「絶望名人カフカ」頭木ブログ

『絶望名人カフカの人生論』『希望名人ゲーテと絶望名人カフカの対話』『絶望読書』の頭木弘樹(かしらぎ・ひろき)です。
本、映画、音楽、落語、昔話などについて書いていきたいと思っています。
新刊『カフカはなぜ自殺しなかったのか?』が12月15日に出ました!

★『カフカはなぜ自殺しなかったのか?』の購入者特典については、こちらをご覧ください。
http://ameblo.jp/kafka-kashiragi/entry-12231167637.html

●12月15日に、新刊『カフカはなぜ自殺しなかったのか?』(春秋社)が出ました!
http://www.shunjusha.co.jp/detail/isbn/978-4-393-36543-4/
https://www.amazon.co.jp/dp/4393365437
いつも「死にたい」と言っていた芥川龍之介は自殺し、太宰治も自殺しました。
なぜカフカは自殺しなかったのか?
「自殺した理由」は考えても、「自殺しなかった理由」は考えないもの。
でも、それも大切ではないでしょうか?
カフカ自身の言葉によるカフカ伝でもあり、名言集(新訳)でもあります。
初めてのカフカ本としてもどうぞ。予備知識は不要です。

●『絶望名人カフカの人生論』がオーディオブックになりました!
私としてはずっと願っていたことで、大喜びです!
ぜひよろしくお願いいたします!
https://www.febe.jp/product/235808

●11月23日に、本屋発の文芸誌『草獅子(そうしし)』が出ました!
カフカの特集号で、私も、
・『訴訟(審判)』の「逮捕」の章の翻訳
・「ブロート礼賛」という評論
・カフカ・ブックガイド
で参加させていただきました。
https://www.amazon.co.jp/dp/499092830X
http://soushishi.liondo.jp/

●5月7日に、新刊『絶望読書——苦悩の時期、私を救った本』が出ました!
http://www.amazon.co.jp/dp/4864104875
http://www.asukashinsha.co.jp/book/b222577.html
自分自身の十三年間の絶望体験をもとに、
「絶望の期間」の過ごし方について書いてみました。
絶望の最中にある人や、
絶望している人にどう接したらいいか悩んでおられる方などの
少しでもご参考になれば幸いです。

●『母の友 2016年11月号』(福音館)に宮古島の昔話の再話を掲載していただきました。
https://www.amazon.co.jp/dp/B01LWABIM9

●『絶望名人カフカの人生論』(飛鳥新社)
という本を出しました。
http://www.amazon.co.jp/dp/4864101159/
http://www.asukashinsha.co.jp/book/b94411.html
カフカの日記や手紙の言葉を集めた、
「絶望の名言集」という、
ちょっと変わったものです。

●第二弾も出ました。
『希望名人ゲーテと絶望名人カフカの対話』(飛鳥新社)
http://www.amazon.co.jp/dp/4864103135
http://www.asukashinsha.co.jp/book/b176752.html
今度もちょっと変で、
どこまでも前向きなゲーテと
どこまでも後ろ向きなカフカが
対話をするという、
名言対決の本です。

●『絶望名人カフカの人生論』が
新潮文庫になりました。
http://www.amazon.co.jp/dp/4102071059

●『絶望名人カフカの人生論』と
『希望名人ゲーテと絶望名人カフカの対話』が、
両方とも、電子書籍にもなりました。
http://www.amazon.co.jp/dp/B00TXE48NY
http://www.amazon.co.jp/dp/B00TXE47YY

●月刊誌『望星』(発行・東海教育研究所 発売・東海大学出版部)で、2015年5月号(4/15発売)より、
「落語を聴いてみたけど面白くなかった人へ」
という落語に関する連載がスタートしました!
http://tokaiedu.co.jp/bosei/
http://www.amazon.co.jp/dp/B00TIVBA3S

●『出身国』ドミトリイ・バーキン著・秋草俊一郎訳(群像社ライブラリー)
の帯文を書かせていただきました。
http://gunzosha.com/books/ISBN4-903619-51-4.html

