2016年07月26日

2016年8月公開で観たいと思っている映画の覚え書き

テーマ:観たい映画の覚え書き
毎月の恒例として、僕が2016年8月公開で観たいと思っている映画を貼っておきますね↓


※①などの番号付きは「絶対に観る」、○は「一応観たい」、△は「興味ある~」って感じです。

8/6
劇場版 仮面ライダーゴースト 100の眼魂とゴースト運命の瞬間 ①
劇場版 動物戦隊ジュウオウジャー ドキドキサーカスパニック! ②
西遊記 孫悟空 vs 白骨夫人 ③
モンスター・ハント ○
ドラゴン・クロニクル 妖魔塔の伝説 ○
ハイ・ライズ ○
ニュースの真相 ○
ポバティー・インク ~あなたの寄付の不都合な真実~ △
ねむれ思い子 空のしとねに △
秘密 THE TOP SECRET △
五島のトラさん △
奇跡の教室 受け継ぐ者たちへ △


8/13
X-MEN:アポカリプス ④
ジャングル・ブック ⑤
ソング・オブ・ラホール ⑥
ミス・ワイフ △
栄光のランナー/1936ベルリン △


8/20
青空エール ⑦
ゴーストバスターズ ⑧
イレブン・ミニッツ ○
ソング・オブ・ザ・シー 海のうた ○
沈黙の粛清 △
ダーティー・コップ △
火 Hee △


8/27
アメリカン・スリープオーバー ⑨
ミュータント・ニンジャ・タートルズ:影<シャドウズ> ⑩
君の名は。 △
リトル・ボーイ 小さなボクと戦争 △
クワイ河に虹をかけた男 △
はじまりはヒップホップ △
後妻業の女 △
U-31 △



ちくしょう、まだ6月公開作すら観終わっていないのに、観たい8月公開作を挙げるとするならば! 僕が一番観たいのは「X-MEN:アポカリプス」でございます (´∀`) ウフフ もうね、フィギュアから入って、小学館プロダクションが出していた「X-MEN」から「Marvel X」などを夢中になって読んできた僕的には、今までの映画シリーズはサイクロップスが全然活躍しないのが不満だったんですよ。そりゃあ、「目からビームを出す」なんてキャラを実写で魅力的に描くのは大変かもしれませんけど、それをやらずして「X-MEN」の実写映画化に成功したとは、胸を張って言えないのではないか。で、予告編を観てみたら、これまでの予告編の中でも一番ビームを出す場面が多かったので、本作は結構期待できる気がしております。


予告編では、まずストームに向かって、目からビーム!
目からビーム!

次に、どこかの狭い場所で、目からビーム!
狭いところで目からビーム!

最後はもう1回、ストームにビーム! なんか良い感じじゃないですか?(・∀・) ネェネェ?
もう一発、目からビーム!


邦画で絶対観なくてはならないのが「青空エール」でしてね…(遠い目)。僕は以前、こんな記事をアップするほど原作漫画を愛読してまして。基本的には原作至上主義なのでね、最初は実写化なんてどうでも良かったんですが、しかし。よくよく考えれば、映画化することで話題となり、原作の素晴らしさを愚民どもに知らしめるという意味では「アリ」なのかもしれぬ(「帰ってきたヒトラー」に影響を受けた文章)。そう思って、応援するつもりだったんですけど…。土屋太鳳さんはまだ許せるんですが、竹内涼真さんがなぁ (´・ω・`) どうしても昨年まで観ていた「仮面ライダードライブ」のイメージが強いというか、むしろ彼が演じる泊進ノ介が好きなキャラだっただけに、「この前まで刑事だった奴が高校生かよ ( ゚д゚) ナンダソリャ」なんて思っちゃう心の狭いアタシ。もう前売り券を買って後退のネジを外してはいるのですが、素敵な映画でありますように。


予告編を貼っておきますね↓ どうなんだろうなぁ… (・ω・;)




それ以外では、<2016夏の香港・中国エンターテイメント映画まつり>として上映される香港映画3作品はどれもチェックしておきたいし、「ジャングル・ブック」「ゴーストバスターズ」宇多丸師匠絶賛「アメリカン・スリープオーバー」、大味アクションがた楽しめそうな「ミュータント・ニンジャ・タートルズ:影<シャドウズ>」は観たいなぁと。時間に余裕があったら、スティーブン・セガール主演作「沈黙の粛清」あたりも行こうかしらん。それと、監督諸々は違うんですけど、昨年観た「ここさけ」が結構良かったので、なんとなく「君の名は。」も興味を惹かれていたりします。


一応、前売り券を買ってある映画はこんな感じ。ライダー映画、間違えて親子ペア券買っちゃった… (´・ω・`)
8月公開作の前売り券


最後に、名画座系に関しては、目黒シネマで7/30(土)~8/05(金)の「ちはやふる 上の句」「下の句」ユジク阿佐ヶ谷で7/30(土)~8/05(金)の「ONCE ダブリンの街角で」「はじまりのうた」新文芸坐で8/01(月)~8/05(金)にレイトショーの「ヤクザと憲法」、8/06(土)の《新文芸坐×アニメスタイルセレクションVol.85 押井守映画祭2016 第三夜 ケルベロス・サーガ+》、8/13(土)の《さよなら、アントン・イェルチン ~君が生きた証~》、8/22(月)~8/24(水)の「ハンナ・アーレント」「サウルの息子」、8/28(木)~9/01(土)の「アイヒマン・ショー 歴史を映した男たち」「スポットライト 世紀のスクープ」、8/27(土)の《Blu-ray発売記念 塚本晋也の世界 ~進化する激情~》あたりが気になりますかね。以上、2016年8月公開で観たいと思っている映画の覚え書きでした。ではでは~。






いいね!した人  |  リブログ(0)

カミヤマさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります