出張クイック整体

テーマ:

永田町の洋風居酒屋・オーシャン「Breathing Buds(ブリージングバッズ)ライブ」で出張クイック整体をさせていただきました。

 

ボーカルコーラスが流れる中での癒しのひと時をご提供できたと思います。


ご来場、有難うございました。

 

 

 

 

AD

犯罪被害者遺族の声

テーマ:

犯罪被害者週間行事「犯罪被害者遺族の声」で、廿楽奈穂美さんの話を聞いて来ました。

 

加害者の「一生を掛けて償う」はポーズだけの人もいるが、刑期を終えれば一般国民に戻れます。しかし被害者遺族は何かに一生掛けても被害者は戻って来ません。

 

受刑者は規則正しい健康的な生活を送れますが、被害者遺族の生活はボロボロです、等々の話がありました。

 

重い“十字架”を背負う加害者もいるでしょうが、確かに、何をしても被害者遺族は元の暮らしには戻れないのです。

 

 

 

 

 

AD

第49回東京都委託施術者講習会

テーマ:

東京都療術師会主催の「第49回東京都委託施術者講習会」を受講して来ました。

 

療術による皮膚刺激は血流促進、筋緊張緩和、発痛物質排除による自然治癒力を引き出し鎮痛改善が期待できます。

 

何かと効用があるビタミンDは過剰摂取に要注意ですが、過半数の人には不足しているので日光浴や食事、光線治療等で補充した方がよいです。

 

光線治療は温熱による血行改善から筋緊張緩和、抗炎症効果が期待できる、等々の内容でした。

 

ちなみに私は手技のみで、光線治療は行なっておりません。

 

 

 

 

AD

自殺対策

テーマ:

プレスセンターホールで「全国フォーラム『秋田モデル』から考えるこれからの自殺対策」に参加して来ました。

 

基調鼎談=本橋豊氏、佐藤久男氏、清水康之氏。

 

パネルディスカッション=佐々木久長氏、佐藤久美子氏、馬場優子氏、稲村茂氏、金子善博氏。

 

自殺率が長年ワースト1だった秋田県が、民学官と報道の連携によって半減させた取り組みが秋田モデルとして国の対策にも生かされているそうです。

 

自殺は個人の問題とされて来ましたが、そうではなく社会の問題だと認識されるようになって来ました。

 

自殺を防止するだけではなく、生きるための支援も必要です。

 

 

 

 

お見合いパーティー

テーマ:

平河町のレストラン「オーシャン」で行なわれたお見合いパーティーに行ってきました。

 

と言っても私の目的はクイック整体で、お見合いはしていません。

 

店の片隅で椅子に座ってもらっての10分間のプチ整体です。

 

このようなお店のイベントにも出張しております。

 

 

 

 

11月25日から12月1日は犯罪被害者週間です。今日は大田区で、その関連行事「寄り添い続けよう~被害者のためにできること~」に参加して来ました。

 

第一部は講演会「姓被害者を傷つけない社会に」(講師:村木厚子氏)。

 

第二部はパネルディスカッション「性被害の実態を知り、理解と支援を拡げよう」(パネラー:飛鳥井望氏、小西聖子氏、遠藤智子氏、小澤雅人氏)。

 

“強姦神話”を始めとする誤解が多いのは、思い込みや先入観、知ろうとしないこともありますが、被害者は被害を中々訴えられないんですね。そこにはいじめと共通するものを感じます。

 

また、支援する機関、受け皿が圧倒的に足りない。もし性被害を打ち明けられたら? 自分には何もできないと思ったら、責めずに話を聞くこと、だそうです。

 

 

 

 

指針整体

テーマ:

台風一過、と言うか、台風はそれて快晴でしたがとても強い風が吹きまくっていました。実は「木枯らし1号」だったそうです。
 

そんな今日、出身校の「てあて整体スクール」で「指針整体」の授業をリピート受講してきました。

 

最近はビーラボ研修で強押しの練習が多かったので「指針整体」の“軽いけど効く施術”を改めて実感した次第です。

 

強く押されるのが苦手な人はぜひお試しください。


https://nseitai.jimdo.com/

 

 

 

 

サイトを移転しました

テーマ:

au one net のホームページサービス「ホームページ公開代理サービス」が10月末で終了するため、「なかじま整体」のサイトを http://www.ab.auone-net.jp/~hiraki/ から https://nseitai.jimdo.com/ に移転しました。

 

内容は少しずつリニューアル中です。

 

 

 

 

うつの理解と最新治療

テーマ:

精神保健講演会「うつの理解と最新治療~日常生活でできるストレス解消のコツ~」(大泉病院・山澤涼子医師)を聴講して来ました。

 

うつは、ストレスが脳に影響してセロトニンやアドレナリンが低下して発症するそうです(モノアミン仮説)。

治療は薬物療法とストレス低減があります。

 

ストレス解消(=発散)法としては、飲食(暴飲暴食は不可)、買い物(程良く)、言葉にする(話す)、声を出す(カラオケでも可)、入浴、泣いたり笑ったりする、等々。

 

昔は「ゆっくり休んで元気になったらやろう」でしたが、今は「その時の体調でできる事をしよう」に変わっています。