシャツ+薬」を市役所とオンブズマンにも返してきたの認めたそうですが、色んな訪問看護師さん、訪問介護士さんのご意見から、鍵のかからないポストに抗鬱剤系の薬を入れて返してくる方法は完全に法律的(薬事法)にもアウトだそうです。薬は主治医に渡す方法があった筈だとも伺いました。ちなみに、抗鬱剤系は郵送するのも法的アウトだそうです。



まとめのこと
発表媒体をマンガもセットにしたのは、文字だと読みづらく、マンガだと情報量がたくさん入るし、読みやすいためなのと、私のペンネームを文字だけにしても「信憑性が薄い」とされてしまっては痛いと感じたので、分かりやすくする為にも描いていました。

どこの機関にこの事実を報告しても、報告しても・・・・漏えいだけでもおかしいのにスルーされていき、ずっとこの問題に関わり、過剰に反応する結果にもつながりました。相手の行動に過剰反応してしまった事は反省しています。不快に思われた方も多いと思います。申し訳ございませんでした。

まとめの反響は私の予想を超え、対応できなくなっていき、一時期、返事を書くことに必死になってしまったりもしました。結果、一心不乱で盲目的に戦い、相手の行動を見る機会も増えてしまい、心がどんどん消耗し、限界ギリギリまできてしまったのが、完全に冷静さを欠いた数日前までの私の状況です。


恩師がいなければ、まだ迷走していたと思います。



こう考えられたのは、恩師のおかげです。
ずっと振り回されているだけなんだと把握できました。







今回為になったリンクを貼っておきます。

●PSW・精神保健福祉士(Wiki)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B2%BE%E7%A5%9E%E4%BF%9D%E5%81%A5%E7%A6%8F%E7%A5%89%E5%A3%AB

障害者虐待防止法関連ページ
http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/shougai/shougai_shisaku/gyakutai_kenriyougo/gyakutai_teigi.html

※障害者虐待防止法というのは、「障害者福祉施設」は管轄できますが、今回の場合は、ここに登録されていない企業なので当てはまらない、との事で、管轄外との事でした。ちょっと抜け穴になってる感じがしました。

役所等への苦情申請
自分の住んでいる地域の「福祉オンブズマン制度」を利用しましょう。


東京都の訪問看護についての苦情は、東京福祉保健局らしいのですが、またこれは私が分かる事があれば、ここにリンクとして追加しておきます。

ただ、社会福祉法というものを教えて下さった方がいたので、こちらをリンクしておきます。

●社会福祉法
http://www.houko.com/00/01/S26/045.HTM
(社会福祉事業の経営者による苦情の解決)
第82条 社会福祉事業の経営者は、常に、その提供する福祉サービスについて、利用者等からの苦情の適切な解決に努めなければならない。





●精神科訪問看護とは?
PSW等で内容等を最初にある程度知っておくことが大切だと思います。内容は主治医と先に相談しておくと、更にいいかもしれません。


ただ、「精神科訪問看護」だとステーションにより、内容も大きな違いがあるようですので、できれば家族の方同伴で、「やってほしいこと、やってほしくないこと」を契約前に、よく検討された方がいいと思います。

病名によっても看護内容も違うと思いますし、バイタルチェックも、精神科ですと、ない事もあるようです。

大事な事は、必ず週に1回「訪問看護計画書」が出るそうですので、きちんと説明を受け、「同意しました」という欄にサインするのは絶対です。

とにかく、イヤな事は言い出しづらくもありますが、ちゃんと言っておかないと、相手にはいきなりイヤである事が分からないと思うし、お互いが嫌な思いをする事の歯止めになりますので、ちゃんと言いましょう。

ワガママだらけじゃダメですが、相手は看護師さんなので、素直に言うことも大事だと思います。

まぁ、私のような未曾有の大事故みたいになる事はないとは思いますが、少しでも不安で「?」があれば、分からないままにするよりは、主治医に相談したり、看護師さんに直接聞いてみたり、PSWさんに相談してみるといいかもしれません。

精神科訪問看護は、「これが正解」という事がないため、これからも問題等が出てくる可能性はありますが、私から、これが正しいんだよ~という結果が書けない事が残念ではございますが、これはない、というのは今回いっぱい書きましたので、参照してみて下さい。

