シムズバレエという教室の発表会にゲスト出演しました。「コッペリア」の村長役と、あるダンスシーンです。


そして終了後、打ち上げで、発表会にダンサーのケアに来ていた鍼灸あん摩マッサージ指圧師さんと話す機会が少しありました。
私自身の今後について、いろいろと参考になりました。
その成果を生かしたいと思います。

 

 

 

 

AD

「腰痛持ち必見!! 「ヘルニアが原因」はほぼ間違い 心の問題に起因することも」

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161029-00000513-san-hlth

 

この中での松山医師はこう語っています。

 

「私たちは医者であり科学者だ。マッサージがどれだけ効果があって治療に有効か、データがない。私たちは科学的根拠があることしかやらない。ただマッサージは時間をかけてやってもらえ、よく話をする。その時点でわれわれは負けており、患者と向き合う必要がある」

 

勝ち負けはともかく、腰痛の原因の一つはストレスとも言われていますので、いろいろと話をすれば痛みが軽減されることもあります。

 

 

 

 

うつと認知症

テーマ:

第5回都医学研都民講座「うつと認知症~健康長寿社会の実現に向けて~」を受講して来ました。

 

「ストレスとうつ・認知症」(楯林義孝)=大震災等の想定外ストレスの最大の被害者は高齢者。

 

ストレスが炎症発生を招き、うつが発症すると、認知症リスクが2倍になるそうです。

 

心を鋼のように強くするのではなく、思考の柔軟性を保ちましょう。


「高齢者の心の健康と対策」(神庭重信)=認知症危険因子は高血圧、糖尿病、喫煙。防御因子は和食+野菜+乳製品、運動、です。

 

 

 

 

漢方医学

テーマ:

「第13回東京大学市民講座-漢方で健康づくり-生薬で治すシステム漢方医学」(岡部哲郎講師)を受講してきました。

 

西洋医学は対症療法、症状を抑える化学物質による治療。漢方は根治療法、人間物理学。病気は正気(エネルギー
)不足、等々。

 

多発性硬化症、脊髄小脳変性症、多系統委縮症等々の漢方治療の紹介は、正直、難しかったです。

 

 

 

 

都内某所でドラマケーションのアシスタントをしました。

 

終わってから、次の予定までの余裕時間に最寄り駅周辺を散策していたら、格安の惣菜店を発見して弁当を買い、近くの公園で夕食。

 

お店を紹介しようと思いましたが、写真撮影はNGでした。

 

 

 

 

足と靴と健康

テーマ:

区の消費者教室「自分の足に合った靴の選び方~足と靴と健康との関係」を受講して来ました。

 

講師は八方清文・上級シューフィッターです。


足の成長が“完成”するのは15歳頃。夕方の足は大きいと思っていましたが、朝や昼が大きい人もいるそうです。日本製の靴のサイズ表示は靴の寸法ではなく、その靴に合う足の寸法だったのです。脱ぐ時は紐をほどきましょう。靴を履く時は靴ベラを使い、踵トントン、甲で調節しましょう。

 

 

 

 

SSTと美腸

テーマ:

区の講座「対人関係の悩みを解消し元気になれるワークショップ『ソーシャル・スキルズ・トレーニング』」の2回目を受講して来ました(SST=社会生活技能訓練)。

 

職場の悩みを聞くと、ついつい、環境改善、システム改善を考えてしまいますが、SSTでは自分の認知、行動を変える事を考え、練習します。

 

それはそれで有益ではあります。


夜は日本美腸協会で「美腸プランナー3級セミナー」を受講しました。

 

先日受けた「あなたの腸をコントロールセミナー~自分の腸年齢を知っていますか?~」の復習と追加、試験です。

 

腸を学んで便秘解消、美肌効果、心身の疲れ解消等々。


http://www.bicho-kyoukai.jp/