●春秋社のWeb春秋で、
『あらゆることにぼくは失敗する――今こそ読みたいカフカの日記と手紙』
というカフカの日記や手紙をご紹介する連載をスタートしました!
http://www.shunjusha.co.jp/web_shunju/

●『絶望名人カフカの人生論』がマンガ化されました!
『マンガで読む 絶望名人カフカの人生論』
http://www.amazon.co.jp/dp/4864104115
描いてくださったのはイラストレーターの平松昭子さんです。
http://akikohiramatsu.com/
予告編動画もあります!
https://www.youtube.com/watch?v=udmOruDQy6g


Twitterもやっています。
https://twitter.com/#!/kafka_kashiragi

Facebookもやっています。
http://www.facebook.com/hiroki.kashiragi

どうぞよろしくお願いいたします。

テーマ:

いよいよ今日の深夜、放送です!
NHK「ラジオ深夜便」24日(月)午前4時07分〜4時47分

「絶望名言 太宰治」
詳細は→http://ameblo.jp/kafka-kashiragi/entry-12267350487.html


すごい時間ではありますが、

アナウンサーの川野さんのお話と朗読がとってもいいので、

お聴きいただけると嬉しいです!

 

 

 

 

今日の深夜(24日)午前3時45分からは、私もドキドキしている、クラシコ(伝統の一戦)!サッカーファンの人はみんなこちらを見るはずで、ラジオは聴かないだろうなあ…。


宮古島は今日、年に一度のトライアスロン大会!みんなそれで盛り上がっているはずで、誰もラジオは聴かないだろうなあ…。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(1)

テーマ:

朝4時台のラジオ番組に出ることになったので、
「ラジオの留守録の仕方」について書いてみました。
ご参考にしていただけると嬉しいです。

 

(といっても、あまり参考にならない記事かもしれず、

 補足してくださる方がおられると、大変助かります)

 

なお、NHKラジオはradikoでは聴けません。

なので、

タイムフリー(過去1週間の放送を聴ける)も使えません。

放送時に録音するしかありません。

 

NHKのラジオは、
『らじる★らじる』というウェブサイトで
無料で聴くことができます。
http://www3.nhk.or.jp/netradio/

 

パソコンで、これを留守録するには、ソフトが必要です。

以下、MacとWindowsの場合について、

それぞれ記します。

 

●Macの場合
私が使っているのはMacです。
留守録には、Audio Hijackというソフトを使っています。
ネットでいろいろ調べて、これが確実そうだったので。
たしかに、確実でした。
ただ、高いです。現在、49ドルなので、5400円くらいします。

正直、これだけ出すのは大変、つらかったです。

ずっと使えるからと、自分を納得させるしかありませんでした。

 

もっと安いソフトもあって、試しましたが、
残念ながら録音の失敗がありました。

先にも書きましたように、
NHKの放送は、radikoとちがって、
タイムフリー(過去1週間の放送を聴ける)がありません。
1回の放送を逃すと、もう二度と聴けないことがあります。
(私の番組もそうで、再放送されない回もあります)

一期一会です。
なので、確実性を重視しました。


高いだけに、いいソフトです。

使い方はここに書いてあります。
http://d.hatena.ne.jp/tono-p/20160104/p1
(最初のほうに書いてあることは難しいですが、
その後は、とてもわかりやすいです)
私もここを見て、使い始めました。
ソフト自体も、ここの最初のところの

「Audio Hijack」という名前からのリンク先で
ダウンロードできます。
試用も可能です。

 

使い方について、ご質問がおありでしたら、
私にお聞きください。いつも使っているので。
(あんまり難しいことはわかりませんが)

 

※もっと安いソフトや、無料のソフトで、

 確実性の高いものをご存知の方は、

 ぜひお教えください。

 私がネット検索した限りでは、見つかりませんでした。

 

追記:

すでにAudio Hijackをお使いの方で、「macOS Sierraにアップグレード後、使えなくなった」という事例のご報告をいただきましたので、その対処法を追記しておきます。

こちらに対処法が書いてあります。

https://hyoryuden.com/macintosh/mac-hard/sierra-softbug-audiohijackpro/

 

●Windowsの場合
私はWindowsのパソコンを持っていないので、
こちらに関しては詳しいことがわかりません。
申し訳ありません。

 

ここの記事によると、
Windowsの場合は、
Radikoolという無料ソフトで、
留守録が可能なようです。
http://hounote.com/archives/k/1130

Windowsがうらやましいです。

 

●スマホの場合

私はスマホを持っていないので、

アプリで留守録ができるのかできないのか、

それさえわかりません。

すみません……。

(今時、スマホも持っていなくて、申し訳ありません)

 

※スマホでの留守録について、

 ご存知の方がおられましたら、

 教えていただけると嬉しいです。

 

追記(2017.04.23)

今、教えていただきましたが、

アンドロイドンのスマホなら、

ラジオを留守録できる、

こういうアプリがあるそうです!
https://t.co/YoA2GgfmwI

 

以上です。
ご質問や補足があったら、
ぜひお願いいたします。

 

どうぞよろしくお願いいたします。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

NHK「ラジオ深夜便」へのレギュラー出演が決まりました!


「ラジオ深夜便」のホームページ

 

不定期放送だった「絶望名言を味わう」が、

「絶望名言」という短いタイトルになって、

レギュラーコーナーに!


第1回の放送は、

4月23日(日)の深夜(24日(月)の午前4時台)です!

 

4月23日(日)〜24日(月)の「ラジオ深夜便」の番組表


 

今後は、

偶数月の第4日曜の深夜(実際には月曜)の午前4時台の放送

となります。

長さは今までと同じ40分間です。


また、第5日曜のある月は、

その深夜(実際には月曜)の午前4時台は、

「絶望名言」のコーナーの再放送と決まりました。

 

と、ご説明しても、ややこしいですね。

以下のような日程となります。

 

4月24日(月) 本放送(太宰治)
5月1日(月) 再放送
6月26日(月) 本放送
7月31日(月) 再放送
8月28日(月) 本放送
10月23日(月) 本放送

10月30日(月) 再放送
12月25日(月) 本放送
2月26日(月) 本放送

 

第5日曜は毎月はないので、

すべてが再放送されるわけではありません。
1回のみの放送ということもあります。

 

今回、4月23日(日)の深夜(24日(月)の午前4時〜)の「絶望名言」のコーナーでは、

太宰治の絶望名言をご紹介させていただきます! 

 

これまで、

カフカ、ドストエフスキー、ゲーテと、

ずっと海外の人でしたが、

日本人で絶望名言というと、

まずなんといっても太宰治ですね。

 

午前4時台というのは、とんでもない時間帯なので、

「寝てるよ!聴けないよ!」という方も多いかと思いますが、

意外にも、

NHK「ラジオ深夜便」を聴いている人がいちばん多い

ゴールデンタイムは、

午前4時台なのだそうです。

びっくりですね。


その時間に睡眠中の方は、ぜひ留守録をご検討ください。

 

ラジオがなくても、こちらから、無料でお聴きいただけます。
NHKラジオ第1と、NHK-FMの両方で放送されます。
http://www3.nhk.or.jp/netradio/index.html

 

「絶望名言」などいう、

苦情のきそうな、通常はありえない企画を実現してくださった、NHKのディレクターの方には、ただただ感謝です。
一緒に番組をやってくださるアナウンサーの川野一宇さんも、

本当に素晴らしい方で、お話がとても面白く、深いです。

そして、川野さん朗読の絶望名言はしみます!

もしよろしかったら、お聴きになってみてください!

NHK「ラジオ深夜便」

「絶望名言 太宰治」

4月23日(日)の深夜(24日(月)午前4時台)です。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。