人によっては、私のようにカラ元気を見せてしまう人もいるとは思いますが、相手は看護師さんなので、具合が悪いのであれば、そのまま伝えることが肝心です。



ある日突然、私のように慌てる人が1人でも減りますよう、願ってやみません。






最後に・・・


私が今回の件で得たものは、「障害者=キ○ガイ」っていう偏見で、障害をむしろ作ってる人がとても多い事でした。「うつ病=寝たきり」っていう偏見を持ってる人もとても多い事が分かりました。

「私の場合は、こうだった=から、こうならないとおかしい」
「友人はこうだった=から、こうならないとおかしい」
ばかりがTogetterコメでも目立ちましたし、
「自分の知っている事だけ」で、
それが正しいんだと論ずる人が多いとも理解しました。

私と会ったこともない方々が「表面上見える事から診断を下す事の多さ」にビックリしました。そして、その「マイナスな意見に吸い寄せられていく人が多い」事も理解しました。

セクマイだと発表してしまった事で、より一層叩きやすい環境も作ったかもしれません。ただ、こんな人もいるんだ、と知ってほしかったし、セクマイ同志なのに叩く姿も、今回のまとめで縮図されたとも思います。くだらない叩く行為よりも、せめて、セクマイ同志くらい、HUGSの精神を持ってほしいと思います。

H.U.G.S
Helping Us Grow Spiritually.
(意味:精神の成長のために助け合う)

診断書を持っていないとしても、私は現実に生きています。
性別違和を抱えているなら、診断書をもらわないとおかしい!っていう風潮は、ここ数年ですごく多くなった気がしますが、診断書うんぬんを否定されても、それは誰かの価値観であり、診断書を持っていない人も世の中には大勢いて、診断書あるなしで人をつついても、何の利益にもならないという事は確かです。

セクマイは普通に存在します。
セクマイだと明かさない人も多く存在します。

なぜ明かさない人が多いのか・・・それは、セクマイを特別視する社会背景があるし、明かすと恥ずかしい事という日本の風潮もあるし、人それぞれのまわりの環境がそうさせているからもあると思います。

同性の恋人がいるのを「おかしい」と論ずる人がいなくならないのも、本当ではありますし、それを認めろと頭ごなしに言っても、相容れない人に頼んでも、無理があるのも本当です。分かりあえない人に「分かってくれ」とお願いして分かってもらうものでもないし、ケンカしても疲れるだけです。

理解できる人にだけ言えばいい事です。
また、理解できる人が増えればいいとも思います。

セクマイはたくさんいます。
特別ではなく、キャラでもなく、普通に生きてます。

私のせいで、セクマイ嫌いになったと言う人もいるかもしれませんが、嫌いだと言う機会が私だっただけで、最初から嫌いだったんだと思います。

嫌ってくれて構いません。ただ、大声でセクマイ嫌いって、平和だから言ってられるんです。

ちょっと振り返るだけで分かりますが、東日本大震災の時、セクマイ嫌いの事なんて考えている余裕あった方多いですか?

それよりも、命の大切さを考えていたのではないでしょうか。

好きな人が同性であろうと、異性であろうと、人を好きになったり、思いやる気持ちは、誰もが平等に与えられた権利です。


私は確かに、この年齢にしてニコ生などもやっておりましたし、ツッコミどころも多いと思います。・・・ただ、私にとっては、「経営者としての顔を出さないでやれるニコ生」を心の逃げ場にして生活していたところがありました。自身の行動の幼さも理解しており、リスナーさんにはよく、「こんな残念な大人にならないように」と言って笑われておりました。

ここまで広げたのも自分ですし、大勢の目に触れれば、叩かれるのは仕方がないと思うし、私の事は言われるのは仕方がないとしても・・・

精神障害者=キ○ガイ=叩いていい理論になる人は、人はそれを差別と呼ぶのだと思いますし、叩きたい=叩いていいい理由=キ○ガイにした自己肯定結果だと思います。

私は精神障害だから特別扱いしてくれとは言っておらず、障害者はコミュニケーションが難しいと言われた状態に反発しただけです。

私の事をどこまでもキ○ガイ扱いしたい人もいるでしょう。それが、俺の私の、正義だ!と言われれば、仕方がないとも思いますが、その行動が自分自身の為になるのか、ご自身の時間を費やしたい行為なのかは、一度考えてみて下さい。

区別って呼ぶ人もいますが、=だから何かしていい、=だから~という考えは、差別を自己肯定している呼び方になっているだけです。


ドスパラの件もあったし、日本文化海外普及協会に抗議する文が掲載されたままなので、私をクレーマー扱いする人もおりました。これはもう仕方ないと思います。こんなにトラブルが立て続けで起こった事にどっと疲れています。

日本文化海外普及協会会長との和解はしましたが、暴力を振るった方は、会長には謝り、私には謝ってくれませんでしたので、そのままになっただけです。もうこの問題は触れたくもないし、何故放置にしているかと言えば、もしその方が次に何かしたら、という牽制にはなるからです。



もうトラブルはこちらから遠慮したいです・・・。

この1年、思い出しても、ビックリするほど
トラブルだらけでした。


この1年もそうだけど、実家の放火とかもあったり、性別で悩みきった時期もあったりで、全部それが「妄想だったら良かった」、「今からでも虚言ですって言えたらどんなに楽か」とも思います。


・・・静かに暮らしたいです。




長いものに巻かれて生きる方がラクだとも思います。


声など上げず、おとなしく生きる方がとっても楽です。




ただ、その場で、自分が、何を考え、どうするか、いざというときに、、を想定しながら生きている人は少ないと思いますし、そういった想像力が欠け、なんでも情報はネットに落ちてて、自分が平和の中にいる事も、当然のように過ごしている人が多いとも感じました。

このネットの世界も、調べたら出てくるWikiも、世の中の誰かの行動の結果ですし、世界では紛争や事件も絶えず起きています。

ただ、自分がそれに巻き込まれていないだけです。

それを想像できなくなっている人が多くなった・・とも今回感じました。





賛否両論、色々な意見もあるでしょう。

それが人であり、何を正義にしているのか、
その人が大事にしているアイデンティティーが何なのか、
知らないで過ごしている方も多いと思います。


ただ・・・


今回の私の経験が、
未来の誰かの役に立つといいなーと思いつつ、
このブログに記します。





今後は、Twitterでの展開には期待なさらないでください。
ただのつまらないTwitterに成り果てると思いますので、リムーブを推奨します。


まとめは今後、作りません。




今回助けてくれた方々のように、私も倒れている誰かがいたら、さっと手を出して助けられる人間でいられたらと思いました。

それには、体調と心調を整え、いつか寛解したらいいなーという気持ちで、自分のペースで治していこうと思います。

支援してくださっった方々に、心からの感謝をこめて。


有難うございました。



渡辺河童



P.S.ここまで読んでくださった方に感謝します。
私ももうすぐ44歳、サリーも13歳後半です。
1人と1匹寄り添い、これ以上のトラブルがない事を祈りつつ。

 




AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

渡辺河童です。

経過とその後について、ご報告させて頂きます。

拡散してから、フォロワーさんから教えて頂きましたが、
Y社と銘打ったFacebookにて、私が漫画やまとめを作る前から
「下記の状態」になっていた
と教えて頂き、知りました。

発表する前に、「見る人が見れば、渡辺河童が訪問看護をY社で受けていた事が容易に知れる状態」にされていた事はとても悲しかったです。また、これは私が撮影したものではなく、Y社代表が撮影した写真です。






イラストも写真も掲載許可はしておりませんでした。


私は、オンブズマンと今月5日に2回目の話し合いに
行ってきました。


オンブズマン曰く、Y社代表側からも、小金井市に対し、
「どうしたらいいかわからない」と聞いていた状態で
あった
との事でした。

それも考慮し、10月30日に、Y社代表、小金井市と、オンブズマンで、三者面談をしたとのことです。

その際に、
Y社代表は以下の点について、市の担当者も同席の上、認めたそうです。

1.仕事を発注し、徹夜をさせた事。

2.途中で一方的に仕事を打ち切り、放棄した仕事があること。
  (その件で未払いが発生していること)

3.(そのつもりはなかったが)主従関係にしてしまった事。

4.(そのつもりはなかったが)人格障害や認知の歪み、
  アダルトチルドレンだと、診断にあたる言葉を
  言ってしまったこと。

5.(そのつもりはなかったが)オーバードーズした患者に
  暴言を吐き、放置して帰ったこと。

6.(気が動転して)救急隊に何も持ち帰っていないと言ったこと。

7.何のアポイントメントもなく、鍵のかからないポストに
  原稿、Tシャツ、抗鬱剤等を返したこと。

8.患者情報を患者に伝えていたこと。

9.メール1通で契約を破棄したこと。


上記をY社代表が認めたことにより、
オンブズマン、市にて、私を入れて
「Y社代表が応じれば四社面談」という
事になっていた状態のようでした。



しかし、Y社代表の行動としては、オンブズマンと市に10月30日に認めた状態でありながら、11月1~2日にTwitterで、「ガセもありますから、ネットには!」という発言をされておりました。


市にもオンブズマンにも、色々「認めた状態で、
ガセ発言をされた事」には、驚きを隠せません。

またいわゆる「拾い画像」を使っていると思われますが・・
「拾い画像は使ってはいけない」とも分からないのでしょうか?

人格障害に関してのRTをしたり、このように発言されたり、
なんでこうも攻撃的なのか・・・
看護師としての心は、どこに行ってしまったのでしょうか・・。

私を叩いている人をフォローフォロワーの関係にしていたり、
理解不能の行動で本当に怖いと感じます。


一応、上記の状態になっておりましたが・・・

もう、あとは四者面談をすれば、
解決の方向に行くと、オンブズマンと、
市担当と、私は、思っておりました。
三者共に早期解決を望んでおりました。

市の役職の方にも、「Y社代表は話し合いをしてくれると信じている。」との言葉も頂いておりました。

・・・しかし、本日・・・

Y社代表より、
「もう何も話すことはない」と
オンブズマンに対し、返答が来たとのことです。


まさか、市の担当者同席のうえで認めた事実がある状態で、最後のオンブズマンと市、Y社と私を含めた四者面談を代表がお断りになられるのは想定外でした・・・。

Y社の決断につき、オンブズマン、小金井市担当様、共に、本当に残念だ・・と仰られていました。

早期解決は遠のいてしまいました。

今回の報告については、Y社代表がガセ発言をされている経緯から、このままでは私が嘘を書いている状態と思われてしまうという事を考慮し、現状ある事実だけを述べております。

なぜここまで解決の糸口が見えていたにも関わらず、最後に、市に対しても反旗を翻した状態であるのかは理解できませんが、現状は上記のような状態です。

Y社が、今からでもオンブズマンと市と話し合いをすると言えば、ちゃんと収束できる問題と捉えておりますが、この決断が本当に残念でなりません。

また、Y社代表にお世話になったときにも感謝は申し上げておりましたが、Y社代表は、私との縁を絶つとき、感謝の気持ちがないと仰られていました。本来であれば、患者は治っていく事が本来の道であると思うのですが、感謝に執着したのは何故なのでしょうか・・・。

私が望んでいるのは、Y社の是正です。
早期解決です。戦いではありません。

私の行動は、オンブズマンと市と、これからの対策は
考えていこうと思っております。

体調の方は、頂いた物資により少しづつ復調しております。
心より御礼申し上げます。


今からでも、オンブズマンと市と話し合って頂く気持ちにY社代表がなってくださる事を祈りつつ・・・本当に残念ではございますが、現状のお知らせまで。


渡辺河童




AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

渡辺河童です。

Pixivでは先行で投稿しておりますが、
3話後編をアップします。

1話
http://ameblo.jp/kazuking/entry-11941068794.html

2話
http://ameblo.jp/kazuking/entry-11941073371.html

3話-前編
http://ameblo.jp/kazuking/entry-11941078971.html


これが3話後編です。宜しくお願い致します。


現在4話のネームを執筆中です。

セクシャルマイノリティの話は2話だけで
終わらせたかったのですが、話の進行上
もう1回出てきます。

皆様宜しくお願い致します。

渡辺河童


 




いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

渡辺河童です。

「うつ病で訪問看護」3話-前編です。

①話
http://ameblo.jp/kazuking/entry-11941068794.html

②話
http://ameblo.jp/kazuking/entry-11941073371.html

精神科訪問看護の専門事業者と契約した私が、
どのように関係を構築していったのかを描きました。

8Pで1話ですが、今回は4Pとなっております。

残りの4Pは、近日中に描いたらアップします。

まだ現在床ずれ治療を一人で行っております。

一人暮らしでケアが大変ではありますが、どうぞ
応援宜しくお願い致します。


今回はここまでです。

現在、3話後編を執筆中ですので、続きが気になる、
読みたい!という方は、私のTwitterをフォローすれば、
最新情報が入手できます。

渡辺河童Twitter
https://twitter.com/funyan5963

どうぞ、宜しくお願い致します。


渡辺河童


 
 





いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。